「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第一部 “Xbox LIVE コミュニティーゲーム”のはじまり

Xbox LIVE インディーズゲーム、3000本の歴史をまずはふたりで振り返る


xblig3000_01.jpg

 Xbox360で、クリエイターが好きなゲームを配信できる仕組み「Xbox LIVE インディーズゲーム」(以下、XBLIG)も始まってからはや5年。プロ・アマ問わずさまざまな制作者がいくつもの作品を配信しており、なんとXBLIGで配信されている作品は(国内のみでも)3000本を越えたのであった。

 しかしながら、既に人々の興味は次世代機へ移っており、このXBLIGも次第に終わりへと近づいていっている。そのため今回は、SSDMと模範的工作員同志が3000本の歴史を振り返る対談を、二部構成で行うこととなった。

 第一部(1~3)はふたりで、第二部(4~5)はXBLIGで作品を配信したデベロッパであるプチデポットの皆さんをお招きして話をしていく。

SSDM模範的工作員同志
 「毎日ムキムキ」などの記事を書いている。Xbox Live インディーズゲームのデモ版をひと通り(3000本以上)遊んでみたり、その中から気に入ったゲームを取り上げたりしている。4流ゲームライターでもある。 ニコニコ生放送で、「世間一般に低評価と言われているゲームを再評価しよう」という放送を行なっている。(コミュニティ:低評価ゲームの魅力を検証しよう!) CD-iの『Hotel Mario』からソーシャルゲーム『ほんとうにあった怖い話』まで、執念を持って低評価ゲームを追い求める。

SSDMさて、そんなわけでXBLIG3000本の歴史を振り返る対談を始めようと思います。
工作員非常におめでたいですね。まさか3000本の企画をやることになるとは、思ってもみなかったですから。
SSDMかなり長い期間でしたからね。そもそもXBLIGが始まったのは2008年11月ですから、5年ですね。あ、今すごい面白い話を思いつきましたよ。“XBLIGを5年も追いかけている男がいる”という話です。
工作員それはホラーですかね。
SSDMあはは! いや本当に怖いです。さておき、今回はXBLIGの歴史についてなのですが、今回は簡単な年表のようなものを作成しましたのが、でかすぎるので、これを場面ごとに分けてお見せしようと思います。

xblig3000_02s.jpg
なお、この画像はクリックして左上のボタン押すと拡大できるようになっている
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第一部 何が求められているのかを模索し、導かれた答えは……

2010年になると、国内でも注目されるような作品が登場し始める


xblig3000_04-aa.jpg

SSDM2010年に入ると、日本でも有名な作品が登場し始めます。あのゲーム作曲家として有名な古代祐三さんが率いるエインシャントが制作した『まもって騎士』なんかは僕も好きです。あとは、既存人気キャラを持ち込んだ『ゆっくりの迷宮』も出ていますね。
工作員あのー、『ゆっくりの迷宮』のほうは人気のある題材なのですが、権利的に問題があったとかなんとかで……。
SSDMいやいや、そこははっきり言わないとダメですよ。東方です! 大人気の同人ゲーム、東方Projectの二次創作ゲーム!
工作員ええと、ニコニコでも大人気だった「ゆっくりしていってね!」というキャラが出てくるわけですね。声もそのままで。
SSDMこれもゾンビの全方位シューティングと同じで、既存の人気を持ち込んだわけですね。一方、『まもって騎士』は名のある方が制作に関わっているというのはありますが、XBLIGで挑戦してみようという意欲的なオリジナル作だったわけです。

xblig3000_ss09.jpg
『まもって騎士』ゲーム画面
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第一部 そして歴史は繰り返す

終わり際になると、あらゆる意味で安定した人ばかりが残る


xblig3000_05-aa.jpg

SSDMそして2012年に入ると、XBLIGの人気自体も落ち着いたのか、配信ペースが落ちます。もはや一発ネタも思いつきもやり尽くし、定番もわかってきたわけでしょうね。
工作員昔に一発ネタをやってくれたディベロッパーさんというのは、たいてい一度だけ出して終わりなんですよね。なので、ここからは定期的に作品を配信していらっしゃる方が多いです。
SSDMその中のひとつが『One Million Taps』ですね。工作員さんはこれをクリアして周囲の人を驚かせたばかりか、開発者に「えっ! クリアしたらどうなるのか教えて!」と言わしめたほどですからね。
工作員本当、あれは帰りの電車の中でメールを読んで涙が出てきましたね……。で、『One Million Taps』は“みんなが大好きなAボタンを100万回押すだけ”という面白くないわけがないゲームですね。本作の制作者であるクレイ・シュバイナーさんは、年表の最初にある『Colaris』のようなアクの強い作品を作っていらっしゃる方で……。
SSDMというか、アクをすくってゲームにしてるみたいなね! あと、意外とマーケティングを重視する方で、『How To Get Girls』という作品でヒットを飛ばしていたりもするのだから驚きです。
工作員そんなクレイさんと同じく長く配信を続けていらっしゃる方がいらして、それが『Ninjas and Priestess』などでお馴染みチーム・シュリケンさんですね。

