遠目からファイナルファンタジー XIII-2を見たい

『ファイナルファンタジー XIII-2』の続報がE3で発表

 いよいよロサンゼルスでElectronic Entertainment Expo(E3)が開催され、新作ゲームやら新ハードの情報がわんさかやってきた。こうなるとニュースサイトの記事を読むのも一苦労といったところだろう。まァ、日ムキはニュースサイトではないので、個人的に気になっておりある程度話ができそうなタイトルだけ取り上げていこう。

e3_ff13201.jpge3_ff13202.jpg
スクリーンショットやら動画もゴロゴロと
 さて、まず最初に気になったタイトルは『ファイナルファンタジー XIII-2』である。発売日は2011年の12月だそうで、FF13をやって記録をつけた身からすれば中々気になるところだ。

○ ファイナルファンタジーXIII プレイ記録
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-category-53.html

 スクリーンショットやトレイラーを見たところ、FF13-2は至極普通に面白くなってそうだと感じられた。戦闘における要素を更に追加して、ムービーと戦闘をシームレスに繋いでいるシーン(シネマティックアクションというらしいもの)があったり、ダンジョン探索にも仕掛けを盛り込むようにしている部分が見られる。

○ Final Fantasy XIII-2 E3 Official Trailer HD 720p
http://www.youtube.com/watch?v=cisUvE6lP0w

 しかし、以前もレビューで書いたが、この手のゲームはシステムの完成度よりもシナリオの出来のほうが大切である。結局は長編の物語を見せつけるための構成なわけで、それを見せられるシステムなら出来の良し悪しはそこまで重要視されない。よって、最後まで話を通してみなければ何とも言えないだろう。

nanikonoken.jpg

FF13-2は結構独自性があるのではないか

 ではこれらの情報から見て取れるFF13-2だが、シナリオは楽しめる気が一切しないのだから笑えるだろう。今回はセラの夢の中で出てきたカッコいい王子様みたいなヤツが新主人公(ノエルというらしい。右画像)のようだが、はっきり言ってその整った顔立ちにゲロを吐きかけてやりたいくらいだ。

 しかし、こういったベタすぎるキャラクターを嫌うのは僕がFFをやるような年齢でないからである。これが子供に受け入れられる余地は十分にあるのだろう。

 また、現在海外で売れているRPGを考えると、FFというのはそれはそれで独自性があるのかもしれない。例えば、SFでシューター要素の入ったRPGだとか、核戦争で荒廃した黒い要素まみれな世界だとか、このあたりが有名なRPGなわけだが、逆にFFのような作品というのは珍しいのではないか。

 一方、FF13のようなタイトルはスクウェアらしい軟弱なファンタジーRPGではあるものの、シナリオも結局は勧善懲悪だし、暴力表現も柔らかいし、明確に子供も遊べるタイトルである。これは確かに流行からは離れているかもしれないが、ある意味で独自性を保っているということの証左でもあろう。

 まァ、僕が知らないだけで海外にも勧善懲悪の子供向けRPGはあるのかもしれないが、そうだとしても有名開発会社の有名タイトルとなれば、これは他がやってもなかなか勝ち目はないはずだ。ましてやFF13も出来に関してはお墨付きだったわけで、こういった王道で勝つことは難しかろう。

 こういった面から見てもFF13-2はもっと高く評価する声があっても良いように感じられるのである。無論、国内でもう飽きてしまった人たちからはともかくだが、安心してゲーマーでない層が楽しめるゲームというのも貴重だろう。

 先鋭化も大事だが、停滞だってあっていい。寛容なほうがゲームの幅が広がって面白いじゃあないか。最近はそう思うようになってきた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファイナルファンタジー XIII-2』の製作決定が発表

ff132.jpg

またFF13をやらねばならないのか

 今月の18日にスクウェア・エニックスが開催した「SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere」というイベントで、『ファイナルファンタジー XIII-2』の製作発表がされたようである。数日前の話なので、既に知っているという方も多いであろう。

