スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダークソウルIII』をひとまずクリア ─ ソロ向けゲームをマルチでクリアした気分やいかに

のんびり遊んでようやくクリア

DarkSouls3_01_01.jpg
でかすぎるドラゴンと記念撮影

 Xbox One版の『ダークソウルIII』をクリアした。本シリーズをはじめて遊ぶので感想でも書こうと思ったが、言えることは「このゲームはひとりで遊ぶように設計されている」ということである。

 今になってなんの話かと思うだろうが、僕は本作をほとんどマルチプレイで遊んでおり、その結果ひとりで遊ぶゲームなのだと理解したということだ。いや、当然ながらマルチならではの良さもあるといえばあるのだが……。

DarkSouls3_01_02.jpg
羽根が生えたデブと死闘を繰り広げる

 本作のバトルシステムは1対1を想定しているのか、いかに相手の攻撃を退け自分の一撃を当てるかという部分が大事なのである。そのため雑魚敵でも複数相手に戦うとやられやすく、そういう状況では常に自分の優位を取る方法を考えるのが重要というわけだ。

 しかし、自分以外の仲間がいるマルチプレイはその原則を無視できる。特に問題なのはボス戦だろう。

DarkSouls3_01_03.jpg
マルチプレイでボスをタコ殴り

 誰かがボスからあえて狙われ、そうでない仲間がボスをタコ殴りにし、ボスの狙いが移り変わったらまた狙われていない人がボスを殴り……ということをすれば、どのボスであろうと大抵は簡単に倒せるのだ。

 しかもマルチプレイはバグが発生することがあり、うまく同期が取れず敵がほとんど動かないということすらありうる。つまるところ、“何度もやられてパターンを覚え、相手のわずかな隙に攻撃を叩き込む”という本作の醍醐味が台無しなのだ。

DarkSouls3_01_04.jpg
宙に浮く血だまりを見ながら爽やかな散歩

 よって、『ダークソウルIII』の魅力をきちんと理解できたとは言いがたい。フレンドと一緒に遊ぶのは楽しいのだが、どうしても大味な3Dアクションになってしまうというか……。

 まァ、そもそもマルチプレイはメインというわけではないので仕方ないだろう。闇霊(敵対プレイヤー)が道中に登場するというシステムもあるのだが、これも面倒なケースが多い。闇霊は不利なため道中にいる雑魚を利用して相手を倒そうとするわけだが、こちらもそれにわざわざ釣られるわけがなく、つまり長い間にらみ合いになるのだ。

 フレンドと遊ぶ貴重な時間を闇霊とのにらみ合いに使うのはイラつくため、その点に関してはXbox One版でよかったのかもしれない(PS4版は国内プレイヤーが多いので闇霊も多いようだ)。いずれにせよ、『ダークソウルIII』はクリアできたがよくわかっておらず、フレンドと一緒に遊べて楽しかったという結論になる。友達とはいいものだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

死にまくるダークファンタジーのシリーズに初挑戦 『ダークソウルIII』購入

珍しく人気シリーズに途中参戦

DarkSouls3_00_01.jpg
『ダークソウルIII』起動画面

 Xbox One版の『ダークソウルIII』を購入した。本作はフロム・ソフトウェアが開発する『ダークソウル』シリーズ3作品目となっており、ダークファンタジーの世界を冒険するアクションRPGである。

 はじめはコアなプレイヤーから人気を得ていたシリーズだったが、今ではすっかり有名タイトルという感じだ。僕は今までまったく接点がなく興味もなかったというか、3Dアクションは適正が欠けているので、面白いとは思っても大して好きになれないであろうと考えていたのである。

DarkSouls3_00_02.jpg
雑魚敵の攻撃をローリングで緊急回避

 そんなわけで発売日前日くらいまでは買うつもりがなかったものの、友人から一緒に遊ぼうと誘われれば話は別である。最大4人のマルチプレイが存在するそうなので、それを目当てに遊んでいる(のだが、なぜかうまくマッチングできなくて困っている)。

試行錯誤するゲームシステムについて

DarkSouls3_00_03.jpg
最初に遭遇するボス「灰の審判者、グンダ」

 さて、どんなゲームなのか一応は書いておこう。本作はシームレスなマップを探索し、ボスを倒すことを目的として剣戟バトルを繰り広げていくという内容だ。なんだかシリーズでいろいろ進歩しているらしいのだが、結局のところステージクリア形式に近いようである。

