radiangamesシリーズが全品“マイナス400%セール”

radiangamesシリーズを買うならお早めに

 消費期限が短いニュースを扱う記事はあまり書くつもりがなかったのだが、以前書いたレビューに影響を与えるこれだけは記しておかねばならない。360インディーズゲームでいくつもの良作を配信し続けていたradiangamesが全作品を“マイナス400%セール”すると発表した。

Bizarro_sale.png

○ The Radiangames Bizarro Sale ? radiangames - small games, big fun
http://radiangames.com/?p=656

Like the banner above says, I’ll be raising the price of all my games to $5 (400 MS Points) on June 28th. Which means there’s about a week left of the price being at $1. Here are the links to the games’ marketplace pages if you’ve been on the fence. Time to decide if you’re in or out:

 マイナス400%というと一瞬こそ訳がわからないが、上記の引用を見ればわかるようにただの値上げである。今まですべての作品は80MSP(約120円)だったが、今月の28日からは400MSP(約600円)に値上げするようだ。これに諧謔を足すと、“マイナス400%セール”となるらしい。いやァ、笑える。

 ともあれ、買うなら早めにしておくべきだろう。28日といっても向こうの時間であるため、こちらは29日まで余裕があるとは思われるが、何にしても買いそびれることがないように気をつけたい。

 以下に「JoyJoy」以外の作品ごとの特集とレビューへのリンクを張っておく。もし必要であれば、目を通して欲しい。もっとも、値段が80MSPのころに書かれたものであることは念頭に置いて欲しい。

box_joyjoy.jpg
○ Xbox.com
box_radiangamescorossfire.jpgboxradianinferno.jpgwebbox_radifluid.jpg
○ Xbox.com
○ 特集

○ レビュー
○ Xbox.com
○ 特集
○ レビュー
○ Xbox.com
○ 特集
○ レビュー
boxradiangamesfireball.jpgbox_crossfire2.jpgbox_radiangamesBallistic.jpg
○ Xbox.com
○ 特集
○ レビュー
○ Xbox.com
○ 特集
○ レビュー
○ Xbox.com
○ 特集
○ レビュー

値上げセールはどう転ぶか

 ちなみに、値上げする理由としては以下のようである。
  • 利益が足りていない
  • 値上げして売り上げがどう変化するか調べる
 利益が足りていないというのは仕方ないことだが、値上げするとなると評判の悪化が不安である。とはいえ、マイナス400%セールという笑えるようなやり口でやっており印象は悪くないし、今まではずっと80MSPという最低ラインで販売していたわけで、今更の値上げでも反発は少ないだろう。

 しかし、作品の評価に対しては厳しいものとなりそうだ。特に、「Fireball」などは『Geometry Wars 2』の一モードに過ぎない内容と言われてしまうわけ可能性があるわけで、「それで400MSPは高い」という声が出てもおかしくなかろう。ましてやこのシリーズ、80MSPだからと評価する声があったことも間違いなく、評価面からすると間違いなく良い効果は得られないだろう。

 もっとも、売っている側も道楽でやっているわけではない。400MSPで今まで以上に利益が出ればそれで良し、出なくても販売数がどうやって推移するか確かめるということになるのであろう。ましてや値下げはもう出来ないわけで、販売促進を狙うならこういった方法を取るしかないのかもしれない。このあたりの事情は、プレイヤーからすれば致し方のないことである。

 ともあれ、値上げをするとなると、これは恒久的なものになるのであろう。後から下げることは厳しいし、それをするにしても当分の時間を要すると思われる。さすがに少しの間だけ上げてまた80MSPに戻るとは考えたくないので、買う側にとってはまさに決断の時と言えよう。

 ところで、同じく80MSPから400MSPに-400%セールをした作品というと、『Block Fight!!』を思い浮かべる。これはまさに厚顔と言うしかない値上げであり、プレイヤーに喧嘩を売っているとしか思えないという本当に図太すぎる神経だ。ある意味でradiangamesと最も正反対にいるような作品である。同じ-400%セールでもこの違いだ。

box_blockfight11.jpg
○ Xbox360 IndieGamesで石を拾う 02 【Block Fight!!】
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-767.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント