『ポケモン サン・ムーン』なぜ「リーリエ」は最後に○○○○○○へ行くのか?

新キャラ「リーリエ」に関するおはなし

pokemonSM_Lilie01.jpg

※本稿は、『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場する「リーリエ」というキャラクターに関するコラムである。本作の物語に興味を持った方は読んでいただけると嬉しい。なお、この記事には、『ポケットモンスター サン・ムーン』におけるストーリーのネタバレが含まれているため、まだクリアまでプレイしていない方は読むべきではない。

主人公と「リーリエ」

pokemonSM_Lilie02.jpg

 『ポケットモンスター サン・ムーン』は、カントー地方から南国のアローラ地方にやってきた主人公が、ポケモンたちを集めて育てる冒険の旅に出るゲームである。主人公は4つの島を巡り、伝説のポケモンに関する大きな物語に関わりつつ成長していく。

 しかしながら本作には、忘れてはならない人物がいる。それは、金髪のロングヘアーと白い衣装が特徴的な少女「リーリエ」だ。彼女は“もうひとりの主人公”と言っても良いほどの活躍をしていくことになる。

pokemonSM_Lilie04.jpg

 リーリエは、何かと付け狙われる「ほしぐもちゃん」という不思議なポケモンを匿っている少女だ。しかし彼女はポケモントレーナーではないため、劇中では主人公に守られ同行する立場にある。

 旅を通じてリーリエは主人公と絆を深め、とある大きな事件をきっかけに、自ら主体的に冒険に挑戦するようになる。つまり、『ポケットモンスター サン・ムーン』は主人公の物語であると同時に、彼女が独り立ちする物語でもあるわけだ。

「リーリエ」というもうひとりの主人公

pokemonSM_Lilie05.jpg

 さて、そんなリーリエはエンディングでカントー地方へ旅立つ決意をする。せっかく主人公やその仲間たちと仲良くなったのに別れねばならず、ボーイ・ミーツ・ガールの終わりを迎えるといったところだろうか(いや、主人公が男とは限らないのだが)。

 ここでひとつ気になることがある。なぜリーリエはカントー地方へ行ったのか? もちろん答えは、終わりを迎えるためのシメが必要(ストーリー上の都合)であるからだ。しかし、なぜカントー地方なのか。それはカントー地方に行く意味があるからなのだが、単純にそれだけとは思えない。

pokemonSM_Lilie06.jpg

 ところで、アローラ地方が舞台の『ポケットモンスター サン・ムーン』は、『ポケットモンスター』シリーズが20周年を迎える年に出た作品だ。そして、初代となる『ポケットモンスター 赤・緑』の舞台はカントー地方である。そう、この相互関係に意味がないとは思えないのだ。

 主人公は、カントー地方から新たな土地へ進む存在だ。また、一切喋らないことからもプレイヤーの分身に近い。ひたすらに新地方を歩む姿は、新作の『ポケットモンスター』シリーズを遊び続けているプレイヤーそのものと言っても過言ではない。

pokemonSM_Lilie07.jpg

 一方でリーリエの行動は逆だ。違う次元から飛び出してくるウルトラビーストや、これまでに見られなかったリージョンフォームなどというポケモンがいるアローラ地方に住んでいたのに、逆に最初の『ポケットモンスター』シリーズの舞台となるカントー地方に行くのである。

 さて、主人公がプレイヤーそのものだとしたら、リーリエはいったいどういう立場を反映したキャラクターなのか? 僕は、彼女が“『ポケットモンスター』シリーズの決意”のようなものではないかと考えている。

少女の背中に映るものとは

pokemonSM_Lilie08.jpg

 バーチャルコンソールで配信されている『ポケットモンスター 赤・緑』をプレイした人も多いだろうが、初代はゲームボーイ時代のタイトルだけあって古臭いところが多い。この環境で育成・対戦をしろと言われても困ってしまうだろう。

 ただし、“さまざまなポケモンを集めて育てる”という基本的な部分はこのころからまったく変わっていない。いろいろと便利になり、ほかの要素も増え、ポケモンたちの総数も5倍以上になった。だが、ポケモンたちと旅をするという基礎はそのままなのだ。

pokemonSM_Lilie08.jpg

 リーリエ、つまり「新しい存在」が我々の目の前を去りカントー地方に行くということは、『ポケットモンスター』最新作が“オリジンを忘れない”と我々に伝えているかのように見えるのである。どれだけ新しくなり多くの要素が増えたとしても、カントー地方から始まった『ポケットモンスター』シリーズの根底は不変であるということを。