DarkSouls3_00_05.jpg
何やら妙に強そうな雑魚敵に殺された場面

 バトルは一戦一戦がかなり重く、慣れた雑魚戦でも下手を打てばすぐに殺されてしまうほど。特にはじめて見る敵と戦う時や、複数にかこまれた時は死を覚悟するべきだ。

 とにかく死にまくるため何度も挑み、腕を鍛えて敵を倒す喜びを味わえということなのだろう。つまり現代風にした『ロックマン』といったところか? いや、3Dアクションの歴史を見ていくとマヌケなたとえなのかもしれないが、何度も挑戦してパターンを覚えて……という基礎の部分は昔のゲームと変わらない気がする。

DarkSouls3_00_04.jpg
レベルアップのステータス画面

 とはいえさすがに現代のゲームだけあって、ソウル(経験値や金のようなもの)による成長要素が用意されている。ソウルは敵を倒すことで溜まっていくが、死ぬと落としてしまう(落としたものを回収する前に死ぬと消える)ため、死への恐怖感を確保しているということのようだ。

 今まで遊んだことのないゲームだったがそれなりに楽しめている気がする。最初のボスで数回やられて面倒になったのは今やいい思い出だ。しかし早いところマルチプレイが遊びたいものよ。

 なお、本作に関してはプレイ記録などをつけるつもりはない。もしクリアできたら報告を書くかもしれないが、さてどうなることやら。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ねえお母さん、このおとぎ話の教訓とかテーマってなんなの?」 ─ 『チャイルド オブ ライト』

少女が主人公の薄味PRG

ChildofLight_01.jpg
『チャイルド オブ ライト』タイトル画面

 Xbox One版の『チャイルド オブ ライト』をクリアした。本作はUbisoft Montrealが手がけるRPGで、少女「オーロラ」がおとぎ話のような幻想的な世界を冒険するといった内容になっている。


 無料配信でもらった本作(配信日自体は2014年9月4日で、他機種版は同年5月1日から出ている)だが、序盤はタダの割にだいぶ楽しめていた。しかし進めていくたび、はたしてこのゲームは一体何が主題なのだろうか……? と思い悩むようになっていったのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

魔王までのたった100Mが広大な冒険となるゲーム『100メートル戦争』を見逃すな! 制作は『メゾン・ド・魔王』のあの人

ひさびさに『プロジェクト スパーク』を起動する

ProSpa_01.jpg
『プロジェクト スパーク』起動画面

 Xbox OneやPCで遊べる“ゲームを創るゲーム”『Project Spark』(『プロジェクト スパーク』)を楽しんでいるだろうか? 僕はゲームを創る世界に入り込めなかった経験から、すっかり離れていた。

○ Xbox One『Project Spark』なら、アクション・STG・パズル・ADVなども作れて夢は広がるばかり!
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1833.html

 しかしこのたび、『メゾン・ド・魔王』を制作した「プチデポット」の開発担当“しごと”さんがなんと『プロジェクト スパーク』で作品を配信したというではないか! さっそく、HDDから消えた本作を呼び戻し、期待の新作『Bone』を遊んでみた。

100mS_01.jpg
骨が「Hmm...」だとか「Hi」などと喋るゲーム『Bone』

 簡潔にゲームの感想を述べると、「しごとさん、何かとても疲れているのかな……」と心配するような内容であった。いや、骨を動かして敵をすべて倒すゲームとしては破綻していないし、敵を骨の背中(?)に乗せて利用するというシステムも理解できる。しかしなぜ骨……?

 きっと、何かすごくつらいことがあったのだろう。僕はそれだけを理解し、次のゲームへと向かった。そう、しごとさんはもうひとつ別のゲームを公開しているのだ。

成長要素の強いRPG&シミュレーションの合わせ技が面白い『100メートル戦争』

100mS_02.jpg
『100メートル戦争』

 さて、その以前に配信されたゲームがこの『100メートル戦争』である。説明文にあるとおり、魔王までのたった100メートルで、主人公を鍛えてあげるというゲームとなっている。

100mS_03.jpg
はじめはマスコットキャラ「キモリリス」たちをなぎ倒してレベルあげ

 主人公は勝手に先へ進むうえ、戦闘も完全にオートだ。プレイヤーができるのは、クリスタルのようなものを使ってモンスターを出してあげることだけ。また、主人公が死にそうな時、もしくは魔王に勝てないと判断した場合は引き返すこともできる。

100mS_04.jpg
『無双』シリーズもびっくりな敵の数も出せる

 基本的には主人公を鍛えるRPGのようなゲームなのだが、システムはシミュレーションのような不思議な感覚を持ち合わせている。敵をたくさん出せば効率良く稼げるものの出しすぎれば負けてしまうし、単調に稼ぐだけでなく時には特定の敵から出るレアドロップを狙い装備も上位を目指していく……という作品なのだ。

