Hybrid 10 戦いは終わった

レベル上げがようやく終わった

Hybrid_10_01.jpg
ようやくトップドッグを解除

 さて、久々の『Hybrid』記録であるが、実はずいぶん前からほとんどプレイしていなかったのである。というのも、更に一週間もらえた経験値ブーストを利用して、さっさとエリートランク5のレベル50にしてしまったからだ。

Hybrid_10_02.jpg
多少の差はあるものの基本的に接戦だった

 ここに来るまで80時間ほどかかり、ゲームにもそろそろ飽きてきた。マッチングが遅いのは仕方ないにしても、プレイヤー総数が少ない(本作は2万本程度売れたようだ)ので高レベルプレイヤーが少なく、一方的な試合展開になりがちで、しかも耐えられないほどラグがひどい部屋ばかりなので飽きがきた。プレイヤーマッチもないので、ここらが去りどころだろう。

 あとは自軍が勝利すれば全実績解除である。ヴァリアント側には経験値ブーストがついているので、なんとか勝てると思うが……。

ようやくこのゲームともおさらばだ

Hybrid_10_03.jpg
99対100と接戦になっているが、ヴァリアント側はかなり早い段階で100に達していたはず

 こうして長い間待ち続けると、ようやくヴァリアントが勝利してくれたのであった。今まではパラディンにやられっぱなしであったが、やっと勝てた。しかし、最後までどういう理屈で勝ったのかがわからなかった。

Hybrid_10_04.jpg
最後の実績解除が本当に待たされた

 ともあれ、これで『Hybrid』の実績も全解除したわけだ。少なくとも満足するくらいには遊べたので、細かいことはもういいだろう。

 なお、本作のレビューは既に記してあるので、興味がある方は参照されたし。

○ カジュアルだが、それでも戦うことに一途すぎる対戦TPS 『Hybrid』 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1431.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hybrid 09 もう一週間のプレゼント

不幸なニュースが転がり込んできまくる

Hybrid_09_01.jpg
圧倒的に負けるヴァリアント

 『Hybrid』におけるダークマターの奪い合いはもはや形骸化しており、2シーズン目もパラディンの圧勝であった。なぜか知らないが、ランキング上位者はパラディンばかりなのだ。不利チームには初心者が入りやすいような措置があるので、有利チームにいると初心者を狩りやすいのだろうか?

Hybrid_09_02.jpg
1シーズンだけでもいいから勝ちたいが、先行きは不安

 結果は100対71というかなり惨めなものになった。もはやパラディンが勝つ道理しかなく、ヴァリアントはひたすらに負け続けるだけか。はっきりいって、公式のテコ入れがなければまずかろう。

Hybrid_09_03.jpg
経験値ブーストはかなり助かったが、ゴールまではたどり着かず

 更に、個人的にも悪いニュースが飛び込む。アイテム課金の力によりレベル上げに勤しんでいたものの、エリートステータス4までしか到達できなかったのだ。残り時間があと2日というところでここに到達するも、あいにく残りの日は都合が悪かったのである。となれば時間切れになり、あとは仕方なく泣きながら経験値を稼ぐだけなのか……。

驚きの贈り物は一週間だった

Hybrid_09_04.jpg
残りXPブーストが伸びまくってて目をうたがう

 そんな落ち込み気味でログインしてみたところ、なんと残りのXPブーストが増えているではないか! はじめはなんらかのバグかと思っていたのだが、どうも同じ状況に陥っている人が多く、これは意図的な操作らしい。

Hybrid_09_05.jpg
特にクレジットを追加していないのにこの残り時間

 どうもこれは公式のヴァリアント支援のようだ。いやまったく、実に的確で素早い措置だ。おかげでヴァリアント側が有利にもなりつつあるのはいいが、それにしても課金アイテムをバラまくとは太っ腹である。裏切らないで本当によかった。

Hybrid_09_06.jpg
最終ランクは緑色の紋章になるようだ

 このおかげで経験値ブースト時間に余裕を残したまま、エリートステータス5へと到達できた。あとはレベル50まで行けば実績解除だ。ついでにヴァリアントとして勝利することができれば全実績解除なので、ここは一気に決めたいところ。

○ Hybrid 10 戦いは終わった
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1439.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hybrid 08 ついに課金に手を出した……

追加で240MSPをお支払い

 『Hybrid』も経験値稼ぎゲームとしての様相を示しつつある昨今、いかがお過ごしだろうか。このゲーム、実績の中にものすごい経験値を稼がなければ達成できないものがあり、僕はこれがつらく感じ始めた。そしてそれを待ちわびたかのように、ゲームのほうが「アイテム課金がありますよ!」とアピールし始める……。

Hybrid_08b_01.jpg
ほかにも3日間ブーストも存在している

 そう、本作はクレジットなるもので武器やアビリティのアンロックができるほか、経験値が50%ブーストされるというものもあるのだ。これさえあれば、実績解除もいくらか楽になる。

Hybrid_08b_02.jpg
まとめ買いしたほうが得だが、1400クレジットも使わないだろう

 しかしこのクレジットがくせもので、100・600・1400単位でしか買えないのだ。よほどうまく使わねばまず端数の出る仕様なので、電子マネーとしての不便さばかりが目立つ。

