インディーズゲーム 2011年 5/1~5/31の新作

5/1
AppPack_ss.jpg

AppPack 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RicolaVG ジャンル:その他 2011/04/30

 12のアプリと4つのゲームが入ったソフト。

 マッサージ・時計・ストップウォッチや連打ゲー・スネークゲーム等が入っている。無論、タイトルに対し修飾語として「ショボい」とつけたくなるが。少なくとも、お試し版で遊べたのはすべて凄惨な内容だった。
 そもそも80MSPという価格帯は作品に十分な手が回りにくいわけである。それだというのにこうしていくつも詰め合わせるということは、低品質なものから更に手を抜いたものばかりになるわけで、必然的にクソがいっぱいに詰まった弁当箱のような有様になるわけだ。
 そのくらい作る前に考えろやボケと悪態をつきたくなるくらいに低品質でひどい。捻りや工夫のないアプリパッケージという発想自体がもうダメだ。


Balls_ss.jpg

Balls 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Vagabond1982uk ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2011/04/30

 アバター対応のバールーム・シミュレーター。ビリヤードやアーケードゲームがプレイ可能。オフ4人、オン・システムリンクでの2人プレイに対応。

 バールームのシミュレーターといっても自由に歩き回ることができるわけではなく、アーケードゲームは2つのデモを含めた3種類しかなく、ビリヤードも8Ball・9Ball・UK BLACK BALLといったルールしかない。また、アバターがキューを持つわけでなく脇に棒立ちしているだけだ。
 そんなわけで実情はかなり情けないというか、文面やスクリーンショットだけを見ると過剰に期待させられるというか……。悪いわけではないのだが、結局はミニゲームが詰まっているだけである。
 また、ゲーム終了時にExitボタンであるYを押してもゲームから抜けられなくてイラッとさせられる。そんなに買わせたいのか。


flap!_ss.jpg

flap! 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Hal Angseesing ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/01

 Erdaを救うためにドラゴンを操作して敵と戦うシューティングゲーム。

 操作感覚は悪くない作品なのだが、目に悪い色使いや、回復と超威力のパワーアップが使えるのでそれでなんとかしてくれというネグレクトバランスはインディーズゲームらしい。
 ファミリー向けらしいが、どう解釈したものやら。まァ、グダグダと長いステージをやらされたり、逆立ちして鼻くそをほじりつつリラックスしろと言われるような難易度でないだけマシか。


5/2
Avoider_ss.jpg

Avoider 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Mexond ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/01

 ジープを操作し爆撃を避け続けるトップビューのアクションゲーム。オンラインハイスコアシステムあり。

 小さなゲームだけあってそこそこ纏まってはいるが、所詮は回避をするだけのゲームである。楽しむというより忍耐力を鍛えるゲームだろう。


5/4
ExplosiveGas_ss.jpg

Explosive Gas 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Flathead Games ジャンル:その他 2011/05/03

 『ボンバーマン』のような対戦型ゲーム。オフ4人、オン・システムリンクでの8人プレイまでに対応。レベルエディタあり。

 ほとんど『ボンバーマン』と同じで、爆弾を配置して敵を倒す対戦ゲームである。勝っている点としては、なぜか二画面構成でプレイヤーがマップを行き来することが出来たり、レベルエディタがあったりすることだろう。あるいは、インディーズゲームにありがちな開発者ボイスを聞くことが出来ると同時に、下品でイラッとするゲップ音が効果音として採用されているところか。ゲップ音さえ入れとけばウケるという意図がよく透けて見え感動できる。
 面白いかどうかの以前に、どこをどう考えたらこのゲームに人が集まるのか疑問視してしまう。360インディーズゲームの対戦ゲームはいつだってそうだ。


EndlessMidnightZombieSwarm_ss.jpg

Endless Midnight: Zombie Swarm 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:tgfcoder ジャンル:シューティング 2011/05/04

 ゾンビを撃って殺す全方位シューティング。メダルシステムあり。

 トップダウンのツインスティックシューターで敵はゾンビと、タイトルを見た時点で全身の穴という穴からやる気が抜けていくわけである。内容としては、血飛沫の表現はまァ見れたものだが、撃つ爽快感はないしショップも適当だし音も見た目もやる気なし。極端に不快になることはないが、良い気分になれというのは無茶な内容だ。
 まさにこの手のジャンルこそが永遠に終わらない悪夢である。ゾンビのように地中から出現し続け、ゾンビのようにボロボロで思わず目を逸らしたくなるような作品群はいつ消えるのか。いや、この戦いこそがプレイヤーのアポカリプスなのかもしれん。


5/5
PowerSpinners_ss.jpg

PowerSpinners 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Salvador Lopez ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2011/05/04

 円盤を投げ相手のゴールに入れる一対一の対戦型スポーツゲーム。オフ・オン2人プレイに対応。

 エアホッケーのようなゲームと考えるとわかりやすい。円盤を投げ壁に反射させたりし相手のゴールに入れるというもので、360インディーズゲームでも似たような作品は何度か見たことがある。
 単純なゲームなので穴がないかと思いきや、最初のサーブが実質的に無意味だったり、キャッチしてから移動ができないので戦略性に幅がなかったりと割とどうしようもない。特別良い点もなく、誰が遊ぶんだこれを。


