箱○死亡確認 06 おかえりなさい

面倒臭がり+忘れっぽい=放置

 昨年の11月ごろに箱丸がE74エラーで死亡してから、新しいアーケード本体に乗り換えた。で、古いのはあとで修理に出そうと思っていたのだが、面倒くさがりの僕はすっかり忘れていたというわけである。それをひょんなことから思い出した。

 ある日の休日、押入れの掃除をしていると、なんだかやたらデカくて邪魔な空き箱があった。なんだこれはうぜえな捨てるぞ、と思いながらよく見てみると、箱丸本体のパッケージであることに気づく。そして、背面の購入日が書かれている部分を覗くと、ちょうど2年と11ヶ月前の日付がハンコで押されていた。そうか、あれか三年も経ったのか……などと感傷に浸っている場合でなく、そういえば修理に出すのをすっかり忘れていた、ということを思い出したのであった。

 E74エラーとレッドリングは購入から三年以内に言えば無償修理とのことなので、日を改めて早速電話を入れた(電話は平日のみ受付)。事務的な会話をこなし、とりあえずE74エラーが出たということ、HDDやケーブルなどの問題ではないということを知らせれば問題なし。あとは福島の工場まで化粧箱ごと送れば、あっという間に修理が済む。

おかえり箱丸山

kaettekitahako_01.jpg
帰ってきた箱丸
 さまざまな言語で「ようこそ」と書かれているビニールに身を包み、懐かしい顔が戻ってきた。でもね、君の元いた場所は、既にアーケードくんに奪われているんだよ。あはは。さあ、役に立たない子はどんどん押入れにしまっちゃおうねー。

 とりあえず一ヶ月のゴールドメンバーシップと修理内容が書かれた用紙だけ抜き取って、旧本体は暗闇に戻ってもらった。それはさておき、どこが修理されたのか確認しておこう。

kaettekitahako_02.jpg
修理箇所
 DVDドライブに、サブ基盤に、メイン基盤……。あれっ、これって中身の総とっかえと言っていいのではないだろうか。まァ直ったならなんでもいいか。

 ちなみに福島送りにする際は、本体の交換か修理かを選択することができる。工場で用意してある直した別の本体に乗り換えるか、それともシリアルナンバーをそのままにするために直してもらうか。どちらにせよかかる時間は変わらないそうだし、修理後のDLC最ダウンロードの手間も変わりが無い。これは好みの問題であろう。

 ともあれ、これで代えができたのでまたいつ本体が壊れても安心だ。そもそも壊れやすい設計にすんじゃねえという話はさておき。
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱○死亡確認 05

 昨年箱○が死んでから新しい箱○を購入したが、今も古い箱○はほったらかしである。修理に出せばいいんだが、これがなんというか面倒臭い。平日にサポセンへ電話するだけという簡単な作業であるというものの、平日の暇な時間に電話をして修理を頼むということをする暇があったらゲームをしよう、というのが僕のモットーなのである。

 それはともかく、新しい箱○に買い換え、HDDを付けてから設定をし直す必要があることが結構あったのでメモ代わりに書き残しておく。


・ラインセンス移行
 何はともあれ、新しいXboxに乗り換えるならこれ。Xbox.comから簡単な手続きで行える。

・全ダウンロードコンテンツのダウンロードし直し
 ライブアーケードもインディーズゲームも、ゲーム追加コンテンツもすべてダウンロードし直し。もっとも、ダウンロードしたゲーマータグでXboxLiveにサインインさえすれば他のタグでもプレイできる。しかし、言い換えればサインインしなければプレイできないのである。Liveが停止した状態や、プロバイダの不調時にゲームプレイができなくなるので、それが気にかかる人はダウンロードし直し。
 また、一部ゲーム追加コンテンツはXboxLiveにサインインしたとしても、ダウンロードし直さなければ使用はできないとのこと。

