2010年8月 XBox360 IndieGames 『X REVIEW』

201008_01.png

X REVIEW 8月号

 「X REVIEW」は「お前のところのレビューは、文字ばっかりでわかりにくい」という一言から生まれた、画像形式のインディーズゲームおためし版レビューです。
 よりわかりやすく、よりスマートに、ということを目指してこのような形へたどり着きました。

* 決して「クロスレビュー」ではないです。「エックスレビュー」なのでお間違いなく。


今月のメンバー

x07_mem.png

 今月はSSDM、腐った蜜柑、ちょうさん、にゃんこというメンバーで書かせていただいております。


X REVIEWとは!?

 X REVIEWでは、それぞれ4人のレビュワーが先月のインディーズゲームタイトル(おためし版)についてのレビューを書いております。レビューは全件に対して書くのではなく、一部ピックアップタイトルのみになっています。
 ピックアップしているソフトは、インディーズゲームを触っていない方が興味を惹かれそうなものを独断と偏見で選択しております。

読み方

 縦に読んでいってください。はじめにゲームタイトル・説明、SSDMのレビュー、腐った蜜柑のレビュー、ちょうのレビュー、にゃんこのレビューという順番で掲載されています。ゲームに対するレビューと、点数、そして場合によっては特殊なマークがついていることがあります。

 タイトルの上にXNA CCOのマークがついているゲームは、レビュワーが「今月のおすすめ」として取り上げたタイトルになっております。決して点数が一定以上になったから付く、というわけではありません。攻略記事や特集ページを書いたりすることに関連したりもしません。もちろん、点数評価やレビュー内容に影響を与えることもございません。殿堂入りなんてものや攻略記事に関連してしまいますと、正確な評価につながらなくなる恐れがあります。なので、切り離すことによってより真っ当な評価に近づくと思われます。

点数制度

 点数はレビュワーたちの意見が一方向へまとまらないように、それぞれの基準でつけています。基準も点数の表現もまったく違います。
 その理由は、たとえば、全員が十段階評価で「9・9・8・9」と付けてしまうと、読者に「ああこれは9点くらいのゲームなのだな」という、曖昧で無責任な意識を植え付けてしまう恐れがあるからです。

 平均10点のゲームであったとしても『ベイグランドなんとか』みたいに、人によっては楽しめないこともあるでしょう。逆に、平均3点のゲームであっても自分にとってはすごく面白いかもしれません。やはり、人によって楽しみは違ってきてしまうのです。また、平均9点のゲームであっても、「かなり面白い」と言っているのか「満点まで足りない」と言っているのか、わかりにくいでしょう。

 そこで、X REVIEWではあくまでレビュワー個人としての意見を尊重し、それぞれの意見は独立したものだということを強調します。平均点意識、言い換えれば「レビュー全体としてのゲームに対する評価」という印象付けを避けるため、次のような措置をとっております。

 SSDMは文字による評価、腐った蜜柑は100点満点による評価、ちょうは○・△・×による評価、にゃんこは10点満点による評価で点数をつけています。全体的にどのくらいなのかということはわかり辛くなりますが、逆に個人にぴったり合うゲームは見つけやすくなるのでは、と考えています。

レビューを書くにあたって

 おためし版は時間の許す限りプレイしてからレビューを書いておりますが、バージョンアップや、製品版にアップグレードし内容が大きく変わることがありますので、レビュー内容とゲーム内容が違ってくる可能性は捨て切れません。また、レビュワーには最低プレイ時間などを設けておりませんので、各々ごとにどこまで触ったかということも変わってきます。

その他

 『X REVIEW』編集部では「このタイトルを取り上げてほしい」、「このレビューについて意見がある」などという意見・感想・批判などを喜んでお受けいたしますので、何かございましたら、お気軽にヒゲの生えていない編集長SSDMまでご連絡をください。

 どうぞ、これらご理解した上でお読みください。

2010年8月分

・原寸よりサイズ圧縮のPNGバージョン。
201008_01.png201008_02.png

 画像は縮小しており読みづらくなっておりますので、原寸大の画像も用意しております。ただし、JPG画像になっており、容量の都合上、画質が汚くなってます。

・原寸JPGバージョン。
201008_02.jpg201008_01.jpg


 先月のX REVIEW記事はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年7月 XBox360 IndieGames 『X REVIEW』

201007_01.png

X REVIEW 7月号

 「X REVIEW」は「お前のところのレビューは、文字ばっかりでわかりにくい」という一言から生まれた、画像形式のインディーズゲームおためし版レビューです。
 よりわかりやすく、よりスマートに、ということを目指してこのような形へたどり着きました。

* 決して「クロスレビュー」ではないです。「エックスレビュー」なのでお間違いなく。


今月のメンバー

x07_mem.png

 今月はSSDM、腐った蜜柑、ちょうさん、にゃんこというメンバーで書かせていただいております。


X REVIEWとは!?

