スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

死にまくるダークファンタジーのシリーズに初挑戦 『ダークソウルIII』購入

珍しく人気シリーズに途中参戦

DarkSouls3_00_01.jpg
『ダークソウルIII』起動画面

 Xbox One版の『ダークソウルIII』を購入した。本作はフロム・ソフトウェアが開発する『ダークソウル』シリーズ3作品目となっており、ダークファンタジーの世界を冒険するアクションRPGである。

 はじめはコアなプレイヤーから人気を得ていたシリーズだったが、今ではすっかり有名タイトルという感じだ。僕は今までまったく接点がなく興味もなかったというか、3Dアクションは適正が欠けているので、面白いとは思っても大して好きになれないであろうと考えていたのである。

DarkSouls3_00_02.jpg
雑魚敵の攻撃をローリングで緊急回避

 そんなわけで発売日前日くらいまでは買うつもりがなかったものの、友人から一緒に遊ぼうと誘われれば話は別である。最大4人のマルチプレイが存在するそうなので、それを目当てに遊んでいる(のだが、なぜかうまくマッチングできなくて困っている)。

試行錯誤するゲームシステムについて

DarkSouls3_00_03.jpg
最初に遭遇するボス「灰の審判者、グンダ」

 さて、どんなゲームなのか一応は書いておこう。本作はシームレスなマップを探索し、ボスを倒すことを目的として剣戟バトルを繰り広げていくという内容だ。なんだかシリーズでいろいろ進歩しているらしいのだが、結局のところステージクリア形式に近いようである。

DarkSouls3_00_05.jpg
何やら妙に強そうな雑魚敵に殺された場面

 バトルは一戦一戦がかなり重く、慣れた雑魚戦でも下手を打てばすぐに殺されてしまうほど。特にはじめて見る敵と戦う時や、複数にかこまれた時は死を覚悟するべきだ。

 とにかく死にまくるため何度も挑み、腕を鍛えて敵を倒す喜びを味わえということなのだろう。つまり現代風にした『ロックマン』といったところか? いや、3Dアクションの歴史を見ていくとマヌケなたとえなのかもしれないが、何度も挑戦してパターンを覚えて……という基礎の部分は昔のゲームと変わらない気がする。

DarkSouls3_00_04.jpg
レベルアップのステータス画面

 とはいえさすがに現代のゲームだけあって、ソウル(経験値や金のようなもの)による成長要素が用意されている。ソウルは敵を倒すことで溜まっていくが、死ぬと落としてしまう(落としたものを回収する前に死ぬと消える)ため、死への恐怖感を確保しているということのようだ。

 今まで遊んだことのないゲームだったがそれなりに楽しめている気がする。最初のボスで数回やられて面倒になったのは今やいい思い出だ。しかし早いところマルチプレイが遊びたいものよ。

 なお、本作に関してはプレイ記録などをつけるつもりはない。もしクリアできたら報告を書くかもしれないが、さてどうなることやら。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

『スプラトゥーン』のアップデートは終了……ではなかった! 喜びの追加更新情報が公開

追加更新に浮かれまくり


 2016年3月4日に実施された「Nintendo Direct」で、なんと『スプラトゥーン』の追加更新が実施されると発表された。これを僥倖と言わずになんと言うべきなのか。

 本来であれば、本作の更新は2016年1月で終わるはずだった。しかし、そこからもだいぶ人気が続いているようで、実際のところ僕も時間さえあればいつも遊んでいる。ここでは『スプラトゥーン』の記事をあまり書いていないが、それは遊ぶのに忙しいからである。

Splatoon_24_01.jpg
「Nintendo Direct 2016.3.4」プレゼンテーション映像より

 アップデートで一番嬉しいのは新たなブキの追加である。しかもそのチョイスがまた憎く、「プライムシューターベリー」や「スクイックリンγ」などは、実に欲しかった組み合わせではないかと思わされるものばかり。今現在あるブキでさえすべて使いこなすことは難しく、いろいろ使っているだけで楽しいというのに……。ツボに入るであろう新たな存在が登場することはたまらない喜びだ。

 また、ギアパワーやフェスに関する調整なども実施される。このあたりも嬉しい話で、今まであまり使い勝手のよくなかったギアパワーが陽の目を見そうである。詳細は公式サイトの更新データ(Ver.2.6.0)情報を見てもらったほうがいいだろう。

自分の近況報告

Splatoon_24_02.jpg
「ショッツル鉱山」でトランスフォームするイカ

 さて、前回の記事からだいぶ間が空いてしまったが、前述のように『スプラトゥーン』は時間さえあればいつでも遊んでいるくらいだ。新ステージはすべて出尽くしているが研究はまだまだで、飽きは遠いだろう。

Splatoon_24_03.jpg
『ポケットモンスター 赤・緑』コラボで開催されたフェス

 フェスも毎回かかさず参加しており、これといって飽きることもなく続いている。フェスマッチはフレンドと合流する手段がないのだが、あえて参加する時間を合わせて一緒の試合に入るという遊び方もあり、それのおかげでモチベーションも保てているのだ。

 次からは新たな「フェスパワー」なる要素も登場するようだし、『ドラゴンクエスト』シリーズとのコラボフェスが実施されるようである。引き続き楽しめそうだ。

Splatoon_24_04.jpg
最近のダウニーの様子

 また、ギアのほうも更に充実してきた。これといってすごいものは特にないのだが、秋のアップデートで追加されたギアで使いやすいものが手に入ったような形である。

 目下の目標は“攻撃アップが3つ付いた安全靴(ウミウシイエロー)”と防御関連の完璧なギアといったところか。強いギアの獲得はいわゆるエンドコンテンツ的なものなのだが、本作のそれは大して気張らなくても良いところがありがたい。

 ……とまァ、とりとめのない話になってしまったが、『スプラトゥーン』は今でもとても楽しいということを書きたかったのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。