 気になるプラットフォームは、なんとPS3とXbox360の両方であった。FF13を遊んだ身としては、これはぜひともやらねばならないというよくわからない義務感が湧いてきてしまったのだからなんというか。

○ FINAL FANTASY XIII-2 | SQUARE ENIX
http://web.square-enix.co.jp/fabula/ff13-2/


 さておき、上記ティザーサイトで短いムービーを見ることができる。主人公は相変わらずライトニングのようだが、謎の剣士が新キャラクターとして登場するようだ。イッタイドウナッテシマウノカー、アアー、ドキドキシスギテ モラシチャッタナア! などと世間は大盛り上がりであろう。

 ただまァ、個人的にはいかんとも興奮しがたい具合である。理由は簡単で、そもそもFFなんかにこれっぽっちも期待していないのと、Xbox360版FF13の初回限定版に小説がついてきたのだが、その中でFF13クリア後の話が書かれており、それで大よその顛末がわかるからだ。

 そんなわけで初回限定版冊子に書かれていた小説の内容をネタばらししてしまうと、次のようなものになる。

 紆余曲折あってファングとヴァニラの犠牲によって世界は救われたものの、その二人はクリスタルと化してしまった。日常生活に戻っていくメンバーを一瞥し、一人暇なライトニングは二人を救う術を探す旅へと出る……。

 このような話なのだが、最後のページだけがやたらと暗い調子で、どうも行き倒れした人の視点から描かれているようなのである。状況から解釈するに、おそらくこれが新キャラクターの登場シーンなのだろう。前作では楽園が破壊されたので、創造神の世界と繋がることになってしまい、その世界から出てきた人物が新キャラでどうのこうのとかいう話なのかもしれない。

 しかし結局のところ、犠牲となったヴァニラとファングが蘇った上に世界が平和になってよかったね、というお話に行き着いてしまうのだろう。必ずしも物語に意外性を求めているわけではないが、理由付けはどうせ仲間の思いでうんたらとか人間の希望がどうたらやられるのだろうと考えると、楽しみになるわけもなく。安定した話を楽しみたい人には悪いのだが、そういうものを見ても興奮できなくなってしまった体としては素直に喜べないわけである。

 などと散々文句を言っているものの、なんだかんだで買ってプレイ記録をつけそうな気はしてしまうのだ。一作やってしまうと続編がどうしても気になるのは、気質の問題なのかあるいは古典的で効果的な戦略の問題なのか。何にせよ、時間と機会さえあればまたもやプレイ記録をつけることになると思われるので、その際はよければ読んでいただければ幸いである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジーXIII 18 クリア後 実績解除の旅

実績解除の旅

 前回でメインシナリオはクリアとなったが、まだまだ遊べる余地はある。例の如くやりこみ要素が残っているので、それを遊びつつ実績の全解除を狙っていこう。

ff13pl_14_01.jpg
ミッション専用のマップも作りこんでいる
 やり込みとしては、以前紹介した石碑の60以上あるミッションだとか、キャラクター育成がそれである。ミッションをこなしていくと専用マップが解放されたりで、これまた手の込んでいる具合である。

 もっとも、このゲームをやり込みたい気持ちなど皆無である。クリアしただけで満腹なので、バトル難易度をEasyにし攻略を見つつさっさと終わらせることにした。

ff13pl_14_02.jpgff13pl_14_03.jpg
おなじみチョコボ
 しかしこのゲーム、イベントがなかなか豊富である。例えば、チョコボは乗り物として活用できるし、宝探しのようなミニイベントまで仕込まれている。

ff13pl_14_04.jpg
でかいジャボテンダー
 他にも、サボテンダーやトンベリといったお馴染みの敵と戦うことも可能である。

 これらはそこそこ楽しくていいのだが、しかし実績をコンプリートしようとするとこれがまた大変なのである。十数時間も雑魚と戦って経験値を稼がねばならないし、それが終われば金やレアアイテムを稼ぐために十数時間も亀と戦わねばならないのである。

ff13_comp.jpg
ようやく1000に
 結局、40時間近くかかって実績が1000になった。本編は30時間程度だったので、それを考えるとえらい労力が必要であった。先述のように悪くない出来のやり込み要素なのだが、そもそもやり込みたいという気持ちがなければ作業でしかなかった。

 さておき、これで一通り遊ぶことができただろう。最後にお楽しみであるレビューを書くことにしよう。

○ 「ファイナルファンタジーXIII レビュー」へ続く
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-998.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジーXIII 17 第十三章 終焉の揺盤

終焉の揺盤

 下界のモンスターが乗り込んできてしまった楽園はまさに混沌であった。このままでは罪のない住民ばかりが巻き込まれてしまう。ライトニング達はアホ中佐を無視し、一刻も早くダイスリーの野望を打ち砕こうとするのであった。

ff13pl_13_01.jpgff13pl_13_02.jpg
あら敵だらけ
 議事堂を抜け聖堂に入ると、辺りには化け物になった兵士だらけ。騎兵隊の一部はここまで辿り着けたようだが、やはりこうしてシ骸になるのが精一杯だったようだ。

 ところでここから先へはどうやって進めばいいのかという所で、いきなり地面が揺れる。

ff13pl_13_03.jpg
不気味な異空間に到着
 何事かと思いきや、楽園を維持している守護者オーファンのいる空間へとワープしたのであった。相手もライトニング達に来てもらいたいようだ。

ff13pl_13_04.jpg
妙な守護者(?)
 ここはラストダンジョンとなっているようで、この妙な色の人に地形を変えてもらって先に進むことになっている。また、ワープゾーンを作ってくれる親切具合で、十一章で行った大平原へと戻ることもできるようだ。親切はありがたいのだが、とりあえずここはサクッとラスボスを倒すことにしよう。

ff13pl_13_05.jpg
ボスラッシュでもある
 仕掛けを動かしてしばらく先に進むと、ボスの登場。これを倒すようなことを何度か繰り返し、どんどん奥へと進む。敵は最後だけあってかなり強く、場合によってはとてもじゃないが太刀打ちできない雑魚までいる有様。そいつらとの戦闘は極力避けていくものの、果たしてこんな状態でラスボスに勝てるか不安だ。

ff13pl_13_06.jpg
病院か何かか
 ボスをなぎ倒し、いよいよ最終地点に到着。白すぎて異様すぎる雰囲気に、あからさまに最後ですよと言っているセーブポイントが気分を盛り上げてくれる。

ff13pl_13_07.jpg
最終決戦へ
 セーブを済ませていざ最奥部へ。なんだか妙な機械が置いてあるが、これが守護者オーファンとやらだろうか。

ff13pl_13_08.jpgff13pl_13_09.jpg
パリーン
 そして、ライトニング達がやってきたことに気づきダイスリーが登場。同時に、クリスタルと化したセラとドッジも現れた。が、すぐに割られてしまう。ショックを受けそうになるスノウとサッズであったが、ホープ曰くこれはまやかしなんだそうな。どこでそう判断したのか今ひとつわからないのだが、まァそういうことで。

ff13pl_13_10.jpg
女装は別にしなかったダイスリーさん
 ダイスリーはとにかく守護者オーファンを殺せと命令してきた。延命は苦痛であり、すべてのものはいつか破壊される運命だそうな。そして、真の救いは神にしかできないとのことである。とはいえ、今更そんな命令を聞けるわけがないだろう。こうなればねじ伏せてわからせてやるしかない。

ff13pl_13_11.jpg
三度目のバトル
 さて、何度目かわからないダイスリーとの戦いになったのだが、さすがに今度は攻撃がより強烈になっていた。大ダメージ必至のアルテマを撃ってくるので、少しでも油断すると即死してしまう。とはいえ、回復にさえ気を使えばなんとかなる相手である。思ったよりあっさりとしたラスボスであった。

ff13pl_13_12.jpgff13pl_13_13.jpg
やはりこれでは終わらない
 水のようなものに沈んでいくダイスリー。これで世界が救われたかと思いきや、別の妙なものが浮上してきたのだから厄介だ。何者かといえば、「今日死ぬために産み落とされた孤独なる孤児オーファン」だそうである。もしかして、この長い名前も自分で考えたのだろうか。いやまったく、守護者はどいつも恥ずかしいヤツだ。

