『キャサリン』はプレイ記録を特殊な方法で

bbox_catherine.jpg

特殊なプレイ記録

 2011年2月17日にインデックスから発売される『キャサリン』という作品のプレイ記録をつける予定である。これに関しては言うまでもなく予想できていた読者の方もいるだろうが、今回は少し趣を変えた形態を取ろうと考えている。

 一体どういうことかと言うと、今回はよそのサイトとプレイ記録を同時に公開するつもりなのである。その相方となる人は、「パイの実ブログ(仮)」というサイトを運営しているパイの実さん。今回は二人で話した結果、こうしてプレイ記録の同時公開という企画を行うこととなった。

○ パイの実ブログ(仮)
http://painomisan.blog91.fc2.com/

○ 『キャサリン』プレイ日記開始のお知らせ
http://painomisan.blog91.fc2.com/blog-entry-25.html

pai_bigger.jpg さて、まず企画内容を説明する前に、パイの実さんについて説明しなければならない。僕の知る彼女を箇条書きで記すと以下のようになる。

○ ゾンビが好き
○ ゲームが好き
○ 映画も好き
○ 名の通り、ロッテの「パイの実」が好き

 ……何ら説明になっていないが、要素ではこう書くしかあるまい。パイの実さんは生粋のゾンビ好きで、動く屍の登場する映画やゲームを追い求めているとのこと。それ故に、Xbox360という辺境の地へと辿り着いたようだ。

 ここで読者は疑問を抱くだろう。なぜわざわざプレイ記録を同時に公開する必要があるのか? と。あるいは、知人同士の仲良しごっこであり適当な企画なのではないか? と。その懸念は理解できる。

 では、はたしてこの企画の意図が何なのかといえば、それはSSDMという偏屈な男プレイヤーと、パイの実さんという女プレイヤーの心理的な差異を見せるためである。そのためには、この『キャサリン』という作品が実にもってこいであった。

 『キャサリン』というゲームは、体験版の記事を読んでもらえれば理解していただけるだろうが、主人公の男であるヴィンセントが、付き合いの長いメガネのキャサリンか若い金髪のキャサリンを選ぶゲームなのである。現実的な考えを持っている人を選ぶのか、あるいは欲望のままにとにかく好みの女を選ぶのか。その選択の違いは、人間の性格的な違いや性差によって現れるのだろう。そして、その選択によって物語が変化するようなのである。

○ キャサリン 体験版
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1007.html

 果たして、このゲームにおいて、SSDMとパイの実さんが一体どのような思考をし選択を取るのか、違いを見てもらうのが今回の目的である。無論、台本ありきでやる話ではないので、場合によってはまったく同じような考え方が展開されるかもしれない。それはそれで、人格の差や環境の違いがある人間同士が通じ合える部分が存在しているとして、見るべきものになるのではないだろうかという魂胆だ。

 あまり例を見ない性質のものと思われるが、読者が楽しめるものになれば幸いである。

よければ宜しく

 実はこの企画、パイの実さんから持ち込まれた話なのであった。個人的には何も考えず例の如く適当にプレイ記録をつけようと考えていたのだが、そこへ転がり込んできた妙な話。なかなか面白そうなので、挑戦してみることとなった。

 基本的にプレイ記録などというものは積極的に比較して見るものではない。無論、多くのプレイヤーが記録をつけたものを見ていると、結果的に差異が見られ面白いことは確かなのだが、これを足並み揃えてまですることは稀なのではないか。

 ビデオゲームで面白いことの中の一つに、プレイヤーそれぞれの感想が違うことが挙げられる。多くの人はレビューや客観的視点から妥当な部分を探し出そうとするが、しかし体験の差異というのも、できれば見るべき点なのではないだろうか。企画の話を聞いて、そんなことを考えさせられた。

 何にせよ手探り状態での企画なので、不備や未熟な部分があるかもしれない。それでも良ければ見ていただきたいと考えている。

○ キャサリン 第一夜 悪夢からの招待
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1020.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント