BIOHAZARD 5 29

bio5dlc22.png ようやくXbox360にも『DESPERATE ESCAPE』のDLCがやってまいりました。
 今回はジルとBSAAのオッサンが脱出する様を描いた作品。マジニとの戦闘が中心的になっており、数百を超える敵と戦うことになっている。前回のような中途半端な謎解きはない。


 ベテランで一周して、プロをもう一周して実績は埋まった。前回と違って収集要素も無いようなものなので、埋めるだけなら簡単ではあった。ただ、ゲーム的には前回よりやや難しいか。マーセナリーズ以上の敵数が、狭いところでわんさか押し寄せるので捌くのは大変である。

 道中は押し寄せる敵を倒しながら、簡単な仕掛けを解き武器を集めつつヘリポートへ進む。最後の脱出シーンでは、狭い場所で押し寄せる大量の敵に対抗する。
 ステージ構成はなかなか凝っていて、敵の種類も(使いまわしとはいえ)豊富だし地形もさまざまで飽きないようになっている。脱出シーンも、わんさか溢れる敵を倒していくのが忙しく手に汗握る。


 しかし、面白かったかと問われるとビミョーと言ってしまう。これがDLCでなく、本編のおまけとして最初からディスクに入っていればよかっただろう。散々ゲームに慣れたあとにこれをやっても、あまり面白みはない。やはり、アクションゲームとしては敵の対策に慣れず試行錯誤しているうちが最も面白い。慣れてから戦闘を多くやらされても仕方がない。
 また、本編と違い武器の育成要素もないのは痛いか。バイオ5はシューターとして撃つことが楽しいというよりも、武器育成やアイテムの収集があるアクションゲームとしての面が強い。DLCでは育成もなく、手に入る武器もランダム。遊び応えというところはハイスコアを稼いでやってね、というのが製作側の思惑なのだろうが、ランキングという遊びは基本的に対象プレイヤーの幅は広くないだろう。

 ついでに、ストーリーとしてもなんか消化不良的なものを感じる。そもそもがストーリーの間を埋めるだけのものなのだから、大した話でないのは当たり前ではある。そして、そもそも話なんてものをバイオに期待してはいないのだけれども……。別に脇役の脱出劇なんて見なくていいよね、という所は多くの人の本音であろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

BIOHAZARD 5 28

bio5_1300.png 『LOST IN NIGHTMARES』の難易度プロをCoopでクリアし、面倒くさい収集要素も集めて実績が1300になった。

 前回は「何をさせたいかよくわからん」と書いたが、難易度プロではアクションゲームとして面白かった。最高難易度で調整されてるんじゃねーの、というくらいに面白さの差が違う。


 プロではアイテムの入手率が下がり、敵の数が増える。LOST IN NIGHTMARESで登場する敵は一種類のみだが、こいつがプロではやたら手ごわい。効率的に弱点を突かねば弾が足りなくなる。そんなわけで、協力してうまく倒すことが前提とされる。そこにCoopを持ち込むと面白くなるのは当然だろう。狭い場所でいかに敵を誘導するか、いかに役割を分担するべきか。協力アクションゲームとして楽しめる。
 ベテラン以下だと別に弱点を突かずとも、適当に頭を撃っていればなんとかなってしまう。そのため、協力も必要なければ緊張感もなくなりがち。

 低難易度は、スコアアタックをすれば効率的な行動が求められてアクションとして楽しめそうではあるが、言い換えればそうでもしなければ面白くないともいえる。やっぱりバイオ5は高難易度のほうが面白いなァ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

BIOHAZARD 5 27

bio555.png 3/4に配信された、ダウンロードコンテンツの『LOST IN NIGHTMARES』をベテランでクリア。Coopをしたかったのだが、フレンドが誰も買っていなかったので、泣く泣くシングルで遊んだ。クソァ!