 そんなわけでオーファン本人と戦う羽目になったのだが、これに勝ってしまっては楽園の崩壊ではないか。戦う必要はないと思うのだが、とにかくバトルに突入。もしかして、弱らせて生け捕りにする予定なのだろうか?

 ともあれ戦いなわけだが、こいつは「心ない裁き」という全員が瀕死になる技を使ってくる卑怯者だ。そういえば、FF6のラスボスも似たような技を使ってきたような記憶がある。これ自体は回復を急げば問題にならないのだが、しかし恐ろしいのが即死攻撃である。リーダーであるライトニングがたまたま即死攻撃の餌食となり、2回ゲームオーバー。ラスボスだけあって無茶苦茶な技を使ってくるが、ラストダンジョンの道中の雑魚よりはマシなのだからなんというか。

 次に即死耐性のアクセサリをつけて勝利を収めると、オーファンはそれを喜んでいる様子。確かに死にに来た孤児云々なのだから、歓迎するのは当然である。もっとも、これでやられるほどヤワではないようだが。

ff13pl_13_14.jpgff13pl_13_15.jpg
あっさりやられる
 昔のダイスリーと同じく、勝ったかと思える勝負も守護者にとっては大したダメージにはならなかった。紫の波動を食らい、一気にやられてしまうライトニング達。オーファンの力はとてつもないもののようだ。

 そして、ここで守護者の使命について話してくれるオーファン。もともと守護者はある目的のために作られて力を貰うそうだが、本当にひたすら同じことしかできない。もっとも人間は違い、何かを願い信じる心で限界を超え、無限の力を手に入れるとのこと。その守護者には持っていない力を借りるため、使者を作って命令をしているという話のようだ。

 その使者の力によって楽園を破壊し、神を呼び出して世界を再生させたいとのことだが、そんなに楽園の維持をするという目的が嫌なのだろうか。それに、神が与えた目的を嫌がったとバレたら、再生どころか罰が与えられるような気がするのだが。

ff13pl_13_16.jpg
ヴァニラが化け物にされそうになる
 しかしそんな事を質問する暇もなく、ヴァニラを強引にラグナロクにしようとするオーファン。拒めば楽園や下界の犠牲もムダになるとのことで、遂行させるために今までも戦争を起こしたりしたのだろう。随分と手の込んだ自殺劇である。

ff13pl_13_17.jpgff13pl_13_18.jpg
二度目のラグナロクとなるか
 もっとも、ファングは親しいヴァニラが化け物にされるのを看過することができない。自分でやると申し出た上、味方の静止も聞かずに全員を使者の能力で吹き飛ばす有様。

ff13pl_13_19.jpgff13pl_13_20.jpg
都合よくシ骸に
 そしてこれが最悪な結果をもたらす。なんと、ヴァニラとファング以外の全員がシ骸になってしまったのだ。こうなっては理性もクソもないため、そのまま元仲間であるシ骸はファングに襲い掛かる。

ff13pl_13_21.jpg
ラグナロクと化したファング
 その悲しみからか、ファングはいよいよラグナロクと化してしまった。オーファンはこれを喜び、ひたすらに自分に攻撃を続けるラグナロクを見て笑っていた。このままではオーファンが死に、本当に楽園が滅んでしまうだろう。