Minions!_ss.jpg

Minions! 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:TurtleTossStudio ジャンル:シューティング 2011/05/04

 ミニオン引きつれ敵軍と戦うトップダウン全方位 & 三人称視点シューティング。

 TPSとトップダウンの視点切り替えができるシューティングゲーム。この視点切り替えは以前配信されていた『Creed Arena』を彷彿とさせる。ルールとしては、敵を倒しながら味方と共に敵を倒すミッションをこなしていくというありがちなもの。アップグレードがあるのも言うまでもない。
 TPSとトップダウンシューティングはゲームの種類がまったく違うものなので、組み合わせるとバランスなどが取れない。よって、この作品もまた、トップダウンとしては煩わしい上に難しくTPSとしてはヌルすぎるという奇妙な内容になっているが、これは予想通り。当然楽しくもなんともなく、どちらとしても微妙で不満ばかりが募る。
 あとはまァ、両腕がない奇妙なキャラクターや、はっきりいって不細工といったほうが簡潔且つ正確なグラフィックにも困惑させられる。そして、やはり敵も壁に引っかかってくれる有様。スクリーンショットを見たままの印象がゲームの中にある。


Sequence_ss.jpg

Sequence 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Feep ジャンル:RPG 2011/05/05

 音ゲーで敵と戦うRPG。

 戦闘は音楽に合わせてリズムよくボタンを押していく必要がある。それぞれ降ってくる譜面が違うマナ・攻撃・防御をうまく切り替えてボタンを押し、相手のHPを削っていくわけだが……。
 とにかく、このアイデアの時点で躓いている。『パズルクエスト』的なものを表現しようとしたのはわかるのだが、音ゲーというものは曲にノって楽しむことが重要なのである。しかしこのゲーム、戦闘中に譜面を切り替える必要があるためにノることは難しく、音ゲー的な楽しみがほとんどない。これでは単に降ってくるものに目押しでボタンを押すだけで、作業感が強くなるだけだろう。
 迫力に欠けるボイスや特に期待できないシナリオ、そしてしんどそうなレアアイテム収集作業から目を逸らせば、アートデザインはなかなかだしシステムも充実しているわけで、悪い作品ではない。しかし、どうもアイデア倒れにしか感じられないのだ。


5/7
MusicBox_ss.jpg

Music Box 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Facetious Creations ジャンル:音楽 2011/05/06

 ミュージックシーケンサー。8種類の楽器パターンを打ち込み、音量・テンポなどの4種類のエフェクトをいじることが可能。

 簡素で綺麗なデザインと音はなかなか気に入ったが、特に言うことはないだろう。


DwarvenDepths_ss.jpg

Dwarven Depths 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Moonroof Studios ジャンル:キャラクター アクション 2011/05/06

 採掘をしつつ敵プレイヤーやモンスターと戦ったり宝を回収する対戦型アクション。オフ4人プレイまでに対応。

 様々なアイテムや罠を駆使し、ルールによって宝を回収したり敵と戦ったりするもの。グラフィックやルール、操作性も良く出来はそこそこと言っていいだろう。
 ただ、BOTシステムがないので最低でも3人集まらねば遊べないだろうし、残念ながら人を集めてでもやりたいと思わせるほど素晴らしいゲームでもないのだ。決して悪くはないのだが、遊ばれるかとなると話は別である。


SpankersArmy_ss.jpg

Spanker's Army 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CameronC ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/07

 仲間を引き連れて敵と戦うアクションゲーム。オフ4人プレイまでに対応。

 このゲームの何がすごいかといえば、まほきゃすを彷彿とさせるようなひたすらに生理的嫌悪感を煽ってくれる生首のキャラグラである。どいつもこいつも気持ち悪い顔をしやがって、誇張抜きにゲロを吐きそうだ。
 そして、連中が緩慢な動作で展開する効果音が一切ない世界は狂っているとしか言いようがない。ゲームとしては死ぬほどダルく、コレをやっているとひたすらにSAN値が削れていく。誰か助けてくれ!!


StickEmUpVSArena_ss.jpg

Stick 'Em Up: VS Arena 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:WickedWorx ジャンル:シューティング 2011/05/07

 棒人間を操作し敵と戦う対戦型サイドビュー全方位シューティング。オフ4人プレイまでに対応。

 このデベロッパーは『Stick Unleashed』などの棒人間シューティングゲームをいくつも出しており、これもまた使いまわしによって作られた一作に過ぎない。
 そして、新たな要素である対戦もこれまた適当に作っただけで、誰がやるのか不明としか言いようのない出来なのだから何と言えばいいのやら……。曲になっていないBGMが唯一心のよりどころである。


5/11
greenTech+_ss.jpg

greenTech+ 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Optum ジャンル:その他 2011/05/09

 メルトダウンによって発生した汚染をハリケーンで誘導するアクションゲーム。

 デザイン・音楽・操作性といった要素はなかなか。ゲーム自体はシャレになっていないことを除けば、そこそこの出来。
 自動で動く汚染を誘導するだけのゲームなので、緊張感も物珍しい楽しみもないが、わざわざ悪態をつく必要もない。配信時期的にも時事ネタなのかビミョーであるし、台風による汚染拡大もかなり笑えないという困ったとしか言いようの無い作品だ。


