ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 03 キャラがうさんくさい編

sera_zenshin.jpg

FF13-2の主人公のセラに耐えられない

 FF13-2のクリア後記もこれで最後である。今回に書くことは、僕がFF13-2を素直に楽しめない原因はキャラにあるのではないか? ということだ。

 さて、まずは右にある本作の主人公「セラ」の画像を見てもらおう。この画像はDLCで配信されている水着姿なのだが、これを見てどういった印象を抱くだろうか? かわいい・劣情を催す・エロい……といったものがあるだろう。

 僕はこのキャラクターにこれといった興味がないので、特に思うことはない。むしろ、FF13-2にこういった性的な要素を持ち込むことに驚くくらいだ。しかし、よくよく考えてみれば、元々セラの衣装はそんな感じだった気がしないでもない。

 ともあれ、ゲームを実際に遊んでみると、このセラというキャラクターが気味悪く感じて仕方がなかった。特に声が耐えられず、耳の奥に鉄パイプを突っ込んで掻きむしりたくなるほどであった。だが、声優の方が下手なわけでもないし(むしろ、人気アニメ『けいおん!』に出ているような方だ)、容姿も気持ち悪いといったら失礼どころの話ではない。それなのになぜか?

 これを単なる僕の勘違いだと処理しても良かったのだが、意見を漁っているうちに腑に落ちる話を読むことができた。

やはり先人が既に指摘していたのであった

 その話とは、「9bit confusion」のゲーモクさんがかつてFF10-2に対して書いた話である。引用元はWeb Archiveのキャッシュ(URL)から。下線部や強調は僕によるものである。

2003.04.09 21:51

仕事でやってる某大作RPG10-2のプレイ時間が、ついに100時間を超えた。RPGマニアならそのくらいやって普通なのかもしれないが、RPG 嫌いでファンタジー嫌いで大作嫌いな俺が大作ファンタジーRPGを3時間以上プレイするなんて異常事態だ。仕事とはいえよくやるよ。

で、作業の間中ずーっと考えていたんだが、どうも俺はこの大作RPG10-2にうそ寒いものを感じてしまう。なぜそう思う? 何がそう思わせる原因だ?

やっぱりシナリオの安直さだろう、と以前は思っていたのだが、今はそれも少し違うんじゃないかって気がしている。だいたいシナリオが安直じゃない自称シナリオ重視RPGなんて見たことねーよ(偏見)。このゲームだけに感じる独特の寒さには、きっと別の原因があるに違いない。

そこでふと思い至ったのが表情だ。全般的に登場人物たちが無表情だから白けてしまうのかもしれない。いや、表情だけじゃない。よくよく考えてみると、このゲームの各要素がそれぞれ寒さを醸し出している。だってこのゲームって、リアルな8頭身ポリゴンキャラが、珍奇なファッションで、リアルな動きをしながら、無表情で、コミカルな役柄を演じようとしているわけだろ? どれ一つとして調和してねえ。このちぐはぐさが寒さの原因なのかもしれない。頭身の低いキャラが珍奇なファッションでデフォルメされた動きをしながら表情豊かにコミカルな役柄を演じるか、頭身の高いキャラが常識範囲内のファッションでリアルな動きをしながらギャグにならない程度の表情でシリアスな役柄を演じるか……んー、でもそうしたら10で作ったものの続編にならないか。そもそも 10-2って時点で無理があるんだから仕方ないのかもしれないな。


 これを読んで非常に腑に落ちた。FF13-2のキャラクターは気味が悪いわけではないし、声にだって問題があるはずがない。現実味がないというか、より正確に言えば、ファンタジーの中でさえちぐはぐなのだ。

ff13-2_03_01.jpg
都合の悪い時のスクリーンショット

 さて、もう一度考えなおしてみよう。本作の主人公であるセラはどういう人物か?
  • モデルのような体型で
  • 表情は固く
  • 不可思議な衣装を着ており
  • 教師という立場でありつつ
  • すごいアニメ声
 なるほど、これは不気味に感じてもおかしくはないだろう。それぞれの要素が問題なのではなく、噛み合っていないのだ。ましてやこのゲーム、表情や動きがだいぶ固く、等身が高いキャラの割に人間味がかなり少ないのだ。

