スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

しずえ(冬服)をゲット! 第29弾までの製作コースまとめ 『スーパーマリオメーカー』

最近の『スーパーマリオメーカー』

SMM_05_01.jpg
しずえ(冬服)をゲットした瞬間

 『スーパーマリオメーカー』は「100人マリオチャレンジ」をだらだらと遊び、そこで得たアイデアを元にコースを作っている。……要は相変わらずなわけだ。

 「100人マリオチャレンジ」でのキャラマリオ解除は順調に進み、「しずえ(冬服)」を手に入れることができた。これは嬉しくてたまらないのだが、しかし“むずかしい”難易度のコースを遊ぶのが苦痛で仕方ない。似たようなクソ・コースに出会いまくるのでつらい。


 それはさておき、2015年11月5日に本作のアップデートが実施される。中間地点などが追加されるようでなかなか喜ばしいのだが……、もしバグが潰されると困った話にもなりそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

スポンサーサイト

ニッキー&ピーチが主役のコースや「POW!!」など、第24弾までの製作コースまとめ 『スーパーマリオメーカー』

相変わらずコースを作り続けている近況

SMM_04_01.jpg
ドンけろーねさんの「逃げて!ルイージ!」というコース

 このところ『スーパーマリオメーカー』では、いろいろと遊んでアイデアの収集に励んでいる。やはり遊ぶと何かを思いつくもので、よくわからないコースができあがってくるものだ。

 しかし、以前にも書いたプレイヤー不足は更に深刻な状況となっており、なかなか良さそうなコースでもほとんど遊ばれていない場面もちらほら見る。営業や広報が大事なのは当たり前なのだが、それにしても数が多すぎて埋もれることの深刻さときたら。

SMM_04_03.jpg
コース「しずえ そらのたび」

 さて、僕が作ったコースの話をしよう。新たなしずえコースとしては、「しずえ そらのたび」(ID:503F-0000-006D-3C2E)というものを製作した。

 これまでしずえの陸・海・飛行船などのコースを作ってきたが、今回は“ジュゲムの雲”を使ってみたいということになった。このアイテムは行ける場所が多すぎて問題になりやすいためいくつかルートを設定してみたわけだが、やや窮屈な印象を受ける感じになってしまったか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

しずえコース第10弾~12弾+ふつうコース 『スーパーマリオメーカー』

新たなしずえコース

SMM_03_01.jpg
現在(2015年9月23日)のステータス

 「イベントやらなんやら色々あって時間がなかった」などと言っている割に、『スーパーマリオメーカー』の製作コースが着々と増えているのは一体どういうことか。まァ、コースを作っているからこそ時間がないとも言える。

 さて、世界に公開したコースは16に到達し、もらった“いいね!”は400を超えるほどとなった。いろいろな人に遊んでもらえて嬉しい限りなのだが、最近はプレイヤーの数が圧倒的に減っているのが気になるところ。話題性のあるコースでも作ってみようか。

SMM_03_02.jpg
コース「しずえのコインとりほうだい」

 などと口では言うが、やはりしずえコースばかり作っているというのが現実である。しずえコース第10弾となる「しずえのコインとりほうだい」(ID:7215-0000-0035-F634)は、名前を見てわかるようにコインを取りまくるコースだ。

 『New スーパーマリオブラザーズ 2』でも大量のコインが題材となっていたが、どうもこれはいまひとつ印象が弱い気がする。ゲーム慣れしてくるとコインなど無視するようになるし、そもそもコインが取れる系のコースは『スーパーマリオメーカー』で割と多いかもしれない。

SMM_03_03.jpg
コース「しずえのおたくほうもん」

 そして、割と気に入っているのが「しずえのおたくほうもん」(ID:4484-0000-003C-3B78)である。しずえがさまざまな家を尋ねるというコースなのだが、その訪ね方の乱暴さが見所だ。

 本作にしずえが登場すると聞いてから、ずっとこのコースを作ろうと考えていた。扉がアンロックされるまで時間がかかったが、思いつきをきちんと形にできて何よりだ。

SMM_03_04.jpg
コース「しずえのあたらしいブーツ」

 ところで、僕は『スーパーマリオブラザーズ3』の“靴”が好きである。そのために作ったのが「しずえのあたらしいブーツ」(ID:00E4-0000-0041-3117)というコースなのだが……。

 いや、靴を使った仕掛けをこなしていくというのはまったく問題ない。ただこのブーツと呼んでいるこれ、よく考えたらヒールなのではないか? そんなことばかりが気になってしまう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

しずえコース第4弾~9弾+α 『スーパーマリオメーカー』

思っていた以上にコースができあがる

SMM_02_00.jpg
コース製作途中の様子

 『スーパーマリオメーカー』でコース作りの楽しさに目覚めてからというものの、新たなコースがずいぶんと形になってきた。ここまでいろいろ作れるとは、自分でも想像がつかなかったので驚く。

SMM_02_01.jpg
全パーツを入手した時のメッセージ

 ちなみに、本作では少しずつ新たなパーツが解放されていくという方式なのだが、コースを作りまくっているとそのアンロックが早くなっていく。そしてついに、全解放されてしまったというのだから驚きだ。我ながらよく作ったものよ。

 そんなわけで、これまで作ったコースを紹介しておこう。なお、これらコースは僕のTwitterでも公開済みであり、あくまでもまとめておくといった感じである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

マリオメーカーでも、僕にとってはしずえメーカー 『スーパーマリオメーカー』

『スーパーマリオメーカー』購入

SMM_01_01.jpg
『スーパーマリオメーカー』起動画面

 2015年9月10日に発売されたWii U用ゲームソフト『スーパーマリオメーカー』を購入した。本作は“『スーパーマリオ』シリーズのコースを作って遊ぶ”というゲームである。

SMM_01_02.jpg
最初のチュートリアル的なコースを製作している様子

 僕はこういう“ものを作るゲーム”が得意でなく、『マインクラフト』も『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』も熱烈にハマったというわけではなかった(どちらもそこそこ楽しめはしたが)。よって、人が作ったコースを遊ぼうという考えではじめたわけだ。

SMM_01_03.jpg
1-1のようなサンプルコースの地下にはディスコ(?)が存在

 まず「10人マリオチャレンジ」というモードでは、本作の開発スタッフが制作したさまざまなコースが遊べる。既にこの段階でかなりレベルが高く、というかさすが本職だと言える内容ばかりだ。

 あくまでサンプルではあるが、しかし“1-1を遊んでいると思ったら、地下ではディスコが展開されていた”などという一発ネタも見事なものだ。

SMM_01_04.jpg
ギミックは複雑だが見ているだけでいいというコース

 当然ながら、それぞれの仕掛けの使い方も参考になる。はじめは使える要素が少ないものの、いずれ解禁されるであろうベルトコンベアなどを使えば、自動でアイテム・敵が移動するコースなんかも作れるわけだ。それをアレンジすれば、更に可能性が広がるであろう。

 とはいえ、プレイ専門の僕には関係ない話である。とりあえず、このサンプルを見て世界の人々が楽しいコースを作り、その恩恵に預かれれば何よりだ。……とこの時まで考えていたのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。