スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーチ姫が何かの代役になったとしか思えない『スーパープリンセスピーチ』

わざわざ旅先で買ってきた中古ソフトを遊ぶ

SPPeach_01.jpg
『スーパープリンセスピーチ』タイトル画面

 2005年10月20日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『スーパープリンセスピーチ』を遊んだ。本作の開発は『伝説のスタフィー』シリーズなどで有名なトーセが担当している(らしいのだが、現在は明記されている場所を確認できなかった)。

SPPeach_02.jpg
話の都合で捕まってしまった哀れなマリオ達

 いつもはマリオに助けられているピーチ姫だが、本作では立場が逆転する。クッパに囚われたマリオ達を助けるため、ピーチ姫は相棒となる「カッサー」とともに冒険の旅に出る……といった物語の2Dアクション・ゲームだ。

SPPeach_04.jpg
「哀」で涙を流して植物を成長させた場面

 道中にいるキノピオを助けつつ(≒収集要素を集めつつ)ゴールを目指すというシンプルな構造だが、「喜怒哀楽」といった4つの感情を使い分けるのが本作の特徴か。“喜”では空を飛ぶことができ、“怒”は炎をまとって体当たりができ、“哀”は高速ダッシュしながら涙を流すなど、それぞれの能力を活かして仕掛けを解きつつ進んでいくわけだ。

 また、ピーチ姫が主人公ということ、低難易度に仕上げているということから見るに、どうやら低年齢層やゲームに不慣れな人々を狙った作品でもあるようだ。

SPPeach_03.jpg
珍しくスライディングも使いこなすピーチ姫

 本作に対し“隠れた名作2Dアクション”というような評価をつけていた人がいたので遊んでみたのだが、結果から言えば2Dアクションとして出来がいまひとつである。しかも、何やら複雑な事情が見え隠れするあたりも作品に影を落としている。

11年前のソフトとしても気になる点

SPPeach_08.jpg
怒りの炎で周囲を照らしつつ強引に進むステージ

 とはいえ、難易度が低めのゲームとして破綻はない。ライフがあり穴に落ちても即死にはならず、途中で助けるキノピオも探すのに骨が折れるほどでもなく。ステージごとにいろいろなギミックを用意しようとする意図も感じられる。

 ただし、気になる部分が多すぎる。どう見ても届きそうなのにジャンプで飛べない足場、空を飛べるから適当でいいだろうというような配置、意味のない溜め撃ちやダッシュ攻撃など、古い作品とはいえ引っかかるのだ。

SPPeach_06.jpg
面倒としか言いようがないタッチペンを使ったミニゲーム

 感情で行動が変化する敵は見分けづらく、既存の敵をアレンジしたつもりなのだろうが、目を合わせると追ってくる「テレサ」などは存在意義がわからないし、やり直し前提な分岐や訳の分からないおみくじもがっかりだ。また、無駄にタッチ操作やマイクを使いたがるところもあるが、それはニンテンドーDSの初期作品ということで目を瞑るべきだろう。

 無論、こういった細かい部分が気になるのはゲームプレイに新鮮味がないからだろう。ピーチ姫が主役ということになっている本作だが、実はそれもあまり目新しくない。『スーパーマリオRPG』など“ピーチ姫が戦う”という要素を切り出せばほかにも例がいくつかある。

SPPeach_16.jpg
「カッサー」の記憶により語られる物語

 また本作の物語では、ピーチ姫やマリオより相棒の「カッサー」のほうが主役に近い。ワールドをクリアするたびに物語を見られるのだが、これがほとんどカッサーの出自に関する話なのだ。しかもそこに出てくるキャラクターたちはほとんどマリオに関係がないように見える。

 このあたりから察するに、“なんらかの新作アクション・ゲームを制作していたものの、あまりにもインパクトがなかったのでマリオの皮を借りたのでは?”と邪推してしまいたくなる。ピーチ姫が主役である意味も感じられないし、『スーパーマリオ』シリーズらしさがあるとしても敵キャラクターのグラフィック程度、リスペクトやオマージュもあまり感じられず、ますますその思いが強まっていく。

SPPeach_12.jpg
マイクを使って攻撃するクソ面倒な水中面

 当たり前だが、“隠れた名作”と言われるものにはなんらかの隠れる理由があるのだ。残念ながら、『スーパープリンセスピーチ』はピーチ姫の冒険とは言いがたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

