Civilization Revolution 08

 やったー! 通常モードで天帝クリアしたぞー。
 選択した国はおっぱいもといおっぱいお化け……もといロシア。勝利方法は経済での勝利。

 ロシアはもともと内政向きの能力を持っているので、前半は土地を確保し、中盤まで科学を進め、後半で金を稼ぎ一気に世界銀行を立てて勝利した。
 といってもまあ、かなり時間はかかっててギリギリでの勝利だった。ローマは宇宙船が完成寸前だったし、アラビアは14000くらいの金を持っていた。ただ、ローマの宇宙船は発射しても十数ターンの余裕はあったし、アラビアは戦争に夢中で大丈夫だったのだけれども…。
 トロワの交易市を早い段階で建てられたなら、もっと早い段階で勝てたろうに。あとは、もっとクジラを活用できたらマシだったはずだ。宮殿の近くにいくつかクジラがいたのだが、利用できたのは一部の都市であった。そして、孤島のクジラも利用できなかった。もっと早い段階で必要なことをするようにならないとなあ。
 それでもアーティファクトが全部自分で見つけられたりと、運はそうとう良かった。これでぎりぎりの勝利なのだから、情けないなあ。

 間抜けであることに違いはないが、大分理屈がわかってきたように思える。ただ、CPU相手だとやはり防御を固めていればどうにでもなる感はあるので、マルチだともっと楽しいかもしれない。しかしマルチをやるほどうまくはないという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Civilization Revolution 07

 SSDMは強い男です。決して天帝で制覇勝利することをあきらめません。そして、SSDMは弱い男です。シナリオじゃないと制覇勝利できません。

 いや無理だわこれ。
 通常モードで制覇勝利を目指そうとしたら、ものすごい早い段階で死ねる。即効で敵の国をつぶそうと思ったら兵士の数が足りないし、距離も遠い。そのままジリ貧になって敵のカタパルトを防ぐこともできずに死亡。おそらく序盤を乗り切るようにすれば制覇もまあ楽なんだろうけど、テクノロジーが出揃ってからじゃ制覇しきる前に逃げられそうだからなんともなあ。
 結局、シナリオの「金銭を優先」で天帝の制覇勝利をして、実績が1000になった。このシナリオだと金が使いたい放題なので、ものすごい簡単だ。

 ふつうだったらこれでマルチをちょろっとやってレビューを書くところなんだが、どうにも書く気分にはなれない。というのも、実績が1000にはなったが、このゲームの面白さを理解できているかというとなると、はっきりいってノーであるからだ。このゲームに面白さがあるというのはわかった。しかし、その面白さを体感できていない。
 もちろん、それをそのまま書けばレビューになるんだろうが、どう書けばいいかわからないのだ。「面白さは持っているに違いないだろうが、それを人に伝えられてないゲームではない」とは書きにくい。なぜなら、僕はシミュレーションがド下手だからだ。実は僕が不感症なだけで、面白さを伝えるのが下手糞なんて書いたとしたら、とんでもない話である。そして、「面白さは持っているが、僕はわからなかった」とも書きにくい。なぜなら、”わからないのに面白いに違いない”というのはアマゾンの発売前レビューのようなものだからだ。
 さて、どう書けばいいのだろうか。少なくともわかったことは、僕はやはりシミュレーションが苦手だということだけである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Civilization Revolution 06

 天帝(ベリーハード)で技術勝利を達成。

 シナリオは「金銭を優先」を選び、国はアメリカを選択。
 科学をとにかく優先させ、ユニットは有り余る金を使って生産しまくる。即効で弓兵軍団と防壁を作ったら、スパイを作れるようにする。 防御用スパイを作り終わったら、余分なスパイで他国の金を盗みまくるとこれまたうまい(最初の1回は800くらいとれてしまう)。あとは、防御ユニットの開発を優先しつつ、住民を増やし技術力や文化などをあげる。歩兵までできてしまうと、もうやられる要素がなくなる。
 あとは面倒な宣戦布告を受けながら、宇宙開発をして勝利。

 シナリオだとヌルいんだなァ。ふつうにやればよかった。
 次の制覇勝利は、ふつうにやるとなかなか歯ごたえがありそうではあるが、さてどう攻めればよいのだろうか。戦闘が得意な文明で即効をかますのがよいかと思うが、攻めきれない配置の場合はまずい。科学力を鍛えまくって、その後防御をガチガチに固めてから、攻めにいったほうがいいのだろうか。うーむ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Civilization Revolution 05

