スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケモン映画『破壊の繭とディアンシー』は、とにかくディアンシーがKAWAII

いい歳こいて観に行ったポケモン映画で思わぬ結果

pokemon_diancie_01.jpg
 2014年のポケモン映画『破壊の繭とディアンシー』を見に行った。以前は夏休み明けに観に行くなどと言った気もするが、暇が生まれてしまったのでつい公開初日に行ってしまったのである。

 ところで僕はポケモン映画をほとんど見ておらず、アニメのほうも最近たまに見ているという程度だ。よって、映画の特典である「ディアンシー」というポケモンをもらいに行ったようなもので、映画がつまらなければ途中で席を立つつもりだった。しかし思いのほか面白く、最後まできちんと見られたのである。

 ……だいぶ失礼なことを書いているが、ポケモンのアニメは幼いころに見ていても割と退屈だったし、先日にテレビでやっていた過去映画作もあまり褒めたくならないものだった。ところが意外と良かったわけだから、結果としては喜ばしい話なのだろう。

pokemon_diancie_02.jpg

 さて、映画の主役は幻のポケモン「ディアンシー」である。ダイヤモンド鉱国のお姫様であり、国を救うために伝説のポケモン「ゼルネアス」を探す旅に出ている。そして道中でサトシたちに出会い、冒険をしつつ楽しいことを体験したり過酷な場面を乗り越え、国を救うというわけだ。

 基本的にアニメのポケモンはサトシという人間が主役なわけだが、やはり今回の映画の主役はディアンシーのほうであろう。とはいえ、人間の面々にもそれぞれで目立つ場が用意はされており、サトシはディアンシーを助ける騎士のような役割で、女主人公のセレナはディアンシーの女友達としての役割が与えられている。

pokemon_diancie_03.jpg

 ところで映画がどう面白かったという話だが、とりあえずディアンシーが愛らしいと言うのが最適だろう。上記写真のプログラム内の画像を見てもわかるが、とにかく楽しんだり泣いたりするディアンシーの愛嬌が強調されているし、舌足らずな声もそれを更に際立てている。

pokemon_diancie_04.jpg

 一応は、伝説のポケモンである「イベルタル」が暴れるシーンもきちんとあるし、同じく伝説のポケモンである「ゼルネアス」が命を助ける感動シーンもあるにはあるのだが、そのあたりにはあまり期待しないほうがいいはずだ。キャラが多く掘り下げが浅いこともあり、このあたりは付属品という感じである。

 しかし本作、“世間知らずで思わず手を差し伸べたくなるようなお姫様が、必死に目標をやり遂げる”という冒険譚として見れば、なかなか良いものだ。とにかく、ディアンシーを見ていると微笑ましいのである。

pokemon_diancie_05.jpg

 ましてや映画を見てディアンシーというキャラを知れば、ゲームのほうで貰えるディアンシーにも愛着が湧くわけで、相乗効果もあるわけだ。よって、映画を「ディアンシーを貰いに行く付属品」として見ていた僕にとっても、これがなかなか悪くない内容だったのである。

 なお、同時上映の短編『ピカチュウ、これなんのカギ?』のほうは特にコメントしないというかできないというか。ポップコーンを食べる時間にはちょうどよかったとだけ言っておこう。

 1,400円でダークライとディアンシーを買ったはずだったのに、おまけでそこそこ面白い映画が観られるなんて。嬉しい話である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ポケモン映画の前売り券で課金して、君もバトルで圧勝しよう! 『ポケットモンスター X・Y』 11

強いポケモンを金で買うのは最高だ

 夏休みシーズンになると、たいていポケモン映画の最新作が公開されるものらしい。今年は『破壊の繭とディアンシー』というものが公開されるらしく、僕も前売り券を買った。

 ……しかし、映画を見たくて前売り券を買ったわけではない。確かに『ポケットモンスター X・Y』で久々にポケモンを遊んで楽しかったが、最近は割と熱が冷めているし、アニメのほうはほとんど見ていない。ではなぜ買ったのかといえば、これが理由だ。


 そう、映画の前売り券を買うと、通常では手に入れられない幻のポケモンが入手できるのである。しかも今回貰える(あるいは買える)「ダークライ」というポケモンはかなりぶっ飛んだ性能を持っており、同時上映のほのぼの作品に無理やり出てきてプレゼント対象となっているのが違和感バリバリである。