 X REVIEWでは、それぞれ4人のレビュワーが先月のインディーズゲームタイトル(おためし版)についてのレビューを書いております。レビューは全件に対して書くのではなく、一部ピックアップタイトルのみになっています。
 ピックアップしているソフトは、インディーズゲームを触っていない方が興味を惹かれそうなものを独断と偏見で選択しております。

読み方

 縦に読んでいってください。はじめにゲームタイトル・説明、SSDMのレビュー、腐った蜜柑のレビュー、ちょうのレビュー、にゃんこのレビューという順番で掲載されています。ゲームに対するレビューと、点数、そして場合によっては特殊なマークがついていることがあります。

 タイトルの上にXNA CCOのマークがついているゲームは、レビュワーが「今月のおすすめ」として取り上げたタイトルになっております。決して点数が一定以上になったから付く、というわけではありません。攻略記事や特集ページを書いたりすることに関連したりもしません。もちろん、点数評価やレビュー内容に影響を与えることもございません。殿堂入りなんてものや攻略記事に関連してしまいますと、正確な評価につながらなくなる恐れがあります。なので、切り離すことによってより真っ当な評価に近づくと思われます。

点数制度

 点数はレビュワーたちの意見が一方向へまとまらないように、それぞれの基準でつけています。基準も点数の表現もまったく違います。
 その理由は、たとえば、全員が十段階評価で「9・9・8・9」と付けてしまうと、読者に「ああこれは9点くらいのゲームなのだな」という、曖昧で無責任な意識を植え付けてしまう恐れがあるからです。

 平均10点のゲームであったとしても『ベイグランドなんとか』みたいに、人によっては楽しめないこともあるでしょう。逆に、平均3点のゲームであっても自分にとってはすごく面白いかもしれません。やはり、人によって楽しみは違ってきてしまうのです。また、平均9点のゲームであっても、「かなり面白い」と言っているのか「満点まで足りない」と言っているのか、わかりにくいでしょう。

 そこで、X REVIEWではあくまでレビュワー個人としての意見を尊重し、それぞれの意見は独立したものだということを強調します。平均点意識、言い換えれば「レビュー全体としてのゲームに対する評価」という印象付けを避けるため、次のような措置をとっております。

 SSDMは文字による評価、腐った蜜柑は100点満点による評価、ちょうは○・△・×による評価、にゃんこは10点満点による評価で点数をつけています。全体的にどのくらいなのかということはわかり辛くなりますが、逆に個人にぴったり合うゲームは見つけやすくなるのでは、と考えています。

レビューを書くにあたって

 おためし版は時間の許す限りプレイしてからレビューを書いておりますが、バージョンアップや、製品版にアップグレードし内容が大きく変わることがありますので、レビュー内容とゲーム内容が違ってくる可能性は捨て切れません。また、レビュワーには最低プレイ時間などを設けておりませんので、各々ごとにどこまで触ったかということも変わってきます。

その他

 『X REVIEW』編集部では「このタイトルを取り上げてほしい」、「このレビューについて意見がある」などという意見・感想・批判などを喜んでお受けいたしますので、何かございましたら、お気軽にヒゲの生えていない編集長SSDMまでご連絡をください。


 どうぞ、これらご理解した上でお読みください。

2010年7月分

・原寸よりサイズ圧縮のPNGバージョン。
201007_01.png201007_02.png

 画像は縮小しており読みづらくなっておりますので、原寸大の画像も用意しております。ただし、JPG画像になっており、容量の都合上、画質が汚くなってます。

・原寸JPGバージョン。
201007_01.jpg201007_02.jpg



 先月のX REVIEW記事はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年6月 XBox360 IndieGames 『X REVIEW』

201006_01.png

X REVIEW 6月号

 「X REVIEW」は「お前のところのレビューは、文字ばっかりでわかりにくい」という一言から生まれた、画像形式のインディーズゲームおためし版レビューです。
 よりわかりやすく、よりスマートに、ということを目指してこのような形へたどり着きました。

* 決して「クロスレビュー」ではないです。「エックスレビュー」なのでお間違いなく。


今月のメンバー

x05_member.png

 今月はSSDM、Piyo5さん、そばもりさん、にゃんこの先月と同じメンバーで書かせていただいております。
 また、日本のインディーズゲーム配信数1000本越えということで、「各レビュワーが挙げた好きなタイトルの特別レビュー」を最後のページに儲けました。よろしければご覧ください。

 Piyo5さんのブログ 「げーむもん


X REVIEWとは!?