 実績を埋めていった。あとは天帝(ベリーハード)で制覇勝利と、技術勝利をすればすべて埋まることとなる。ベリーハードの経済勝利と文化勝利はすでに済ませた。

 …この前まで、難易度ノーマルでやっていたのに、いきなりベリーハードの経済勝利と文化勝利ができたわけだが、さてどういうことか。
 事の始まりは、「各文明で勝利」の実績を埋めていたときである。そろそろ難易度をノーマルからあげたいが、どの文明で高難易度に挑むべきかわからない。とりあえず、好きな文明で好きなようにやれたり、あるいは特徴をつかめるように、この面倒な実績を「ベータ・ケンタウリ」というシナリオでサクっとやってしまおうと考えたのである。
 半分くらいやってふと気づく。今やっている「ベータ・ケンタウリ」というこのシナリオでは、はじめから文化が全開放されている。つまり、しょっぱなから最強兵器や最強防御ユニットを作れるのである。これを利用して守りをガチガチに固めさえすれば、たとえ最高難易度であっても敵は攻めてこられないに違いないだろうから、経済勝利と文化勝利は簡単なのではないか?
 気づいてから実行に移してみると、話は思っていた以上に簡単であった。最強防御ユニットをつくり、街に防壁を作り、スパイを置いて、敵を掃除するための戦闘機を作っておけば相手は一切攻められないのだ。あまりにも間抜けだ。結局、そのまま経済勝利と文化勝利を得ることとなった。
 うーん…。
 AIの作りが甘いような気もするが、とりあえず制覇勝利と技術勝利を目指してからそれについては言及しよう。

 結構やって気づいた、だめに思ったところがいくつかある。
・インターフェイスが悪い
 操作しづらい。ターンをすぐに進めたくとも、後半になると1ターンずつBを押さなきゃならない。また、縦に並んだメニューがあって、それの一番下を選びたいときに、一番上で上キーを押しても一番下に行かないというのがある。項目の多いゲームなので、これがなかなかだるい。また、十字キーでのユニット選択もやりづらい。ついでに、最初の文明選択時のカーソルが遅かったり、とにかくインターフェイスの出来が悪い。これがテンポが悪くなっているひとつの要因だろう。
・人物が出てくるのが邪魔
 たとえばユニットを作るときやら、文化遺産を作るとき、あるいは戦争をしかける・しかけられた時に応じて、人物が出てくる。内政であれば担当の大臣であったり、戦争であるときは相手の国の代表が出てくる。これがうざい。出てくるときにいちいち動作が何秒もあって、そのせいでゲームのテンポが悪くなる。連打しているとけっこうマシになるんだが、それでも画面を見る上での邪魔にもなるし、一切出なくていい。もっとサクサクやりたい。これは次世代機になった弊害だ。いくらハードの性能があがろうとも、いちいちこういうのを表示させる必要はないのではないか。
・実績の作りがよくない
 悪くはないが、一部以外褒められない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Civilization Revolution 04

 今日は難易度ノーマル(国王)のロシアで遊ぶ。

 開始直後に近かったインドをぶっ潰そうかと思ったが、敵は弓兵の開発が早くてどうにも手をつけられなくなってしまった。まいったので、攻めるふりをしてテクノロジーをもらうことにした。
 とりあえずこの後は、科学力でも伸ばすかと考えたのだが、とにかくライフル兵を作ったあとに金もなかなか稼げそうなことに気がつく。インドが攻めてくるようになってきたが、ライフル兵で耐えることはできると思っていたので、とにかく金を稼ぎまくる。
 AD2000あたりまでは調子がよかったんだが、金が2万ほどたまって世界銀行の建設をはじめたときからがなかなかやばかった。勝利が目前になるとAIはガンガン戦争をしかけてくるようで、例に漏れず僕も宣戦布告を受けた。ライフル兵がいたから耐えられたようなものだが、最終的には他の国がミサイル装備の近代兵器で攻めてきてまいった。10セットほどライフル兵を作っておいたおかげで逃げ切れたが、一個難易度をあげていたら滅亡していただろう。途中までテクノロジーの強化に気をとられて、都市を増やさなかったのも痛かった理由ではあるが、もっと防御を硬くしておいたほうがよかったなあ。

 なんにせよ、今回は理屈もかなりわかって楽しかった。インドに核もぶち込めたし。次は科学勝利でも目指そうかしら。
このエントリーをはてなブックマークに追加