 包み隠さずに言ってしまうと、これはチケットを売るためのひとつの方法なわけだ。そんなわけで僕もこれにまんまと乗ってしまった。一応、映画のほうは夏休み明けに行こうかとは思っているが、実質的に金でポケモンを買ったようなものである。

相手が油断していればダークホールは強い

pokemonXY_11_02.jpg

 とはいえ、ダークライというポケモンは通常のネット対戦では使うことができない。しかし、ダークライの技「ダークホール」をドーブルというポケモンに覚えさせることができるため、これでダブルバトルに挑戦してみたわけだ。

 ……正確に言うと、ダークホールをダブルバトルで使いたいがために映画チケットを買った。僕はフレンド同士のマルチバトルしかしたことがなかったので、「ダブルバトルでこれを使ったら……」という思いに取り憑かれていたのだ。

 結果はといえば、「イエーイ! ポケモン映画課金サイコー!」というような具合である。とりあえずダークホールを撃っておけば勝てる! お前ら僕の持ってない伝説ポケモンを見せびらかすように使いやがって、ムカつくからダークホールでボロボロにしてやるッ!!

pokemonXY_11_03.jpg

 いかにもアイテム課金で虚構の勝利を得ている惨めな人だが、時にはダークホールなしで勝ったりもするので許して欲しい。というよりは、ランダム対戦でレートの低い人(≒対戦に不慣れな人)と当たっているので、ほとんどの相手がダークホールへの対抗策を用意していないのだ。

 実際のところ、僕のパーティーにはだいぶ穴があるし、そもそもダークホールは外れる可能性もあるのでそれで一気に負けてもおかしくないのだ。今のところは運良くダークホールが当たっているし、相手が相手なのでなんとか無双できているというだけである。

pokemonXY_11_04.jpg

 このダブルバトルは公式大会のルールにもなっているように、なかなか奥が深いものになっている。パーティーごとに得意な作戦を組み、それをいかに通すかが肝となっており、思っていた以上に面白い。僕がダークホールで連勝を続けて上位陣に入れるとは思えないが、まァせっかく映画課金したので、しばしこの勝利を味わっておこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

実は『ポケモンアートアカデミー』の学生になっていた

ポケモンの絵を描くおじさん

Pokemon-AA-nm_01.jpg
『ポケモンアートアカデミー』タイトル画面

 このところニンテンドー3DSの『ポケモンアートアカデミー』をすっかり堪能していた。これはポケモンの絵の描き方を一から教えてくれるソフトで、どちらかというとエデュテインメントだとかに近い作品に思える。要は、楽しみながらポケモンの描き方を習えるわけだ。

Pokemon-AA-nm_02.jpg
命がけで敵に突っ込んで爆散する幻のポケモン「ビクティニ」

 僕は絵などロクに描いたことがなく、せいぜい義務教育で習ったくらいのものだ。そんなわけで初めは交通事故に遭ったイノシシのような物体を描いていたのだが、アートアカデミーのおかげでいくらかマシになったのである。その話についてはインサイドに掲載させてもらったので、よければ見てほしい。

○ 【実践レポート】3DS『ポケモンアートアカデミー』に入校すれば、絵がド下手なゲームライターも描けるようになるのか?
http://www.inside-games.jp/article/2014/07/02/78270.html

 アートアカデミーの良いところを簡単にまとめると、まずはものすごく簡単なところから楽しみつつ教えてくれるというところがひとつ。そして、ひとつずつ出る指示のとおりにやるだけで、それなりの絵が描けるようになる部分もありがたい。

Pokemon-AA-nm_03.jpg
やや困った表情をしているポケモン「ヤヤコマ」

 こうしていくつか描いた絵を載せているが、無論うまくいかない部分もあれどそこそこ見れるようになっているのが嬉しいし、そもそもこれまでは何をどう描いたらいいのかさっぱりというレベルだったのだ。それから考えれば、大きな変化だろう。

タブンネのケツを揉みしだきたい

Pokemon-AA-nm_04.jpg
タブンネのおさんぽ

 さて、とりあえずアートアカデミーは卒業できたので、ときどきレッスンの復習をしつつ自分の好きな絵を描くようにして遊んでいる。ちなみに僕は「タブンネ」というポケモンが好きなので、そればかりを描いている。

Pokemon-AA-nm_05.jpg
タブンネはポフレの夢を見るか。……見るに決まってるじゃん!

