そして、クリアしてテンションが下がる 『ゼノブレイドクロス』

文句を言い始めたら止まらない

XenobladeX_04_01.jpg
目が不気味なので最後までサングラスをかけさせていた「リンリー」

 ついに『ゼノブレイドクロス』のメインとなるストーリーをクリアした。終盤の感想は「お前らダラダラ喋ってないでさっさと敵を殺せ!」のみである。

 序盤のほうにも書いたが、本作はシナリオの展開が強引すぎる。その場の雰囲気を重視した第五章はいいにしても、あとは特定の展開を行うための無理すぎる動きが多いのだ。

XenobladeX_04_02.jpg
いろいろな場面で使えそうなセリカのお断りシーン

 メイン・ストーリーはネタバレになるのでほかで説明しておくが、たとえば異星人の「セリカ」が仲間になるキズナクエストも強引である。このクエストでは、NLA(人類の拠点)にやってきた「ロック」なる巨体の異星人に対し、お偉いさんが「戦って貢献しないと追い出す」などと言いだすのだ。

 しかしロックは戦いが苦手であり、そいつと親しいセリカもお偉いさんを威嚇するわけである。とはいえそのままではこの場にいられないわけで、ロックの代わりに華奢な少女であるセリカが戦いの場に赴こうとするわけだ。

 ここでひとつ疑問に思う。そもそもNLAにはいろいろな仕事があるわけで、巨体を活かした仕事は戦い以外にも何かあるのでは? たとえば荷運びだとか建設作業だとかもあるわけで、何か戦いに絞る理由でもあるのだろうか。

XenobladeX_04_03.jpg
ツンデレというか言葉足らずすぎるモーリス行政長官

 ともあれ、ロックの代わりに働こうとしたセリカが危険な目に遭いそれを主人公たちがフォローすることになるのだが、問題はここからだ。なんとか目的を果たしたセリカはお偉いさんに会い、代わりに自分が働くからロックを見逃せと言うのだが……。

 なんと、そのお偉いさんは「ロックの適正に合った働き口を見つけた」などと言うのである。そしてそれは何かというと建設作業員としての仕事であり、なら最初にきちんと話し合っていれば問題など起こらなかったじゃねーか! と突っ込まれること間違いなしのクエストなのだ。

 なぜこんな無茶なことになっているのかというと、そもそも展開ありきの作りだからだろう。要はこのクエスト、“セリカが試練を乗り越えて主人公たちの仲間になる”ことと、“主人公たちがモンスターと戦う場面がある”といったことが必要であり、そこを重視したのだ。そのため、問題の発生源などは強引であり、結果として穴のある話に見えてくる。

XenobladeX_04_04.jpg
後半になるとまともな性格になるマスコット「タツ」

 こういった展開はメインのほうにもあり、特に顕著なのが第十一章だ。ここではとある敵と戦うことになるのだが、そいつの行動原理が意味不明で爆笑してしまった。はじめは、何か隠された設定がありそれがうまく語られていないだけなのかと思っていたが、クリアしてみるとそこが明かされていても不自然さは変わらないことがわかった。

 この問題はシナリオそのものがダメというより、クエストのシステムをうまく処理できていないような気もする。どうもクエストの形に合わせるため、話を無理やり捻じ曲げているかのような……。そういう雰囲気が伝わる展開は、ほかのクエストでもいくつか見られた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

ドールを手に入れてから本作の評価が急上昇すぎる…… 『ゼノブレイドクロス』

ドールに乗れ、そして壊せ!

