Portal2 20 DLC 「Peer Review」

DLCの舞台は10万年後!?

 協力テストを受けさせられていたP-bodyとAtlasだったが、ついに隠された人間を発見して目的は達せられた。……と思っていた矢先、追加のテストが来たのだ。つまるところ、DLCで更にテストを解くことができるというわけである。

portal2_20_01.jpg
1.37GのDLCがタダで遊べるだなんて

 そんなわけで今回で挑戦するのは、DLCである「Peer Review」だ。なんとこのコンテンツは無料であり、実に太っ腹なのなんの。ちなみにこのコース名は、「アートセラピー」というらしい。なんだそれは?

 そんなわけで早速テストを始めたものの、いきなりGLaDOSから不穏なことを言われる。なんとわれわれがいない間に10万年も経っており、しかもあの人間たちはみんなテストを解いたうえに、連中はGLaDOSにこのテストを披露したほうがいいと言ったそうだ。

 そう、テストは今や芸術的娯楽になり、誰でも気軽に楽しめるようになった……らしいのである。あんな危険なものが? 一歩間違えれば酸に突っ込んで死ぬものを? そんなバカな。

portal2_20_02.jpg
DLCのテストはすべて刷新されているので文句なし

 ともあれ、テストを受けてみるしかないだろう。最初のテストもといアートの作品名は「タレット」とのこと。「私たち機械が自らの意思を持っているのに、苦痛を覚えながらごく単純な指示に従って行動している様子を表現してみた」そうであり、なんだか意味深ではあるもののいつものテストである。

portal2_20_03.jpg
あやうくテスト外で死ぬところだったぞ

 その次に行こうとすると、なんだかいきなりクラッシャーが降ってきた。なんでもこれは、次のテストの作品である「激しい衝撃」の一部だそうで、荒削りながら衝撃は出したとかなんとか……。

portal2_20_04.jpg
テスト自体は難解ながら面白い

 とはいえ、テスト内容はあまり題に関係がないというか、ふつうに真っ当な感じではある。もっとも、危険であることには変わりないのだが。

portal2_20_05.jpg
確かに危険を覚悟でやるテストではあるが……

 更なるテストは題こそないものの、「わざとらしい安全性への配慮に制約された場合、発見が不可能である事実を表明している」という説明がついており、もう何がなんだか。危険だからこそわかりやすいということだろうか?

portal2_20_06.jpg
ジェルの複合要素もたくさん出てくるようになった

 確かに、このテストが危険であることは間違いなく、酸に突っ込んで死ぬことが多い。するとGLaDOSは、さまざまな皮肉を言い出すのだ。

「作品に対して偏った解釈を抱く鑑賞者ほど嫌悪するものはありません。ですがあなた方がその偏見を持ったまま酸の中へ真っすぐに突っ込んでいく様子は実に美しいものでした」


 ……かなりひどく貶されている気がするがこれはまだかわいいほうで、もう一度死ねば、「死をモチーフに作っていたことを理解していただけたようですね」と言い出し、次に失敗すれば、酸だまりに込められたメッセージが「辛辣」だの、テーマを「失敗」に変えたほうが適切かもなど、いやいっそテーマ自体を「サバイバル」に訂正するなどというのだ。

 まったく、10万年が経過しても減らず口を叩く能は変化していないのだな。このテストと皮肉しか生産しないマシーンめ。おっと、死体もたくさん作っていたな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Portal2 19 本当に「科学は救われました」?

最後のテストにはまさかそんなサプライズが?

 協力プレイによる協力テストもいよいよ最後までたどり着いた。はたしてGLaDOSの企みはいったいなんだというのだろうか。

portal2_19_01.jpg
これで本当に最後だ

 こうして最後となったテストは「移動促進ジェル」である。はたしてどれだけ難しいテストが、そしてどれだけ難解な結末が待ち受けているというのか。

portal2_19_02.jpg
芋と落ちた記憶が蘇る

 今回のテストはなんだか様相が違っており、移動方法も異質だ。今までは解体して移動させられていたのに、今回は古臭い装置で穴に落とされるのだ。おそらく、ジェルを使うということからも察せられるが、地下にある過去のアパチャーサイエンスの施設を使ったテストなのだろう。

portal2_19_03.jpg
まさか被験者はまだまだいたのか!?