Hybrid_08b_03.jpg
7日と3時間で死ぬほど稼ぐはめに

 結局、100クレジットを3つ(80MSP×3)購入し、7日間ブーストをつけることにした。しかしこれ、リアルタイムで残り時間が減っていくタイプなので、ここ一週間は地獄のようにプレイせねばならないのではないか。なんてことだ。

さすがに経験値ブーストの威力は素晴らしい

Hybrid_08b_04.jpg
地平線で相手をボコボコにしたので美味しい

 しかし、さすがにアイテム課金の力は強い。経験値稼ぎがうまくいくと、なんと12000XPも入る場合だってあるのだ。買ってよかった経験値ブースト。

Hybrid_08b_05.jpg
まだまだ経験値稼ぎは序盤

 おかげであっさりエリートステータスの第二段階に到達することができた。とはいえ、まだまだ折り返し地点にすら到達していないのだ。

Hybrid_08b_06.jpg
序盤は必要経験値が少ないので、ブーストのおかげですっとばせる

 とりあえず、残り4日と22時間といったところで2段階目のレベル36までは行けるのであった。はたして一週間で、実績の条件であるエリートステータス5段階目のレベル55に到達できるだろうか。

○ Hybrid 09 もう一週間のプレゼント
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1436.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hybrid 07 アビリティ博覧会

強化は武器との組み合わせが重要だ

 今回は『Hybrid』のアビリティを見ていこう。これらはどれかひとつしか装備できないものの、メインウェポンとの組み合わせで可能性がかなり広がってくる。

Hybrid_07_01a.jpg
無限の弾薬

 まずは、アビリティを発動してから一定時間だけ弾をバカスカ撃ちまくれる無限の弾薬。これはそのままの効果であり、効果時間は10秒程度である。

 基本的には、S21 二連式といった装弾数の少ない武器と併せて使うことになるだろう。リロードの隙が大きい武器と相性がいいものの、威力があがったりするわけではないことに気をつけたい。

Hybrid_07_02a.jpg
サイホン

 サイホンは発動させてから敵に攻撃すると、与えたダメージを自分のライフとして吸い取れるというもの。ドローンに対しても有効だ。

 これはサブマシンガンかアサルトライフルにつけたいところだが、今ひとつ使い勝手が悪い。というのも、「相手からダメージを受けつつ撃つ」という状況はカバー越しの撃ち合いであるものの、相手がショットガンである場合は、吸い取る前にやられてしまうのだ。もっとも、相手の武器によっては使えなくもないが。

Hybrid_07_03a.jpg
ハイインパクト ラウンド

 続いては、攻撃力を増加させるハイインパクト ラウンド。これは攻撃力の低い武器で使いたいところだが、ショットガンと併せるとオーバーキルになりがちなので今ひとつ。軽マシンガン、アサルトライフル、もしくはサブマシンガン用だろう。

Hybrid_07_04a.jpg
ヴェノム

 そして、どうも影が薄いのがヴェノムである。これは持続的なダメージを与えるというものだが、対象がひとりで削り方も軽め。おそらく、これをつけるならほかを使うという人ばかりだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Hybrid 06 武器博覧会・下

ルールや味方の状況を考えて使いたいスナイパーライフル

 今回は、前回から始まった僕の武器に対する私見を書く「武器博覧会」の続きである。さっそく見ていこう。

 とにかくこの手のシューターで忘れてはならないのがスナイパーライフル。『Hybrid』は高速で動くゲームになりがちだが、特定のルールでは使いやすいのがスナイパーライフルだ。

Hybrid_06_01.jpg
Nx12モデル SAS

 セミオートのスナイパーライフルがNx12モデル SASである。これは威力がそこそこなので、できれば頭を狙う技術を持った人が使いたい(もしくは仲間に削ってもらって当てたい)ところ。

 チームデスマッチであまり役立つことはないが、爆弾を設置する戦術ルールや、オーバーロードでは活躍の機会があることだろう。ただし、仲間との連携が大事な装備なので、野良では使いにくいかも。

Hybrid_06_02.jpg
LRW .802コンパクト

 LRW .802コンパクトはボルトアクションで高威力のスナイパーだ。これは覗いている最中に威力がチャージされ、最大限になったところで敵に当てると、胴体に当たっても即死する(相手が防御を上げていなければだが)。

 これもチームデスマッチでは向いていないが、他ルールでは威力を発揮することだろう。が、覗いている時間が長いので、Nx12モデル SAS以上に味方との連携が取りづらいかも。

Hybrid_06_03.jpg
M9Rバーストスナイパー

 そして、スナイパーなのにアサルトのような性質を持っているのがM9Rバーストスナイパーだ。これは威力が恐ろしく低いが、装弾数が30もあって、しかも弾が敵に誘導するらしい。

 考え方としては「スコープ付きアサルトライフル」がいいのだろう。また、バーストなのでカバー越しに撃ってもそこそこ戦えなくもないのも魅力である。AIM力に自信がない人でも使えるスナイパーという意味で、なかなか面白いヤツだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む