TheLastPodFighter_ss.jpg

The Last Pod Fighter 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fighter9 ジャンル:シューティング 2011/05/09

 四種類の武装を駆使し敵と戦う3Dスペースシューター。

 変哲のない出来としか言いようが無い。良くも悪くも無難である。こういうのがあっさりと忘れ去られるのだろう。


10AmazinglyAwfulGames_ss.jpg

10 Amazingly Awful Games 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:thedeadstu ジャンル:その他 2011/05/10

 ショボいブロック崩し・ショボいポーカー・ショボい対戦型スネークゲームなどが十種類入っているソフト。オフ4人プレイまでに対応。

 以前、アプリの詰め合わせがダメだと書いたがこれも同じ理由で問題外である。一つ一つの質がロクでもないことになるのは明白なのに、それを10個詰めたところでどうしようもない。安かろう悪かろうの典型的な見本である。
 そして、『10 Amazingly Awful Games』というタイトルの通り、この作品はひどいことを自覚していてそれをネタにしようとしたのだろうが、これがまたひどい。なぜなら、どれもつまらないが遊べなくもないレベルであり、とてもではないがAmazingly Awfulとはいえないレベルなのだ。想定内のひどさというのは単なる情けなさしか発生せず、指を刺されて笑われる資格すら持たない単なる埃だ。凄惨なゲームを作りたくば、少しは『Block Fight!!』を見習え。


ShootorDate_ss.jpg

Shoot or Date 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games 1 ジャンル:その他 2011/05/10

 銃を持った人物を撃ち殺し、好みの人に対してはデートに誘う実写早押しゲーム。言うまでもなくSilver Dollar Gamesの作品である。

 写真が出てくるので、銃を持った相手は撃ち殺し、そうでない人の場合、指定された性別であればデートに誘いそうでなければ放置する……というのを繰り返し、点数を稼いでいく反射神経を競うゲームである。
 相手を撃ち殺すかそれともデートに誘うのか、そんなに早く決めたいのか疑問でしかない。早撃ちガンマンといえば聞こえはいいが、やっていることは性対象の品定め訓練である。エロ本の早捲りをしている気分になれるだろう。


UrbanMicroRacers_ss.jpg

Urban Micro Racers 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Josep Monzonis ジャンル:レース & フライト 2011/05/11

 トップダウンのレースゲーム。数十種類の車のアンロック要素あり。

 このゲームは車に耐久度が存在するのだが、敵にぶつかった際は自分だけが吹っ飛ばされダメージを受けるという仕様なのでとにかく難しい上に臆病な運転をしなければならず、ストレスが溜まるのなんの。こんなのですべてのコースや車をアンロックすることになれば、発狂しかねないだろう。
 他に見るべき点も特になく、似たような出来の良いゲームなら360インディーズゲームにもあるというのだから困ったものだ。


5/13
StoryTaleManiaApocalypse_ss.jpg

Story Tale Mania Apocalypse 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Deviant Spark ジャンル:ファミリー 2011/05/11

 文中の単語を入れ替えて物語を生成するソフト。『Story Tale Mania 360』の続編。

 今回は「Zombie Takeover」や「Alien Invasion」といった話が収録されているが、相変わらずどうしようもない落第生だ。
 スティックを傾けてもボタンを押しても反映されないクソよりクサい操作性は継承されているし、短い話も単語が入れ替わるだけで、確かめた範囲ではロクなものがなかった。これに続編が出たという事実が最大の笑い話である。


BlocksThatMatter_ss.jpg

Blocks That Matter 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ 注目作
デベロッパー:Swing Swing Submarine ジャンル:キャラクター アクション 2011/05/12

 ブロックを採掘しそれを積み上げてゴールを目指すアクションパズル。

 これがなかなか良く出来ていて、インディーズゲーム開発者の身に起きた問題を解決するためにロボットを操作するという妙なオープニングも笑えるし、主人公のロボットはモーションまでかわいく、音楽もプレイヤーがついており、見たところほとんどが良く出来ている。
 ブロックを配置してゴールを目指すという部分もルール的にしっかり練られており、パズルとしても上々で新鮮味もある。久々に登場した注目に値すべき良作と言えるのではなかろうか。


HeavyPayload2_ss.jpg

Heavy Payload 2 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:William Ulrich ジャンル:懐かしのゲーム 2011/05/12

 WW2を題材にした縦スクロール全方位シューティング。『Heavy Payload』の続編。

 一年以上も前のことなのでさすがに前作のことは覚えていないが、2になってもケツを拭いた紙より汚いゲームなのはわかる。
 支離滅裂なレベルデザイン、震え続けるコントローラー、涙がこぼれ落ちるように墜落していく敵の戦闘機や、なぜか全方位に攻撃できる自分の戦闘機……。なにがどう2なのだ。続編とは何だ。進歩とは何か。


SexorLove_ss.jpg

Sex or Love? 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Alex Blickenstaff ジャンル:その他 2011/05/13

 簡単な四択の質問に答えて、肉欲か愛かどちらかに判定されるソフトのようである。

 このデベロッパーはおならの音を出せるソフト『The Fart Machine II』などを作っていたのだが、今作もそれと同じくらいにどうしようもない。下らない質問に答えるだけなので、性格判断にすらなりやしない。
 期待など一ミリもしていなかったが、それでも失望させられる。僕に対する嫌がらせか? 絶対にそうだ。クソが。


