ニンテンドースイッチと過ごす快適なゲーム生活

今更ながらに購入報告

Switch_kou_01.jpg

 2017年3月3日に発売された任天堂の新たなゲーム機「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」を購入して遊んでいた。買ってからしばらくは遊ぶのに、そして関連する仕事をこなすのに忙しかったが、ともあれ毎日楽しく遊んでいる。

 ニンテンドースイッチは据置機でありながら持ち運べるのが特徴で、新幹線での移動など暇を持て余す時にゲームの続きを遊べるのが嬉しい。また、「Joy-Con」というコントローラーを分離することですぐに他の人と一緒に遊ぶことができるため、持ち運ぶモチベーションも高くなるものよ。

Switch_kou_02.jpg

 そのスイッチの特性を活かしているゲームであり、かつ作品の品質も高いのが『いっしょにチョキッと スニッパーズ』である。本作はふたつのキャラクターを操作して遊ぶアクション・パズルなのだが、互いに相手の体を切って形を変えられるうえ、解ければやり方はなんでもOKというのが最大の特徴である。

 発売前の体験会では、初対面の編集者の方と一緒に遊んでえらい盛り上がった。協力あり妨害あり、揉めながらもパズルを一緒に解いていくのが楽しい。僕は本作品のレビューを書くうえでクリアしてしまったが、それでもまた一緒に遊びたくなる一作だ。

素直に楽しいと言える『ゼルダの伝説』

Switch_kou_03.jpg

 ひとりで遊ぶゲームとしては『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に熱中している。僕は謎解きが嫌いなので『ゼルダの伝説』シリーズにあまり良い印象を持っていないのだが、本作はそのあたりの常識がかなり覆されているので驚きだ。

 まず、本作はオープンエアーというシステムが採用されており、チュートリアルさえ終えてしまえばハイラル王国のどこへでも旅立つことができる。謎解きは祠という施設になっているのだが、どれもひとつひとつが短いし、解法が多く強引に解くこともできるのでまったくストレスにならない。物理演算を使ったゴルフみたいな気楽な謎もあるし、解けば明確なご褒美もあるしで素晴らしい。

Switch_kou_04.jpg

 僕が今までの『ゼルダの伝説』に対して持っていた偏見は、「謎を解いて道具を手に入れ、またその道具を使った謎に挑戦する」という“謎解きの無限地獄”というようなものであった。しかし本作はそうではない。目的がたくさんあってそれに応じた手段を考えるという、理想とする展開がそこにあるのだ。

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はかなりのボリュームで、いつプレイし終えるのかまだ検討がつかない。近いうちに『スプラトゥーン2』の体験会も開催されるしで、しばらくはスイッチと仲良く過ごすことであろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風ノ旅ビト』美しさに対する不感なのか

メタスコア「92」のゲームを遊ぶ


 PS4で『風ノ旅ビト(原題:JOURNEY)』を遊んだ。本作はthatgamecompanyが手がけたアドベンチャーゲームで、元はPS3で2012年3月に配信開始されたタイトルである。僕は遅ればせながらPS4版をプレイしたというわけだ。

 本作はローブを被ったキャラクター(本記事では「旅ビト」と呼ぶ)を操作し、山の頂上を目指していくことが目的となる。ただし言葉はひとつもなく、ひたすらに綺麗な景色を見ながら歩みを進めていくのだ。

JOURNEY_01.jpg

 高評価を得たゲームであることは今更言うことでもなく。僕も序盤以外はなかなか楽しめた。本作では時に同じ目的を持つ旅ビトに出会うこともあるのだが、これが妙に嬉しい。バケモノに襲われた時に僕を置いて行ったあの旅ビト、雪山で落下してしまいしぶしぶ見捨てたあの旅ビト、そして一緒にあの場所へたどり着いた旅ビト……。意思疎通はよくわからない音だけでしかできず、そこの中で生まれる絆のようなものが実に染みるのだ。

 しかしながら、見た目の美しさに関してはよくわからなかったというのが正直なところだ。いや、広い世界ながらゲーム的な誘導がしっかりしていたり、数年前のゲームであることを考慮せずとも見劣りしないグラフィック、退屈しない画面構成や描写へのこだわりなどは感じられるのだが、心の奥底で納得していないというか。

JOURNEY_02.jpg

 イルミネーションやパレード、あるいは日の出あたりを見た経験はあるが、あれが綺麗なのかどうかわからない。おそらく口では「綺麗だな」などと言っているが、その後に「綺麗とはどういうことなのだろう?」と思ってしまう。言い換えれば、すごいもの・良いものだと思っても感激はしておらず、その程度の感情に綺麗という言葉を使っていいのかわからないのだろう。