 『ポケットモンスター サン・ムーン』で出会った少女の背中に、この大きなシリーズの強い決意が重なって見えたのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ポケットモンスター サン・ムーン』に“20年目の挑戦”を感じる

20年目の『ポケモン』最新作が登場

Pokemon_SM_00_01.jpg

 2016年11月18日に発売されたニンテンドー3DSタイトル『ポケットモンスター サン・ムーン』を購入した。『ポケットモンスター』20周年記念タイトルとなる本作は、かなりの期待が集まっているだろう。

 かくいう僕も発売日から遊んではいたのだが、どうもきちんとした休みが取れず困っていた。具体的には、本作が面白くてついつい深夜までプレイしてしまい、しんどくて仕事とこのゲーム以外のことがなんにもできなかったのである。

Pokemon_SM_00_02.jpg

 さて、本作の舞台はハワイをモチーフにした「アローラ地方」である。太陽が眩しいこの地方では、これまで出現していたポケモンたちが異なった姿で登場する「リージョンフォーム」が存在したり、謎の存在である「ウルトラビースト」が出現したりと、いろいろな新要素が用意されているわけだ。

 主人公は4つの島を巡り、一人前のポケモントレーナーになるための冒険を繰り広げていく。……わけなのだが、20周年記念作品だからかいろいろと気合が入っているのも特徴である。

Pokemon_SM_00_04.jpg

 まず、本作はバトルの難易度がなかなか高めである。前作となる『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』は“ボタン連打でクリアできる”と揶揄されるほど低難易度だったが、今回はタイプ相性やパーティーの構成を考えないと負けるケースも多い。

 もちろん理不尽な高難易度ではないが、ひさびさに歯ごたえのあるゲームプレイになっていて何よりだ。多くの人が遊ぶゲームだけあって、ストーリー上のバトルが退屈なのは致し方ないと思っていただけに。

Pokemon_SM_00_05.jpg

 また、ストーリーのほうもなかなか楽しい。“ほしぐもちゃん”という名の不思議なポケモンを持つ「リーリエ」、謎の人工ポケモンを連れた「グラジオ」の存在など、キャラクターも物語を重視したデザインになっているようだ。話の筋も、テキトーに悪の組織を倒すだけではない。

 低難易度でわかりやすすぎる物語というのが多くの人に受け入れられるであろう作品、というのもわかるのだが、正直なところそれに退屈さを感じるのも事実である。今回はそういったものではなく喜ばしい限りだ。

Pokemon_SM_00_03.jpg

 ところで、僕が最初にパートナーとして選んだポケモンは「モクロー」なのだが、いきなり色違いが出てきて驚きを隠せなかった。ここまで特別感のある色違いも珍しいものよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『星のカービィ ロボボプラネット』は最高峰のカービィだ ── 昔の衝撃を忘れられれば

『星のカービィ』最新作を遊んだ

kirby_robobo_01.jpg

 2016年4月28日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『星のカービィ ロボボプラネット』をクリアした。相も変わらず『星のカービィ』シリーズは良いアクション・ゲームである。

 主人公である「カービィ」たちが暮らす星「ポップスター」は、いつもなんらかの災難に襲われるものの平和な場所である。今回は、「ハルトマンワークスカンパニー」なる企業が侵略を行い、世界がキカイ化してしまったのだ。

kirby_robobo_02.jpg
キカイ化されたポップスターを眺めるカービィ

 自然が多いはずのポップスターの周囲は幾何学的になり、星に住む生き物たちもキカイへと改造されてしまう。カービィは新たなコピー能力や「ロボボアーマー」を使いこなし、平和を取り戻しに向かうのであった。……というような物語となっている。