5/14
GORK_ss.jpg

G.O.R.K. 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ThotLab Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/13

 自分より小さなサイズの生き物を吸収したり殺したりしつつ、ゴールを目指したりするアクションゲーム。

 ありがちな内容だが、ルールの多様性にはこだわっている。ショットを撃って殺す必要があったり、あるいは単純に逃げてゴールを目指したり、もしくは特定の存在だけを吸収するなどというものがある。
 しかし、それでゲームが面白くなればどれだけ楽なことか。やり口も考えられて作られたとは思えず、変化させた意味はほとんどないと言うべきだろう。そして、当然のようにどのサイズの敵が食えるかわかりにくかったり、背景と障害物の差がつかないといった問題もありまくり。もっとがんばりましょう。


MarblePuzzle_ss.jpg

Marble Puzzle 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Earth Base Games ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/14

 玉をジャンプさせて最後の一つになるまで消していくパズル。所謂ペグソリティア。

 ただの習作だろう。内容は変哲のないペグソリティアであるし、スクリーンショットを見てわかるように特に食指が動くようなものでもない。また、大変操作性が悪く指定していない玉まで決定されるバグのようなものもあるため、遊ばれる可能性は奇跡に近い。作品そのものにはやはり意味がない。


5/15
TearsofAshes_ss.jpg

Tears of Ashes 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dreams2Bits ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/14

 人々が消えた島を探索し謎を解くポイントクリック型のアドベンチャーゲーム。

 アイデアを探しそれらを組み合わせることによって謎を解いていくというルールは悪くない。
 ただ、作中で語られることはアイテムの短い説明文だけで、まともなストーリーを読める可能性など皆無。同時に、悲しき手描きのアイテムグラフィックや少ないマップに盛り上げる気のない音楽など、雰囲気で勝負することもできないのだから長所があるとは言いづらいだろう。まァ、人が一切いない島の雰囲気を出せてると褒めるのが限界である。そりゃあ誰もここにはいない。


5/16
tua_ss.jpg

ツアー 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:yuwaka ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/15

 霊の溢れる屋敷から脱出するホラー・アクションアドベンチャー。『コロンでジャンプ』などでお馴染みyuwakaさんの作品。アクションゲームツクール製。

 火の玉や穴を避けつつ、同時に仲間を助けながら屋敷を探索するというもの。アイテムがなければ敵はどれに当たっても即死するので、なかなか骨が折れる。
 この手のジャンルは360インディーズゲームでは珍しいのでそこは評価すべきなのだが、画面切り替え時、視認する前にキャラが移動してしまい殺されたりするので、かなりストレスが溜まりたまったものではない。また、敵も人魂ばかりで怖さが皆無だし、雰囲気を出すのにも成功していない。アイテムを探索して仲間を助けるというシステム部分は良いが、ホラーと言うには首を傾げるしかないだろう。


5/17
MrGravity_ss.jpg

Mr. Gravity 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Angry Newton ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/16

 スマイルマークをすべらせてゴールへ導くパズルゲーム。

 障害物を避けてジェムを集めていくというもの。アナログゲームでも似たようなものがあっただろうし、ビデオゲームでもいくつかこの手の作品を思い浮かべる。
 特に可も不可もない出来としか言いようがない。遊ぶには事足りるが、楽しむには物足りないだろう。


Speed7_ss.jpg

Speed 7 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Namic Games ジャンル:テーブル ゲーム 2011/05/16

 トランプのスピード。オフ2人プレイに対応。

 同じ色か連続した数字のカードを出し、先に手札をなくした側が勝つ対戦トランプゲームである。これといって特別なルールはない。
 操作性がやたらと悪いのにはまァ目を瞑りたいが、なんとも画面も内容もヘッポコなものだ。Yボタンを押すと強制的にゲームが終了するデバックコマンドと思わしきものまで残っているし、気分を損なわずに遊べるという最低限の部分すら怪しいと言わざるを得まい。


AppleOrchardMath_ss.jpg

Apple Orchard Math 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Wardell ジャンル:エデュテイメント 2011/05/17

 足し算・引き算・掛け算・割り算が勉強できるソフト。

 ABXYに対応した4種類の数字を選び、それぞれの計算式を完成させるというエデュテインメントである。
 ……が、これのどこがゲームなのだ。計算の練習にしてもやりづらいだけでまっっったく価値はない。しかも、効果音もBGMもなく、画面に映るものもアバターが悲しく踊る様子だけである。そんなに足し算に正解して楽しいか、僕のアバターよ。


5/18
PaperCraft_ss.jpg

PaperCraft 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:VG Porcinity ジャンル:シューティング 2011/05/17

 紙飛行機を題材にした全方位シューティング。オフ4人プレイまでに対応。

 4人Coopに対応したツインスティックシューターである。アップグレードやミッション選択、武器の威力や移動スピードなどを切り替えるシステムが存在する。
 ミッション選択や任意の武器切り替えなど割とシステムにはこだわりが見られるのだが、これが煩雑でしかない。数秒かかる武装切り替えや、いちいち基地に戻らねばならないのはとにかく面倒だ。しかも、シューティングゲームのレベルデザインとしてはやっつけ仕事としか言えないのである。
 他にも、ペーパークラフトで構成されたタイトル画面のデザインは良いのにゲーム中はショボいものにしか見えなかったりなど、強化すべき点をどこか勘違いしているようだ。


bumblepig_ss.jpg

bumblepig 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kindling ジャンル:その他 2011/05/17

