大して欲しくないゲームを買うのはやめよう(当たり前) 『Bastion』&『Dust: An Elysian Tail』

まずは、未ローカライズでスルーした作品

 仕事がなくてかなり暇だったので、Xbox LIVEのセールで売られているゲームを買って遊んだ。結論から言うと、「あまり欲しくないゲームを買うのはやめようね」ということであった。そんなのは小学生でも知っている。

BastionDust_01.jpg
『Bastion』タイトル画面

 購入したタイトルは2作で、ひとつ目は『Bastion』である。本作は、物語がウリのアクション・ゲームであり、主人公キッドが崩壊した世界で、バスティオンと呼ばれる宙に浮く大地を完成させるために冒険していく。

 本作は2011年の夏にXbox LIVE アーケードで配信されたが、当時はスルーした。理由は単純で、物語が重要らしいのにローカライズが一切されていないからだ。

BastionDust_02.jpg
成長や武器改造などの要素もあるアクションだが、盾がだいぶ強いゲームであった

 そしていざ遊んでみれば、やはりよくわからなかったというのだから間抜けが過ぎる。本作は“アクションをしつつナレーターが物語を語ってくれる”という構造なので、字幕を読む余裕もなく、だいぶ堪能に英語が聞き取れないと理解が難しいわけだ。一応、途中までは頑張って読み進めていたが、字幕を見逃す場面が多くて諦めてしまったのである。

 アクションとしてはやや単調かつ大味(難易度設定をほぼプレイヤーに投げている)ため、物語が理解できなければ大して面白くないのは言うまでもなく。もっとも、終えたあとに解説サイトなどを巡ってみたが、プレイ中にきちんと理解できてもまず面白く感じなかったことだろう。要は、最初から大して興味がなかったわけだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

神が何を考えているのかなど、人間が考えても無駄なことかもしれない 『From Dust』

bbox_FromDust.jpg

プレイヤーこそが神である……のか?

 大昔の人は自然災害があると「神が人間に試練を与えた」などと考えたらしいが、もしかしたらそれは間違いかもしれない。神が何か別のことをしようとした結果、たまたま人間に問題が降り注いだだけの可能性もある。

 Xbox LIVE アーケードの『From Dust』を遊ぶと、ついそんなことを考えてしまう。本作は神となって原住民を導くシミュレーション・ゲームである。本作は2011年の作品なのだが、先日のセールでかなりの安価になっていたので手を出してみた。なお、ローカライズはされていないので注意されたし。

 ところで、神の怒りというのは実際に存在するかもしれない。このゲームを遊んでいると、中にいる人間たちが愚鈍に感じられてしまい、思わずイラつくのだ。だが、怒るべきは制作者に対してであり、ゲームの中の彼らに当たり散らすのもどうかしている。

FromDust_01.jpg
大地を揺るがし自然に抵抗して人間を導くゲームである
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

オンラインゲームでやたらイラつくのは、単純に飽きているからではないか 『Happy Wars』 Season2

ヒールを10,000回も撃つはめになってブチ切れたゲームに戻る

HW-JTsu5_01.jpg
『Happy Wars』Season2 タイトル画面

 外し方を知っている知恵の輪などもう触るわけがなくて、そもそも解き方がわからないから試行錯誤するために遊ぶのである。ゲームもそれと同じで、「飽きる過程を楽しむ」ことをしていると言える。

 ただ、ゲームを制作する側にも事情があって、飽きられることを避けたがっている場合がある。それは家庭用据置機のゲームにも見られるが、特にMMOや基本プレイ無料という形態を取っている作品において多く見られるようだ。

 さて、Xbox LIVE アーケードの基本プレイ無料ゲームである『Happy Wars』に、実績が追加された。地道なアップデートを続けている本作だが、もうはっきりいって飽きていてやりたくない。だが、基本プレイ無料のゲームは人がいてナンボであるので、こうして実績を追加したりして人を呼び戻すのだ。

HW-JTsu5_02.jpg
エンジニアのチームスキル「最終兵器」は本当に敵をなぎ払える

 とはいえ、今までのアップデートでいろいろと要素は追加されているのだ。攻撃力特化の戦士「バーサーカー」、機械を操る「エンジニア」、補助魔法が得意な「ゼファー」といった3つの新職業が、このSeason2における最大の魅力であろう。また、新しい装備・バフもたくさん出ているようだ。