新要素「ロボボアーマー」が登場し、いろいろパワーアップ

kirby_robobo_04.jpg
どんな時でもマスコットキャラクターとしての風格があるカービィ

 『星のカービィ』シリーズは、比較的に簡単なアクション・ゲームとして知られる。難易度は低めだが、多彩なコピー能力を活かした戦い方をしたり、「ロボボアーマー」に乗り込んで暴れたりと、多くの層が気持ちよく遊べるであろう点が特徴だ。なお、おまけ要素としてはなかなか歯ごたえのあるものも用意されている。

kirby_robobo_04.jpg
ロボボアーマー搭乗シーン

 さて、本作における最大の魅力はやはりロボボアーマーであろう。2011年にWiiで発売された『星のカービィ Wii』には「スーパー能力」という要素、そして2014年にニンテンドー3DSで登場した『星のカービィ トリプルデラックス』では「ビッグバンすいこみ」という能力が存在していたのだが、ロボボアーマーはそれを更にうまくアクション・ゲームとして取り込んだものとなっている。

 「スーパー能力」も「ビッグバンすいこみ」も、演出重視の“一気に敵を倒すイベント”と呼ぶべきものであった。そのため、アクションというよりは見ているだけの感覚が強かったのである。一方ロボボアーマーは、それまでカービィで壊せなかった障害物を破壊できたり、ふつうのカービィでは入れない場所に行けたり、更にはコピー能力もカービィが使うものとは違うものに変化する。そして、それを自分の意思で自由に使いこなすことができるのだ。

kirby_robobo_09.jpg
ロボボアーマーでホイールをコピーしてあらゆるものをぶっちぎる

 敵をなぎ倒し、障害物を殴り飛ばし、お宝を手に入れて一気にゴールへ駆けてゆく……。ロボボアーマーという要素が、“プレイヤーが極端に有利でひたすら心地よく遊べるアクション”として非常に完成度が高くなっているのは、やはり過去作から積み重ねたものがあるからだろう。

kirby_robobo_03.jpg
新コピー能力「ドクター」でボスとのバトル

 また、その他の面も順調に進歩している。スクリーンショットでは伝わらないだろうが、ニンテンドー3DSの裸眼立体視要素も強化された。敵が奥から攻撃してくるケースも増え、シューティング面では積極的に奥行きを使った攻撃パターンが飛んでくるくらいだ。

kirby_robobo_08.jpg
あまりにも懐かしすぎる「アイスドラゴン」の再登場

 そして、過去シリーズ作品のオマージュもにくい。ロボボアーマーに貼れるステッカーには過去キャラがたくさんデザインされているし、懐かしいボスが登場したり、新たなBGMにはどこかで聴いたことのあるフレーズが入っていたり……。カービィのことを知っていればいるほど喜べる作りだ。

 これまでのシリーズの要素を突き詰めており、はじめて遊ぶ人はもちろん、過去の『星のカービィ』を追い続けてきた人も満足させるであろう作りとなっている。シリーズ最高峰の作品と言っても過言ではなかろう。

最高値と衝撃の大きさ

kirby_robobo_10.jpg
新キャラクターの「秘書スージー」の過去は……

 ……べた褒めだが、実を言うと僕はこのゲームにのめり込むまでかなり時間がかかった。序盤は本当にやる気が出ず、中盤からようやくまともにプレイできるようになり、終盤(ラストバトル)はその激しさに感動したくらいではあるのだが……。

 なぜ最初にあまり乗り気でなかったかというと、これは前作『星のカービィ トリプルデラックス』とプレイ感覚がだいぶ似ていたからである。『New スーパーマリオブラザーズ』シリーズでも感じるのだが、ベースが同じすぎるといまひとつ熱中できないのだ(これは年齢を重ねてきたせいだろうか?)。

kirby_robobo_06.jpg
新コピー能力「ポイズン」は地面に残る毒がポイント

 そもそも、前作となる『星のカービィ トリプルデラックス』が築き上げたものはあまりにも大きい。過去作のオマージュを重視すること、より演出寄りのボスバトル、マルチプレイできるミニゲームなど、基礎となる部分はその時点で決まっていたのだ。そして、『星のカービィ ロボボプラネット』はそれをそのまま鍛え上げただけで、方向性を変えるほどの新鮮さはなかったともいえる。

kirby_robobo_13.jpg
ラストバトルにおけるロボボアーマーの活躍はまさに必見と言える

 数字に例えよう。『星のカービィ トリプルデラックス』が“過去作の5”を10に進歩させたのであれば、『星のカービィ ロボボプラネット』は“過去作の10”を12に鍛え上げたような功績なのだ。

 僕がゲーム慣れしすぎているというのもあるだろうが、ゲームというのは新しい体験であるとより楽しさを感じるという傾向がある。本作が『星のカービィ』シリーズ最高峰というのは間違いないだろうが、体感としての衝撃は前作のほうが大きかったのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつての栄光を思い出すか、あるいは入門編として遊ぼう 『リズム天国 ザ・ベスト+』