 X REVIEWでは、それぞれ4人のレビュワーが先月のインディーズゲームタイトル(おためし版)についてのレビューを書いております。レビューは全件に対して書くのではなく、一部ピックアップタイトルのみになっています。
 ピックアップしているソフトは、インディーズゲームを触っていない方が興味を惹かれそうなものを独断と偏見で選択しております。

読み方

 縦に読んでいってください。はじめにゲームタイトル・説明、SSDMのレビュー、Piyo5のレビュー、そばもりのレビュー、にゃんこのレビューという順番で掲載されています。ゲームに対するレビューと、点数、そして場合によっては特殊なマークがついていることがあります。

 タイトルの上にXNA CCOのマークがついているゲームは、レビュワーが「今月のおすすめ」として取り上げたタイトルになっております。決して点数が一定以上になったから付く、というわけではありません。攻略記事や特集ページを書いたりすることに関連したりもしません。もちろん、点数評価やレビュー内容に影響を与えることもございません。殿堂入りなんてものや攻略記事に関連してしまいますと、正確な評価につながらなくなる恐れがあります。なので、切り離すことによってより真っ当な評価に近づくと思われます。

点数制度

 点数はレビュワーたちの意見が一方向へまとまらないように、それぞれの基準でつけています。基準も点数の表現もまったく違います。
 その理由は、たとえば、全員が十段階評価で「9・9・8・9」と付けてしまうと、読者に「ああこれは9点くらいのゲームなのだな」という、曖昧で無責任な意識を植え付けてしまう恐れがあるからです。

 平均10点のゲームであったとしても『ベイグランドなんとか』みたいに、人によっては楽しめないこともあるでしょう。逆に、平均3点のゲームであっても自分にとってはすごく面白いかもしれません。やはり、人によって楽しみは違ってきてしまうのです。また、平均9点のゲームであっても、「かなり面白い」と言っているのか「満点まで足りない」と言っているのか、わかりにくいでしょう。


 そこで、X REVIEWではあくまでレビュワー個人としての意見を尊重し、それぞれの意見は独立したものだということを強調します。平均点意識、言い換えれば「レビュー全体としてのゲームに対する評価」という印象付けを避けるため、次のような措置をとっております。

 SSDMは文字による評価、Piyo5は寿司ネタによる評価、そばもりは1継長満点による評価、にゃんこは10点満点による評価で点数をつけています。全体的にどのくらいなのかということはわかり辛くなりますが、逆に個人にぴったり合うゲームは見つけやすくなるのでは、と考えています。

レビューを書くにあたって

 おためし版は時間の許す限りプレイしてからレビューを書いておりますが、バージョンアップや、製品版にアップグレードし内容が大きく変わることがありますので、レビュー内容とゲーム内容が違ってくる可能性は捨て切れません。また、レビュワーには最低プレイ時間などを設けておりませんので、各々ごとにどこまで触ったかということも変わってきます。

その他

 『X REVIEW』編集部では「このタイトルを取り上げてほしい」、「このレビューについて意見がある」などという意見・感想・批判などを喜んでお受けいたしますので、何かございましたら、お気軽にヒゲの生えていない編集長SSDMまでご連絡をください。


 どうぞ、これらご理解した上でお読みください。

2010年6月分


・原寸よりサイズ圧縮のPNGバージョン。
201006_01.png201006_02.png201006_03.png201006_omake.png

 画像は縮小しており読みづらくなっておりますので、原寸大の画像も用意しております。ただし、JPG画像になっており、容量の都合上、画質が汚くなってます。

・原寸JPGバージョン。
201006_01.jpg201006_02.jpg201006_03.jpg201006_omake.jpg



 先月のX REVIEW記事はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年5月 XBox360 IndieGames 『X REVIEW』

