スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Fallout 4』冒険者の手記 #13「息子の夢と私の現実」

B.O.S.の巣へ

Fallout4_13_01.jpg

 インスティチュートのリーダーとなった私は、巨大な原子炉を作動させることに成功し、かつ敵対組織であるレールロードを滅ぼすことも終えた。最後の敵はB.O.S.のみである。

 しかし、B.O.S.はボストンのみならずあらゆる場所に存在する巨大な組織だ。正面から敵に回しては勝てないため、インスティチュートの力を見せつけて彼らを萎縮させることになった。……ざっくり言うと、連中の基地であるボストン空港に、私が単身で乗り込んでなんとかするという話だ。

Fallout4_13_02.jpg

 巡回する兵士たちを順番に殺し、この空港の周囲に張られたバリアを解除していく。こうすることにより人造人間たちが乗り込めるようになるわけだが、それはまだ序の口である。

 本当の目的はこの「リバティ・プライム」だ。共産主義者たちと戦うために作られたこの巨大ロボットは、とてつもなく強大な力を持っている。逆に言えば、それを彼らの手から奪ってしまえば戦力が失われ、われわれの恐ろしさも知ることになるだろう。

Fallout4_13_03.jpg

 Dr.リーはかつてこのロボットを動かしたことがあるため、関連した知識を持っている。そして、ロザリンドという科学者がコンピューターウィルスを開発し、人造人間に持たせたわけだ。となれば、話は簡単である。

 人造人間がリバティ・プライムにウィルスを流し込むため、私がその防衛を行うことになる。パワーアーマーを身につけたB.O.S.の兵士たちをレーザーで焼き殺しまくり、周囲にはあの気味が悪い化学製品のような臭いが充満した。

 数多くの命が消え、仲間の人造人間たちは破壊され、そしてついにウィルスは流し込まれる。私はコーサーとともに、ワープでこの場を離れた。

Fallout4_13_04.jpg

 ウィルスの影響により、リバティ・プライムは自分たちの基地を共産主義者の巣窟と誤認、攻撃し大爆発を起こす。ボストン空港はすべてが火に包まれ、あの激しい銃撃戦が嘘に思えるかのようにすべてが破壊しつくされた。

 私もすでにどれほど人を殺めたかわからないが、ここまでの光景を見せつけられると困惑する。本当にこれでよかったのだろうか? だが……。

さようなら、ショーン

Fallout4_13_05.jpg

 インスティチュートに戻ると、ファーザー……いや、ショーンはかなり憔悴している様子であった。B.O.S.に対する作戦が成功した旨を伝えると喜んではいたが、その声にも表情にも生気がない。

Fallout4_13_06.jpg

 ショーンは絞り出すかのように、最後の言葉を告げてくれた。組織の今後について、そして父である私に対しての感謝も……。

 ファーザーが本当にショーンなのか疑問を持っていたが、そんなことはもはやどうでもいいのかもしれない。こんな時間の経ちすぎた世界で、私と深い関係を持っていたのは彼くらいのものである。仮にそれが嘘だったとしても、戦前からずっと眠り続けていた私にはもはやその繋がりしかないのだ。

Fallout4_13_07.jpg

 そして、ショーンは再び私の前から姿を消すことになる。息子を追ってVault 111を飛び出した私に突きつけられた現実は、またもや息子を失うというものであった。

 私が冷凍睡眠装置で死ななかったのは幸運なのか、不幸なのか。旅を始める前からずっと考えていたが、その答えは未だにわからない。

Fallout4_13_08.jpg

 ショーンは最後に、“人造人間のショーン”を遺してくれた。しかし、この人造人間を見ていると心が落ち込むばかりである。私の欲しいものはもはや手に入れることのできないものなのだ。

 こうして私の息子を探す旅は終わった。これからはインスティチュートのリーダーとしての人生が始まるのかもしれないが、もはやそんなものはどうでもいい。荒野で人を助けても、あるいは人を殺しても、思うのは過去のことばかり。気持ちが200年前からついてこないまま、私はボストンを歩き続ける。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

『Fallout 4』冒険者の手記 #12「原子炉が動き手は汚れる」

フェーズ3の実行

Fallout4_12_01.jpg

 インスティチュートの新たなリーダーに任命された私だが、やることは普段とあまり変わりない。結局のところウェイストランドで作戦を実行できる稀な人物なわけで、つまりは雑用係なわけだ。

 今後はフェーズ3を実行、つまりインスティチュートの全エネルギーを賄う巨大な原子炉を動かさねばならなくなった。いくつか必要なものがあるため、まずは「ベリリウム撹拌機」を求めてマスフュージョンビルへ向かう。しかし、B.O.S.の連中もこれを狙っており、もはや敵対は完全に避けられなくなった。

Fallout4_12_02.jpg

 続いて、原子炉を起動させるために必要な人材「T・S・ウォレス」をスカウトしに行く。……と言っても、彼は部屋から出てこないため、結局のところは強引に連れ去るしかなかったのだが。私がリーダーになったからには穏便に物事を進めたいのだが、そうも言ってられないようだ。

Fallout4_12_03.jpg

 また、インスティチュート内部の問題も解決せねばならない。バイオサイエンス部門の科学者は部屋を封鎖し、クーデターを起こそうと目論んでいるのであった。彼らとは話し合いもロクにできない状態で、最終的には脅すような形になってしまう(殺しまではしなかったが)。

 結局のところ、人はわかりあえないのであろう。そして戦いで決めるしかなくなるのだ。

Fallout4_12_04.jpg

 ともあれ、原子炉は無事に作動した。こうしてフェーズ3が完了し、インスティチュートの未来は安泰となる。……いや、その前に手を汚さねばならないのであった。

レールロードの崩壊

Fallout4_12_05.jpg

 この後、インスティチュートで行われた会議では、“やはり”と思わせられる提案をされた。理事会はついに「B.O.S.を排除すべき」という結論にたどり着いたのだ。戦前の技術を集めている彼らにとってわれわれの技術は奪ってでも手に入れるべきものであり、つまりは相容れない存在なのである。

 また、その前にレールロードも潰さねばならなくなった。ここへ来る際にいくらか世話になったことを考えると喜べないが、ファーザーが言うには残しておくのは危険なのだそうだ。そして何より、彼らの力を借りた私がリーダーになることを不安視する者もいる。つまり、私の地位を確立させるためにも自分で手を下さねばならなくなったのである。

Fallout4_12_06.jpg

 レールロードの拠点ではいきなり撃たれることも覚悟したが、デズデモーナにはまだ優しさが残っていた。無論、私がインスティチュートに関わっていることを知っているため拒絶はしている。しかし、彼女が銃を持ち出すことはなかった。

Fallout4_12_07.jpg

 そう、彼女が銃を持つ前に私が殺したからである。続々と襲いかかる彼女の仲間を撃ち殺しつつ、私は思う。……人は過ちを繰り返す。

○ 『Fallout 4』冒険者の手記 #13「息子の夢と私の現実」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-2005.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。