スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コペラ! もっとあざとく! もっと褒めて! 『すれちがいフィッシング』02

釣られているのは誰か?

SureCGdlc2_F_02_03.png
近くの島同士と思えないほど、釣りのロケーションは実にさまざま

 『すれちがいフィッシング』をのんびり遊んでいるが、あまりにものんびりで書くのが難しい。確実に釣りは進んでおり、幻の魚を追い詰めてはいるのだが……。

SureCGdlc2_F_02_02.png
限定チケットで更に釣り場が広がりまくる

 一匹目の幻の魚を釣ったあとは、いくつもの島を自由に巡って釣りをすることになる。本作はすれ違った人によって手に入るエサが変わるため、そのエサが有効な島を選んで向かえということなのだろう。

 それは逆に言うと、島をひとつずつ攻略していくのは非効率ということ。すなわち、いろいろ手をつけて進んではいるものの、決定的な進展はないということだ。しかも本作、特定の時にだけ行ける特別な島なんかもあり、そちらにも行っているとますます話が進まない。

SureCGdlc2_F_02_01.png
フィーバーで魚(もとい経験値)を釣り上げまくる様子

 ほかにはフィーバー状態が発生し、大量に釣れる経験などをしたということもある。これはすごく楽しい(特に音楽がよい)ことに違いないのだが。やはり本作は、ツイッターなんかで「今日は○○が釣れたよ!」といい加減に報告するほうが向いている気がする。

SureCGdlc2_F_02_04.png
あのダイオウグソクムシも釣れるぞ

 また、前述のようにいろいろな島を渡り歩いているため、明確な進展度がよくわからなくなり単調に感じられるか。決して釣れる魚が一辺倒ということはないのだが、もう少し区切りが欲しい。もっと言うと、よりコペラに褒められたい。僕を褒めろ。

SureCGdlc2_F_02_06.png
幻の魚に慣れつつあるコペラの反応

 そんな思いからひとつの島を攻略し続け、二匹目の幻の魚を釣ったことは釣ったのだが……。さすがに二匹目となるとコペラの反応も薄い。むしろ、彼女の父親のほうが良いリアクションをしていたくらいだ。

 自分が魚を釣っているのか、あるいは僕がコペラに釣られているのかがわからない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

すれ違いざまにゾンビを殴るアクション・ゲーム『すれちがいゾンビ』をクリア

ゾンビ・アクションというよりは単なるアクションか

SureCGdlc2_Z_01_01.png
避難民たちのお菓子を守るステージ

 ニンテンドー3DSの『すれちがいゾンビ』をクリアした。以前に書いたように、このゲームはすれ違わない僕でもサブ3DSさえあれば地道に進められたのだ。

 ゾンビだらけになったシュミキワメール市を救うのが目的の本作だが、その実態はかなりカジュアルなアクション・ゲームであった。

SureCGdlc2_Z_01_03.png
すれ違ったMiiからお題と武器を授かる

 少なくとも、本作は厳密なバランスにこだわられたアクションではない。その理由として大きいのが、武器ごとの使いやすさにかなり差があるのと、すれ違った数によって難易度が大きく変わる点である。

 確かにひとりだけでもすれ違えば遊べるようになるが、たくさんすれ違えば武器が増える(≒体力が増える)し、良い武器を引き当てやすくなり、かなり難易度が落ちる。逆にすれ違う数が少ないと難しくなるわけで、そのさじ加減にこだわる必要のないゲームになっているわけだ。

SureCGdlc2_Z_01_05.png
最強武器であろう「Wiiリモコン」を振り回している様子

 なお、武器には「斬る」「叩く」といった属性があり、それがゾンビの弱点にも関わってくるのだが……。とりあえず、ゲーム好きの人が持つ「Wiiリモコン」さえあればクリアはできる。僕はこれ一本で最後まで行けたし、救済措置なのかもしれない。

合間合間に遊ぶ気楽アクション

SureCGdlc2_Z_01_02.png
いかにもスイーツ大好きなデブ・ボス・ゾンビとの遭遇

 ところで、ステージは全5ワールド(×5ステージ)で構成されており、それぞれで「ゾンビを倒す」「拠点を守る」「Miiを防衛しつつ進む」などのお題が定期的に設置されている。無論、最後はボス・ステージとなっており、そいつを倒せば次のワールドへと進めるわけだ。

SureCGdlc2_Z_01_04.png
フォークとスプーンでゾンビを解体

 やはり間を開けてプレイすることを想定されているのか、連続で遊んだ場合はお題の単調さが気になるかもしれない。とはいえ、そういうゲームだと解釈する人もあまりいないか。

 また、ストーリーはお膳立て程度と言っていいかもしれない。雰囲気はきちんとそうなっているが、深刻過ぎることもなく。また、ゾンビに感染するのは自分がゲームオーバーになった時だけだし、ゾンビものにありがちな人間同士の醜い争いもない。とりあえず、ゾンビが出たから殴るのだ。

