『Fallout 4』冒険者の手記 #13「息子の夢と私の現実」

B.O.S.の巣へ

Fallout4_13_01.jpg

 インスティチュートのリーダーとなった私は、巨大な原子炉を作動させることに成功し、かつ敵対組織であるレールロードを滅ぼすことも終えた。最後の敵はB.O.S.のみである。

 しかし、B.O.S.はボストンのみならずあらゆる場所に存在する巨大な組織だ。正面から敵に回しては勝てないため、インスティチュートの力を見せつけて彼らを萎縮させることになった。……ざっくり言うと、連中の基地であるボストン空港に、私が単身で乗り込んでなんとかするという話だ。

Fallout4_13_02.jpg

 巡回する兵士たちを順番に殺し、この空港の周囲に張られたバリアを解除していく。こうすることにより人造人間たちが乗り込めるようになるわけだが、それはまだ序の口である。

 本当の目的はこの「リバティ・プライム」だ。共産主義者たちと戦うために作られたこの巨大ロボットは、とてつもなく強大な力を持っている。逆に言えば、それを彼らの手から奪ってしまえば戦力が失われ、われわれの恐ろしさも知ることになるだろう。

Fallout4_13_03.jpg

 Dr.リーはかつてこのロボットを動かしたことがあるため、関連した知識を持っている。そして、ロザリンドという科学者がコンピューターウィルスを開発し、人造人間に持たせたわけだ。となれば、話は簡単である。

 人造人間がリバティ・プライムにウィルスを流し込むため、私がその防衛を行うことになる。パワーアーマーを身につけたB.O.S.の兵士たちをレーザーで焼き殺しまくり、周囲にはあの気味が悪い化学製品のような臭いが充満した。

 数多くの命が消え、仲間の人造人間たちは破壊され、そしてついにウィルスは流し込まれる。私はコーサーとともに、ワープでこの場を離れた。

Fallout4_13_04.jpg

 ウィルスの影響により、リバティ・プライムは自分たちの基地を共産主義者の巣窟と誤認、攻撃し大爆発を起こす。ボストン空港はすべてが火に包まれ、あの激しい銃撃戦が嘘に思えるかのようにすべてが破壊しつくされた。

 私もすでにどれほど人を殺めたかわからないが、ここまでの光景を見せつけられると困惑する。本当にこれでよかったのだろうか? だが……。

さようなら、ショーン

Fallout4_13_05.jpg

 インスティチュートに戻ると、ファーザー……いや、ショーンはかなり憔悴している様子であった。B.O.S.に対する作戦が成功した旨を伝えると喜んではいたが、その声にも表情にも生気がない。

Fallout4_13_06.jpg

 ショーンは絞り出すかのように、最後の言葉を告げてくれた。組織の今後について、そして父である私に対しての感謝も……。

 ファーザーが本当にショーンなのか疑問を持っていたが、そんなことはもはやどうでもいいのかもしれない。こんな時間の経ちすぎた世界で、私と深い関係を持っていたのは彼くらいのものである。仮にそれが嘘だったとしても、戦前からずっと眠り続けていた私にはもはやその繋がりしかないのだ。

Fallout4_13_07.jpg

 そして、ショーンは再び私の前から姿を消すことになる。息子を追ってVault 111を飛び出した私に突きつけられた現実は、またもや息子を失うというものであった。

 私が冷凍睡眠装置で死ななかったのは幸運なのか、不幸なのか。旅を始める前からずっと考えていたが、その答えは未だにわからない。

Fallout4_13_08.jpg

 ショーンは最後に、“人造人間のショーン”を遺してくれた。しかし、この人造人間を見ていると心が落ち込むばかりである。私の欲しいものはもはや手に入れることのできないものなのだ。

 こうして私の息子を探す旅は終わった。これからはインスティチュートのリーダーとしての人生が始まるのかもしれないが、もはやそんなものはどうでもいい。荒野で人を助けても、あるいは人を殺しても、思うのは過去のことばかり。気持ちが200年前からついてこないまま、私はボストンを歩き続ける。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Fallout 4』冒険者の手記 #12「原子炉が動き手は汚れる」

フェーズ3の実行

Fallout4_12_01.jpg

 インスティチュートの新たなリーダーに任命された私だが、やることは普段とあまり変わりない。結局のところウェイストランドで作戦を実行できる稀な人物なわけで、つまりは雑用係なわけだ。

 今後はフェーズ3を実行、つまりインスティチュートの全エネルギーを賄う巨大な原子炉を動かさねばならなくなった。いくつか必要なものがあるため、まずは「ベリリウム撹拌機」を求めてマスフュージョンビルへ向かう。しかし、B.O.S.の連中もこれを狙っており、もはや敵対は完全に避けられなくなった。

Fallout4_12_02.jpg

 続いて、原子炉を起動させるために必要な人材「T・S・ウォレス」をスカウトしに行く。……と言っても、彼は部屋から出てこないため、結局のところは強引に連れ去るしかなかったのだが。私がリーダーになったからには穏便に物事を進めたいのだが、そうも言ってられないようだ。

Fallout4_12_03.jpg

 また、インスティチュート内部の問題も解決せねばならない。バイオサイエンス部門の科学者は部屋を封鎖し、クーデターを起こそうと目論んでいるのであった。彼らとは話し合いもロクにできない状態で、最終的には脅すような形になってしまう(殺しまではしなかったが)。

 結局のところ、人はわかりあえないのであろう。そして戦いで決めるしかなくなるのだ。

Fallout4_12_04.jpg

 ともあれ、原子炉は無事に作動した。こうしてフェーズ3が完了し、インスティチュートの未来は安泰となる。……いや、その前に手を汚さねばならないのであった。

レールロードの崩壊

Fallout4_12_05.jpg

 この後、インスティチュートで行われた会議では、“やはり”と思わせられる提案をされた。理事会はついに「B.O.S.を排除すべき」という結論にたどり着いたのだ。戦前の技術を集めている彼らにとってわれわれの技術は奪ってでも手に入れるべきものであり、つまりは相容れない存在なのである。

 また、その前にレールロードも潰さねばならなくなった。ここへ来る際にいくらか世話になったことを考えると喜べないが、ファーザーが言うには残しておくのは危険なのだそうだ。そして何より、彼らの力を借りた私がリーダーになることを不安視する者もいる。つまり、私の地位を確立させるためにも自分で手を下さねばならなくなったのである。

Fallout4_12_06.jpg

 レールロードの拠点ではいきなり撃たれることも覚悟したが、デズデモーナにはまだ優しさが残っていた。無論、私がインスティチュートに関わっていることを知っているため拒絶はしている。しかし、彼女が銃を持ち出すことはなかった。

Fallout4_12_07.jpg

 そう、彼女が銃を持つ前に私が殺したからである。続々と襲いかかる彼女の仲間を撃ち殺しつつ、私は思う。……人は過ちを繰り返す。

○ 『Fallout 4』冒険者の手記 #13「息子の夢と私の現実」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-2005.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Fallout 4』冒険者の手記 #11「ファーザーの求めるものは」

人造人間の回収

Fallout4_11_01.jpg

 これまで敵だと思っていた組織「インスティチュート」のリーダーが、まさかあんな人物だったとは。混乱する私は各部門の科学者たちに挨拶を済ませたあと、もう一度ファーザーと話をすることにした。

 外でインスティチュートが蛇蝎の如く嫌われている理由はひとつ。人造人間が人々を殺すからである。いったいなぜそんなことをするのか? そのあたりがまだ理解できない。

 ファーザー……、もといショーンが言うには、インスティチュートは“再定義された人類”という目標を求めてすべてのことを行っているようだ。その定義がいったいどのようなものか気にかかるところだが、どうも詳しく話す気はないらしい。ともあれ、ウェイストランドの実行部隊として動いて欲しいと提案された。

Fallout4_11_02.jpg

 仕事内容は、「リベルタリア」なる場所でレイダーを引き連れている人造人間「ガブリエル」を回収するというもの。この人造人間はもともと脱走した存在なのだが、レールロードによる記憶消去を受けてから自分が人間だと思い込み、略奪を繰り返しているそうだ。

 現地で「X6-88」という味方の人造人間と合流し、レイダーと化したガブリエルは無事に回収できた。確かにこういうケースを見ると、脱走した人造人間というのは厄介な話である。

Fallout4_11_03.jpg

 しかし、次の仕事だと話が変わってくる。今度の依頼はレールロードが匿っている人造人間たちを回収するというものなのだが、その連中は特に人間を傷つけたりはしていないのだ。しかも現地に行けば、人造人間のテクノロジーを求めてB.O.S.までやってきており、現場はとてつもない戦場と化していた。

Fallout4_11_04.jpg

 幾多の敵を撃ち殺し、ようやく人造人間の居場所へたどり着く。彼らは私を見てひたすらに怯えており、中にはキャップを渡すから戻さないで欲しいと懇願するものもいるほどだ。なぜそこまでインスティチュートを恐れるのか? 質問してみたが答えはどれもはっきりしない。

 ただ、この怯える様子を見ているとレールロードの言わんとすることも理解できなくもない。ショーンが言うには“ただの道具”に過ぎない人造人間だが、それにしては表情や身振りなど良く出来過ぎている。それに、インスティチュートから逃げ出そうとするのも致命的なバグではないのか。

Fallout4_11_05.jpg

 行動を共にしていたニックは、この件について皮肉めいたことを言ってくれた。確かに、やり方としてはあまりにも泥臭すぎる。しかし、息子の希望とあれば……と思ってしまうのが親心であろう。

ファーザーの意図

Fallout4_11_06.jpg

 仕事を終え、ショーンの元へと戻る。彼は珍しくウェイストランドへやってきており、この核戦争で荒廃した世界を見て現状を嘆いていた。確かにひどい場所ではあるがそこまで悪くはないと言うと、彼はあまり納得していなさそうな表情をする。

 ところで、ショーンはここで更なる真実、Vault111から私を蘇らせたのが彼であるということを教えてくれた。いったいなぜそんなことをしたのかといえば、解放された私が「これだけの時を経てもなお、自分を探そうとするかどうか」を知りたかったのだという。

 息子にそんなことを言われて喜ばない父がどこにいるのだろうか。……いやしかし、ファーザーがショーンであるという確信はまだ掴めていないのだ。もしかしたら、都合良く私を利用するために言っているだけかもしれない。これから更に汚い仕事をさせるために……。

Fallout4_11_07.jpg

 そう思っていたものの、この直後にまた事情が変わってくる。私は各部門のリーダーも参加する会議に出席することとなったのだが、そこで衝撃的な事実を知らされる。それは、ファーザーの先が既に長くないというものであった。

 ガンに犯されているファーザーは、おそらく目的を達するまで生きることはできないのだという。それだけでも混乱しそうなほど驚く話なのに、彼は後継者として私を指名したのである。

Fallout4_11_08.jpg

 無論、他部門のリーダーたちもあらゆる意味で驚きを隠せない。私もよくわからない。いずれにせよ、今後は巨大な原子炉を稼動させる「フェーズ3」を実行しつつ、リーダーとしての仕事もこなさねばならないのだという。

 ファーザー……いや、ショーンは、私にインスティチュートの未来を託すつもりのようだ。それは息子として父を頼るということなのだろうか? まだよくわからないが、しかし私には……。

○ 『Fallout 4』冒険者の手記 #12「原子炉が動き手は汚れる」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-2004.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Fallout 4』冒険者の手記 #10「ファーザーのファーザー」

敵地に迎えられる

Fallout4_10_01.jpg

 ついに、息子がいる「インスティチュート」に侵入した。人造人間の本拠地にひとりで乗り込むのは問題ないのかという不安が大きかったものの、意外なことに周囲は静かだ。

 そして、スピーカー越しに「ファーザー」なる人物が語りかけてきた。彼の口ぶりからするとまるで私がここへ来ることを予測していたようである。しかも彼は私を殺そうとするどころか、むしろ施設の中へ招くではないか。いったい何を企んでいるというのか?

Fallout4_10_02.jpg

 それにしてもこのインスティチュート、とてつもない場所である。連邦、つまりボストン周辺はすでに荒野と化しているわけだが、それと比較する気にならないほど清潔でものすごい場所だ。よくわからない機械が並び、人々や物はすべて清潔、そして何より私に敵意を向ける人物がほとんどいない……。現実とは思えないような場所だ。

Fallout4_10_03.jpg

 ファーザーに誘われるがまま奥へ進むと、ついに探し求めていた人物を見つけ出すことができた。思わずショーンの名を叫んでしまったが、ここから私は想像もつかなかった事実を知ることになる。

ショーンはここにいた?

Fallout4_10_04.jpg

 このショーンは私のことを知らなかった。いや、それは想像できていたことである。興奮する気持ちを必死に抑えつつ事情を説明しようとするも、彼は怯えてファーザーを呼ぶ。いったいどうすれば良いのかわからず私もうろたえそうになると、なんと急に彼の動きが止まった。そう、まるでロボットのように……。

Fallout4_10_05.jpg

 あまりの衝撃に混乱してしまった私は、やってきたファーザーに銃を構える。トリガーに指をかけ事情を説明しろと脅すと、彼はとても穏やかに答えはじめる。そう、さきほどのショーンは開発中の人造人間で、本当のショーンはこのファーザーなる人物であるということを。

 インスティチュートが人造人間を作る際、放射能に犯されていないDNAを持った人間のサンプルが必要となった。そしてショーンがさらわれたわけだが、それが起こったのは実は10年前ではなく60年前のことだった。その後に人造人間の“ファーザー”となった私の息子は、今やインスティチュートの責任者となっているのだった。