xblig3000_ss15.jpg
『Ninjas and Priestess』ゲーム画面

SSDM工作員さんはチーム・シュリケンさんのデビュー作品『TOKYO 2029 A.D.』が好きですよね。多関節アニメが売り(?)の奇妙な格闘ゲームで、かなり破天荒な意欲作なのですが、次作以降はだんだんと簡単なアドベンチャー・ゲームに移行していくわけです。そして、そこに露出の多い女の子が出たら人気が出るのではという、スケベ心が出てしまったわけですね。
工作員まさにスケベ心すぎてなんとも言えません。それが売れて、その後は数年間ずっとエロがふんだんに散りばめられたゲームを配信されたわけですね。その何作目かで、最初の格闘ゲームで主人公格だったキャラが雑魚キャラとして使いまわされていて、「XBLIGという市場はこういうことなんだな」と思いましたね。
SSDM2009年のコントローラー・マッサージャーによるエロの振動が、2012年まで届いているわけですね。
工作員それ、すごくいい言葉じゃないですか!(笑)
SSDMそうなんですか!? まァとにかく、こういう状況になったのも仕方なくて、このころになるとXBLIGでは特にオリジナル作品が売れないということがわかってきました。そのため、デベロッパによってはPC向け(特にSteam)で配信するようになったり、それこそスマートフォンに行ったりしたわけです。
工作員個人の見解ですが、このころになると、もうボタンを押すだけのゲームなんかはあまり出なくなりましたよね。開発体制を整えていらっしゃる方も、勉強がてらに開発してみた方も、いなくなってしまったのでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第二部 XBLIGの良し悪しは、ピアレビューの良し悪しか

Xbox LIVE インディーズゲーム、3000本の歴史を、今度は5人で振り返る


xblig3000_01.jpg

 Xbox360で、クリエイターが好きなゲームを配信できる仕組み「Xbox LIVE インディーズゲーム」(以下、XBLIG)も始まってからはや5年。プロ・アマ問わずさまざまな制作者がいくつもの作品を配信しており、なんとXBLIGで配信されている作品は(国内のみでも)3000本を越えたのであった。

 第一部では、SSDMと模範的工作員同志が3000本の歴史を振り返る対談を行ったが、第二部では開発側から見たXBLIGについてを捉えようと考えている。そのため、XBLIGで『メゾン・ド・魔王』を生み出したプチデポットの皆さんを交え、対談を行った。

 『メゾン・ド・魔王』はXbox LIVE インディーズゲーム向けに制作されたが、その後にPC版をPLAYISMで配信し、更に品質を認められ、Steamという巨大なプラットフォームで配信されるようになったほどの出世作である。同じ作品でいくつかの市場を見て、かつXBLIGに詳しい彼らに話を聞けば、よりこの場のことがわかるはずだ。


SSDM

工作員

めづかれ

しごと

ことり
毎日ムキムキの管理人で4流ゲームライター。低評価ゲームを追い続ける強靭な狂人。プチデポットのリーダー。プチデポットの開発担当。プチデポットの画像担当。

SSDMでは今度は、プチデポットの皆さんを交え、開発側から見たXBLIGについてを伺わせていただきたいと思います。まずは自己紹介をお願いします。
めづかれプチデポットのリーダー、めづかれです。今回はXBLIGについてなのですが、めちゃめちゃ詳しいわけではないので、メンバーのふたりがいっぱい喋ってくれると思います(笑) よろしくお願いします。
ことりプチデポットの画像担当、ことりです。よろしくお願いします。
しごと同じくしごとです。よろしくお願いします。
SSDMありがとうございます。では、プチデポットさんとXBLIGの関わりについてお聞きしたいのですが、最初期からXBLIG向けに制作をはじめようとしていたわけですよね。
しごと実は最初、XBLIG向けに3DのRPGを作ろうとしていたんです。ただそれは、半年くらいで諦めました。
ことり「やっぱ3Dとかキツいから2Dでいこう」(笑) ということで『メゾン・ド・魔王』に移行しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第二部 奇妙なものも、おいしいものも、すべてまとめたXBLIG

完璧でないゲームであっても美点はあるのだ


xblig3000_01.jpg
Xbox LIVE インディーズゲーム3000本突破記念、対談企画


SSDM

工作員

めづかれ

しごと

ことり
毎日ムキムキの管理人で4流ゲームライター。低評価ゲームを追い続ける強靭な狂人。プチデポットのリーダー。プチデポットの開発担当。プチデポットの画像担当。

SSDMでは単純に、XBLIGの作品で気に入っているものはありますか?
しごとマイちゃぶ台』や『どっすんアイランド』です。あとは、最初に出た『MADRISM』なんかにも惹かれました。
ことりああー! 『MADRISM』は良かったね。思わず5つ星をつけちゃいました。
SSDM『マイちゃぶ台』はRPG要素のあるSTGで、『どっすんワールド』は奇妙な2Dアクションですよね。なかなか魅力を理解できない人が多いと思うのですが、どのあたりが気に入っていらっしゃるのでしょうか。
しごと明確には言い難いのですけれども、あのドッスンする動きがたまらなくて!
工作員キャラの動きをきちんと作っていらっしゃるんですよね。むやみに滑るところとかも。
しごとそうそう! 無敵の置いてある間隔の短さとかもいいですね。
工作員ああ、続編の『どっすんワールド』のほうですね。取るより無視したほうがいいような無敵……って、これが伝わるの僕だけじゃないですか!(笑)

xblig3000_ss18.jpg
『Dossun World』ゲーム画面

SSDMいやホントですよ(笑) まァ、僕から言わせてもらうとその作品というのはつたない部分が多いのですが、そういう作品にも良く感じられる部分もあるということでいいのでしょうか?
しごとそうですね。必ずしも完璧な作品だけが素晴らしいわけではないというか。疲れた時にやると、純粋さを感じて心が洗われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む