SureCGdlc2_Z_01_06.png
ハイスコアやボーナスメダルを獲得する要素も

 クリア後は各ステージのハイスコアを目指したり、各ステージの隠し要素を出すだとか、目標をこなしてメダルを集めオマケのステージを遊ぶ要素が存在しているものの、特に二周目といった概念などはないようだ。

 とはいえ、さまざまな武器でゾンビを殴りまくる快感はあるし、ユニークな必殺技の数々は見所と言って良いだろう。熱心にやるアクション・ゲームというよりは、合間合間に遊ぶゲームとして飽きることなく最後までプレイさせてくれた。

 『すれちがいゾンビ』はゾンビものではあるが、楽しく気楽にゾンビを殴るゲームである。アクションやゾンビものとして考えると物足りない可能性が高いものの、あくまで“すれ違ったついでにゾンビをぶん殴る”というゲームなのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コペラのために3DSを振り続ける 『すれちがいフィッシング』01

あまり進まないゲームをとりあえず進める

SureCGdlc2_F_01_01.png
いつもだいたいニッキー(右)と一緒に釣り

 『すれちがいフィッシング』を地道に進めているが、以前に書いたようにこのゲームはほとんど進まない。外に出なかったり、出かけても3DSを忘れる僕が悪いのだが。

 そのため、だいたいはニッキーとふたりで釣りをする(サブ3DSとすれ違った分だけ遊ぶこと)になっているのだが、これではいつまでも進展がない。

SureCGdlc2_F_01_02.png
ザリガニごときに集中線

 ああ、こんな状態ではザリガニしか釣れないという情けない状態ではないか。いや、実際はザリガニも当たり扱いで、立派な釣果なのだが……。

 ともあれ、この状況を打破するために、ゲームコインを投入することにした。これを使えば、すれ違わずとも適当なMii(このゲームでは猫型Mii)がやってきてくれるのである。ただし、ゲームコインを稼ぐには毎日3DSを振らねばならないのだ。

SureCGdlc2_F_01_03.png
いよいよ最初のボス(?)ステージへ

 こうして3DSを振りに振ったおかげで、ようやくプレリュー島の最終ステージに到着した。ここにいるナゾの巨大生物とやらを釣れば、ひとまず最初の目的は達成できるわけである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

新たな『すれちがいMii広場』のゲームで“釣り”と“ゾンビ狩り”を楽しもう……、と思ったら自分がふたりいてつらい

『すれちがいフィッシング』

SureCGdlc02_01_01.png
『すれちがいフィッシング』選択画面

 2015年4月2日より、ニンテンドー3DSの『すれちがいMii広場』に追加コンテンツ第二弾が登場した。僕にしては珍しく興味を持ち、セットで買うと安くなるという話なので、そのふたつを手にしてみたというわけだ。

 そして、その一作目がこの『すれちがいフィッシング』である。本作はタイトルのとおり、他の3DSユーザーとすれ違ってから釣りをするというシンプルな内容だ。なお、開発は『すれちがい迷宮』などを手がけたプロペが担当している。

SureCGdlc02_01_02.png
ガイドの「コペラ」(画像左)と釣りの練習をするチュートリアルから始まる

 『すれちがいフィッシング』の舞台は、世界中の釣り人が憧れるらしい“スレチガ諸島”である。僕はこの場へ遊びに来たのだが、しかしうっかりエサを落としてしまった。そのため、人からエサを分けてもらう(ほかの3DSとすれ違い人と出会う)必要があるというわけだ。

SureCGdlc02_01_03.png
はじめから結構な大物が釣れるあたりゲームらしい

 分けてもらうエサの色(種類)によって釣れる魚が変わるため、いろいろな人とすれ違うことが重要になってくる。なお、操作は非常に簡単で、釣り糸が切れないようにうまくリールを巻くだけ。釣りのゲームをほぼ遊ばない僕でも問題ないくらいである。

SureCGdlc02_01_04.png
釣りを終えたあとはコペラの元で次の準備を整える

 また、ガイド役となる「コペラ」がかわいい……という話はさておき、様々な目標を達成して金を稼ぎ、釣り竿を鍛えたり、釣った魚で自分の水槽を作るのも大きい要素か。

 実を言うとこのコペラに惹かれたのも否定できないのだが、やはりしずえのほうが魅力的だ。ともあれ、こうして釣りを続け、超巨大な“まぼろしの魚”を目指していくのが本作の目的である。

SureCGdlc02_01_05.png
幻の魚にたどり着くまでさまざまなロケーションで釣りをするようだ

 まだ序盤も序盤だが、そこそこ楽しく遊べている。前述のように釣りには興味がないものの、要は魚を集めるコレクション的なゲームだと解釈すればいいわけだ。アウトドア系の趣味とはてんで接点のない僕だが、ビデオ・ゲームになっていればまだ楽しめるようである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。