 こんなちぐはぐなキャラが、世界を救う旅に出るだなんて嘘みたいな話だろう。しかも、体型がモデルなのに声が『けいおん!』。こんな平穏の象徴としか言いようがないヤツに世界を任せたくなるか!? これが違和感の正体ではないか。

ff13-2_03_02.jpg
まだノエルのほうが素直に受け入れられる

 一方、もうひとりの主人公であるノエルに対してはこれといった嫌悪感は抱かなかった。だが、やはりこのキャラもかなりうさんくさい。
  • モデルのような体型で
  • 表情は固く
  • 滅んだ世界の住人であるにも関わらず
  • 髪型も衣装もばっちり
 これまた奇妙である。ノエルのほうは声に大きな違和感がなかったのは喜ばしいのだが、こいつは世界最後の生き残りのくせに、髪型はバッチリだし衣装もボロボロではない。なんなのだこれは。

このあたりは既にファイナルファンタジーのジレンマなのかもしれず

 とはいえ、これが何も考えられずに作られたキャラクターなはずがない。おそらく、かわいらしさや格好の良さを第一にし、それ以外を無視する形で作られたのだろう。そもそもセラは、前作において救われる側だったため、戦闘向きでないキャラで完全に正しい。ノエルのほうは……、いくら世界最後の人間とはいえ、格好はよくなければまずかったのだろう。

 しかし、このちぐはぐな世界に馴染めないことは否定しようがない。そして、格好の良さに全振りしていることも間違いなく、これを好む人がいることは理解できる。また、中高生あたりにはこれが最高にかわいらしく・格好良く目に映るのだろう……か? このあたりは実際に聞いてみないとなんとも言えないか。

 仮にFF13-2のシナリオがとてもよくたって、こんなちぐはぐな連中が主人公では素直に感動できないではないか。逆に言えば、違和感さえ強くなければそれなりでも楽しめるし、更に換言すると、このキャラクターたちが好みならば現状の物語でも最高ということになるわけである。

 とはいえ、FFファンも高齢化が進んでいっているわけで、もう少し幅広く対応できるキャラにならないものか。しかし、このFF13-2はFF13の続編なわけで、要求するのは無茶な話なのだろう。だいたい、10-2の時点で同じ話をしている方がいらしたわけで、そこからあえて続けているとなると、変化を求めるほうがおかしいのである。と、引用元と同じような結論で茶を濁すことにする。

○ ファイナルファンタジーXIII - 2 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1284.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 02 物語編

FF13-2のあらすじ

 『ファイナルファンタジーXIII - 2』(以下、FF13-2)の簡単な紹介を済ませておこう。今回は物語編だ。当然のことながら、内容にはネタバレを含む。

 FF13-2の物語は無論前作からの続きである。仲間たちと一緒に世界を、そして妹であるセラを救ったライトニングであったが、いつの間にかその姿は消えていた。そして、世界の人々は、彼女が犠牲になって世界を救ったと思い込んでいるのであった。

 しかし、妹のセラだけは、ライトニングは生き残っていたはずだと考えていた。彼女の頭の中ではおぼろげながらライトニングの笑顔が脳裏に浮かぶものの、その行方はわからなかった。

ff13-2_02_01.jpgff13-2_02_02.jpg
時のない世界でずっと戦っているふたり

 さて、そんなライトニングは、ヴァルハラという時から切り離された世界にいたのであった。そこで歴史を狂わせようとする黒い騎士、カイアスと戦い続けている。なんでも世界を救ったあの日、混沌に飲まれてこの世界に飛ばされてしまったそうだ。

ff13-2_02_03.jpgff13-2_02_04.jpg
そして今回の主人公のふたり

 だが、ライトニングがひとりで戦っていてもカイアスには勝てないのであった。なんでも現代にもいるカイアスを攻めなければ、ヤツは死なないというのだ。そのため、ライトニングはヴァルハラに来たノエルをセラの元へ送り、ふたりでカイアスを止めるよう頼むのであった。

 セラは姉に会うために、ノエルは人類が滅んでしまった未来を変えるため、お供のモーグリと共に時を超えた旅をはじめる。改変されてしまった歴史を元に戻し、世界を平和に導くために。