 ブタバチを操作して花に花粉を落とし金を集めていくトップダウンスクロール・アクション。

 厚紙を切って貼り付けたかのようなかわいらしいビジュアルが特徴で、花やステージ選択画面は色取り取りでかわいらしい。音楽もまたのんびりとさせてくれるような曲を用意できているし、愛嬌のあるブタバチの着せ替えも楽しいだろう。
 ゲームとしても、花と花粉の色をうまく組み合わせることによって得られる金が増えていくので、ひたすらに単純ではない。もっとも、それでもやはり家庭用据え置き機のゲームとしては複雑さや面白みに欠けるか。しかし、とにかくかわいらしさは表現できているだろう。これは携帯電話などで出していれば、より愛される小品となったはずである。


SkyNinjaWar_ss.jpg

Sky Ninja War 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:WINGLAY ジャンル:シューティング 2011/05/17

 ほんわかとした忍者を操作する横スクロールシューティング。『へっぽこ騎士』を製作したWINGLAYの新作。アクションゲームツクール製。

 とにかく単調で冗長である。ゲームスピードが遅い上に同じ敵ばかり出てくるし、おまけにボスまでの道のりも猛烈に長くイライラさせられる。背景も同じパターンの繰り返しでゲンナリさせられまくりなこと間違いなし。特に珍しいシステムもないし、何かこれと言うものを用意しているわけでもない。単なる習作なのだろうと思いたい。

 ちなみにこのゲーム、体験版では1面、1面ボス、3面といった場所からはじめられるのだが、3面から始めメニューに戻った後に1面ボスに挑戦すると、持っていない特殊武器を持ち込んでプレイできるという挙動を取る。同時に、死んだ後戻って挑戦すると体力が0のままゲームが開始されたりで、涙が出そうになってくる。


5/19
Nucleon_ss.jpg

Nucleon 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Craig Brown ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/18

 電子を操作し、放射線を破壊して原子核を守るアクションゲーム。

 前述のように物理学を題材にした作品のため何だか複雑そうに見えるが、画面中央に迫ってくる敵を倒すのが目的のゲームである。Aボタンを押すと電子が電撃を放ちながら体当たりするので、それで相手を消していく。
 攻撃時、複数の敵を巻き込むようにすると高得点を得られるのでひたすらに点数を狙っていく。システムとしては、他にボムがあるくらいで特にこれといったものはない。
 敵を倒すこと自体にはなかなか爽快感があるのだが、やはり点数を稼ぐだけのゲームである。ハイスコア共有もないようだし、そもそもこれで人が競う可能性はほとんどない。埋もれるべくして埋もれるゲームだ。


TheBomberr_ss.jpg

The Bomber 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RandaSlayer ジャンル:シューティング 2011/05/18

 戦車を操作しエアバルーンを破壊するアーケードスタイルの2Dシューティング。

 2010年11月12日に配信された同デベロッパーの『Bomber』と何が違うのだ。……と思ったら、前作は削除されていたので、どうもリニューアル版ということらしい。それにしてはタイトルに「The」がついただけだが。
 ともあれ内容が変化していればかまわない……、のだが、何がどう変わったのかさっぱりわからないのだから笑うしかないだろう。微妙なグラフィックに今ひとつな操作性、そして磨かれていないルールと何一つ進歩していない。千篇一律どころか、時を止められていたかと思うくらいだ。それともお前はタイムマシーンで過去から今に来たのか?
 結局、リサイクル精神に溢れる「定冠詞がついただけゲー」である。ついでに、前作のスクリーンショットと見比べて欲しい。ゲームをやるより見比べるほうが断然笑える。


BombLocker_ss.jpg

BombLocker 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:XamLance Studios ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/18

 パネル上に表示される数字から爆弾の位置を推測するパズルゲーム。

 単純に六角形の『マインスイーパー』と言っていいだろう。正解が導きづらいので、ヒント機能がある。
 作品自体は変哲のないものだが、購入画面をやたらと出現させるのが心底イラつかさせられる。もはや、プレイヤーにゲームをやってほしい気持ちより誤って購入して欲しい気持ちのほうが強いと言えよう。つまり、こちらとしてもまともに評価する必要性がない。


5/20
OctaveBarClock_ss.jpg

Octave Bar Clock 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Hdmann ジャンル:その他 2011/05/19

 棒グラフでカレンダーや時間が表示されるソフト。目覚まし時計機能つき。

 360を起動させなければいけない時点で実用性を一切考えていないし、見た目はただの棒グラフだし、アラームセットの操作性は悪いしでああもう発狂する!!!
 唯一の利点はきちんと起動することである。いい加減にしろ。


HedgeWizard_ss.jpg

Hedge Wizard 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Zombie Bonsai ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/19