ひさびさにリズムゲームでノりまくる

rtm_best+_01.png
『リズム天国 ザ・ベスト+』タイトル画面

 結論から言うと、『リズム天国 ザ・ベスト+』はシリーズ未体験者には特に向いているし、これまでの作品が好きでたまらない人には良い総集編となっているだろう。ただし、今回も初代のような衝撃はなかった。

 2015年6月11日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト『リズム天国 ザ・ベスト+』をクリアしたので、本作に関する話を書いておこう。


 このゲームは、音楽のリズムに乗ってボタンを押すだけの「リズムゲーム」を楽しむ作品である。音や絵に合わせるのではなくあくまでリズムに合わせるのが特徴で、2006年8月から続くシリーズ作品となっている。また、つんく♂氏がプロデュースしているのも目立つ点か。

rtm_best+_02.png
新たなリズムゲーム「マキネコ」

 最新作となる本作では、これまでのシリーズから厳選されたリズムゲームが70以上、そして新たなリズムゲームが30以上の合計100種類以上が用意されている。このほかにもいろいろ新しい要素があるのだが……、まずは本作の収録作品を見ながらシリーズの歴史を回顧してみよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

『ニッキーの旅するクイズ』はカジュアルでガチなクイズゲーであった

地域密着型クイズ・ゲーム

nikki_tabiQ_01.png
『ニッキーの旅するクイズ』タイトル画面

 ニンテンドー3DSの『ニッキーの旅するクイズ』を遊んだ。クイズ・ゲームは滅多に遊ばないのだが、ニッキーの復帰作となれば応援したくなるものよ。

 本作はアナウンサーである「ニッキー」が、アシスタントの「ネコくん」「パンダくん」と共に、日本全国を回りながら地域に関連したクイズを出題していくゲームである。なお、このゲームはクラブニンテンドーの会員特典として配布されているため、市販はされていない。

 ところで、ニッキーはもともと『いつの間に交換日記』というソフトの案内役であった。しかし、そのソフトは悪い大人と思慮の浅いキッズがまずい写真をやり取りしてしまったため、配信停止に。そのため『バッジとれ~るセンター』などで小遣い稼ぎ(?)をしていた彼女だが、ようやく主役ソフトが出ることになったわけだ。

nikki_tabiQ_02.png
やはり愛知は味噌臭がするらしい

 さて、本作は「旅するクイズ」モードがメインであろう。こちらでは、愉快なメンバーたちが各都道府県に向かい、名物や名所を楽しむといった寸劇も収録されている。

nikki_tabiQ_03.png
答えがとても楽しい群馬県のクイズ

 その後はクイズの出題だ。8問中3問正解できればクリアになるうえ、連続で間違うたびにパンダくんがいろいろ補助をしてくれるので、とにかく楽なゲームではあろう。

 ……が、クイズの難易度は時にものすごいものもあり、「地域民の中でもごく特定の人しか知らねえだろ!」と言いたくなるものも出てくる。とはいえ、クイズをまったく遊ばない僕でもクリアできる親切設計なのは間違いなく、要は地域性とマニアックさも兼ね揃えているというわけだ。

nikki_tabiQ_04.png
福井で手に入れたお土産「メガネ」

 各都道府県をクリアするとさまざまな“お土産”を入手することができるほか、地域をクリアすることでニッキー得意の絵日記を見ることができる。というわけで、ニッキーのファンに向けた要素も揃えているのだ。

nikki_tabiQ_05.png
ニッキーのお着替えショー

 また、2周目にはニッキーの衣装を集めて閲覧できるようになるほか、「フリークイズ」モードでがっつりクイズだけを楽しむこともできる。ただまァ、僕はクイズがあまり好きではないので、このあたりでニッキーたちとお別れであろう。

 絵日記案内役からアナウンサーへと転身したニッキーだが、その仕事ぶりはなかなかのものであった。外連味のない安心できるキャラクターでありながら、男性ファンの心が掴めないというわけでもなく。また、ゲーム自体も限定で配布されるような小規模な作品だが、クイズの種類は5,000種類以上もあるうえ、問題のマニアックさなども考えると単なるオマケとも言いがたい作品である。
このエントリーをはてなブックマークに追加