201005_01.png

X REVIEW 5月号

 「X REVIEW」は「お前のところのレビューは、文字ばっかりでわかりにくい」という一言から生まれた、画像形式のインディーズゲームおためし版レビューです。
 よりわかりやすく、よりスマートに、ということを目指してこのような形へたどり着きました。

* 決して「クロスレビュー」ではないです。「エックスレビュー」なのでお間違いなく。


今月のメンバー

x05_member.png

 今月はSSDM、にゃんこ、先月お休みだったそばもりさんに加え、一人のゲストに参加していただきました。
 それが、Piyo5さんです。「げーむもん」というゲームブログを運営されている方で、さまざまなタイトルを遊び、丁寧な記事を書かれています。

 Piyo5さんのブログ 「げーむもん


X REVIEWとは!?

 X REVIEWでは、それぞれ4人のレビュワーが先月のインディーズゲームタイトル(おためし版)についてのレビューを書いております。レビューは全件に対して書くのではなく、一部ピックアップタイトルのみになっています。
 ピックアップしているソフトは、インディーズゲームを触っていない方が興味を惹かれそうなものを独断と偏見で選択しております。

読み方

 縦に読んでいってください。はじめにゲームタイトル・説明、SSDMのレビュー、Piyo5のレビュー、そばもりのレビュー、にゃんこのレビューという順番で掲載されています。ゲームに対するレビューと、点数、そして場合によっては特殊なマークがついていることがあります。

 タイトルの上にXNA CCOのマークがついているゲームは、レビュワーが「今月のおすすめ」として取り上げたタイトルになっております。決して点数が一定以上になったから付く、というわけではありません。攻略記事や特集ページを書いたりすることに関連したりもしません。もちろん、点数評価やレビュー内容に影響を与えることもございません。殿堂入りなんてものや攻略記事に関連してしまいますと、正確な評価につながらなくなる恐れがあります。なので、切り離すことによってより真っ当な評価に近づくと思われます。

点数制度

 点数はレビュワーたちの意見が一方向へまとまらないように、それぞれの基準でつけています。基準も点数の表現もまったく違います。
 その理由は、たとえば、全員が十段階評価で「9・9・8・9」と付けてしまうと、読者に「ああこれは9点くらいのゲームなのだな」という、曖昧で無責任な意識を植え付けてしまう恐れがあるからです。

 平均10点のゲームであったとしても『ベイグランドなんとか』みたいに、人によっては楽しめないこともあるでしょう。逆に、平均3点のゲームであっても自分にとってはすごく面白いかもしれません。やはり、人によって楽しみは違ってきてしまうのです。また、平均9点のゲームであっても、「かなり面白い」と言っているのか「満点まで足りない」と言っているのか、わかりにくいでしょう。


 そこで、X REVIEWではあくまでレビュワー個人としての意見を尊重し、それぞれの意見は独立したものだということを強調します。平均点意識、言い換えれば「レビュー全体としてのゲームに対する評価」という印象付けを避けるため、次のような措置をとっております。

 SSDMは文字による評価、Piyo5は寿司ネタによる評価、そばもりは1継長満点による評価、にゃんこは10点満点による評価で点数をつけています。全体的にどのくらいなのかということはわかり辛くなりますが、逆に個人にぴったり合うゲームは見つけやすくなるのでは、と考えています。

レビューを書くにあたって

 おためし版は時間の許す限りプレイしてからレビューを書いておりますが、バージョンアップや、製品版にアップグレードし内容が大きく変わることがありますので、レビュー内容とゲーム内容が違ってくる可能性は捨て切れません。また、レビュワーには最低プレイ時間などを設けておりませんので、各々ごとにどこまで触ったかということも変わってきます。

その他

 『X REVIEW』編集部では「このタイトルを取り上げてほしい」、「このレビューについて意見がある」などという意見・感想・批判などを喜んでお受けいたしますので、何かございましたら、お気軽にヒゲの生えていない編集長SSDMまでご連絡をください。


 どうぞ、これらご理解した上でお読みください。

2010年5月分


・原寸よりサイズ圧縮のPNGバージョン。
201005_01.png201005_02.png201005_03.png201005_04.png

 画像は縮小しており読みづらくなっておりますので、原寸大の画像も用意しております。ただし、JPG画像になっており、容量の都合上、画質が汚くなってます。

・原寸JPGバージョン。
201005_01.jpg201005_02.jpg201005_03.jpg201005_04.jpg



 先月のX REVIEW記事はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年4月 XBox360 IndieGames 『X REVIEW』