 また、自分自身の教養や脳みその構造の問題、雑に言ってしまえば感受性の問題なのではということも考えてしまうと、これはもうドツボだ。もはやゲームとはすっかり縁遠い自分語りになってしまう。

JOURNEY_03.jpg

 ともあれ、『風ノ旅ビト』は“余計なものがない”という意味では綺麗と言えるのだろう。僕の旅は綺麗に終われなかったが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スプラトゥーン』チーム対戦に付き合ってくれる相手の募集について

Spl_boshuu_01.jpg

 『スプラトゥーン』で、我々のチーム「あーもう!」と対戦してくれる相手を募集します。対抗戦とかいうやつなのかもしれませんが、練習的に対戦していただける形でも問題ありません。とりあえず、プラベでチーム対戦しましょう。

【募集要項】
・土曜日23時前後から1時間ほど。
・各ルール2戦ずつプレイし、最後だけチームメンバーもランダム(まぜこぜ)でナワバリして終わり。
・2017年2月18日からはガチエリアのみの練習を予定。

【連絡先】
・さしづめのTwitterアカウント(@SSSSSDM)にリプライなどで。
・この記事にコメントする形でもOK。
※コメントは承認制なので反映されるまで時間がかかります。

【メンバー紹介】
・そうじゃないのにケモナーと呼ばれる「さしづめ」。
・めちゃモテ委員長こと「ジェンキンソン」。
・最近ポケモンでレート2000超えてすごい「べんそれ」。
・ダイナモもうまいのに絵もうまい「おにんじゃ」。
・海峡、リスキル満(みつる)、ダイオウ頼りのクソロンカスなど異名が多い「つゆあけ」。
※全員カンスト、うち4人がチームとして戦います。

【その他】
・対戦ルールや時間はあくまで目安です。相談いただければ柔軟に対応します。
・こちらのチームは基本的にVCありです。
・対戦の様子を配信することがあります。
・個人で参加したいという方もOKです。こちらも対戦相手を見繕います。
・質問などは気軽にどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れぬ夜に『ショベルナイト』

眠れない夜の薬はゲームだ

ShovelKnight_01.jpg

 ある日の夜中、布団の中に入っていた僕は眠れそうにないことに気づく。そうすべきではないとわかっていても、目を閉じては嫌なことを思い出してイラつき、脳は理不尽さに対する怒りに満ちていく。

 やめよう。嫌なことばかりを考えるのは自分を追い詰めるだけだ。そして眠れない時間を無駄に過ごすだけならば、ゲームを遊ぼう。僕はWii Uを起動して『ショベルナイト』を遊び始めた。

オリジナルなのに懐かしい『ショベルナイト』

ShovelKnight_02.jpg

 本作は、アメリカ・ロサンゼルスのゲームデベロッパー「Yacht Club Games」が開発した2Dアクションゲームである。見てわかるようにレトロ風のゲームとなっており、新作なのに懐かしくてたまらないのが最大の特徴だ。

 プレイしはじめは「なるほど、よく出来ているな」と思う程度だったのだが、オリジナル作品なのに「あ、これあのゲームで見た!」と懐かしさを喚起させる要素がたくさん出てくる。

ShovelKnight_03.jpg

 ステージ選択画面はまるで『スーパーマリオブラザーズ3』のようだし、投げ錨の「レリック」(サブウェポン)はまさしく『悪魔城ドラキュラ』シリーズの斧だ。

ShovelKnight_04.jpg

 各ステージに「○○ナイト」というボスが待ち構えているのはまるで『ロックマン』シリーズだし、ステージ内部の構造もどこかで見たことがあるような気がする。炎のステージでは上部からマグマが定期的に流れてきたり、後半では上下する壁がショベルナイトを押し潰そうとしたり……。とにかく、あらゆる2Dアクションへの愛とオマージュが込められているような作りだ。

 「ショベルを持った騎士が戦う」という笑える一方でオーソドックスなゲームシステム、かなりこだわられたレトロ風な絵や音楽作り、しかしながらゴリ押しで楽にクリアできる現代風のバランス調整と、なかなか見事な具合と言えるだろう。

ShovelKnight_05.jpg

 とはいえ、残機制限がないのに即死が多い後半のステージ構成には疑問を感じたか。また、懐かしさの喚起はかなりのものだが、オリジナルとしての訴求力は物足りないようにも思えた。元ネタとなるゲームはクリアを大きな目標としていたが、本作はミスした時の悔しさやクリアした時の快感が薄く、そのあたりの再現がいまいちうまくできておらず……。