角川つばさ文庫『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』が渋い、たとえ小学生向け小説としても

『星のカービィ 大盗賊ドロッチェ団あらわる!の巻』

kadotuba_kirby_02_01.jpg

 以前に角川つばさ文庫から出ている『星のカービィ』ノベライズ本の話をしたが、今回はその続き(第三弾・第四弾)の話をしよう。いやしかし、小学生中級からが対象読者の作品群とはいえ、このシリーズはなかなか面白い。

○ 角川つばさ文庫『星のカービィ』ノベライズ小説(小学校中級向け)をニンマリと読む
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1885.html

kadotuba_kirby_02_02.jpg

 などと書いておいてなんだが、第三弾『星のカービィ 大盗賊ドロッチェ団あらわる!の巻』のほうは、ややいまひとつな具合であると言わざるをえない。こちらはタイトルのとおり、ゲームにも出てくる盗賊集団「ドロッチェ団」が現れ、カービィたちがそいつらからタマゴを守るという内容である。無論、ゲームの設定を活かした内容や、のんびりとした雰囲気はそのままなのだが。

 何が問題なのかというと、物語展開が強引なのだ。本作では「なぜドロッチェ団はタマゴを狙うのか?」だとか、「どうしてメタナイトがドロッチェ団に協力しているのか?」といった設定に無理があり、最後にその理由を聞いてもあまり納得がいかない。

kadotuba_kirby_02_03.jpg

 そもそもこの話は、カービィやメタナイトたちがまともに話し合いできれば一瞬で解決してしまうのだ。しかしそれでは物語にならないので、カービィたちは聞く耳を持たないし、話は強引に展開される。とはいえ、結局は話し合いで解決できる程度の問題なので、無意味かつ無理に話が膨らまされた印象を受けてしまうのである。

 なぜこうも無理が生じているのかといえば、これは明確な悪役を立てなかったからだろう。以前の記事にも書いたが、悪役は重大な事件を起こしてくれるし、そいつが倒されれば明確な解決になるわけだ。しかしそのあたりが曖昧になっている以上、話の流れも曖昧にならざるを得ない。

『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』

kadotuba_kirby_02_04.jpg

 というわけで第三弾はやや残念な出来だったのだが、第四弾となる『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』のほうはかなり良かった。このシリーズで一番面白く感じられたくらいだ。

 こちらはカービィの友達(なのか?)である仮面の騎士「メタナイト」が主人公の特別編で、姿を消してしまったシフォン星の王女「マローナ姫」を探すという物語になっている。

kadotuba_kirby_02_05.jpg

 もともとメタナイトは謎のある剣士であり、仮面を被っていることにしても、カービィの敵でもあり味方でもある点にしても、いろいろと主人公向きな面がある。そして、本作はそのキャラクターを活かした物語運びになっているというわけだ。

 剣によるアクションはいつもより激しめであるし、勇ましいメタナイトらしく悪役も強く卑劣な男であり、そして騒動によって謎多きメタナイトの内面が少し描かれていく。舞台はお菓子の国なのに、ややビターな仕上がりなわけだ。

 また、この作品ではカービィが「ピンクの悪魔」と呼ばれるあたりも、メタナイトが主役だからこその展開か。平和でぽよぽよなプププランドのシリーズから少し離れた場所であるからこそ、こうしてメタナイトの渋さが栄える作品になっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

角川つばさ文庫『星のカービィ』ノベライズ小説(小学校中級向け)をニンマリと読む

本当は甥に読ませてみようと思って買ったのだが

kadotuba_kirby_01.jpg

 君は角川つばさ文庫から『星のカービィ』のノベライズ本が出ていると知っていただろうか。僕は知らなかったので買った。

 というわけで、今回は『星のカービィ あぶないグルメ屋敷!?の巻』と『星のカービィ くらやみ森で大さわぎ!の巻』の話をしよう。これは前述の角川つばさ文庫の『星のカービィ』ノベル第一弾と第二弾であり、現在は第四弾まで登場している。

 このシリーズの作者は、『グローランサー』や『わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!』などのノベライズや、ライトノベルなどを手がける高瀬美恵である。なお、このレーベルは主に小学生向けのものとなっており、本作品も例外ではなく。ゲームで興味を持った子供に本を読ませようということなのだろう。

kadotuba_kirby_02.jpg

 ゲーム『星のカービィ』シリーズと同じように、本作はのんびりとした雰囲気のある気楽な本である(ゲームのほうは宇宙の危機なんかも頻繁にあったりするが)。おなじみの食いしん坊「カービィ」が友達の「ワドルディ」と事件に巻き込まれ、「デデデ大王」や「メタナイト」たちも一緒にちょっとした冒険を繰り広げていくわけだ。