 このDLCでは、本編中で語られるだけだったエピソードが遊べる。クリスとジルが、スペンサー卿の屋敷に進入するミッションがそれである。
 序盤は簡単な謎解きをし、中盤はアクション、最後はおまけみたいなボス戦が待っているというような感じ。ボリュームとしては1時間半くらいだろうか。低難易度でやれば半分くらいにはなるだろう。

 そして、面白かったのかどうか。言ってしまえばなんとも微妙である。洋館のグラフィックは綺麗だし、新クリーチャーもそこそこ見ごたえ・戦い応えがある。ただ、どれも十二分に伸ばしきれていないのだ。

 序盤は簡単な謎解きをやらせつつ、バイオ1を思わせる小ネタが埋め込まれている。ただ、どれも本当に簡素なものであって、そこが素晴らしく魅力的というわけではない。そのあとにあるアクションも悪くはないのだが、ここも十分なほどに面白さを発揮できているかといえばノーである。ウェスカーを追い詰める場面も、中途半端な戦いでなんとも消化不良になっている。

 このDLCの方向性が定まっていないのが問題なのだろう。アクションを楽しませるか、恐怖を魅せるか、ストーリーの穴埋めに従事するのか。どれもこれもちょっとずつ掻い摘んでいるから、なんとも中途半端なものが出来上がってしまった。つまるところ、どこをとっても微妙なのである。


 遊べなくはないんだが、やはり物足りなさが強い。もうちょっとなんとかならなかったかなァ。
 そういえば新しいマーセナリーズモードも追加されているようなので、そっちもやってみよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

BIOHAZARD 5 26

ss-20090420-222819.png うおおおおお! 監獄のSS出しを完了し、これにてマーセナリーズソロ、オールSSランク達成! 心地よい達成感が肩から降りてくる。劇的に興奮はしないが、確実によい気分で達成感を味わえた。

 昨日書いた予想通り、BSAAジルではだいぶ苦戦した。BSAAクリスは立ち回りを変えてすぐなんとかなったし、BSAAシェバは予想通りの感覚。一方のジルでは、何回もリトライしてようやっとうまくいったのに、88000点を2回出すというとんでもないことをしてしまい頭を抱えそうになった。
 BSAAジルの何がつらいって、範囲攻撃力のなさだ。マシンガンには貫通がついているが、直線状で背後を取られない場所というのは滅多にない。そのため、敵に捕まりやすく、そのまま斧でズダーンということが多い。殺されなくとも、時間切れなり弾切れになりやすいので、SSランクが遠のいてしまう。処刑マジニを即効で処理するのも難しいので、また囲まれやすいのも痛い。
 結局僕はどうしたか。処刑マジニは斧攻撃をよけてから、マシンガンでダウンさせ、ダウンさせたあとはできる限り撃ち、ほかの雑魚から攻撃をくらいそうになったら体術を発生させる。これの繰り返しでなんとかなった。雑魚があまりにも集まりすぎた場合、足元にグレネードを投げていったん仕切りなおしをすればOK。雑魚は(巨漢含め)基本的にハンドガンで倒す。余裕があれば積極的に体術を狙えば尚よし。

 これにてマーセナリーズのやりこみは大体終わり。スコアアタックはランカーの皆さんにおまかせします。
 ふー、バイオ5もずいぶん楽しめたなァ。よいソフトだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

BIOHAZARD 5 25

ss-20090419-221301.png 船首甲板のSS出し終わったんよ。
 最初はチェーンソーマジニの扱いに困ったが、慣れりゃなんてことのないマップである。強力な武器を持つキャラはさっさと殺せばいいし、持っていないキャラでもロケランがいっぱい落ちている。ぶっ放して一度倒れるようにすれば、あとはマシンガンでも楽勝で処理できる。

 この次は問題の監獄である。ちょろっとやったが、やはり問題がありそう。
 ライフル以上の武器を持っているキャラは問題なくSSが出る。マグナムなら赤斧処刑マジニは楽勝、ライフルなら頭狙いでなんとかなる、ロケラン持ってたら最高、という感じ。ただ、ライフル以下の武器しか持っていないキャラは非常につらい。また、BSAAクリスもなかなかしんどくて、ショットガンの性能が悪く倒すのにとても時間がかかる。もっと早く倒す方法を模索しないと、SSすら出せなさそうだ。
 いくらかやって、残りはBSAAクリス、BSAAシェバ、BSAAジル。シェバはともかく、ジルはしんどいことになりそうだなァ。
このエントリーをはてなブックマークに追加