2011年7月のゲーム購入予定

2011年も7月

 いよいよ夏も始まり、暑苦しい日々が多くなってきたころである。

 エアコンをつけねばやっていられないような陽気になってきたが、世間は節電ムード。ましてや電気を必ず使うビデオゲームなどやっていられないわけだが、エアコンと同じように、死ぬまで節約していては元も子もない。

 つまり、ゲームをやらなければ死ぬという大義名分を作ればいいのだ。ああ死ぬ、ゲームがないと死ぬ、銃で何かを殺さないと衝動が抑えきれず自分を撃って死ぬ。定期的にギャルゲーのような歯が浮くキャッキャウフフを見ないと寂しくて死ぬ。駄作をやらないと自分が生きていて良いという確証を得られなくて死ぬ。……いや、こんな情けない話もないか。単純に、表に出るのが嫌だからという理由でゲームをやったほうがマシだ。

 ともあれ、今月も個人的に注目している作品を見ていこう。

2011年7月に発売されるゲーム

box_lanoire.jpgbox_edfia.jpg○ 2011/07/7
 今月の最初に出るのはいきなりの大注目作、『L.A.ノワール』である。ロックスター・ゲームスから発売されるクライム・スリラーのアドベンチャーで、プレイヤーは1947年のロサンゼルスで警察官となり犯罪を追っていくことになる。

 この作品は既に海外で発売されているが、かなりの人気を獲得しているようだ。題材からして大人向けの内容なので、こちらの国内においても数少ない名作となる可能性は十分だろう。見逃してはならない一作だ。

 続いて、同日には『Earth Defense Force: Insect Armageddon』も登場。D3パブリッシャーのSIMPLEシリーズとして名を挙げた「地球防衛軍」シリーズの最新作である。名前の通り、地球防衛軍となり巨大な昆虫たちと戦うTPSである。

 今作は海外のVicious Cycleという開発会社が手がけているため、多少毛色が違う出来となっているようだ。しかし、PSP版の『地球防衛軍 2』もなかなか勢いがあったようだし、出来さえ良ければ受け入れられ、シリーズとして更に進歩することになるだろう。

box_alicemadness.jpgbox_fear3.jpg○ 2011/07/21
 そして、21日には個人的に大注目している『アリス マッドネス リターンズ』が発売される。これは『アリス イン ナイトメア』という作品の続編で、「不思議の国のアリス」を題材にしたゲームである。彼女がより奇妙で狂気を孕んだ世界へと立ち向かうアクションゲームだ。

 前作は何年も前にPCで遊んだのだが、これがまた面白かった。ゲームとしては今ひとつだったが(それでも発売当時のことを考えれば良いものだった)、とにかくアリスの狂った世界が見事。チシャ猫の声や台詞などが特に素敵で……。と書いたのはいいものの、今作のローカライズは字幕だけらしいのが残念である。

 同じく21日には、『F.E.A.R.3』も登場。ホラーFPSとして有名な「F.E.A.R」もいよいよ3作目というわけだ。

 この作品はあのワーナーブラザーズから発売されるとのことである。そういえば以前、ワーナーブラザーズがゲームパブリッシャーとなるという記事を4gamerあたりで読んだか。その記念すべき第一作というわけで、ぜひとも頑張って欲しいところだ。

 また、同日には『アルティメットヒッツ インターナショナル ファイナルファンタジーXIII (プラチナコレクション)』も発売される。なんて長い名前だという感じだが、要はFF13の更なる廉価版が登場するということだ。出来はとにかく良いので、更に注目されるべき作品だろう。

box_ofprr.jpgbox_dungs3.jpg○ 2011/07/28
 最後である28日には『Operation Flashpoint: Red River』が登場。『Operation Flashpoint: Dragon Rising』の続編で、アメリカ海兵隊となり広大なマップでミッションをこなしていくFPSである。

 前作の「OFP:DR」は今ひとつな出来であった上、「Operation Flashpoint」シリーズとして捕らえられ非難されていた。しかし、Coopで遊ぶ中途半端にリアルなカジュアルFPSとして遊べばそこそこ楽しめたので、システムも進化した本作にはいくらか期待を持てる。

 更に、スクウェア・エニックスから『ダンジョンシージ 3』も発売される。これはダンジョンシージシリーズの最新作で、協力プレイやキャラカスタマイズ、そしてプレイヤーの選択によってストーリーが変化するシステムを搭載したアクションRPGのようだ。

 寡聞にしてこのシリーズを知らなかったのだが、こうして家庭用機に登場するということはありがたいことだ。しかし、いきなり3を出して大丈夫なのかという気もするが、出るということは採算が取れる可能性を見ているということなのだろう。ともあれ、馴染みのないゲームも選択肢にはあったほうが嬉しい。

買いたいんだけど!

 今月の発売予定作品で買いたいものは『アリス マッドネス リターンズ』なのだが、実は先月に買おうと思っていた『STEINS;GATE』にすらまだ手を出せていないのだ。

 出来るだけ早くやりたいところなのだが、オフライン専用のゲームというのは「まァ、話題に乗るためでなければ後に回していいだろう」と思ってしまうので、どうしても手を出すのが遅れてしまう。こういうことを考えていると、そのうちやらなくなってしまうので問題なわけだが、いやまったく困ったものだ。

 それにしても、今月は色々と手を出してみたいゲームばかりである。ゲームだけをやって生きていける日々はまだか、まだなのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

わたくしは『LAノワール』を買いだと思っておりますが、同居人の方は『Earth Defense Force: Insect Armageddon』ではないかと言っております。で、これ読んで『アリス マッドネス リターンズ』が無性にやりたくなりましたw。

今月も続編ものが多いということもあって、粒揃いというかどれを買っても外れはなさそうですね。時間と金が許されるのであれば、この記事で取り上げているものは全部買って全部遊びたいというのが本音です、はい。
アリスはとても良いゲームでしたよ。前作はテクスチャの文字までローカライズされているという親切っぷりで、感動したものです。そしてこのチシャ猫の助言が含蓄に富んでおり素敵すぎるのなんの。
http://www.youtube.com/watch?v=X7Au1evIBOI
非公開コメント