XenobladeX_03_01.jpg
ドールと共に白樹の大陸へ

 以前に人型マシーン「ドール」を手に入れた『ゼノブレイドクロス』だが、あれから本作がより楽しくなってきた。というよりむしろ、惑星ミラはドールに乗ることを前提でデザインされているのではないかと思うようになってきたのだ。

 とにかくドールは移動でも戦闘でも役に立つのなんの。燃料という概念があることと破壊される可能性があることはリスクなのだが、むしろそれがゲームを楽しくしていると言っても過言ではない。

XenobladeX_03_02.jpg
黒鋼の大陸は敵が強すぎるため、さすがのドールでも恐ろしい

 まず、人間体で冒険する場合、やられても基本的にノーリスクである。場所を戻されるだけで経験値が減ることなどはなく、いかにもゲーム的な都合の良い解釈をせねばならない。

 しかし、ドールは壊れてしまうと大金を払って修理をする必要がある。恐ろしい生物だらけの未知の惑星を探索するのだから、破壊されるかもしれないという恐怖があったほうが断然楽しいだろう。

 また、燃料管理も大事な要素だ。ドールの武装を使いまくっていると燃料が切れるため、適度に大型生物を捕まえて燃料を確保する必要がある。人間体にはこういう消耗する要素がないため、どうも探索に緊張感がないのだ。

XenobladeX_03_03.jpg
新たなドールはミドルタイプの「Lailah.ST」に決定

 無論、ドールにもゲーム的な都合の良い点(戦闘終了後の自動回復や破壊された際の保険など)はあるのだが、それでも壊れるのは嫌であり楽しい要素でもある。「はじめて買ったドールは奈落に落ちまくって保険切れ、ブレイドなんてそれでいいんだよ……!」とでも言いたくなるのが魅力なのだ。

 僕もはじめての機体(「プラモデル」と命名)は探索で壊しまくり、悔しいような楽しいような気分をたくさん味わった。それはまるで、新車をはじめて買った社会人のような。と思いつつ、今度は二台目を買って乗りこなす気分を楽しんでいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

クエストは最低だが、ドールは最高だぜ! 『ゼノブレイドクロス』

第六章までの物語について

XenobladeX_02_01.jpg
タツと共に光の中へ

 『ゼノブレイドクロス』はメインクエストの第六章までクリアした。また新しいバトル要素が出て意味不明になってきたので、あれから何度か説明書を読み直し少しずつ本作が理解できた気がする。

 まずは五章・六章の物語について書こう。第五章では人類の大きな秘密が明かされ、確かに驚くべき内容で楽しめた。これがそこまで伏せられていたのはあまりにも不自然だが、話の整合性よりは衝撃のほうを優先したと思われる。

XenobladeX_02_02.jpg
キャラ弁まで作ってくれるかわいいタツは本当にかわいいのか

 そして、第六章ではタツがトラブルを引き起こしてくれるというか、こいつは本当にマスコットキャラなのだろうか? と思わせてくれる。こういう汚れ仕事をギャグ担当に全部まかせるというのは、良い展開が思いつかなかったのではと邪推してしまう。

 なんとも浮き沈みがある印象だが、新たな異星人がたくさん出たりあからさまに何か隠された設定が示唆されたりと、ここから盛り上がりを見せてくるのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

100時間以上遊べるゲームらしいが、序盤に一山あるかも 『ゼノブレイドクロス』

シリアスとギャグが混ざりまくるゲームかも

XenobladeX_01_01.jpg
砂漠にいた一角獣(?)の前で土下座

 『ゼノブレイドクロス』はメインクエストの第四章までクリアし、さまざまなサブクエストを進めている最中である。序盤はまともに遊べるか不安だった本作だが、少しずつ理解し楽しくなってきた。

XenobladeX_01_02.jpg
人類に敵対する異星人「グロウス」の“ゲーティア”おばさんたち

 崩壊した地球から脱出し惑星ミラで生活を始めた人類だが、ここでも敵対異星人に出会うことになってしまう。なんと「グロウス」なる連中は人類を根絶やしにすることを目的にしており、「グレンナー」なる頭の悪そうな生物を率いて破壊・殺戮を繰り返しているのだ。

 やはり安住の地はないのか。そう思いながら、僕たちは障害を切り抜けつつ、人類を守る軍団「ブレイブ」の一因としてニューロサンゼルスの発展を手伝い、更なる強大な敵との戦いを繰り広げていく……!

XenobladeX_01_03.jpg
上半身だけ水着のエルマ(左)と、制服のリンリー(右)

 というのが本筋なのだが、本作はどうも緊張感がない。理由はふたつあり、まず装備にだいぶ遊びがあるということである。

 現在は、主人公の上官でありエリートの「エルマ」と、13歳にして天才メカニックらしい「リンリー」と冒険を繰り広げているのだが、上記画像を見ればわかるように戦いに向いていない格好をさせている。それどころか、「エルマ」が美人だからといって水着を着せている有り様だ。(リンリーは顔が怖いので割とどうでもいい。)

XenobladeX_01_04.jpg
自分のプレイヤーキャラクターが選択肢を選んでいる様子

 ちなみに自分のキャラクター(アバター)がどんな格好をしているかというと、こういうフルアーマー的なものに身を包んでいる。格好が良くて満足しているのだが、モーションが完全になよなよとした女なのがなんとも。『Skyrim』のようにガニ股ジャンプをしろとは言わないが、もう少し戦いに向いた動きにしてくれると良いのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

ゴールデンウィークは惑星ミラへ 『ゼノブレイドクロス』購入

ここまで導入に時間がかかるゲームも久々だ

XenobladeX_00_01.jpg

 2015年4月29日に発売されたWii U用ソフト『ゼノブレイドクロス(XenobladeX)』を購入した。本作は『ゼノ』シリーズ最新作となるオープンワールドRPGである。

 実はこのゲーム、まったく買う気はなかった。僕と『ゼノ』シリーズの付き合いは、初代となる『ゼノギアス』の序盤くらいである。そして覚えているのは、“その作品で「畜生」という漢字を覚えた”ということだけ。まったく思い入れもないし、好みのシリーズというわけでもない。

 ではなぜ買ったのかというと、それは今年のゴールデンウィークは時間が取れそうだからであった。旅行には行かないので、Wii Uで惑星ミラへ遊びに行こうというわけだ。しかし、これはあまり良い買い方ではなく。

XenobladeX_00_02.jpg
傍迷惑な異星人たちの戦いに巻き込まれる人類

 さて、本作の舞台は近未来の地球……であった。地球は異星人たちの戦いに巻き込まれ、なんと消滅してしまった。人類は仕方なく新たな移住の地を求め、宇宙へ旅立ちはじめる。

 ただし、地球脱出に成功したのはごくわずかな宇宙船のみで、主人公(プレイヤー)が乗っていた「白鯨」くらいのものである。しかもその白鯨ですら、追ってきた異星人の攻撃により墜落。近くにあった惑星ミラへ不時着したのであった。

XenobladeX_00_03.jpg
はじめて惑星ミラを歩いたシーン

 事前調査が行われていなかったこの惑星だが、幸いなことに酸素もあるようだし生物もいる。人類はこの惑星で生きることを決め、今は周囲の環境を調査したり、原生生物と戦って生き残っているのである。

 また、この惑星ミラを自由に移動できるというのが本作のウリだ。なんでもほとんどがシームレスになっており、ロードを挟まずとも移動できるとのこと。実際、上記画像で遠くに見える宇宙船に行くまでロードはなかったし、道中の戦闘も暗転が挟まることもなく開始・終了した。

XenobladeX_00_04.jpg
自由意思を尊重してくれるナギおじさん

 というわけで自由に遊べるのかと思いきや、このゲームは序盤の説明が多すぎるッ!! 専門用語や固有名詞が多いので仕方ない面もあるだろうが、とにかく少し操作したら大したことのないカットシーンばかりが挟まれるので「グワアアア」と叫びたくなる。

 また、街の説明を詳しくしてくれる一方で戦闘のチュートリアルは超あっさりとなっており、かつ数値がたくさん出てきて何が何やら。一時間半ほどでようやく自由になったようで、これから楽しめるようになれば良いのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加