三年間の楽しみと努力と思いが『メゾン・ド・魔王』というゲームとして結実した Xbox LIVE Indie Games制作者インタビュー 「プチデポット」 その1

『メゾン・ド・魔王』を制作された「プチデポット」の皆様にインタビュー


petitdepot-interview_titleG.jpg

 2012年9月25日、Xbox LIVE Indie Gamesにひとつの光り輝く作品がやって来た。その名は『メゾン・ド・魔王』。魔王となりアパート経営と世界征服を同時に企むというゲームである。

maisondemaoh_01.jpg

○ 「マンションを経営する」、「世界を征服する」。両方やらなくっちゃあならないってのが“魔王”の楽しいところだな 『メゾン・ド・魔王』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1457.html

 その作品はオリジナル作品でありながら見事な完成度であり、プレイする人を魅了したことであろう。無論、僕もそういったひとりの人物である。かわいくありつつも刺激的で、カジュアルでありながら経営と戦略が楽しめる見事な作品だ。

 なぜここまで魅力的な作品を配信することができたのか。それを知るために、今回は開発したプチデポットの皆様に話を伺った。以下がそのメンバーの方々である。(敬称略)


めづかれ

しごと

ことり

Q flavor
プチデポットのリーダー。プチデポットの開発担当。プチデポットの画像担当。プチデポットの音楽・効果音担当。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

三年間の楽しみと努力と思いが『メゾン・ド・魔王』というゲームとして結実した Xbox LIVE Indie Games制作者インタビュー 「プチデポット」 その2

ゲームにとことん思い入れを詰めつつも、遊ぶ人のことも考える


petitdepot-interview_titleG.jpg
『メゾン・ド・魔王』制作者インタビュー


めづかれ

しごと

ことり

Q flavor
プチデポットのリーダー。プチデポットの開発担当。プチデポットの画像担当。プチデポットの音楽・効果音担当。

──そうしてアイデアをゲームにしていくうえで試行錯誤をした部分はありましたか?
ことりさっきも言ったとおり、モンスターが部屋の中で色々しているというのがコアなんですよ。そこを画像で表現できなかったのでテキストに直して、それでもけっこう面白くなりましたね。あと、最初はクエストがなくてだらだら経営したのですが、面白いけどちょっと眠くなったので戦闘を多めに入れました。
しごとあとは細かく細かくアイデアを。
ことりそう、「こういうのあったらいいんじゃない?」みたいのはすごくいっぱい入ってます。たとえば子孫を作る部分については私がすごく要求したところですね。モンスターたちが子供を作ると入れ込みというか思いが乗るじゃないですか。そのへんは『ザ・シムズ2』で感じていて、ああいう感じを出そうと思っていました。

maisondemaoh_06.jpg

──そういった部分を含め、本当によくキャラクターの表情が出ているゲームですよね。
ことりキャラがパラメーターでも出せるというのを『アンリミテッド:サガ』ですごく思って。あれは戦闘がすごくキツいゲームなので、強いだけで好きになれるんですよ。それで戦闘も入れたんですよね。
めづかれなんか物を作っていると、作り手だけで煮詰まったりするんですよね。僕が作る時に大切だと思っている要素は、雑誌でいうと編集者と作家さんの関係ですね。作家さんが自分でこういうものがいいと作って、編集者がそれを確認して修正をすると。それでも客観性に欠けてくるところが出てくるわけですよ。その時、何を客観的に見て修正していったほうがいいか検討するのをお互い気持ちよく進められることが大事ですよね。
めづかれたとえば、彼らが作っているものとかを途中で見せてもらう機会があるんですね。作っている間はあんまり何も言わないんですけれども、見るその時は、何が欠けてて、何があるといいかなという話し合いはさせてもらうんです。そこでいいところをもっと褒めて、伸ばすところはさりげなく指摘するという、みんなで話しながら一歩引いた視点を持つことが開発の中で大切で、その立ち位置をしっかりさせて進めることが、ゲームにとってはうまくいくパターンのひとつだと僕は思っています。
めづかれですので、今回の『メゾン・ド・魔王』も三年間の中で、彼らも「何かちょっと違うな、何かが足りないな」というのがあって、それを話しながら具体的に形にする応援をするというのがポイントでした。ものがいいだけに、もっとたくさんの人に遊んでもらったりとか、導入口をこうするといいかもしれないという切欠である最初を大事に詰めてもらいました。
ことりそういった部分をめづかれさんにやってもらいました。うちらだけだとすごくマニアックなものになっちゃうので、チュートリアルを特に言われましたね。
──個人や少人数開発者の方だと、どんどんサディスティックなゲームになるみたいなことはよくありますね。
ことりそうなんですよ! しごと氏が自分でチェックしながらやっていると、どんどんどんどん難しくなっていっちゃうから、アクションゲームが苦手な私がやって、戻してもらうというようなこともやっていました。
──いやー、見事な統率のとれたチームですね。
Q flavorあの、サウンドのQ flavorですが、まったく喋ってないんでちょっと話させてもらいます(笑)
──ああっ、すみません! ぜひお願いします!
一同(笑い)
Q flavor一応、自分はサウンド担当ということなんですけれども、プレイヤーとしての興味がでかいゲームでした。完成間近のあたり、クエストが今の1/4ぐらいでまだマンションが2階層くらいの時に遊んで、とにかく面白くて個人的に先がやりたくて仕方なかったですね。サウンド担当ですけど、プレイヤーとしてリリースできてよかったという気持ちが大きいです。
──皆さん、楽しみながら作れたという感じですね。
Q flavor本当に「自分が作った曲がこんな面白いゲームにのるなんて嬉しい!」と大げさに言うとそういう感じですね。なので、ゲームが皆さんに受け入れられるのを見て本当に安心しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

三年間の楽しみと努力と思いが『メゾン・ド・魔王』というゲームとして結実した Xbox LIVE Indie Games制作者インタビュー 「プチデポット」 その3

やはり『メゾン・ド・魔王』はXbox360のために作られている


petitdepot-interview_titleG.jpg
『メゾン・ド・魔王』制作者インタビュー


めづかれ

しごと

ことり

Q flavor
プチデポットのリーダー。プチデポットの開発担当。プチデポットの画像担当。プチデポットの音楽・効果音担当。

──『メゾン・ド・魔王』は現在Xbox LIVE Indie Games、それも日本のみで配信されていますが、これから海外向けに配信したり、ほかのプラットフォームに移植するなんて予定はありますかね。
しごとああ、まずは英語版を作りたいなと思っているというか、当初は英語の地域にも配信するつもりだったのですけれども、作っているうちに英訳できないくらいにテキストが増えてしまって。それはこれからぼちぼちとやっていく感じですね。
──国内のみで配信されているのは嬉しいような、もったいないような気もしますね。僕は『メゾン・ド・魔王』が海外にも通用するゲームだと思っているので。
しごとありがとうございます。ただ、テキストの面白さをうまく英語にしていけるかっていうのがあまり自信がないので、慎重に進めていきたいですね。
──やはりローカライズは難しいですよね。
ことりですね。いろいろパロディが入っているので。
──「ドラクエ」に出てくるトルネコのパロディキャラがいるじゃないですか。あれって英語圏で通じるのかなーと思っていたんですが、調べてみたところとりあえず大丈夫みたいですね。ただ、こうやって調べたり、通じなかった場合にどう置き換えるかというのはすごいたいへんですよね。

petitdepot-interview_03.jpg

ことりモンスターの職業とかも何か置き換えないといけないですね。
──あと、ほかの方の感想を見ているとスマートフォンや携帯ゲーム機でやりたいという意見が多かったですが、どうでしょう。
しごとうーん、スマートフォンなんかだと画面サイズやインターフェイスの関係であまり向いてないんですよ。せめてタブレットくらいのサイズでないと苦しいだろうなあとは思っています。
──そうですね。マンションが大きくなってくると使う場所も大きくなって、操作も忙しいですし。
しごとあと、一画面の中にすべてが置けるというのがいいところだと思っているので、スマートフォン向けにすると苦しそうではありますね。どれだけキャラクターが小さくなってしまうのかという問題もありますし。
──PC向けなら画面も問題ないでしょうし、マウス操作などで問題はなさそうですが、いかがでしょう。
しごとそうですねー。パソコンの市場で本当に面白いと言われるかどうかは試してみないとわからないところがあるので、問題がなければぼちぼち進めていく感じですね。それと、ほかの場所で出したい気持ちもあるんですが、新しい作品を作りたいなという気持ちもありまして。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む