The Elder Scrolls V: Skyrim 52 DLC 『Dragonborn』 02 すべてはハルメアス・モラのしわざ

「手紙の書き方に関する見識」なんてもので大丈夫なのだろうか?

banner_Dragonborn.png

 もうひとりのドラゴンボーンであるミラークから命を狙われた僕は、ヤツを返り討ちにするためにソルスセイムへとやってきた。だが、ヤツの力は強大で叶わない。まずはミラークと同等の力を得るために、この地に眠る「黒の書」を探さねばならないようだ。

Dragonborn_02_01.jpg
噴火を防ぐ傘のようにも見える

 そんなわけで黒の書の在り処を知っているネロスがいる街を尋ねたのだが、なんだあのキノコは。まさかあれがその街だというのか?

Dragonborn_02_02.jpg
降りる時は浮遊魔法に乗らないと落下死するぞ

 なんとここはでかすぎるキノコの中に家が造られており、浮遊魔法で上へと向かう造りなのだ。いやまったく、凝った家すぎる。さすが名前の知れている魔術師の家だ。

Dragonborn_02_03.jpg
ひげも魔法で整えているのだろうか?

 そして彼こそがそのネロスという存在である。彼が言うに、黒の書はハルメアス・モラが世界中にバラまいたものとのこと。いやしかし、そのデイドラの名前を聞くことになるとは……。ヤツは狡猾で残忍かつ悪趣味で、まさしく悪魔のような存在なわけでできれば会いたくないのだが、そうも言っていられないのだろう。

Dragonborn_02_04.jpg
ネロスが入り口を封印していたそうだが、ふつーに盗賊が出入りしてたぞ

 ともあれ、ミラークの力の由来になっているという一冊の黒の書を手に入れるため、かつてドゥーマーが作ったチャルダックの遺跡へと向かう。なんでもネロスはここで既に書を発見していたが、ひとりではどうしても取れなかったそうなのだ。

Dragonborn_02_05.jpg
チンパンジーの知能テストみたいな感じか?

 確かに、入ってすぐ黒の書を見つけることができた。が、厳重に封印されており手に入れることができないわけだ。

Dragonborn_02_06.jpg
これがまた面倒くさいのなんの

 なんでもうまく蒸気を注入すればあれが開くそうだが、そこへ行くにはコントロール・キューブを探し、なおかつ水位を操作して先へと進まねばならない。ネロスはどうもこの泥臭い作業が嫌で、嬉々としてやってくれる助手が欲しかったと言っていた。……その立派なヒゲをこの短剣でぶった切ってやろうか。

Dragonborn_02_07.jpg
本当にこういうダルい謎解きは勘弁してください

 ともあれ、「黒の書:手紙の書き方に関する見識」(誤訳ではないのか?)をようやく発見することができた。しかし、苦労して手に入れたのが手紙の書き方とは……。個人的には嬉しいが、本当にこれでいいのだろうかと思いつつ、また例の世界へと向かう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

The Elder Scrolls V: Skyrim 51 DLC 『Dragonborn』 01 洗脳された街はモロウィンド風味

もうひとりのドラゴンボーンを探して「ソルスセイム」へ向かう

banner_Dragonborn.png

 2012年12月21日、Xbox360版の『The Elder Scrolls V: Skyrim』で新DLC「Dragonborn」日本語版が配信された。とりあえずメインクエストはクリアしたので、記録をつけておこう。

Dragonborn_01_01.jpg
ドラゴンボーンなのにネコ

 さて、今回のドヴァーキンはカジートの子供泥棒である。以前は「HearthFire」で子供を盗んでいた彼だが、今回はドラゴン鎧を着ているという理由だけで抜擢された。彼についての経歴は、過去のプレイ記録を見てもらいたい。

○ 『The Elder Scrolls V: Skyrim』プレイ記録 インデックス
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1246.html

Dragonborn_01_02.jpg
わざわざお知らせにきてくれた信者さん

 いつものようにどこからDLCのクエストを始めるか迷っていると、いきなり「信者」なる人物が、僕を偽物のドラゴンボーン扱いしてきた。こいつはミラーク卿がどうのこうのと理解不能なことばかりを言っており、脳みその髄まで毒されているのだろう。

 「当人の意思を無視して信者がよそに出張ったせいで問題が起こる」なんていうのは、ネット上でもたまに見る光景であるが、こいつらもそうだろうか? と思っていたのだが、連中の死体(透明化して逃げたら街人に殺されていた)を漁ったところ、そのミラークなる存在から命令をされていた手紙が見つかった。つまり、そいつと戦わねばならないというわけか。やれやれだ。