 災害やゾンビなどから村を守りつつ金を拾いウィザードに届けるパズルゲーム。

 石を配置したり水をばら撒く魔法を使っていく必要がある。また、時間を戻す機能がありゲームオーバーは実質的に存在せず何度でも挑戦が可能。
 単純ながら、正解を模索するパズルの楽しみがきちんと表現できているだろう。ストレスも感じさせないし悪くない。まァかなり小規模なものなので、ブラウザなりでやらせたほうがウケただろうが。


DragonForge_ss.jpg

Dragon Forge 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fun Factory Entertainment ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/19

 ドラゴンを操作し敵の拠点を破壊する3Dアクションシューティングゲーム。

 しつこすぎるブラー効果がかかっているせいか、ドラゴンの動きなどは見れなくもない。無論、滑空する時や壁にぶつかった時などのマヌケすぎるシーンや、何もなさすぎる風景に目を瞑った場合にはだが。
 しかしそれ以上にゲームシステムに問題がありすぎだ。攻撃できる回数に限りがあるのに、一つの建物を壊すのにそのゲージをすべて使う必要があるのである。つまり、壊した後は回復を待ってまた壊して……というのを延々と繰り返さねばならない。あまりにも休憩を挟む虚弱体質ドラゴンには失笑。『虚弱体質爬虫類』にタイトルを変えたほうがいい。


5/21
CalloftheUnderworld_ss.jpg

Call of the Underworld 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SCFWorks ジャンル:シューティング 2011/05/20

 「東方」風の2D弾幕シューティング。

 ボス戦のみの弾幕STGということだが、キャラデザがかなり洋風だ。自機にカスるとボムゲージが貯まるといったシステムがある。
 あまり目立つ要素はないが、出来は悪くない。この手のジャンルの作品は『Vorpal』くらいしか過去に出ていないので、大うけとはいかずとも受け入れられる余地はあるだろう。


RushingPunch_ss.jpg

Rushing Punch<ラッシングパンチ> 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Divider1109jp ジャンル:格闘 2011/05/20

 格闘で敵と戦う3Dアクションゲーム。

 ベルトアクションの風味が存在し、樽の破壊や緊急回避、そして敵をすべて倒して先に進むといったところからそれが感じられる。
 大げさで嘘を過剰に盛り込みすぎたモーションや無茶苦茶な効果音には苦笑いさせられるが、それ以上にバランスが致命的だ。敵は無敵時間がない上に吹っ飛んだ対象でもダメージを受けるので、一列にまとめてキックハメだけで倒せるのだから笑える。
 敵を一列にまとめてキックだ! それで笑えただけまだマシだろう。


Hangman360_ss.jpg

Hangman 360 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Angel Z ジャンル:懐かしのゲーム 2011/05/21

 その名の通り、英単語の学習になるハングマンが出来るゲーム。

 360インディーズゲームでも死ぬほど見ているハングマンが今更である。このデベロッパーは『Classic Minesweeper』や『Classic Solitaire』というどこでも出来るであろう作品ばかり配信しているので、これがある程度の小遣い稼ぎにはなるようだが……。
 内容としてもジャンル選択ができる以外は特に変哲なし。まァ、ハングマンがあればやってみたいという人はどのハードであれ少しはいるだろうから、それを狙っているだけなのだろう。こちらとしても、褒めたり貶したりする必要がないと考える。


5/22
tetsukyongirl_ss.jpg

鉄きょんガール 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Pink Hurricane ジャンル:キャラクター アクション 2011/05/21

 主人公のメイド勇者「きょん」を操作し、同じ色の敵を揃えて消していくアクションパズル。

 画面中央に向かってくる敵に鉄球をぶつけ色を変えて消すので、てっきり『ZUMA』に近いのかと思いきや、変化する色がランダムなので戦略性の立てようがないのである。そのため、パズルになっていないという困った出来としか言いようが無い。そして、アクションとして考えることも難しいのだからいやはや。
 それはさておき、古臭いというか懐かしい絵柄によって作られている世界は不思議と嫌な気持ちにはさせないのだから妙なものだ。まァ、メニューやゲーム中のシステムにこそ不足は多いのだが、よそでは見られない独特の雰囲気を持っていることには違いあるまい。


Conquest_ss.jpg

Conquest 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Jason Keiderling ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/05/21

 ビークルを操作し敵と戦う対戦型戦略アクションゲーム。オン2人プレイに対応。

 各所にある拠点を奪い合いながら敵を殲滅していく内容なわけだが、とにかくルールが洗練されていないの何の。一対一なのに拠点数・確保時間がやたらと多く、そのせいで無駄に時間ばかりが減る。BOTはひたすら単純突撃を繰り返すだけなので、自然とプレイヤーはひたすら拠点確保に追われるという地味すぎてどうしようもないプレイ内容になっていく。ひたすらに丸い円に乗ってボーっとしているだけのゲームだ。
 あとはスクリーンショットを見れば察しの通り。こうしてまた360インディーズゲームに誰も対戦しないであろう作品が登場した。トマソンを見るような気持ちになれないのが本当につらい。


5/23
AvatarsRockPaperScissors_ss.jpg

Avatar's Rock Paper Scissors 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:rmm5 ジャンル:懐かしのゲーム 2011/05/22

 アバターでじゃんけん勝負をするゲーム。オフ2人プレイに対応。

 言うまでもなくアバターゲーである。グラフィックがまともなことを除けば、ゲーム内容は『Truth or Treason』並であり、ただの騙しあい要素があるじゃんけんだ。
 アバターゲーは中身など関係なく、アバターが出ていれば良いのだ。……にしても、そんな子供騙しをいつまで続けるのだか。それとも僕が知らないだけで、北米あたりではじゃんけんが大ブームなのか? そいつは最高にCoolだな!