 しかしこのタブンネ、ピンキーでマスコット的な容姿からわかるように、おそらくは女児向けにデザインされたポケモンである。それを僕のような人間が描くとはいったい……、と思うことは思うのだが、楽しいのだから仕方がない。むしろ、『マイリトルポニー』の玩具を集めているおっさんと勝負するような気持ちでいきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

メガ進化を読まれないのが強い「リザードン」のメガ進化が読まれるパーティー 『ポケットモンスター X・Y』 10

メガリザYがバレバレすぎた

 最近は、ポケモン関連の記事が少なくなっている。飽きが進行しているというのもあるが、それよりもほかのゲームを遊んでいるのが大きいか。一応、その合間に育成や対戦はちょびちょび遊んでいる。

pokemonXY_10_01.jpg

 さて、ここ最近しばらく使っていたパーティーは、上記のように「リザードン」(バトルボックス左上)を主軸に据えたものである。この組み合わせはかなりバランスが悪く、入れ替えがかなり多いうえに選出も偏りまくりだった。

pokemonXY_10_02.jpg

 初代ポケモンから人気があるため、かなり優遇されているこのトカゲ・ポケモンのリザードン、なんと最新作でもかなり優遇されている。最近のポケモンはメガ進化なるものができるのだが、通常は一種類しかないメガ進化がこいつだけは二種類もあるのだ。

pokemonXY_10_03.jpg

 今回のパーティーでは、「メガリザードンY」のほうを採用した。というより、コロコロ・コミックを購入するとゲーム内では手に入らない種類のリザードンが使えるようになるので、せっかくなのでそれを使ってみたというわけだ。

 このメガリザードンYは火力が素晴らしいうえ、「メガリザードンX」になる可能性も含んでいるため、相手を困惑させることができる。しかし、パーティーの組み方が悪いのか、あるいは「ワイはXや!」というニックネームが悪いのか、メガリザードンYになるのがバレバレだった気がする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説の鳥ポケモン「サンダー」が暴れまわるパーティー 『ポケットモンスター X・Y』 09

今回は初代からお馴染みのポケモンが中心

pokemonXY_09_01.jpg

 先週のマルチ対戦に使用したパーティーは、なんだか予想以上に強面の集まりになってしまった。タイプ相性を考えると、色合いが偏ったり牧歌的な印象がなくなったりと、なかなかうまくいかないものだ。

 なお、「トゲキッス」(バトルボックス右下)の枠は「シャンデラ」だったり「ファイアロー」だったりしたのだが、まったく選出できなかったので入れ替えることになった。そのため、戦闘面のバランスもよくなかったということなのだが……。

pokemonXY_09_02.jpg

 さておき、今回のメインは「サンダー」(バトルボックス左上)である。初代から登場している伝説の鳥ポケモンだが、僕としては電気タイプなのに電気が弱点だというくらいしか記憶がなかった。しかし、年月を経てそれも変わっているらしいうえ、「ポケモンX・Y」でも捕獲できたので使ってみたというわけだ。

pokemonXY_09_03.jpg

 このサンダー、さすがに伝説のポケモンということもあって能力は高い。ただしアタッカーとして運用すると技の種類に難点があり、電気タイプの技が通りにくいとつらいか。

 そのため、強い相手にはとことん強いが、そうでない場合はあっという間にやられたり出番がなかったりという結果だった。これは次のポケモンが出れば解決しそうな話なのだが。

pokemonXY_09_04.jpg

 そんなサンダーを助けるポケモンが、唯一のアイドルと言えるシャワーズ(ただし♂)である。サンダーは「スイクン」という伝説のポケモンと相性がいいらしいが、うちにはそんなものはいないため彼が代理として起用されたというわけだ。

 このシャワーズは安定した成果を残すポケモンであるのだが、逆にほかの面子が出過ぎたり出なさ過ぎたりで困った。そもそもパーティーの中心であるサンダーが扱いにくいため、そうなるのもやむなし……か? いずれにせよ、なんらかのテコ入れが欲しいところ。

 なお、戦績は18戦12勝6敗(勝率66%)とそれなりだが、特に参考にならないのは言うまでもなく。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。