 そんなわけでこの作品が好きな人には喜ばしい状況だろうが、僕はもう飽きているのである。しかしながら実績という呼び戻しがあるとなると、行かざるを得ないのが悲しい。

飽きられることを恐れていないゲームが好きだ

HW-JTsu5_03.jpg
ガドリング・ロケットランチャー製造100回達成のため、ひたすら壊して造っている状態

 ゲーム内容が大幅に変わっていればいいのだが、結局のところ、いろいろ付け足しても元はあまり変わりないのだ。やはり大人数で遊ぶマルチ対戦用の攻城戦という基礎は変わらず、いや、そこは変わる必要がないのだろうが、ともあれもう腹はいっぱいである。

 更に、追加された実績も「~~を50回使う」という飽きを加速させるものばかりだ。累計実績にしても単純が過ぎる。はじめは面倒臭くてイライラしてくるのだが、そのうちに考えることすらやめて脳死状態に陥るのではないかというくらいの思考停止状態になった。

HW-JTsu5_04.jpg
いずれにせよ、今回の実績コンプも完了

 よくMMOなどで運営会社に対して文句ばかり言っているプレイヤーというのを見るが、その根本的な問題は作品にあるのではなく、“飽きているのに離れづらい”という状況にあるのではないのか。少なくとも自分が『Happy Wars』に対して良い感情を持てないのは、すっかり飽きているのに呼び戻されたからである。もう思い出にさせて欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

水恐怖症なんかより「制作チームが途中で投げ出したゲーム恐怖症」になりそうな『Hydrophobia』

bbox_Hydrophobia.jpg

Xbox LIVEセール常連の、水にこだわったゲームを遊ぶ

 「水恐怖症」という題を付けられたゲームを遊んだのだが、その作品はあからさまに完成していないのに強引に終わらせてあり、その薄情さにおののいた。水よりも人の心が恐ろしい。

 ……もっとも、開発会社にはなんらかの理由があったのだろうが、さておきXbox LIVE Arcadeで配信されている『Hydrophobia』はそんな作品である。迫り来る水の恐怖を描いた3Dアクション・アドベンチャーなのだが、思い切り投げ出されているのだ。

 そのことがわかっているからか、本作はものすごい安値で何度も投げ売りセールが行われているようだ。僕もそのことを半ば知りつつ安く買ったわけなので、あれこれ言うのは悪いと思いつつも、しかしながらあまりにもひどい終わりに唖然とした。

Hydrophobia_01.jpg
主人公のケイトが、迫り来る水やテロリストと戦うアドベンチャーである

 そういえば、本作を真っ当に眺めると、水の表現にかなり力を注いだ作品のようだ。「HydroEngine」なるものまで作り表現した水は確かにこだわりを感じるが、『ねずみくす』における毛のふさふさ感と似たようなものであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

殺戮が得意なエイリアンから歴史の流れを少し教わる 『Alien Hominid HD』

bbox_AlienHominidHD.jpg

さすがに6年前のゲームをふつうに遊ぶのは問題がある

 Xbox360は発売から既に7年半以上も経過している。となると、はっきりいってだいぶ古いゲームも現役で配信されているのだ。そういった作品というのはふつうに遊んでもいまひとつなことが多いので、歴史を知るために遊んだほうがよいだろう。

 先日、『Alien Hominid HD』がセールになっていたのでなんとはなしに買ってみたのだが、これが意外と面白かった。無論、その“面白い”というのは開発チームであるThe Behemothの歴史を少し知れたからであり、ゲームとして微妙だったのは言うまでもない。

 それにしても、現行機でそういう体験ができるというのはなんともすごいものだ。前世代の互換があってそうなるならまだしも……。

AlienHominidHD_01.jpg
『Alien Hominid HD』タイトル画面

 さておき、『Alien Hominid HD』はXbox LIVE Arcadeで2007年に配信された2Dアクション・ゲームである。この作品には前身となるFlashゲームが存在し、それにHD化や要素の追加を行ったものが本作となる。

AlienHominidHD_02.jpg
地球に墜落した宇宙人がFBIどもをブチ殺しまくる!

 内容としては、エイリアンが悪い人間をぶち殺しまくるという、ゲームセンターにあるようなゲーム、つまりアーケード・ライクな作品といえる。具体的に言うと、最初から残機数が決まっており、それを使い切るまでに全ステージのクリアを目指す必要があるわけだ。ただし、家庭用据置機向けの調整もほどこされており、そこがまた噛み合わない原因になっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む