 更に、最終コースには、人間の収容部屋にたどり着き、彼らを脱出させるという目的まであるのだ! まさかそんなはずは……、と思ってしまうが、いやしかし、本当に英雄になれるというのだろうか。

 もちろん、これはGLaDOSの嘘かもしれない。だが、そんな嘘をついてどうするというのだろうか。今までセキュリティを破ったり電源を確保させていたことを考えると、どうもこれは……。彼女も「人間の被験体なしには、やはり科学とは言えません」と言っていたことだし、そのまさかなのかもしれない。

portal2_19_04.jpg
ジェル+協力でテストの幅が広がりまくり

 ともあれ、それを知るにはテストを進めなければならない。今回は、これまた本編にも出てきたジェルを使って先へと進んでいく。青いジェルは大ジャンプができ、オレンジのジェルはダッシュができるようになるので、その特性をうまく生かさねばなるまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Portal2 18 「輸送ファンネル」がサイエンス協力ポイントを削る

輸送ファンネルでテストの向こう側へ

 協力プレイにおける協力テストもそろそろ慣れてきた。3つ目の「ハードライトブリッジ」もクリアしたわけで、そろそろ悩みに悩むテストが出てくることだろうか。

portal2_18_01.jpg
いよいよテストも4つ目

 続いてのテストは「輸送ファンネル」である。

portal2_18_02.jpg
これさえあれば空中でも上にでも行ける

 この青い筒のようなものがそのファンネルなるもので、中に入れば先へと進むことができるのは本編でも出てきたとおり。

portal2_18_03.jpg
殺すことばかり考えているテストだ

 そして、落ちるとものすごい勢いで破壊されそうなのも、言うまでもなく。ミンチにされるのはまだ優しいほうで、底の見えない奈落まであるのだからやってられないだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Portal2 17 慎重に歩むべきは「ハードライトブリッジ」

今度のテストは足場が悪い

portal2_17_01.jpg
相手のコアを奪ってしまういたずらジェスチャー

 GLaDOSの無茶すぎる協力テストを受けさせられているふたりは、彼女を煽るためにジェスチャーをしまくってやる。鬱憤を晴らせるのはこんな時くらいのものだ。

portal2_17_02.jpg
テストもようやく3つめ

 しかし、そんなことをしてもまだまだテストは続く。続いてはハードライトブリッジ、本編でも出てきた青い橋を使ったテストへ挑むことになる。

portal2_17_03.jpg
この青いブリッジをうまく使って先へと進む

 なんでもこれは、かつて人間が作ったものの、「危険すぎる」という理由で使われなかったテストらしい。まったく、こちらはロボットだからいいものの、そんなものを使って当然のように言い出すGLaDOSは相変わらずどうかしている。

 確かにこのテストは足場が悪く、橋から落ちてしまえばすぐに即死となる。だが、即死が怖いだけで難易度的には割といけるようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Portal2 16 「質量と速度」で相棒を痛めつける

第二のテストは「質量と速度」

 協力テスト(協力プレイ)を受けさせられているP-bodyとAtlasは、GLaDOSの人の心がない皮肉を浴びせられつつも、なんらかのディスクを回収して「チーム作り」をクリアした。次に待っているのも、テストと皮肉なのだろう……。

portal2_16_01.jpg
つまり大ジャンプするということだ

 続いてのテストは「質量と速度」のようだ。となると、ここからは体を張ったパズルになりそうである。

portal2_16_02.jpgportal2_16_03.jpg
まさしく「質量と速度」のパズル

 ポータルは飛び込んだ時の勢いが保存されるため、それで大幅に移動距離が稼げる。よって、それを利用したテストになるわけだ。しかしこれをすると勢いがよすぎて壁にぶつかるわけで、ロボットなのに表情豊かなこいつらはそれまた痛そうに激突するのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む