こういうのでいいんだよ、こういうので 『サイコブレイク』DLC第三弾『ザ・エクセキューショナー』

金庫マンになって虐殺を繰り広げよう

PsychoBreak_06_01.jpg
『ザ・エクセキューショナー』タイトル画面

 第一弾・第二弾を遊んで『サイコブレイク』のDLCにげんなりしつつあったが、2015年5月27日に配信された第三弾となる『ザ・エクセキューショナー』は違った。これはなかなか楽しめたのだ。

 『ザ・エクセキューショナー』の主人公は、本編ではボスとして登場する金庫頭の「ザ・キーパー」である。ジャンルとしては主観視点のアクション・ゲームとなっており、彼は娘を見つけ出すため、ハンマーを振り回し返り血を浴びまくるのだ。


 本編はサバイバル・ホラーという名の三人称視点アクション・シューティングだったが、こちらは単なるアクションに変化している。しかもホラー要素はほとんどないと言ってもよく、むしろグロテスクな暴力表現を伸ばしている感じである。

PsychoBreak_06_02.jpg
ダウン中のツェーンに必殺技を決めるシーン

 ゲームシステムとしては、ほぼステージ・クリア型の一本道である。雑魚を倒しながら本編に登場したボスたちの居場所を突き止め、連中を倒せばクリア。全6面構成になっており、それにおまけ・周回要素などがある形だ。

 また、金のシステムおよびショップが用意されており、ステータスの強化をしたりアイテムを購入することもできる。雑魚と戦って金を稼げるステージもあるので、難しければそこでじっくり鍛えろということだろう。

PsychoBreak_06_03.jpg
雑魚敵を壁へぶつけて気分爽快な場面

 やはり主人公が処刑人ということもあり、敵を気持ちよくぶち殺していくのが最大の長所だろう。敵は特定の状況でダウン状態となるため、その際にさまざまなシチュエーションの処刑をしてやることができる。

 本編はやたらと我慢させられた印象があるため(AKUMUのせいか?)、こうしてぶち殺すのはなかなか気分がよい。何より、これまでのゲームプレイとかなり違った感覚になっているのが大きいだろう。

PsychoBreak_06_04.jpg
サディストとチェーンソー・バトル

 DLC第一弾・第二弾はどうしても代わり映えしなかった。いろいろ新しい要素があるにはあるのだが、やはりゲームプレイの基礎が同じであり、更に本編との整合性を考えねばならないため縛りがあったのだろう。

 しかしこのDLC第三弾は逆で、番外編のような立ち位置だ。にも関わらず本編の割と大事な設定が明かされるようになるし、クリアすればその後の展開のようなものが見えてくる(本当にそれが展開されるかはともかく)。

PsychoBreak_06_05.jpg
クリア後にはランク表示もある

 これまで複数の作品のDLCを遊んできた経験をふまえると、やはり本編とは代わり映えする内容のほうが面白く感じられる気がする。僕がひとつの作品をじっくり遊ぶタイプなのもあるだろうが、似たような内容だと本編が少し増えたようにしか感じられないのだ。

 ともあれ、『サイコブレイク』のDLC第三弾『ザ・エクセキューショナー』はなかなか楽しめた。マップ・敵キャラクターの使い回し、そして最後の最後に出てくるおまけ要素の難易度などは気になるが、本編を薄く伸ばしたようなものよりは、圧倒的に面白い。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サイコブレイク』DLC第二弾『ザ・コンセクエンス』などやってられないわ!

わざわざ遊んだことを書く必要があったのか? というDLC

PsychoBreak_05_01.jpg
キッドマンと僕の気持ちが一体化した瞬間

 『サイコブレイク』のDLC(追加コンテンツ)第二弾『ザ・コンセクエンス』を遊んだのだが、キッドの言葉を借りて感想を言うと「こんな事やってられないわ!」となる。

 ちなみにこのDLC、配信されたのは2015年4月22日である。プレイしたのはその約一ヶ月後であり、なぜそんなに時間が空いてしまったのかといえば、それはすっかり忘れていたからだ。


 この作品は、DLC第一弾『ザ・アサインメント』の後編となる話だが、その第一弾がかなりつまらなかったため配信日を覚えていなかったわけである。今回も主人公は「ジュリ・キッドマン」で、本編で描かれなかった事件の裏側がわかるらしいが……。

PsychoBreak_05_02.jpg
謎の組織「ネメシス」の動きを知ることができる

 いや、一応はきちんと設定が明らかにされている。されてはいるのだが、本作は核心自体が薄ぼんやりと描かれているので、超明確な何かが明らかにされるわけではない。あくまで本編の背景設定が明らかになるというくらいだ。

PsychoBreak_05_04.jpg
セバスチャンたちが事件に巻き込まれた理由(?)も明らかに

 ゲームプレイ内容はDLC第一弾とあまり変わらず、「ステルスする」→「銃を手に入れる」→「逃げる(もしくはボス)」というパターンである。ケミカルライトやショットガンなど新しい要素は出ているのだが、結局は同じことなのでどうでもいい。これで1,000円(税別)か……。

PsychoBreak_05_05.jpg
(むしろそういうことするよね……)的な実績解除

 一応は存在する長所も書いておくと、本DLCはジョークがそこそこ笑えたりする。最後のほうで例の脳を破壊するとイベントが起こったり、2周目となる暗闇モードの電源スイッチを入れるシーンで変な声が入ったりと、そういうところは悪くなかったりするのだ。

 だがしかし、僕にとってはこのDLCの実績のみが目当てなのだ。ちなみにDLC第三弾『ザ・エクセキューショナー』も既に購入したが、果たしてまともに楽しめるかどうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サイコブレイク』DLC第一弾『ザ・アサインメント』を一言で表現すると……、面白くなる要素がない