5/24
Refractor_ss.jpg

Refractor 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CurbDog Media Inc ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/23

 同じ色の六角形を揃えて消す落ち物パズル。オフ4人プレイまでに対応。

 六角形を3つ隣接させて消していくというものである。特に変哲のないルールなので、体験版ではプレイできない協力プレイや対戦は存在しているが、これといって意味があるようには思えない。
 プレイ中にブロックの色が変わったりBGMが変化するというのは良いのだが、それ以前に落ちていく形跡が一切見れないので混乱することや、パネルを入れ替えた際に動きが描写されていないためどう動くのかとにかくわかりづらい。無駄な場所に凝るより、まずは基本を抑えねば遊ばれづらいだろう。


BattleForVengaIslands_ss.jpg

Battle For Venga Islands 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Adam Spragg Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/23

 ベンガアイランドを守るため領地を獲得していく全方位シューティング。オフ2人プレイに対応(とあるが、ゲームプレイ中の画面は4人まで対応しているようだが)。

 四種類の魔法を切り替えて敵を戦い、勝利するとその領地が奪える……のだが、とにかく領地が膨大すぎる。これは何回戦えばクリアになるのだと体験版の時点で絶望できる。
 まァゲーム内容が面白ければまだ良いのだが、肝心のそこはバランスが悪く単調でダルく何がどう楽しいのか理解するのも苦しいというのだから、困ったとしか言いようが無いだろう。まさに戦争の不毛さを表現している……わけねーだろ!


UpBotGoesUp_ss.jpg

UpBot Goes Up 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:IshiEiketsu ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/23

 ブロックを1マスずつスライドさせて特定の位置に動かすパズルゲーム。『Treasure Treasure: FFEE』などでお馴染みIshisoftの作品。

 ルールはかなりわかりやすく、それぞれのボタンを押すと対応した色のブロックが動くのでそれを目的の箇所に動かすだけである。ブロックの位置や進行方向が変化する仕掛けが存在するため、それをうまく利用するとクリアできる。
 簡素なルールでありながらきちんと奥深さを用意できており、パズルゲームとしてはなかなか良く出来ているのではないだろうか。おまけにワンボタンモードや、色盲プレイヤーのためのモードまであり至れり尽くせりである。
 ただ、メニュー画面の安っぽさや難易度の低さ、そして何より作品の目立たなさは気になる点か。ともあれ、わかりやすく頭を悩ませるパズルとしての出来は及第点以上を与えられるだろう。


5/26
7gunfighters_ss.jpg

7 gunfighters 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Attacker ジャンル:シューティング 2011/05/24

 ガンマンとなりアウトローギャングを倒す一人称視点シューティング。

 町を歩きながら建物に隠れているギャングを殺し、最終的にボスを倒せばクリアとなる。FPSというか的当てのガンシューティングに近く、ひたすらに早く倒してスコアを稼いでいくようなルールである。
 メニュー画面や音楽の雰囲気は良いのだが、町は狭くてショボく、やはり単なるミニゲームという感じで盛り上がることもないだろう。バカみたいに頭を出してくるギャングをぶっ殺すことに人生を賭けている人には需要もなくはないか。


PlaneTraffic_ss.jpg

Plane Traffic 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:need1D ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/26

 指定された滑走路に飛行機を導くパズルゲーム。

 飛行機やヘリコプターが飛んでくるので、方向を転換させて指定されたポイントに導いてやるパズルに近いゲームである。当然、それらがぶつかるとゲームオーバーなので、それまでの点数を競う。
 特筆することのないミニゲームだろう。ただ、飛行機同士がギリギリでカスるシーンが多いので、乗客に感情移入することができるプレイヤーにはオススメしたい。失禁間違いなしのスリル溢れるゲームになるはずだ。そして「こんな航空会社は今すぐ潰れろ!」と叫べるに違いない。


5/27
Run Away_ss

Run Away 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:L0llygagg3r ジャンル:キャラクター アクション 2009/10/23

 犬や怒らせたオッサンから逃げるため障害物を避けて走る自動スクロールのジャンプアクション。

 ゲームとしてはよくあるボタンを押すだけの自動スクロール・障害物回避ゲームなのだが、手描きのグラフィックデザインが秀逸である。一見、やる気のない手描きに見えるものの、アニメーションで表情は丁寧に描かれているし、オブジェクトの種類も豊富だ。ヒョロい人間達の気の抜けた世界がきちんと描けているだろう。
 効果音も直接撮ったものでかなりショボいのだが、このどこか間の抜けた雰囲気の一環と考えれば笑窪と取れなくもないわけで、拙いように見えるものをよく見せる点はなかなかと言えよう。まァ、それでもあまり目立つ作品とはいえないが、長所があることは確かだ。

 尚、この作品は2009年に配信されていたものの国内のマーケットプレイスには存在していなかったタイトルである。この作品が国内でもプレイできるようになっていたと情報を送ってくれたqさんには感謝。