201004_01.png 「X REVIEW」は「お前のところのレビューは、文字ばっかりでわかりにくい」という一言から生まれた、画像形式のインディーズゲームおためし版レビューです。よりわかりやすく、よりスマートに、ということを目指してこのような形へたどり着きました。

* 決して「クロスレビュー」ではないです。「エックスレビュー」なのでお間違いなく。ノー! ノットパクリ!
 また、今月も諸般の都合上9作品のみのレビューとなっております。大変申し訳ございませんが、ご理解ください。


 そして、今月はそばもりさんにお休みいただいて、代わりとして「つかさん」にレビューをしていただきました。いつもとは違ったレビューをお楽しみください。

 つかさんのブログ 「ブログ~19XX homepage~


・X REVIEWについての説明
 X REVIEWでは、それぞれ4人のレビュワーが先月のインディーズゲームタイトル(おためし版)についてのレビューを書いております。レビューは全件に対して書くのではなく、一部ピックアップタイトルのみになっています。
 ピックアップしているソフトは、インディーズゲームを触っていない方が興味を惹かれそうなものを独断と偏見で選択しております。

・読み方
 縦に読んでいってください。はじめにゲームタイトル・説明、SSDMのレビュー、腐った蜜柑のレビュー、つかさんのレビュー、にゃんこのレビューという順番で掲載されています。ゲームに対するレビューと、点数、そして場合によっては特殊なマークがついていることがあります。
 タイトルの上にXNA CCOのマークがついているゲームは、レビュワーが「今月のおすすめ」として取り上げたタイトルになっております。決して点数が一定以上になったから付く、というわけではありません。攻略記事や特集ページを書いたりすることに関連したりもしません。もちろん、点数評価やレビュー内容に影響を与えることもございません。殿堂入りなんてものや攻略記事に関連してしまいますと、正確な評価につながらなくなる恐れがあります。なので、切り離すことによってより正確な評価に近づくと思われます。

・点数制度
 点数はレビュワーたちの意見が一方向へまとまらないように、それぞれの基準でつけています。基準も点数の表現もまったく違います。
 その理由は、たとえば、全員が十段階評価で「9・9・8・9」と付けてしまうと、読者に「ああこれは9点くらいのゲームなのだな」という、曖昧で無責任な意識を植え付けてしまう恐れがあります。
 平均10点のゲームであったとしても『ベイグランドなんとか』みたいに、人によっては楽しめないこともあるでしょう。逆に、平均3点のゲームであっても自分にとってはすごく面白いかもしれません。やはり、人によって楽しみは違ってきてしまうのです。また、平均9点のゲームであっても、「かなり面白い」と言っているのか「満点まで足りない」と言っているのか、わかりにくいでしょう。

 そこで、X REVIEWではあくまでレビュワー個人としての意見を尊重し、それぞれの意見は独立したものだということを強調します。平均点意識、言い換えれば「レビュー全体としてのゲームに対する評価」という印象付けを避けるため、次のような措置をとっております。
 SSDMは文字による評価、腐った蜜柑は100点満点による評価、つかさんはゲームに関する数字による評価、にゃんこは10点満点による評価で点数をつけています。全体的にどのくらいなのかということはわかり辛くなりますが、逆に個人にぴったり合うゲームは見つけやすくなるのでは、と考えています。

・レビューを書くにあたって
 おためし版は時間の許す限りプレイしてからレビューを書いておりますが、バージョンアップや、製品版にアップグレードし内容が大きく変わることがありますので、レビュー内容とゲーム内容が違ってくる可能性は捨て切れません。また、レビュワーには最低プレイ時間などを設けておりませんので、各レビュワーごとにどこまで触ったかということも変わってきます。


 『X REVIEW』編集部では「このタイトルを取り上げてほしい」、「このレビューについて意見がある」などという意見・感想・批判などを喜んでお受けいたしますので、何かございましたら、お気軽にヒゲの生えていない編集長SSDMまでご連絡をください。


 どうぞ、これらご理解した上でお読みください。

2010年4月分。

・原寸よりサイズ圧縮のPNGバージョン。
201004_01.png201004_02.png201004_03.png

 画像は縮小しており読みづらくなっておりますので、原寸大の画像も用意しております。ただし、JPG画像になっており、容量の都合上、画質が汚くなってます。
・原寸JPGバージョン。
201004_01.jpg201004_02.jpg201004_03.jpg



 先月のX REVIEW記事はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加