スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

radiangames Ballistic 特集

bbox_radiangames Ballistic

radiangames Ballistic

 もはやすっかり360インディーズゲームの顔となったradiangamesシリーズは、2011年1月28日に7作品目となる『radiangames Ballistic』を配信した。前回の『radiangames Crossfire 2』から一ヶ月と少し経ってからの新作リリースである。

 ところで、一つ残念な話があり、なんと360インディーズゲームで展開されるradiangamesシリーズはこの作品で最後だそうだ。今後はPCで作品を公開していくとのことなので、気になる方は公式ページを参照されたし。

○ radiangames - small games, big fun
http://radiangames.com/

Ballistic_01.jpg
タイトル画面
 そんなわけで最後となったこの「Ballistic」であるが、radiangamesシリーズ集大成と言うべき作品になっている。今までの作品の良い所をとってきたという印象が強い。

ゲームルール

Ballistic_02.jpg
ゲーム画面
 ゲームルールとしては、限られた領域に現れる敵と戦い続ける全方位シューティングである。両方のアナログスティックを使って移動とショットを行うツインスティックシューティングと言われるもので、この辺りの基本システムは『radiangames Joy Joy』から継承されているものだろう。

 相変わらず見た目からして他のインディーズゲームとは一線を画しており、花火のように爆破されていく敵は印象的である。

Ballistic_06.jpgBallistic_07.jpg
ゲームモードは2つ
 ゲームモードはWaveモードとChallengeモードが存在し、前者はその名の通りWaveごとに登場する敵を倒しどこまでいけるか競うもので、後者はそれぞれ出現する敵が違うルールで2分間戦うものである。

 尚、WaveモードにはNormalとPracticeという難易度設定があり、前者は残機がなくならない限り延々と続き、次第にゲームスピードが上昇していく特徴がある。逆に、後者はスコアが記録されないものの、ゲームそのものが40Waveで終わったり、ゲームスピードが上昇せず、残機が多いといった初心者向けの内容になっている。

 ゲームとしては基本的にハイスコアを稼ぐものであり、明確なクリアというものは存在しない。オンラインでのハイスコア共有に対応しているので、ひたすらに競い合っていく必要がある。無論、フレンドとの比較も可能だ。

 このスコアを競うシステムというのは、『radiangames Fireball』で確立されたシステムであろう。同じくWaveモードとChallengeモードが存在し、シリーズではじめてオンラインハイスコアが導入された作品である。

○ radiangames Fireball 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-947.html

Ballistic_03.jpg
Ballisticモードを使いこなせ
 さて、続いては実際にプレイする上の特色について説明しよう。まず、ショットは二種類存在しゲーム中にいつでも切り替えることができる。あまり遠くまでは届かないものの多数の弾を飛ばせる4Wayと、飛距離や密度はあるものの直線的なFluseというものがあるのだが、それぞれで使い勝手が違うのは言うまでもない。状況に応じて適宜うまく使い分けていきたい。

 そして、ゲームタイトルにもなっているBallisticモードというものが存在する。これはRTもしくはLTを押すことによって、強烈なショットが撃てるようになるというモードだ。ただし欠点もあり、動きが遅くなったり、短時間に使いすぎるとオーバーヒートするといった問題を抱えている。これまた使い分けが必要である。

Ballistic_04.jpg
装備の組み合わせ選びも重要
 また、装備システムが存在し、ラピッドファイアやダブルダメージなど全部で9種類の機体強化をすることが可能である。Waveモードでは最大5個まで装備できるようになるので、この組み合わせを考えるのも重要だ。

 その上、敵の種類はなかなか豊富で、ひたすらに追ってくる敵やランダムに移動する敵だけでなく、周囲の敵を守る敵や一直線に突進してくる敵、あるい攻撃すると分裂する敵など多様性に富んでいる。相手の特性を見極めて戦わねば、Waveをクリアすることは難しいだろう。

 このように、装備を選んだり敵の特性を見極める必要があるのは『radiangames Inferno』や『radiangames Crossfire 2』から継承されているシステムである。これまた過去の作品で使ったシステムをうまく再利用しているだろう。

○ radiangames Inferno 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-881.html

○ radiangames Crossfire 2 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-972.html

Ballistic_05.jpg
すべてを活用し何Waveまでいけるか
 そして、ステージ中には当然のようにボムやスコア倍率上昇アイテムが出るのでこれも同じくうまく利用したい。更に、残機が追加されるアイテムが50万点、100万点とスコアが倍になるたびに登場するので、長く生き残ると次第に難易度が上昇するようになっている。

 ゲームオーバー後にコンティニューするとスコアは0になってしまうが、6、11、16……31、41、61、101Waveといった段階に辿り着けばそこから再開することが可能だ。前述のようにクリアという概念はないため、最初をプレイするのが面倒な場合にこれを利用するのだろう。

 そして、もはやシリーズ伝統となった2人プレイも存在している。これといって特別な要素はないが、残機を共有するので両者とも生き残ることが必要となってくる。これはオマケと割り切ったほうがいいだろう。

radiangamesシリーズの集大成

 『radiangames Ballistic』は今まで配信した作品の要素がすべて詰まっている作品と言えよう。ゲームジャンルから装備システムやオンラインハイスコア、WaveモードやChallengeモードなど、どれも今までの作品で一つずつ揃っていったものである。あるべきものは揃っており、まさに終焉を締めくくるに相応しいゲームではないだろうか。

 シリーズの集大成とも言えるこの作品、最後なのでぜひとも試して欲しい。

関連記事 ○ radiangames Ballistic レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1010.html


radiangames Ballistic 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:radiangames ジャンル:シューティング 2011/01/28

 radiangamesの第七作品目であり、シリーズ最終作品。
 ジャンルはツインスティックシューティングに回帰し、システムは今までの作品を継承したものになっている。
 ひたすらにハイスコアを目指し、フレンドや世界のプレイヤーと競っていこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。