ff13pl_13_22.jpgff13pl_13_23.jpg
懐かしいシーンが流れる
 すると、ここで回想が流れ始める。今までの旅で経験したことが順番に流れ、絶望ばかりに囚われたものでなかったことを思い出す。確かに希望はあったような気もするが、それはどれも希望的観測でしかなかったような。

ff13pl_13_24.jpgff13pl_13_25.jpg
思い出パワーか
 するとその思い出が良かったのか、ファングは元の体に戻ったのであった。もっとも、オーファンからすればまたラグナロクにさせればいいだけである。回復と攻撃を何度も与えられ、幾度も苦しめられる彼女。

ff13pl_13_26.jpg
どうやって助けるんですか
 この光景を見て、ヴァニラは「もう逃げないって誓ったんだ!」と叫び、立ち向かう意志を持つ。さて一体どうやってファングを助けるのかと思いきや、どこからともなく炎が飛んできたのだから驚きだ。

ff13pl_13_27.jpgff13pl_13_28.jpg
こっちのほうが疑問だ
 オーファンに攻撃したのは、なんとライトニング達であった。なんでも絶望が奇跡を起こすらしく、全員が化け物から元に戻ったとのこと。ヴァニラが「どうして……?」と疑問に思っているが、プレイヤーのほうはもっと困惑しているという話である。どういうことだよコレ。

ff13pl_13_29.jpg
ファンタジーすぎてついていけない
 今までのことを思い出したらみんなが楽しそうに笑っていたから戻れたとのことだが、まったくもって理由になっていないのが笑える。ご飯に醤油をかけたらオムライスになったというくらいに意味不明だ。もっともらしく言うならば、ファンタジーのお約束だからこうなったというわけだろう。

 とにかく、自分では何もできないと信じこんでいる守護者とは違い、奇跡を信じている人間は何でもできるらしい。いやまァそんなんで何でも出来たら苦労もクソもないわけだが、しかし無茶もここまで来ると清々しいくらいだ。

ff13pl_13_30.jpg
時計そっくり
 そんなわけで、楽園を奇跡で救うために第二形態のオーファンをぶち殺すことに。こいつはもはやイベント戦闘のようなものなのだが、しかし一度目にやられてしまったのだから情けないというか。やり直し、二回目であっさりとクリアできた。

ff13pl_13_31.jpg
やっつけなやられっぷり
 こうして人間の奇跡にやられてしまったオーファンであるが、結局はヤツの目的が成就したことに違いない。このまま楽園は崩壊して何もかも終わることになるわけだが、なんと破壊を食い止める術があるらしいのだ。

エンディング

ff13pl_13_32.jpgff13pl_13_33.jpg
楽園が死に絶える
 オーファンが死んでしまったため、もはや楽園にエネルギーは供給されない。街中からは電気が消え、重力制御もなくなったせいか、次第に下界へと落下していってしまう。

ff13pl_13_34.jpg
使者も重力には勝てない
 ライトニング達もまたそれに翻弄され、外に投げ出されてしまった。手を繋いで離れないようにすることで精一杯である。

ff13pl_13_35.jpgff13pl_13_36.jpg
二人は何をするのか
 そんな中、ヴァニラとファングは二人で手を繋ぎ、何らかの力を発動させたのであった。そのお陰で楽園からは下界の生物が姿を消し、二人はラグナロクに良く似た存在へ変化してしまった。

ff13pl_13_37.jpgff13pl_13_38.jpg
強引な作戦である
 そして、二人は地上にある火山のマグマへと突っ込んで行き、それを空へと伸ばし楽園の落下を防ぐ。強引な方法であるが、確かに楽園を救うにはこうするしかなかったかもしれない。

ff13pl_13_40.jpgff13pl_13_41.jpg
一応は使命を果たしてクリスタル化したようだ
 ライトニング達は楽園を破壊するという使命を果たしたせいか、クリスタルと化していた。もっとも、守護者が死んだせいか姿はすぐに戻り、烙印も消えていた。