AvatarLegends_ss.jpg

Avatar Legends 240ゲイツ(期間限定) Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Barkers Crest ジャンル:RPG 2011/05/26

 アバターを冒険させるRPG。RPGツクール的なワールドクリエイト要素も存在している。システムリンク・オン6人プレイまでに対応。グローバルハイスコアシステムあり。

 アドベンチャーモードは様々なクエストをこなしていくRPGである。見た目はそれなりだが、建物には入れず、戦闘は序盤のせいもあってかかなり単調で、物語もほとんど期待できそうにない。正直、アバターが出ることとオンライン協力プレイができること以外は魅力が皆無である。
 ではRPGツクールとしての側面はどうか。設定できるのはマップに既存のオブジェクトや敵を配置するくらいで、アイテムや敵も数値を弄るだけになっている。とはいえ、会話やストーリーは設定できるし(日本語などの2バイト文字は使えないが)、このあたりは据え置き機で作るならこんなものだろう。

 RPGとして特別優れている点はないし、多種多様の世界が作れるわけではない。ただ、敷居はそこまで高くないし、例を見る作品でないこともまた確か。やはりビルドモードがどれだけ盛り上がるかに尽きるか。


5/28
ZombieSausages2_ss.jpg

Zombie Sausages 2 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:magma2280 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/05/27

 ゾンビソーセージを撃ち殺す固定画面ガンシューティングゲーム。『Zombie Sausages』の続編。オフ2人プレイに対応。

 「ゾンビソーセージとは何だ?」というふざけた一発ネタが二作目になってしまった時点で、このゲームの行き先は決まっている。
 前作からの変更点としては、特定の目標を打ち抜く「スナイパーモード」が追加された程度であり、ほとんど代わり映えがしないというべきだろう。そして、肝心の出落ち要素も使い古されてしまったわけで……。ソーセージは二度もゾンビにならない。


AkanetheKunoichi_ss.jpg

Akane the Kunoichi 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Haruneko ジャンル:キャラクター アクション 2011/05/28

 くのいちのアカネとなりゴローを救うため敵と戦うジャンプアクション。『Ace Gals Tennis』を製作したHaruneko氏の新作。トロフィーシステムあり。

 立ち絵詐欺とでも言うべき一品。アクションとしてはクナイを投げるたびに足が止まるし、壁ジャンプも使いづらく、快適に遊ぶというにはかなり辛いものがある。
 ならば、くのいちの美少女ゲームとして価値があるかといえばこれまた微妙で、ドット絵も出来が悪いわけではないが立ち絵ほどキャラはかわいくもないし、そもそもアカネの絵はスクリーンショットにある一種類だけなのだから笑えるだろう。結局、このゲームの魅力らしい魅力はこの一枚絵だけなのである。


5/29
WhyDidIBuyThis_ss.jpg

Why Did I Buy This? 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games 3 ジャンル:その他 2011/05/29

 テレマーケッターのしつこい購入勧誘を避けるゲーム。お馴染みSilver Dollar Gamesの作品。

 テレマーケッターがしつこくこのゲームの購入を薦めてくるので、選択肢でそれを退けるか諦めて買うかという作品である。あまりに文句を言い続けると上司が出てきたり、場合によってはプレイヤーが自殺するハメにもなる。
 買ってもイラストが見られるだけであり、つまりお試し版だけ遊んで買わないことこそがプレイヤーの勝利という妙なアイデアは目からウロコだろう。ただ、本当にそれだけである。「買わないことこそが勝利のゲーム」という字面が一番輝いている。


AstroCluster_ss.jpg

Astro Cluster 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Scott Lowther ジャンル:シューティング 2011/05/29

 対戦型全方位シューティング。オフ2人、システムリンク・オンでの16人プレイまでに対応。

 対戦タイプのツインスティックシューターだが、特に何もなし。宇宙は今日も地球より平凡である。


5/31
AvatarsDontBleed_ss.jpg

Avatars Don't Bleed 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SoGameSoftware ジャンル:キャラクター アクション 2011/05/31

 アバターを操作し即死罠を避けながらゴールを目指すジャンプアクション。

 即死トラップだらけのジャンプアクションということで、兎にも角にもありきたり。この作品ならではの見所も当然なし。アバターが出てくるだけ。
 個人的には、アバターをあえてトラップに突っ込ませて「このアバターゲー且つ流行のコバンザメめ! さっさと歯車に巻き込まれてミンチみてえなクソになって便器に流されてろ!」と叫びながら遊べばなんとか楽しいと言えなくもない。死ぬのは自分のアバターだが。


ShapeShop_ss.jpg

Shape Shop 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:matt nauman ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/05/31

 ペントミノで特定の形を作るパズルゲーム。

 内容としてはかなりありきたりなパズルゲームなのだが、錆びた歯車やプレス機といった工場のようなデザインがやたらと硬派である。普通であればファミリー受けも兼ねて無難なものになるであろうに、珍しい。
 『型取工房』とでも呼んで、更に堅苦しくなればこれはこれで特徴になるだろう。やっていることはペントミノ並べだが。職人が汗を撒き散らしながら必死にペントミノを並べる様子が目に浮かぶ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント