このゲーム、サウンドテストも贅沢すぎるぜ…… 『スマブラ for 3DS』 03

サウンドテストだけで元が取れそうだ

SmashBros_03_01.png
リピート再生、お気に入りなど基本的な要素は取り揃えているサウンドテスト

 『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』は少しずつ遊んでいるが、最近はサウンドテストで活躍してもらっている時間が長いか。

 本作は音楽もさまざまな作品から集まっているうえ、しかも編曲担当者も多く豪華すぎる。古代祐三、伊藤賢治、なるけみちこ(敬称略)など、挙げればキリがないほどだ。しかもニンテンドー3DS版の特徴として、スリープ状態でサウンドプレイヤーとしても利用できるのである。このあたり、携帯機の利点を生かしているだろう。

SmashBros_03_02.png
新曲のお気に入り『パックマン』アレンジ

 とりあえず一通り聴いてみたが、アレンジで特に気に入ったのは『かっぺいの歌』『ロックマン2 メドレー』『アスレチック:春・夏』『スマイル アンド ティアーズ』といったところだろうか。基本的には遊んだことのあるゲームの曲がやはり気に入っているが、今まで自分とあまり接点のなかった『パックマン』のアレンジも楽しい。

SmashBros_03_03.png
前作からの曲ではあるものの、アレンジ『アシュリーのテーマ』もお気に入り

 BGMは114曲存在しており、ぼーっとしながら聞いているだけで時間が溶けてゆく。作業中にも聴けるし、ボイスのほうでカービィの「おーとしょうじゅん!」を聴くのもよし、しっかりアレンジを聴くと大乱闘もますます楽しくなると、サウンドテストだけでも山盛りなわけだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

隠しキャラを全部出してもまだはじまりだ 『スマブラ for 3DS』 02

フィギュア眺めゲーとしての側面も

SmashBros_02_01.png
パックマンがクリボーを殴り殺すというような味わいのある「フィールドスマッシュ」

 『スマブラ for 3DS』が出てからしばらく慌ただしかったが、ようやく遊ぶ時間が取れてきたので何よりだ。はじめのころは操作が難しく感じて熱中できなかったものの、慣れてくるとなんて面白いゲームなのか。

 特に面白かったのは甥子と遊んだ「フィールドスマッシュ」である。これははじめに広いマップで探索とザコ敵との戦闘を行い、強化アイテムを手に入れてからさまざまなルールで対人戦を行うというものだ。マルチプレイが面白いのはもちろんだが、ひとりでCPUと遊んでも悪くないのが意外である。

SmashBros_02_02.png
しずえフィギュアは夏服・冬服バージョンが存在している

 あとはオンライン対戦なども少し嗜んでいるが、僕はそもそも対戦がうまいほうでもないので、もっぱらフィギュアを眺めたりひとり用のモードを楽しんでいるという感じだ。

 以前、しずえのフィギュアがもう一種類あると教えていただいたので、さっそく手に入れて眺める。なんといい笑顔なことか。

SmashBros_02_05.png
タブンネもフィギュアとして登場

 また、タブンネのフィギュアも手に入れたのでうれしい。あざといポーズをしくさっており、お腹をなででやりたい。せっかくなので、Wii U版では「メガタブンネ」のフィギュアも出て欲しいところ。

SmashBros_02_03.png
CERO Aのゲームである

 このフィギュア、要はゲーム中のモデリングが見られるという話なのだが、本作はとにかく登場キャラクターが多く種類も多岐にわたるので、まずどれかがプレイヤーの琴線に触れるだろう。

 カッコいいヒーローのフィギュアもあれば魅力的なヒロインのフィギュアもあり、イロモノからはじめて姿を見るものまで……。フィギュアを眺め、その説明文を読んでいるだけでも時間が過ぎ去っていく。

SmashBros_02_04.png
再度言うが、CERO Aのゲームである

 いろいろな意味で「すごいぜスマブラ……!」と思わざるをえない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

『スマブラ for 3DS』購入、しずえを眺めつつ持ちキャラを決める(と言いつつフィギュアを眺める)

『スマブラ』の時間だ

SmashBros_01_01.jpg
『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』パッケージ

 『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』を購入した。本作は任天堂キャラクターがソフトの垣根を越えて戦うゲームで、いやそれどころかソニックやパックマン、そしてロックマンなどというキャラクターまで登場する対戦アクションなのである。

 ……という説明が不要なくらいの人気ソフトだが、今回は僕も遊んでみることにした。甥たちと対戦する予定なのもあるが、ネットを介したフレンド戦もやってみたいところ。

SmashBros_01_02.png
でかい女 VS 更にでかい手

 とりあえず現在はひとり用モードを進めつつ、キャラクターごとの操作を確かめている段階だ。何しろ今回は40以上のキャラクターがいるので、軽く触るだけでもとんでもないボリュームである。更に本作はモードが盛りだくさんで、コレクション要素も多く、やれることが本当に多い。

SmashBros_01_03.png
我がいんけん村のアイドルも出演

 とりあえず、第一目標である「しずえ フィギュア」は最序盤に入手できたので幸い。続いてはキャラクターの特性を掴んで対戦で使うキャラを決めるというところだが、しずえフィギュアを眺めていたり、ロゼッタ・フィギュアを眺めていたりで(ロゼッタのスカートの中は宇宙だった)、なかなか進まない。

 そして大乱闘をしてみれば、面白い場面を見つけてはスクリーンショットを撮ってしまったりと、かなり戦いに向いていない自分を発見してしまっているが、それはそれでこのゲームを楽しめているのだからすごい作品だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スマブラ for 3DS』は写真撮影も熱い! 予感がする体験版

発売3日前に体験版が来るとは

SmashBros_Demo_01.jpg
『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS 体験版』タイトル画面

 『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』(以下、『スマブラ for 3DS』)の発売が今週末(2014年9月13日)に迫ってきたが、その前に体験版が出るというのだから驚きだ。まァ、すぐには買わない・買えない人のためでもあるのだろう。

 僕は既に予約を済ませているが、とりあえず体験版を触ってみることに。今回はひとりでCPUと大乱闘をしたり、ローカル対戦などごく一部のモードを楽しめる。また、キャラクターもマリオやピカチュウなど5名のみだ。

SmashBros_Demo_02.jpg
別キャラはいいが、同キャラだと解像度もあって見づらいか

 とりあえずひとりで遊んでみたが、トレーニングくらいにしかならなかった。やはりみんなで騒ぎながら遊ぶ対戦ゲームなわけで、もしひとりで遊ぶにしても製品版の専用モードをやったほうがいいか。もしくは、トレモを楽しめる人向けだろう。ああ、近くに友達がいれば……。

 しかし、意外な楽しみも発見した。それは写真撮影が面白いということである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む