ff13pl_13_42.jpgff13pl_13_43.jpg
確かにでかい贈り物である
 空を見上げると、クリスタルに支えられた元楽園がそこにはあった。もはや人が快適に住むことは適わないかもしれないが、しかし人々の命は残った。もはや軍やら使者やらのいざこざも無くなっただろうし、下界で生きることは出来るかもしれない。

ff13pl_13_44.jpgff13pl_13_45.jpg
この二人も復活
 そして、向こう側からセラとドッジが歩いてくる。この二人もまたクリスタルから元に戻れたようである。もっとも、ホープの母親は戻ってこない(本当に死んでいた)というマヌケすぎるオチになったのが笑えるが、まァ今更戻ってきてもそれはそれで困る話になるか。

ff13pl_13_46.jpg
二人の偉大なる犠牲
 何にせよ、楽園を破壊するという使命は果たせたし、皆を助けることもできた。何より、自分達の愛しい人が戻ってきたわけで、これほどめでたいこともないだろう。犠牲となって楽園を助けてくれたヴァニラとファングには感謝してもしきれないはずだ。

ff13pl_13_47.jpg
The End
 こうして楽園は無くなってしまったが、生き延びることには成功した。これから下界で暮らさなければならないが、皆が一丸となればなんとかなるだろう。何しろ、人間は奇跡を信じれば何でもできるというのだから。

○ 「ファイナルファンタジーXIII 18 クリア後 実績解除の旅」へ続く
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-997.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジーXIII 16 第十二章 カウントダウン

カウントダウン

 下界でシ骸化の進行を止める術を探したものの、これといった成果はなかった。それどころかダイスリーが現れて、楽園で戦争を起こすという物騒な話を聞かされてしまう。それがライトニング達をおびき寄せる罠だと知りつつも、人々を助けるために飛行船に乗り込んだのであった。

ff13pl_12_01.jpgff13pl_12_02.jpg
おめでたい雰囲気
 下界から楽園へトンボ返りしたライトニング達が見たものは、シドが政府代表となったために開かれていたパレードであった。バイクのような乗り物でレースを広げる連中もおり、なんだかおめでたそうな雰囲気。こんなことをしている場合ではないというのに、まったく市民はマヌケだ。

ff13pl_12_03.jpgff13pl_12_04.jpg
雑魚は邪魔だ
 ライトニング達は召喚獣を呼び出し、いざレース会場に乗り込んだ。こうなると当然、何も知らない軍隊が使者を止めようとやってくるのである。一々戦っている場合ではないのだが、邪魔をするなら排除するしかないだろう。召喚獣を使いこなす使者達はまさに一騎当千といった言葉がよく似合う。

ff13pl_12_05.jpg
あらピンチ
 この調子ならば争いが起こる前に止められるかと思いきや、いきなり下界のメカやらカメが現れはじめる。おそらくダイスリーの差し金なのだろうが、このせいで楽園はとてつもない混乱が起こってしまった。

ff13pl_12_06.jpgff13pl_12_07.jpg
かわいそうなしど
 そして、騎兵隊も混乱に乗じて動きやすくなってしまうのだ。シドは反逆に遭いあっさりと殺されてしまった。もはや意思もない傀儡だったようなので、むしろ死んだほうが良かったのだろうか。

ff13pl_12_08.jpg
ベヒーモスもたくさん
 シドが死んだことにより混乱は加速する。こうなれば、一刻も早く騎兵隊を止め混乱を沈めねばならないだろう。しかし、辺りには下界の敵や楽園の敵やらで無茶苦茶である。ひたすらになぎ倒しつつ先へと進むしかない。

ff13pl_12_09.jpgff13pl_12_10.jpg
しつこい
 しばらく先へ進むと、またもやロッシュ中佐の登場。一番最初にダッサいやられ方をしたくせに、まだしつこく出てくるのかコイツは。素直に二階級特進したほうが恥をかかなかったのにと思いつつ戦闘になったが、恐ろしく弱くさっさと倒せてしまった。さっさとくたばれ。