見出しを書く気すら起きない面白くなさ

PsychoBreak_04_02.jpg
この顔にライトがついたバケモノがメインの敵らしい

 『サイコブレイク』のDLC(追加コンテンツ)第一弾『ザ・アサインメント』が2015年3月11日に配信された。一応は乗りかかった船なので(実績もあることだし)、プレイしてみたわけだが……。はっきり言うとたいへんに面白くなかったので、手短に話を済ませておこう。

 さて、このDLCは本編に登場する「ジュリ・キッドマン」が主役となっており、描かれなかった物語の裏側が描かれるらしいが、ロクに描かれるわけがないと思っていた。本DLCは前後篇になっているわけだが、少なくとも前篇では大した物語はなく。


 本編ではキッドマンが「メビウス」という謎の組織に所属しており、実は主人公のセバスチャンたちを裏切っているのでは……? という話になっていたのだが、そもそも本作はアクションとホラーのせめぎ合いによって物語が犠牲になっていたので、まともな話(設定)があるとは思えない。

PsychoBreak_04_01.jpg
いらないと言ってもいいステルス要素で敵を倒していく

 それはさておき、『ザ・アサインメント』はステルス要素がメインに据えられており、それが最高につまらない。もともと隠れて進む要素はオマケ的な立ち位置であるうえ、付け足された要素も「音を立てて敵を呼び寄せる」くらいのもの。ライトを当てると隠れたものが出てくる要素もあるが、これは必要なのかどうか。面白くなりようがないだろう。

 また、怖がらせる演出も本編と変化がなく、むしろ敵が出てくる前のほうが雰囲気がある。結局のところ敵と出会ってしまうと、相手のマヌケさや惨めさに失望するだけなのだ。

PsychoBreak_04_03.jpg
ジョセフとの戦闘が可能なのは数少ない長所

 よって、本編をダウングレードさせたゲームシステムに、まったく期待できないうえ特に何も描かれていない物語が用意されており、面白くない。別に壊滅的な出来というわけでもないのだが、ただとりあえず形になっているDLCという感じだ。

 後編となる『ザ・コンセクエンス』も買うつもりだが、既にやる気がゼロに近くなっているほど面白くなかった。残っているのは実績に対する執着心だけである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サイコブレイク』難易度AKUMUを無事にクリアし、全実績解除!

『サイコブレイク』完

PsychoBreak_03_01.jpg
『サイコブレイク』全実績解除

 『サイコブレイク』の実績をすべて解除することができた。最後に残っていたのは“最高難易度AKUMU”をクリアするというもので、これはどんな攻撃を食らっても即死するという、まさしく悪夢のような難易度である。

 アクション・ゲームの本質は失敗とそれを克服するための練習であり、その思想を反映した難易度である……、などと言えば聞こえはいいのだが、これはほとんどおまけ的な難易度だ。

PsychoBreak_03_02.jpg
やはりいらないとしか思えないこの戦闘場面

 というのも、難しいと言える場面は最序盤のチャプター2だったからである。この時は装備がまったく揃っておらず、敵への対抗手段が乏しい。そのために難しくなっており、対抗手段が豊富な後半はだいたいあっさり進むというのだからなんとも……。

 こんな状況なのであまりやる気が出ず、Xbox Oneの配信機能を使いつつ毎日少しずつ進めていった。他人から見てもらえば、まァ投げ出すことはないし、たまにコメントもいただけるので嬉しいのなんの。

PsychoBreak_03_03.jpg
AKUMUクリア時のリザルト

 ともあれ、見てもらったおかげできちんと『サイコブレイク』の難易度AKUMUをクリアすることができ、本作の実績は全解除となった。なんだかコメントしづらいゲームでもあったが、DLCでもない限りこれでお別れになるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サイコブレイク』収集品を集め、暴れ回り、急ぎ足で巡るニ・三周目が終了

高難易度実績は後回しに

PsychoBreak_02_01.jpg
収集品と消耗アイテム解放を組み合わせたまったく厄介な女神像

 『サイコブレイク』の二周目以降をクリアした。何度も本作が『バイオハザード』に近いと言っているが、クリア後のおまけもそれに近い。というのも、おまけ武器や装備を持ち越した周回プレイや、高難易度モードを楽しむのがクリア後の要素なのだ。

 とはいえ、昨今のゲームらしく面倒くさい収集品があったので先にそれを済ませる。いろいろ情報源はあるが、Youtubeあたりから収集品ウォークスルーを見て真似たほうが良いだろう。さもないと、無駄な時間を食われるハメになる。

PsychoBreak_02_02.jpg
手記や日誌で都合良くストーリーが読めるのもサバイバル・ホラーらしさ

 ところで、本作はクリアしても物語に謎が残る。そのため、収集品である手記などによってそれらが判明するという淡い期待を持っている人もいるかもしれないが、やはり集めても現状でわかる一部のことが明確になるくらいであった。

 よほどのファンなら考察したくなるかもしれないが、これは単に続編にも繋げられるうえ、ホラーとしてもアクションとしても取り回しやすい物語なのだろう。

PsychoBreak_02_03.jpg
気付かれないで欲しいシーンでも気づかれまくるのが楽しい二周目以降

 さて、とりあえず実績をある程度は取れたので、ひとまず本作は休止である。相当に危険だという高難易度実績が残ってはいるが、『サンセットオーバードライブ』が出るのだからこれをやっているわけにもいかず。

 最高に楽しいゲームというわけではなかったが、間は持ったか。もっとビビりたかったのだが、サバイバル・ホラーなので仕方ないのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加