前作キャラも当然のように歴史の改変をする

ff13-2_02_05.jpgff13-2_02_06.jpg
前作の続きではあるが、前作をやっていなくても大丈夫だろう

 以上がFF13-2のあらすじとなっている。相変わらず勧善懲悪のファンタジーで、敵も歴史を改変しようとしているが、「自分たちは正しいからセーフ」という正義を振り回す話になっている。ただし、前作よりはよくわからない用語が減っており、話がわかりやすくなっているか。

ff13-2_02_07.jpg
パラドクスを解消していくことに

 ノエルとセラは各時代を移動し、様々な場所で様々な人の協力を得て、歴史の歪み“パラドクス”を消していくことになる。時空の歪みはモンスターの形として現れたり、世界の奇妙な変化として現れるだろう。

ff13-2_02_08.jpg
登場人物はあまり多くない

 冒険の最中には、それぞれの場所でさまざまな人物……に出会うつもりだったのだろうが、正直なところあまりこれといった登場人物は出てこない。当たり前だが、歴史を何百年も移動するので、それに対応できるのはごく一部になってしまうのだ。また、時間の違う同じ場所を何度も行き来する設定のせいか、同じマップが多く(しかも前作のマップがいくつもあるため)スケールは却って小さく見えることも。

ff13-2_02_09.jpgff13-2_02_10.jpg
前作キャラも一応は登場する

 そして、物語の最中には前作のキャラも登場する。彼らは彼らなりに世界の異変を直そうと活躍しており、一緒に行動できずとも世界を救う仲間なのだろう。とはいえ、やはり登場するのは一時的なものである。

何が足りないって尺が足りない

 さて、こんな物語ではあるものの、今回は前作に比べるとやや問題が多く見られるように感じられた。方向性自体はほとんど変化していないし、前作と同じく中高生向けのオサレ・ファンタジーである。『時が視える』なんてことをカギ括弧付けで言ってしまうのも相変わらずだろう。

 本作で問題が見られるのは、例えば序盤の導入である。いきなり未来からやって来たノエルは、セラと一緒に旅に出ようと声をかけるわけだが……。通常あれば、ここで疑り深くなるのが普通の人間である。が、彼女は割とあっさり信じてついていってしまうのであった。

 このあたり、例えばノエルがライトニングの私物なり合言葉を渡すようなシーンがあれば、話に説得力が出るのだが、セラは大して疑わずに(一応は疑うシーンはあるのだが、実に軽いものだけで)ついていってしまうのである。これでは頭の軽いバカに見えてしまうではないか。いや、実際にそうならいいのだが。

ff13-2_02_11.jpg
実はヒロインの立場にいるユール

 また、今回は「時詠みの巫女」という未来を見る少女のユールが登場する。彼女はノエルの大切な人物であり、同時に敵でもあるカイアスの行動目的のひとつでもある。

 そんなユールは、物語の中盤(AF400年)あたりに死んでしまうことがある。これを見たノエルは当然のように悲しむわけだが、その時点ではまだプレイヤーがノエルとユールの関係をよく知らないため、あまり衝撃的に映らなかったりしてしまう。また、彼女が死ぬのは主人公たちが歴史を改変したせいらしいのだが、その因果関係がきちんと説明されないためになんとも言えない雰囲気が漂う。

ff13-2_02_12.jpg
物語を追っていて疑問符が浮かぶ場面も

 そして、カイアスの行動原理やら、歴史を改変することによって世界がどう変化するかの説明が足りていなかったりもする。また、途中で裏切り者が登場するのだが、なぜ裏切るのかの理由付けが物語だけでは表現されていなかったりと、どうもきちんと話をすべて書ききれなかったような部分が目につくのだ。

 とはいえ、これらはほとんどが些事である。尺が足りなかったと思わせられる決定的な場面は、やはり次の一点に集約されるだろう。

ff13-2_02_13.jpg
あからさまな尻切れトンボ

 それは、ラスボスを倒しても物語が途中で終わり、「To Be Continued...」と出てしまうということ。僕にはこれが、尺の足りなさを物語っているようにしか見えなかった。

ついでに足りないのは通っている筋か?

ff13-2_02_14.jpgff13-2_02_15.jpg
パラドクスといってもあまり凝っているわけではない

 しかし、一応はパラドクスエンディングやシークレットエンディングというマルチエンドのようなものが用意されている。歴史の変え方によっては世界が色々変化するということのようだ。

 ……が、どれもオマケ程度であり、ものによっては設定に破綻が生じたりもする。このマルチエンドも選択性を増やそうとした結果なのだろうが、やはり一本道のメインストーリー以外は重要視されていないという証左にしかなっていない。