ゲームのありがたさ

ShovelKnight_06.jpg

 ともあれ、このようにゲームオタクらしい考えに陥っていたところ、ふと気づく。布団の中ではあれほどイライラしていたというのに、ゲームに熱中すると荒んでいた心はすっかり落ち着きを取り戻していたのだ。

 自分がゲームに支えられていると思うのは、こんな時である。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ムカつくヤツがいても、ウィラメッテがスカスカでも、ゾンビとたわむれる自由は確かに存在する 『デッドライジング4』

ゾンビを好きに殺し終えたが、本当に殺すべき存在は……

DRing4_02_01.jpg


 Xbox One版の『デッドライジング4』をクリアした。途中まではそこそこ楽しいと思っていたのだが、後味があまりにも悪くてびっくりである。

 さて、『デッドライジング』シリーズはスピンオフを除くと4作品出ているが、初代とそれ以外は開発元が違う(1は国内カプコン製、2以降はカプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバー製)ので毛色も違ってくる。『デッドライジング4』は初代主人公「フランク」が返り咲いているものの、やはり2以降の系譜の作品であろう。

DRing4_02_02.jpg

 ひとまず“広いウィラメッテで自由にゾンビを殺す”という部分は文句なし。「エキゾスーツ」という新要素があるため通常攻撃の爽快感が相対的に薄いように感じられてはしまうが、コンボ武器はいろいろなものがあるし、ゾンビどもを凍らせたり爆発させて飛ばすのは良いものだ。

DRing4_02_03.jpg

 また、カメラ要素が復活したのが嬉しいというのも何度書いていることか。ゾンビは被写体としてかなり優秀で、殺して良し、ドラマチックな場面を撮って良し、コミカルなシーンを演出しても良しと、実に素晴らしい。自由に探索できるオープンワールドとの相性もいいだろう。

主人公が同じでも1と4は違う

DRing4_02_04.jpg

 しかし、シリーズの特徴である時間制限が撤廃されたのは気になるところか。3までのシリーズは一周ですべてのイベントをこなすのが難しいため、何回も遊びつつレベルを上げてすべてのイベントを攻略できるようチャートを組み立てていく……という遊び方のはずなのだが、これが世間的には好評ではなかったようだ。

 無論、そこを改善してより楽しめるようにするのはいいのだが、あっさり変えてしまったせいか今回のウィラメッテはかなり味気ない。特に街中に現れるサイコパスの扱いが軽くなったのは残念だし、生存者もほとんどロクな会話がないのでフランク以外は“雑なその他大勢”という感じなのだ。

DRing4_02_06.jpg

 ゾンビものの醍醐味のひとつは、狂ったりあっさり死ぬ人がたくさんいるところであろう。そして、そんな人たちにもドラマがあるはずなのだが、本作にはそれがない。今のウィラメッテに何かがあるとしたら、多すぎる収集品である。

 初代『デッドライジング』は、ウィラメッテの小さなショッピングモールにいろいろなものを詰め込もうという意図が感じられた。ゾンビに襲われる人の恐怖、豊富なアイテム、サイコパスとなってしまった人の悲哀、フランクの活躍……。しかし『デッドライジング4』は世界が広くなったのに、いや広くなったからこそ密度があまりにも薄く感じられる。

最悪の存在「Vick」

DRing4_02_09.jpg

 とはいえ、全体的に見れば出来栄えは悪くない。好きにゾンビを殺し、ほとんどオマケとなったマルチプレイ(協力プレイ)モードをのんびり遊び、写真撮影に精を出せば、ホリデーシーズンのウィラメッテを堪能できるだろう。

DRing4_02_10.jpg

 ……クリアするまではそう思っていた。しかし、本作に出てくる「Vick(ヴィック)」という存在がその平穏な気持ちをかき乱してくれた。こいつはフランクの弟子のような人物なのだが、終盤の行動があまりにも不愉快で最高に気分が悪くなる。なぜこいつは銃で撃って死なないのか? どうしてゾンビに食わせられないのか?

 殺したくなるほどムカつく理由はプレイしてもらえばわかるので割愛するが、おそらくこのキャラクターは物語の都合で嫌なヤツになったのであろう。本作のフランクは過去にいろいろあってひねくれていたが、ジャーナリストとして真摯なヴィックがやや強引な行動で彼の姿勢を正し、結果として和解する……はずなのだが、その過程や心理状況が省略されすぎていてダメだ。ヴィックはただフランクの邪魔をする最悪で邪悪なクソでしかない。

DRing4_02_07.jpg

 前述のように、本作は時間制限が撤廃されたため周回プレイへの意欲が薄くなる。そこにこのクソ野郎であるヴィックの存在が染み込んできて、せっかく楽しいゾンビとの写真撮影に泥を塗られたかのような締めくくりになるのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加