 息子は私より年上になっていた。そして、敵だと思っていたインスティチュートは今や息子が動かしている。さらに、息子は私とともにインスティチュートの計画を進めていきたいと語っている……。わからない。何が真実なのかわからないし、仮にファーザーが言っていることがすべて本当だとしても、信じがたい。

 ファーザー……、いや、ショーンは私をどうしても仲間に引き入れたいらしい。まずはこの場に慣れるため、各部門の責任者に自己紹介をすると良いと提案された。……とにかく今はインスティチュートのことを知り、それからどうするか考えることにしよう。

明るいばかりがインスティチュートではない

Fallout4_10_06.jpg

 インスティチュートには4つの部門があり、野菜工場のような場所もある。施設の中心部には清潔な水も流れているし、見た目にも気を配られている驚くべき場所だ。

Fallout4_10_07.jpg

 技術力も比類なきものであり、人造人間たちが周囲で仕事をしているのはもちろん、ゴリラを模した人造動物すら存在する。過去にはFEVウイルスを研究し大失敗したような形跡もあるが、それでもこの施設を何十年も維持できているのは脅威の一言だ。

 ただし、悪い面もある。レールロードが言うように、人造人間を奴隷のように扱っている科学者も多くいるわけだ。無論、人造人間はあくまで機械でしかないのだが、怒鳴りつけている姿を見れば気分を害すのも無理はなかろう。

Fallout4_10_08.jpg

 そして、アドバンス・システム部の責任者である「Dr.リー」なる人物とは最高に反りが合わなさそうだ。彼女は口が悪いし、ショーンが研究している子供の人造人間にもケチをつけているし、何よりこの表情である。はたしてここでうまくやっていけるのだろうか?

○ 『Fallout 4』冒険者の手記 #11「ファーザーの求めるものは」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-2003.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Fallout 4』冒険者の手記 #9「自由への、インスティチュートへの道」

自由への道をたどる

Fallout4_09_01.jpg

 息子を探すため「レールロード」と接触を図ろうとしている私は、「フリーダム・トレイル」というものにたどり着く。これはボストンの道路に書かれている赤い線で、たどることにより市内の観光地を巡れるわけだ。……無論、それは戦前の話だが。

 ニックの依頼をこなしている最中にもここへ来たのだが、その時は夜間であったし、スワンに襲われてしまいまともに調査ができなかった。しかし、日中によく見てみれば意味深なボードが置かれており、ガレキで途切れている赤い線も何者かがあとから書き足しているのだ。

Fallout4_09_02.jpg

 この道をたどると独立戦争に関連した場所を訪れることができるものの、今やどこも廃墟である。マイアラーク(カニのバケモノ)の巣にうっかり入り込んでしまった時は、死を覚悟した。しかし生き残れば、カニ道楽である。

Fallout4_09_03.jpg

 ともあれ、道をたどっていくと「オールド・ノース・チャーチ」という場所にたどり着く。中を見てもグールの住処でしかないが、地下にはフリーダム・トレイルの紋章を模したリングがあった。そして、近くには隠し扉らしき場所が……。

いざインスティチュートへ

Fallout4_09_04.jpg

 解けてしまえばリングの謎も大したものではなかったが、とにかくこれでレールロードとご対面である。私の雰囲気を察していたのか、扉の向こうではリーダーの「デスデモーナ」が待ち構えていた。

 あからさまに警戒されてしまったが、コーサーのチップについて説明すると話はすぐに進む。結果的には、チップを提供する代わりに解析をしてもらうことに成功した。

Fallout4_09_05.jpg

 解析したデータを持ち、かつてインスティチュートの科学者であったバージルの元へ向かう。彼もテレポート装置の設計図を書いてくれたらしく、肥大化した体での作業の苦労を語ってくれた。なんにせよ、持つべきものは協力者だ。

Fallout4_09_06.jpg

 また、テレポート装置を作るのもかなり大掛かりな仕事となった。技術者がいる集団の力を借りねば作り出せないほどの装置なのだが、幸いなことに私にはミニッツメンにいくらか協力者がいる。農作業をしていたスタージェスを引っ張りだし、何やら仰々しい装置を設置することができた。

Fallout4_09_07.jpg

 あとは解析データでワープの周波数を確認し、私の体をインスティチュートに転送するのみだ。ここから先は、敵の本拠地にひとりで行かねばならない。はたして無事に息子を見つけ出せるだろうか。銃を持つ手に汗がにじむ。

○ 『Fallout 4』冒険者の手記 #10「ファーザーのファーザー」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-2002.html
このエントリーをはてなブックマークに追加