 また、時に関する話にも綻びが見られる。例えば、一度はスノウと合流するセラたちなのだが、そのステージをクリアすると別れなければならない。その理由として「ゲートは各人で別々の道になっている」というものがあるのだが、とあるパラドクスエンディングではスノウとセラが普通に時間移動をしていたりと、よくわからないことになっている。

 他にも、歴史はひとつに収束するという話なのにパラドクスエンディングが存在していたり、あるいは歴史を変えた過去は消えるはずなのにあまりその描写がなかったり……と、このあたりは説明が足りていないだけなのかもしれないが、物語を見ただけでプレイヤーが問題なく理解することはできず、事足りているということはないだろう。

 そんなわけで物語にも問題を抱えているわけだが、それでも個々のシーンを見てみれば悪くないものなのである。きちんと雰囲気は出ており、エンディングを見て泣いたと言う人がいてもなんらおかしくないのだ。

 だが、当然のように僕はあまり楽しめなかった。その理由は今までこの妙なストーリーのせいだと思っていたのだが、どうもキャラクターのほうに問題があるように思えてきたのだ。

○ ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 03 キャラがうさんくさい編
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1283.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 01 システム編

FF13-2は選択肢を増やすことに専念したようだ

 『ファイナルファンタジーXIII - 2』(以下、FF13-2)の簡単な紹介を済ませておこう。今回はシステム編だ。当然のことながら、内容にはネタバレを含む。

 FF13-2のシステムが前作からどのように変化したかと言えば、メインストーリーは一本道でありながらも、プレイヤーに選択させることを重視したような形になっている。前作はとにかくメインストーリーを追うだけで、後半になるまでほとんど寄り道をすることがなかったため、それを手直ししたと言えばいいだろうか。

ff13-2_01_01.jpgff13-2_01_02.jpg
主人公のふたり

 FF13-2の主人公は、前作FF13の主人公であるライトニングの妹、セラ。そして、未来からやってきた人類最後の生き残りであるノエルである。このふたりが時を超えた冒険を繰り広げていくのだ。

ff13-2_01_03.jpg
基本は前作と同じ

 基本的なシステムは前作に準じており、敵と戦っていきながらライトニングを追うストーリーを読み進めていく。フィールド画面も前作と同じくシンボルエンカウントで、それぞれの地域を歩いて目的地を目指していくという単純なものだ。

ff13-2_01_04.jpgff13-2_01_05.jpg
選択肢は色々と増えたように見える

 ただし、前述のようにFF13-2はプレイヤーに選択をさせようという試みが用意されている。前作で一本道だと非難されたせいかもしれない。

 作中には「ライブトリガー」と呼ばれる選択肢が登場し、物語の展開を変えるようで変えなかったりする。また、今回は最序盤から、街人のサブクエストを受注することができ、単なる一本道だけではなくなった(ような気にさせる)。

ff13-2_01_06.jpg
FaceBookにプレイ状況を報告することも可能

 そして、主人公のふたりは時を超えて冒険を繰り広げるため、ヒストリアクロスと呼ばれる歴史の地図を冒険することになる。そのため、何度も同じマップを行き来することができる上に、“ゲートを閉じて”その歴史をやり直すことが可能というわけだ。無論、メインストーリーの寄り道も用意されている。

戦闘・サブイベントも充実

ff13-2_01_07.jpg
これまた基本は前作と同じ

 また、戦闘においても選択の幅を増やそうとした形跡が見て取れる。基本は前作と同じで、事前にロール(キャラの役割で、攻撃や補助や回復など)を設定しておき、それを戦闘中に変えて敵と戦うというものである。これはプレイヤーが役割変更をするだけのものだが、敵の様子を見てきちんと対応しなければならない。要は、司令塔の役割を担うと言えばいいだろうか。

ff13-2_01_08.jpg
みんな大好きQTE

 そして、今回はシネマティックアクションと呼ばれるシステムが新しく採用されている。これはボス戦闘でムービーが流れる際、指定されたボタンを押して戦うというものだ。いわゆる「QTE」というやつである。戦闘に挟まれる香の物といったところだ。

ff13-2_01_09.jpgff13-2_01_10.jpg
こだわればその分強くなるので、育てるのにハマる人もいるだろう

 何より一番大きな追加点は、3人目の仲間として、モンスターの育成やカスタマイズができるようになったことであろう。仲間にできる敵モンスターはかなりの数に及び、選ぶだけで一苦労。成長のさせ方もこだわりはじめるとキリがないというくらいだ。

