セインツロウ ザ・サード 03 セインツは正義のヒーローか、それとも下品なギャングか?

セインツは正義のヒーローだった

saint3_03_01.jpg
車に轢かれまくり保険金をムシる「保険金詐欺」

 いよいよ終盤に突入した『セインツロウ ザ・サード』だが、その前にマップ中にあるアクティビティ(ミニゲーム)を消化していくことになった。

 これらはどれも冗談めかしている(虎と一緒にドライブしたり、むやみに街を破壊しまくる)のだが、それで笑うより退屈さが勝って仕方がない。同じミニゲームを何度もプレイすることになるし、そもそも物語と無関係すぎて無意味なオマケに見える。特に、冗談の要素もないうえに無駄に長い「ヘリアサルト」は苦痛すぎた。

saint3_03_02.jpg
民間人が支持するとは思えない乱暴な軍人のおふたり

 さておき、しばらくのお勤めを終えてようやく物語の進展である。今までは3つのマフィアと戦っていたが、それらを潰すに従って軍隊までもが顔を出してきた。これではどう考えてもマフィアがやられる展開ではないか。

 と思いきや、なんとこの軍隊も「街の平穏を守るために、犠牲は厭わない」などというマフィア真っ青な連中なのであった。本作はてっきり傍若無人なマフィアの物語だと思っていたのだが、どうやらセインツが一番マシらしい。

saint3_03_03.jpg
この台詞自体はボスのものではないが、ほとんどこの意見と同調している

 更に、宇宙映画を撮るDLCではボスが一段とまともであり、映画のために人殺しをする監督を懲らしめる展開になるのだ。自分は「歩道が広いではないか」と言わんばかりに、運転中は人を轢き殺しまくるというのに……。

 どうも想像とかけ離れていて驚いたが、実はセインツは正義のヒーロー扱いらしく、終盤の展開では『I Need a Hero』が冗談めかしてかかったりもする。裏で麻薬を売ったり人身売買もしてるであろう組織なのに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

セインツロウ ザ・サード 02 ボスはお使い上手

シンジケートの親玉をあっさりと倒す

saint3_02_01.jpg
端正な顔立ちに似合わぬ字幕だが、マフィアのボスなのでこんなものだ

 『セインツロウ ザ・サード』にも少しずつ慣れ、中盤に到達した。今回はシンジケートの親玉であるローレンを始末することになったのだが、まさかそんなに早く倒せるわけがないだろう。

saint3_02_02.jpg
存在感のなさすぎるボスだったローレン

 とりあえず、一行はヤツのいるであろうビルに爆弾を持って乗り込んだのだが、ローレンはうまく逃げ出してしまった。しかしボスはそれを強引に追いかけ、そのついでに彼は事故死してしまった(らしい)。

 ……なんというあっさりとした終わりなのか。もっとこう、汚すぎる手を使うものだと思ったが(おまけに爆弾は使わなくても良かったりする)、ギャングらしさがないというか……。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

セインツロウ ザ・サード 01 ギャングのノリが掴めない

まずはキャラクリエイトで足止め

saint3_01_01.jpg
オープニングでどういうゲームかよくわかる

 さっそく『セインツロウ ザ・サード』を遊びはじめたところ、いきなりどこかで見たことのある形式でオープニングである。無論、音楽もなんだか壮大なアレであり、つまるところ「スター・ウォーズ」のパロディというわけだ。最初からふざけっぷりを見せてくれる。

 さておき、この状態で物語が語られる。セインツというギャング集団は非常に有名になったものの、盛者必衰のことわり、シンジケートなどの団体に追いやられ、かつての栄光を失ってしまったそうだ。

saint3_01_02.jpg
デフォキャラはやはり今ひとつボスらしくないというか

 そんなわけで、セインツのボスが栄光を取り戻す努力をするのである。よって、導入を終えたあとはボスの作成(キャラクリエイト)になるわけだが、これがなかなか難航させられた。

 この手のクリエイティブな要素は本当に苦手なので、男をいじってみればやっつけのブサイク野郎になり、女をいじってみればどこか芋臭くなり……。

saint3_01_03.jpg
これはゲーム内でどう動くのか気になりすぎる……

 もはや奇抜なキャラでごまかそうとしたが、本作は公式HPからキャラクターをダウンロードできるのであった。その中にはもはや人に見えない存在もたくさんいたが、美人もたくさんいたので、それをいただいて少しいじってみることにした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

『セインツロウ ザ・サード』 購入

唐突に思い出してクライム・アクションに手を出す

Saintrow3_pack.jpg
『Saints Row: The Third』パッケージ

 Xbox360で遊ぶゲームがないなァといろいろ探していたところ、『セインツロウ ザ・サード』の完全版が出ていることを思い出した。この作品、廉価版が出たあとすぐに別の販売会社から完全版が出たことしか覚えていなかったが、面白そうではあったのだ。

 本作は「Saints Row」シリーズの三作目で、ギャングが主役のオープンワールド・クライム・アクションである。GTAシリーズとは違い、バカで下品な路線に一直線なのが特徴のようである。

 今回は詳細なプレイ記録をつけるわけではないが(物語や設定が地続きらしいので不明点が多いと思われるため)、少しは遊んでいる経過を書いておこうと考えている。さて、どれだけ傍若無人なギャングとして振る舞えるのやら。クソ野郎の脳天に銃弾をぶち込んで、その穴にディルドでも突っ込んでやりたい気分だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加