 小学生中級からが対象読者なので、字数も少なく漢字はすべてふりがな付きである。それはともかく、「子供向けだから刺激がないのでは……」と読む前は不安だったものの、割と杞憂であった。

kadotuba_kirby_03.jpg

 確かにこの作品、強烈な起伏はないのだが、馴染みあるキャラクターたちの愛嬌はきちんと描けているのだ。食べ物のことしか考えていないカービィ、性格こそ悪いがどこか憎めないデデデ大王、そしてふたりをなだめたりするワドルディやメタナイト。そんなマスコット・キャラクターたちが、穏やかにかわいらしさを振りまいている。

 当然ながらカービィのコピー能力も要所要所で話に絡んでくるし、ゲームの設定を意識した場面もちらりと見えたりする。ちなみに、『星のカービィ あぶないグルメ屋敷!?の巻』のほうではカービィが女装しており(上記画像)、思わず笑ってしまった。

kadotuba_kirby_04.jpg

 また、この作品にもいわゆる悪役が登場するわけだが、その処理の仕方がうまいと感じられた。というのも、悪役は間違いなくあくどいのだが、のんびりとしたカービィが後味を悪くせずにうまく解決するのだ。そのため、事件の問題発生や解決に納得がいき、かつ限りなく明るい雰囲気を持続できているのである。

 堅苦しいことを書いたが、要は「丸くてピンクでぽよぽよなカービィのイメージ」を押し出せている作品である。無論、『星のカービィ』を知らない人に読ませるほどではないし、激しいアクションやシリアスな話とは縁遠い。が、あきれかえるほど平和なプププランドの日常は、確かにこんな感じな気がする。

 さて、続きのほうも買ってみるとするか。

○ 角川つばさ文庫『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』が渋い、たとえ小学生向け小説としても
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1886.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会につかれた“だめなおとな”のための純愛エロゲー『相思相愛ロリータ』レビュー

この場でははじめてする同人エロゲーの話

 普段ほぼ遊ばないエロゲーの話をするとは思っていなかったが、面白く感じるゲームがあればどこへでも飛んで行きたいというのが僕の本心である。

hitsujiSSL_01.jpg
『相思相愛ロリータ』タイトル画面(一部トリミング済み)

 さて今回は、サークル「夜のひつじ」が手がけた同人ゲーム『相思相愛ロリータ』というタイトルを紹介する。タイトルを見てわかるように、本作は幼い少女と純愛するエロゲーである。

 ……確かにこのゲーム、エロゲーどころかDLsiteなどで売られるドエロゲーなのだが。実はエロゲーという方式で、しかもロリゲーでありながら、普遍的で余計な隔たりのない愛を描こうとした作品でもあるのだ。

 なお、このサークルは過去作で「同人ゲームオブザイヤー」を受賞していたりと、その筋では有名所のようだ。僕は今まで知らなかったことを残念にも思えるが、とりあえず本作を知ることができて何よりである。

※今回は一部のスクリーンショットを加工(トリミング)しているが、これはFC2の規約を顧みた自主規制である。また、その関係で左右に黒帯が表示されているが、通常のゲームプレイ時はふつうのウィンドウで遊べる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

精神病の悪夢を表現したホラー・ゲーム『Neverending Nightmares』は、夢の恐ろしさを伝えるのが難しいと教えてくれる

「人生は悪夢」なゲームを遊ぶ

 夜中、最高に幸福な夢、あるいはおぞましい夢を見たあと、そのことをメモしておく。そして後々になってその文章を見てみると、「なぜこんな夢が最高に幸せだった(怖かった)のか?」と思えてしまうことがある。

NeverendingNightmares_01.jpg
『Neverending Nightmares』死体安置所で歩き続ける様子

 さて、今回はPC向けタイトル『Neverending Nightmares』を遊んだので、その話をしよう。本作は、恐怖の悪夢に閉じ込められた「トーマス」の立場になるホラー・ゲームである。なお、開発はInfinitap Gamesとなっている。


 題の通り、本作は延々と続く悪夢の中を突き進むゲームである。このタイトルはいかなる経緯で作られたのかといえば、制作者が強迫性障害と鬱に苦しんでいた思いを形にするためだというのだから驚きだろう。

 なお今回は、PLAYISMから日本語版が登場していたのでそちらで購入した。しかし本作、台詞もわずかしかないのでローカライズされてなくとも問題ない気がする。それどころか、まったく見知らぬ言語で遊んだほうが楽しいかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。