 また、馴染みある皮肉めいたテキストや、奇妙なキャラクター設定も健在である。「Z界」なるモンスターを召喚するとたまに仲間が出てくるのだが、キャベツを投げて戦う農民なんかが出てきて笑える。

100mS_05.jpg
頼れる稼ぎ役モンスター「お父さん」

 終盤のレベル上げにやや時間がかかったものの、それ以外は十分に熱中できる小振りな良いゲームだ。僕としては『プロジェクト スパーク』ではじめて楽しいと思える作品となった。

 RPGではプレイヤーキャラを自分で操作するものだが、この作品ではあえてその部分を全自動にしている。逆に敵とのエンカウント部分を操作することにより、面倒なレベル上げ作業を全自動化しつつ、「キャラクターを強化する計画」を練る楽しさをうまく掴めているのだろう。

 『メゾン・ド・魔王』もシステム自体は強烈に目新しいわけではなかったが、ほかのゲームにあるような面白さをうまく再解釈していた。この『100メートル戦争』にも似たようなものを感じることができ、さすがしごとさんなのだと感心させられた。

 まァその一方で、骨が跳ねるアクションゲームなどを作ってしまう茶目っ気があるのもしごとさんの一面なのだが。

※追記
プチデポットのしごとさんが、これらゲームにたどり着くための方法を説明している。プレイしてみたい方は下記の公式ブログを参照されたし。

○ スパーキング!: プチデポット
http://globule.sblo.jp/article/105657512.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

Xbox One『Project Spark』なら、アクション・STG・パズル・ADVなども作れて夢は広がるばかり!

しかし、僕には夢がなかった

ProSpa_01.jpg
『プロジェクト スパーク』起動画面

 Xbox Oneで『Project Spark』(以下『プロジェクト スパーク』)が配信されていたので触ってみた。本作は「ゲーム制作ゲーム」であり、さまざまなジャンルのゲームが作れる夢溢れる作品なのだ。

 ……しかし同時に、ものを作るのにも適正が必要なのだなと打ちのめされる作品でもある。まァ、どんなゲームであれ適正が必要なのは言うまでもないが、僕は特にこういう作品に関連したものが欠けている気がする。

 なお、『プロジェクト スパーク』はDL版なら基本プレイ無料である。使用できるオブジェクトなどの課金要素はあるものの、それらをまとめたパッケージ版も販売されているので、買うならそちらのほうが良いかもしれない。

ProSpa_02.jpg
ユーザーメイドの横スクロール・シューティング

 とりあえず僕はゲームなど作りたくないので、ユーザーが制作したゲームを触ってみる。ジャンルは多岐にわたり、3Dアクションがふつうのようだが、2Dアクションなども豊富であり、『Halo』を題材にしたパロディTPS(三人称視点シューティング)や、果てにはパズル、ピンボール、シンセサイザーなどまでもがある。

ProSpa_03.jpg
「LINK」が主人公の3Dアクション・アドベンチャー

 とりあえず高評価なものから触ってみたが、どれも手短に作り上げられているという感じか。また、当然ながら英語圏での作品が多くなっており、テキストの多いアドベンチャーなどはつらいかもしれない。

ProSpa_05.jpg
ドット絵風キャラが戦うタワーディフェンス

 そして、これらのゲームが面白いかどうかと問われると、正直なところ面白くない。まともに動作しなかったりあからさまに制作途中なのは仕方ないが、完成品でも習作が多いのだ。また、本作の性質を無視したゲームも見受けられる。

 とりあえず、このゲームでさまざまなジャンルの作品が動いていてすごいという段階なのだろう。製品版となって人が流入し、既存作品を更にカスタマイズしてより品質を高めたり、亜流が出てくる未来があるのかもしれない。

ProSpa_07.jpg
「SASUKE」のような障害物回避アクション

 そしておそらく、『プロジェクト スパーク』はゲームを作るほうが楽しめるのだと思われる。何せゲームを作れるゲームというのだから、作ることを楽しむのが目的なのは疑うまでもなかろう。複数人での同時制作や、完成ゲームをマルチプレイで遊ぶこともできるらしいので、みんなでワイワイ騒ぎつつ遊べということか。

ProSpa_08.jpg
チュートリアルで作り方を丁寧に教えてくれるが、なかなか長い

 そう思いチュートリアルを遊んでみたのだが、ただ面倒な印象しか残らない。よくよく考えてみれば、ゲームを20年以上も遊んできたものの、ゲームを作りたいなどと考えたことは一度もないのであった。となれば、やる気など出ないに決まっている。

 夢が広がるであろう世界で、ひとりしぼんでいる自分がいる。さまざまな可能性があるということは、“可能性がないという可能性”もあるということなのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。