Dragonborn_01_03.jpg
この人の台詞の翻訳がややおかしい

 どうも信者たちはウィンドヘルムにいるグジャランドの船で来たそうで、まずはこいつに事情を聞かねばならない。

 しかし、彼はその話をするなり「ソルスセイム」に行きたくないと言い出した。どうやらあの信者たちが強引に船に乗り込んだらしく、痛い目を見たようである。が、多少はその責任をとってもらわねば困ると脅し、なんとかその場所へと連れて行ってくれることになった。

Dragonborn_01_04.jpg
茶色い景色が広がる島である

 そんなわけであっさりとソルスセイムに到着した。ここはスカイリム北東に位置した島で、モロウィンドからも割と近いようだ。そして、船はレイヴン・ロックという街に停泊する。

Dragonborn_01_05.jpg
レッド・マウンテンの噴火に悩まされている場所でもあるようだ

 ここでは主にモロウィンドから逃げてきたダンマー(ダークエルフ)が住んでおり、スカイリムとはまた違った独特の文化を持っているようだ。建築物もなんだか貝のようで、よくこれを作れたものである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

『The Elder Scrolls V: Skyrim』プレイ記録 インデックス

box_skyrim.jpg

プレイ前

 『The Elder Scrolls V: Skyrim』のプレイ記録は全45回(+1 +1)と膨大な回数になってしまったので、こうしてインデックスを作っておくことにする。すべてで4編に分かれているので、URLをクリックして好みの場所から見て欲しい。

 尚、メインクエスト・同胞団・盗賊ギルド・ウィンターホールド大学・闇の一党・デイドラクエストをそれぞれのキャラで分割した形になっている。

○ 『The Elder Scrolls V: Skyrim』購入
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1189.html

skyrim_index_01.jpg

盗賊カジート編

 プレイキャラクターは猫人間のカジート。同胞団、盗賊ギルドをクリア。メインクエストやサブクエストも少々。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 01 僕が首を落とさなかったワケ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1190.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 02 宿屋に行こうと思っていたら古代遺跡だった
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1191.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 03 宝の価値は……?
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1192.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 04 幼女と追いかけっこをしてもいい それが「Skyrim」なんだよね
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1193.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 05 ネコなのに“ドラゴンボーン”
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1194.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 06 500ゴールドで私兵の命とプライドを売る
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1195.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 07 同胞団に認められるも嫌なヨカン
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1196.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 08 タムリエルは趣味を存分に楽しめる世界だ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1197.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 09 幸せを壊すものは殺す
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1198.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 10 シルバーハンドを殺すとエロ本が手に入る
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1199.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 11 魂は意外と簡単に穢れを落とせる
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1200.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 12 のんびり過ごすのもいいはずだったのに
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1201.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 13 ドラゴンボーンはいつだって狙われている
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1202.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 14 兎にも角にもマンモスステーキがうまい
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1205.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 15 盗賊ギルドでギッスギス!
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1206.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 16 クズの裏切り
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1207.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 17 猫なのに狼であってドラゴンボーンでもありナイチンゲール
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1208.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 18 すべてはノクターナルのために?
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1209.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 19 腐りきったリフテンは僕が統治してやる!
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1214.html

skyrim_index_02.jpg

魔法使いブレトン編

 プレイキャラクターは魔法使いのブレトン。ウィンターホールド大学、デイドラクエストをクリア。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 20 魔法大学で学生生活
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1215.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 21 本当に危険は僕のせいなのか?
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1216.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 22 ラビリンシアンで死ね!
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1217.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 23 死んだ数だけ偉くなれるよ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1218.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 24 狂王シェオゴラスとキャッチできない暴投ボール
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1219.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 25 狼の女王の帰還
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1220.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 26 デイドラは人間のことなど、どうも思っていない
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1221.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 27 ヴァーミルナを信じたわけではないが
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1222.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 28 デイドラいろいろ 善神いろいろ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1223.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 29 デイドラに再び恐怖したまえ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1225.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 30 デイドラから教わることだってある
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1226.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 31 必ずとも知識が人を幸福にするわけでもなく
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1227.html

skyrim_index_03.jpg

脳筋ノルド編

 プレイキャラクターは近接攻撃しかしないノルド。内戦クエスト、メインクエストをクリア。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 32 脳筋ノルドのスカイリム統一
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1228.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 33 スカイリムを統一! ……したけど
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1229.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 34 戦士の心臓を英雄は求む
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1230.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 35 来たる来たるはドラゴンボーン
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1231.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 36 ノルドに伝わる声秘術と共に
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1232.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 37 信じよ来るをドラゴンボーン
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1233.html

skyrim_index_04.jpg

暗殺者インペリアル編

 プレイキャラクターは弓で暗殺をするインペリアル。吟遊詩人大学、闇の一党をクリア。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 38 夜は吟遊詩人、昼は暗殺者
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1234.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 39 オナホババアを殺し、暗殺者として名をあげろ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1238.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 40 暗殺が実に手になじむ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1239.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 41 皇帝の従姉妹を事故死させよ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1240.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 42 皇帝の警備を錯乱させよ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1241.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 43 皇帝の料理を作って差し上げろ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1242.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 44 本当にヤツを殺してやれ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1243.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 45 スカイリムはまだまだ冒険が溢れている
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1244.html