・インストール済みパッケージソフトのインストールし直し
 HDDにインストールしたソフトがあっても、本体が変わったらインストールをしなおさなければならない。

wmpkyouyuu.jpg・同ネットワーク上のPCからウィンドウズメディアプレイヤーでの共有許可を出す
 新箱○になってから、PCとの共有音楽が聴けないなァと不思議に思っておったのだが、PCの方から新しい箱○の接続許可を出さねばならない。右画像を見てもらえばわかると思うが、どうやらそれぞれの箱○に対して許可を出さねばならんらしい。


 こんなところだろうか。
 もはや現行機では、買い換えて配線して電源を入れて、さてゲームだとはいかないわけだ。もちろんその分楽しみの幅も広がったわけだが、それにしてもまァ面倒臭くなったもんだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱○死亡確認 04

e74err.png
 イヤァアアァーッ!


 Catanでついに、累計点数が900点となった。そこへフレンドがオンラインになってきたので、今日発売の『Left 4 Dead 2』を一緒に遊ぼうと考えた。その前に、ケーブルを変えるために再起動とした。そして出てくるE74エラーと、僕の悲鳴。イヤァーッ!

 いやマジ勘弁してくれよオイ。なんでCatanの実績解除目前で、そしてL4D2発売日に、それも遊ぼうと思った直前にこうなるんだ。むちゃくちゃにも程がある。


 熱暴走させることによってこれも直る可能性がある、とのことではある。ただ、1度試した今でも動く気配がないので、どうやらダメそうだ。もう少し粘ってはみるが、僕がオンラインにならなかったらそういうことだと喪に服していただきたい。うんこ。


 直らなかったら、アーケードを買うか、修理するかの二択である。
 保障期間内なので無償修理はしてもらえるが、修理に出したらL4D2が遊べるのは一週間後以降である。いや、連休があるからもっとあとか? あああああ!

 あああああああーッ! 僕はただゲームがやりたかったッ! だけなのにッ! どうしてッ! なぜッ! どわあああああああああああああああ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱○死亡確認 03

 ずいぶん前に、箱○死亡確認の記事を書いたりしましたが、結局まだ現在のXbox360で遊んでおります。ダメじゃねーか! と思ったりしたら、結構ダメじゃねーじゃねーか! ということになったりしまして、まァ僕のほうも買い換えるべきか、修理に出すべきか悩む状況なのです。

xisdead.png○具体的な症状のおさらい
・起動はしても画面が映らない(画面は真っ黒で、リングライトなどは正常)。
・そして、ケーブルやモニタの問題ではなく本体の問題。
・画面が映っても、右画像のように赤や緑のノイズが入る。(右画像はIndieGamesの『Tomato Blaster』)
・RRoDの症状である、高頻度のフリーズはない。
・おそらくGPU関連の物理故障。有償保障になる。

 検索して調べた結果、似たような症状で壊れた人が何人かいました。しかも、ほぼ全員有償保障になっている。そういうわけなので民間療法でなんとかしておきたい。ということで取った処置が、タオル巻き療法。

○一時的な治療法
・タオル巻き療法
1.タオルはふつうのサイズより少し大きいものを用意する(スポーツタオルくらいの大きさ)。
2.タオルを横に敷き、その中央にXboxを横置きする。ディスクトレイ側は、タオルの手前のフチに合わせるように置く。
3.左右からタオルをXboxを覆うように折る。ディスクトレイ側はタオルがかぶらないようにあけておき、後ろ側はタオルで排気が篭るようにしておく。
4.絨毯やカーペットの上で(重要)、15~30分程度起動。適当なところで電源を切る。
5.タオルは基本そのまま、後ろの排気が逃げるよう空けてあげて、メタルラックか何か排気のよいところで起動すれば、正常起動する。

 少なくとも、画面が映らなくなる問題はこのタオル療法で解決するはずです。同じ症状の方は修理に出す前に、これで動くか試すといいでしょう。
 ちなみに、4であんまり長く起動させすぎると2つのレッドリング(熱暴走の証拠)が出ます。また、5でタオルをはずすとまた映らなくなり、後ろの排気を逃げるようにしないとプレイ中に熱暴走で止まります。

 これでなぜ直るか、というのは僕にも詳しくわからんのですが、どうやら熱で本体内のハンダが割れてしまったのを、再度熱を加えることによって直す、というのが一般的な説だそうで。どうあれ、画面だけ映らなくなる問題には有効なのでオススメでありんす。泣きながら修理に出す人もいると思うので、これで動くようになればと思います。

 また壊れたーとか、やっぱダメだーとかになったらこのカテゴリで記事を書くのでよければどうぞ。


 そういえば以前書いた、「ネット受付も受付時間内じゃないとだめ」というのは間違いで、ブラウザがIE6だとXbox.comの修理依頼が正常に動作しないというのが問題みたい。何か適当なよそのブラウザを入れて、依頼しましょう。(XboxのサイトでIEが正常稼動しないってどうなのかと思うが。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

箱○死亡確認 02

 今日の記事の前に一言。

 えーと、訪問者リストに、先日レビューを書いた『コロンでジャンプ』の製作者さん(CG・デザイン担当)と思わしき方のブログが載っていまして、おそらくこうなるとまァ、あのひどいレビューを見られているという決定的な証拠になったわけでして。つまり、その、どういうことかというと、これは、すなわち、出来る限り、簡潔に言って、きっと、僕の本心だけを書くとするならば、生きた心地がしないです。
 いくら「このゲームはクソゲーだ」と叫んだとしても、僕は製作者に対して罵倒をしたいわけじゃないので、もしレビューを見て製作者の方が憤慨されたとすればそれは僕の本意ではないのです。しかし、それでも怒るというのであれば僕に非があるわけですし、ただただ申し訳ないとしかいえないのです。
 じゃあレビューなんか書くなよというお声もあるでしょうが、まァそこは僕も譲れない場所なのです。とはいえ今後もインディーズゲームのレビューを書く予定なので、トラブルは極力避けたい。でも、レビューは書く。ということで、万が一僕のレビューに不満があったのならば、それはどんな形でもかまわないので、僕に送ってください。善処します。


 一言じゃねーじゃん。さて、本題に戻りまして、今日のXbox360死亡確認のコーナーです。カテゴリも作ったよ。

 えーと、先日死亡確認と書いた箱○ですが、その次のアップデート時には動いたとも書きました。そして本日、またもや死亡なさいました。
 症状は画面が映らない。そして、それはケーブルやモニタ、アダプタの問題ではなさそう。まれに画面が映るのだけれども、その際も画面が緑がかった色になっており、明らかにおかしい。フリーズはあまり多くなく、あっても画面のカクつき程度。尚、事前にネットで調べたところ、同じ症状の人はいるようで、この場合有償保証になるらしい。ゲンナリ。
 無償保障になるRROD(レッドリング)やE74エラーと違う場所は、ちゃんと起動はする点とフリーズの頻度が高くないという部分。RRODは画面の異常に加え、フリーズがかなり多く、レッドリングが一度点灯したら何度でも灯くらしい。フリーズがなくレッドリングも出ない状態のうちの360では、どう粘っても無償にはならなさそう。ということであきらめて修理に出すことに決定。

 修理に出す方法は電話とネットでの申し込みがあるそうで、後者のほうが値段的に安価らしい。なのでネットから申し込むことにした(申し込みページ)。
 まずは本体のシリアルと住所などを入力し本体登録を行う。本体登録を行ってから修理依頼を行うようになっているらしい。必要な情報を入れて送信、と思ったらエラーが出た。何か足りないのか? 見直してみると、警告文が書いてある。えーと、なになに、「受付時間外です」ッてファック!
 どうやら電話受付と同じらしく、ネットでの修理依頼も通常の時間で頼まなければならないらしい。へー、そうなんだ。ふーん。はあーん。そう。そうなのね。そうか。そうなんだって。
このエントリーをはてなブックマークに追加