 とはいえこの仲間モンスター、問題も抱えているのだ。選択できるということは、強さにばらつきがあるということ。それは戦闘のバランス調整が前作のように綿密にうまくいっていないということだ。ボスがやたらと弱く感じてしまったり、あるいは強く感じてしまう瞬間が生まれてしまうだろう。

ff13-2_01_11.jpgff13-2_01_12.jpg
どちらも割と単純なものだ

 サブイベントも豊富であり、カジノではチョコボレースやらスロットがプレイできることが可能となっている。まさかXbox360で、RPGのオマケとしてスロットをやることになるとは思わなかった。

ff13-2_01_13.jpg
時計のパズルが一番難しいか

 また、前作にはほとんどなかったミニゲームも色々と追加されている。タイムラビリンスでは時空の歪みを修正するため、三種類のパズルゲームに挑戦することになる。時の歪みとは、かばんの中で絡まったイヤホンのようなものなのだ。たぶん。

とはいえ、やはり根幹は前作と同じ

ff13-2_01_14.jpgff13-2_01_15.jpg
世界の種類もさまざまだ

 こうして様々なタイムトラベルしつつ、冒険を繰り広げていくのがFF13-2となっている。だが、根幹は前作と同じと言うべきだろう。

 まず、ライブトリガーという選択肢が出るようになったが、これはほとんど物語の展開に意味を成さない。せいぜいもらえるアイテムが変化する程度で、物語の展開が変わるということはほとんどないのだ。

 また、サブクエストや寄り道で選択する要素は増えたものの、これはあくまでオマケである。前作でも後半にサブクエストが存在していたが、それと似たようなものが序盤からできるようになっただけと言える。

 そんなわけで、FF13-2もまた一本道のストーリーをメインとして冒険を繰り広げる作品だ。目的を追い、敵と戦い、報酬としてムービーシーンを見る……。まさしく前作と同じであろう。もっとも、寄り道ができるようになり、モンスター育成などで楽しめる幅が増えたことは確かなのだが。

 続いては、そのメインである物語の部分を紹介しよう。

○ ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 02 物語編
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1282.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファイナルファンタジーXIII - 2』購入

ビッグタイトルの続編をとりあえず購入するも、テンションは上がらず

 2012年2月24日に『ファイナルファンタジーXIII - 2』を購入したのだが、記事を書いている現在(2012年3月3日)には、もうすべてクリアし終わり、実績も埋め終えていたのであった。

ff13-2_pack.jpg
これまた大層な値下がりをしていた

 本作は『ファイナルファンタジーXIII』(FF13)の続編。前作で世界を救ったライトニングがなぜか消えてしまい、妹のセラが未来人ノエルと共に彼女の後を追うというのがあらすじである。

 前作であるFF13はプレイ記録を書いたので、本作でも記録を書こう……、としたのだが、あまりにも面倒に感じてしまい、いちいち書く気力が湧かなかった。そんなわけで今回は、簡単なまとめ記事をいくつか用意して、レビューを書こうと考えている。

暇つぶしにはもってこいの作品ではあった

ff13-2_00_01.jpg
一応は記録用にスクリーンショットを数千枚撮ったのだが

 もともと僕はファイナルファンタジーの熱心なファンというわけでもなく、しかもFF13を遊んで最高に楽しかったと思ったわけでもない。ましてや、記録は書くのにかなりの手間と気力が必要で、リターンもほぼない。つまるところ、記録を書くほどに喜んで遊べないというわけだ。

 今回のFF13-2も、例のごとくリアリティのない(現実的ではないという意味ではなく、ファンタジー内ですらあまり筋の通っていないという)世界だし、物語の内容も前作と似たような形である。システムも変化はしているものの、根幹は何も変化していないとすら言ってもいいくらいだろう。

ff13-2_00_02.jpg
作業も面白くはないが暇すぎるということもなく

 とはいえ、実績を埋めるまでの暇つぶしとしてはなかなか悪くなかった。劇的に面白いと感じることはなくとも、さすがビッグタイトルだけあって出来は見事なもので、不快に感じさせる部分は多くなかった。クリア後のやりこみ要素は厄介なものが多かったが、さすがに攻略情報が揃っていたので大して苦にならず。

 あまり長々と話しても仕方がないので、あとはシステム編・物語編・うさんくさい編と3つで作品の説明をし、その後のレビューに譲ることにしよう。

○ ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 01 システム編
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1281.html

このエントリーをはてなブックマークに追加