クリア後のレビュー

 本編クリア後のレビュー。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1245.html

serena.jpg

DLC 『Dawnguard』

 DLC第一弾、『Dawnguard』の記録とレビュー。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 46 DLC 『Dawnguard』 01 助けたのは吸血鬼のお姫様
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1412.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 47 DLC 『Dawnguard』 02 気軽になろうよ吸血鬼
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1413.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 48 DLC 『Dawnguard』 03 親子の再会とソウル・ケルンの脱出
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1414.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 49 DLC 『Dawnguard』 04 セラーナの決意
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1415.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim DLC 『Dawnguard』 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1416.html

britte.jpg

DLC 『Dawnguard』

 DLC第ニ弾、『Hearthfire』の記録。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 50 DLC 『Hearthfire』 子供を盗むなら家を建てろ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1474.html

icon_dragonborn.jpg

DLC 『Dragonborn』

 DLC第三弾、『Dragonborn』の記録。

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 51 DLC 『Dragonborn』 01 洗脳された街はモロウィンド風味
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1523.html

○ The Elder Scrolls V: Skyrim 52 DLC 『Dragonborn』 02 すべてはハルメアス・モラのしわざ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1524.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

The Elder Scrolls V: Skyrim 50 DLC 『Hearthfire』 子供を盗むなら家を建てろ

家建設DLCの楽しみ方

banner_Hearthfire.png

 とある耳寄り情報を聞いた。なんでも2012年10月11日からこのスカイリムの大地において「Hearthfire」が始まり、家を建てることにより、人の子供を盗むことができるというのだ。……いったいどういうことかと思うが、それは本当のことだったのだ。

Hearthfire_01.jpg
そんなわけで今回のDLCは盗賊カジートでプレイ

 その話を知った盗賊ギルドのマスターであるカジートの彼は、さっそくその手腕を試してみたくなった。何せ彼はこれまでにさまざまな物を盗みまくり、盗賊ギルドの再興を成功させたほどの人物である。彼の過去についてはかつての記録を見てもらうと手っ取り早いだろう。

○ 『The Elder Scrolls V: Skyrim』プレイ記録 インデックス
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1246.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

The Elder Scrolls V: Skyrim 49 DLC 『Dawnguard』 04 セラーナの決意

あまりにも長いDLCにつらさを感じはじめる

banner_dawnguard.png

 ソウル・ケルンでセラーナの母と遭遇し、星霜の書を手に入れることができた一行。アーリエルの弓の在り処もわかり、あとはダークフォール洞窟でそれを手に入れるだけだ。

Dawnguard_04_01.jpgDawnguard_04_02.jpg
洞窟では意外な出会いが待っていた

 さて、さっそくダークフォール洞窟へと向かったのだが、奥のほうになんだか妙な男がいるではないか。どうもエルフのようだが、なぜ彼はこんな場所にいるのだか。

Dawnguard_04_03.jpg
本でしか読んだことのないスノーエルフに会えるだなんて

 彼の名は騎士司祭ギレボル。なんとスノーエルフだというのだから驚きだ! 今やほとんどのスノーエルフはファルメルになってしまったというのに、こんなところに生き残りがいるとは……。彼はアーリエルに仕える司祭とのことだが、どうも悩みがあるらしい。

 なんでも彼の兄弟である最高神官のヴィルスールが、ファルメルのせいで乱心してしまったそうだ。そのため、この聖域がファルメルどもに侵されており困っているとのこと。そいつらを倒しさえすれば、アーリエルの弓をくれるというのだから話が早い。

Dawnguard_04_04.jpg
魔法で地面から隆起する祠

 しかし、最奥聖域に行くには新人司祭の真似事をしなければならないようだ。こんな祠を見つけて、そこにある台座の水を水差しに入れるという行為を五回もしなければならないとのことで、さすがに少し疲れてきた……。

Dawnguard_04_05.jpg
キノコが生えていてやたらと幻想的な洞窟だ

 とはいえ、弱音を吐いてはいられまい。さっさと巡礼を終わらせて……。

Dawnguard_04_06.jpg
まずはひとつめの祠を通過

 と言いたいところなのだが、このDLC、あまりにも長くてダレてきた。いや、ボリュームが豊富なのは素晴らしいことなのだが、新しいロケーションがいくつか追加されたところで、もはや気力は保てないのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む