 この後もサイコム兵を守るために巨大カメと戦ったり、あるいは逆に襲い掛かってくるサイコム兵を殺したりで無茶苦茶な話になってきた。もはや誰が敵か味方かわからず、ひたすらに殺しまくるのみである。とりあえず楽園を守らねばならないので、ここでは襲い掛かってくるヤツを殺すしかないだろう。

ff13pl_12_11.jpg
ああこんな連中いたね
 そして、そのまた先でスノウの率いていた軍団のお友達と遭遇。頼りにならなさそうなチンピラであるが、このひどい状況ではきちんと市民を助けられる希有な存在である。民間人は彼らに任せ、ライトニング達は先を急ぐことに。しかし、こんなチンピラが結果的に良い行いをすることになるとは。いやはや、まさしくファンタジーである。

守るための戦い

ff13pl_12_12.jpgff13pl_12_13.jpg
ジジイの登場
 議事堂前に到着すると、何かキラキラしているものがそこら中に飛んでいた。何かと思えば、これは守護者の力の源であるクリスタルだそうな。ヲルバ郷を思い起こさせるような景色で、あまり良い印象を受けるものではない。

 そして、ダイスリーも登場。今度はなんだか恐ろしくでかい顔で出てきて、早く楽園の中心部に来なければ危険ですよと煽ってくれた。ここまで来ると罠でしかないことが丸わかりだが、今更逃げ出すわけにもいくまい。

ff13pl_12_14.jpg
いざセントラルへ
 そんなわけで、楽園を動かすエネルギーを供給するオーファンの元へ向かうライトニング。今までは下界と楽園の敵が待ち受けていたが、なんと今度はシ骸になった騎兵隊の連中が襲い掛かってきたのだから悲しい話である。やはり、人間には守護者を壊すことなどできないのだろう。

ff13pl_12_15.jpg
クイズ またおめーかよ
 さて、展開的にはラストバトル前のボスが出てくるはずである。果たして一体何が出てくるのかと思いきや、まーーたアホ中佐の乗っているロボットが出てきた。どうせすぐ倒せるんだろと嫌々戦ったものの、なんと今度は恐ろしく強い。数回やられた後、発狂モードが耐え切れないことに気づいたため、その場面で召喚を使いなんとか倒すことに成功。

ff13pl_12_16.jpgff13pl_12_17.jpg
さっさと消えろ
 倒すと中からクソ中佐のご登場。いい加減さっさと死ねという話だが、その前に今までどうして邪魔をし続けたのか話をしてくれた。

 なんでも話によれば、使者が悪い人間ではないことはわかっていたものの、それでもあえて守護者に飼われることを選んでいたようだ。しかし、結局歪みは歪みを産むだけだったと反省し、このひどい現状を後悔しているようである。

 とはいえ今更いい人ぶられても困るという話である。コイツのしたことと言えば、使者の邪魔だけだ。まったくもって発言と行動が伴っていないと思っていると、ファングがそのことを指摘したのだから笑える。それに動揺したのか、中佐は無線で兵士に使者の討伐を止めさせ、今すぐ市民の退避を最優先しろと命令したのであった。

 おそらく、守護者に逆らう立場の主人公一行の対比として、この守護者に従い続けた中佐という存在がいたのだろうが、描写が足りずに単なる傍迷惑な存在にしかなっていない。軍上層部に噛み付く場面などが挿入されていればまだ同情する気にもなったが……。

 ともあれ、こんなアホは無視して先に進むべきである。中佐はこの後ベヒーモスに食われそうになり自爆したが、そんなことはどうでもいいだろう。とにかく今はダイスリーを倒して楽園を救わねばならないのだ。

○ 「ファイナルファンタジーXIII 17 第十三章 終焉の揺盤」へ続く
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-996.html
このエントリーをはてなブックマークに追加