インディーズゲーム 2011年 9/1~9/30の新作

9/1
Chester_ss.jpg

Chester 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ ああ好きだ
デベロッパー:Brilliant BlueG ジャンル:キャラクター アクション 2011/08/31

 カップケーキを取り戻すために進む2Dジャンプアクション。プレイの最中に背景やキャラクターを変えることができる。

 通常の横スクロールアクションなのだがグラフィックが特徴で、スケッチ、8bit風、あるいは青写真などに任意で変更しながらプレイすることが可能である。また、キャラクターが10種類おりしかも成長要素があり、それぞれに必殺技が用意されている。
 ジャンプアクションとしての感触は悪くない。キャラや背景を変えていく必要性があるのかといえば、これは好みでしかないだろう。しかし、どのキャラ・背景も愛嬌があり、オニギリを投げたり配管工のヒゲに似ていたり、なんとなくスケッチ風にしたり8bit風にしてみたくなるのだ。やはりビデオゲームにおいて視覚は重要であり、多様な見た目で人を惹きつけようとする作品は珍しいとしか言えまい。問題は、背景を丁寧に用意して他の部分に皺寄せが行かないかだ。


JetStarUniverse_ss.jpg

Jet Star Universe 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Duane Hoyt ジャンル:シューティング 2011/09/01

 『グラディウス』のようなパワーアップシステムのある横スクロールシューティングゲーム。

 YATTUKEなパワーアップシステム! TEKITO-な敵の出現!! 新感覚やる気なしシューティングゲーム!!! シューターは今すぐやって悶絶しろ!!!!


9/2
AirCombatDesertAces_ss.jpg

Air Combat: Desert Aces 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Strange Games ジャンル:レース & フライト 2011/09/01

 P-47に乗り込み敵の戦闘機を撃墜するフライトシューティング。

 操作がかなり厄介で、慣れていない僕は敵に機関銃を当てることすらままならなかった。
 機体へのこだわりがあるのかもしれないが、それにしてもとっつきにくく敵を撃ち殺す快感も遠い。こういうものなのだと言われたらどうしようもないが。


JellyfishMD_ss.jpg

Jellyfish MD 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kevin Costello ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/02

 画面中央にある立方体のパネルを回転・上下させ、同じ色の丸を揃えて消していくパズルゲーム。

 中央部に奥行きや高低の概念のある3*3で構成された立方体があり、それを回転・上下させて周囲の丸をつなげて消していく。要は画面中央にキューブがあるので、それを回転させたり上下に動かして消していくパズルゲームというわけである。時間制限や手数でスコアを競うものや、特定ルールでプレイするチャレンジモードあり。
 空間認識能力が非常に重要で、これがわかりにくいと同時になかなか刺激的に感じられた。単純に動かすだけでなく、立方体に存在している丸の位置を把握してプレイしなければならないという噛み応えは実に味わい深いだろう。


9/3
MoeMekuri2_ss.jpg

Moe Mekuri 2 萌めくり2 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kohei ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/02

 パズルをクリアして美少女の水着姿を拝むゲーム。『萌えめくり』の続編。

 やはり一行目の通りで、安易で簡素な作りの萌えゲーである。しかし、それでも360インディーズゲームにおける国産美少女ゲーとしては質が高いことも前作から変わらないだろう。ギャラリーモードと音楽鑑賞モードがあり、必要な部分を押さえている。
 相変わらずテンポは悪いところもあるが、まァ美少女の絵が魅力なのでそれが気に入れば我慢できなくもないだろう。パズルも前作と少し形を変え、おまけとして捉えればきちんと進歩している。とはいえ、さすがにパズルを目当てで遊ぶゲームではないが。とにかく美少女を見て鼻息が荒くなるかどうかだ。

 尚、ゲーム開始時の言語設定で「日本語」を選択しても英語になってしまうようなので、設定画面で日本語に設定し直すことを推奨(体験版はセーブしないので仕様なのかもしれず)。


Blockt_ss.jpg

Blockt 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Moltensoft ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/02

 道中に落ちているブロックを転がし、他のブロックとくっつけつつ落ちるのを避けてゴールを目指すパズルゲーム。

 ゴールするには床とブロックの隣接の仕方が指定される場合がある。つまり、単純にくっつけてゴールを目指すだけではなく、くっつけ方や移動の仕方で頭を捻る必要があるというわけだ。
 レベルも75と豊富であるし、パズルゲームとして劇的に珍しいわけではないが、グラフィックや音響関連も十分な飾り気だ。はっきりいってパッと見では引き付けないが、心穏やかにブロックを転がすには適しているだろう。


HeadShotGod_ss.jpg

Head Shot God 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games ジャンル:シューティング 2011/09/02

 雷を落としてターゲットを殺すミニゲーム。「Head Shot」シリーズ最新作。

 今まではスコープを除いてターゲットを撃ち殺すゲームであったが、今回は神の立場から雷を落として殺す形になっている。雷は発動するまでに時間がかかるので、相手の動きを読んで落とす必要がある。
 ここまで来れば人気シリーズであろうが、どうにも今回は押しが弱い。銃から離れてしまったのはともかく、ファンタジー色が強すぎて殺人やグロテスクといった感覚から離れてしまったし、ゲームとしても無意味に煩わしくなった。何より、360インディーズゲームで既に雷を落として人を殺すというゲームは出ている。それとも、宗教観が違えば雷での殺人も違った意味で魅力的なのだろうか?
 とはいえ、シリーズの人気もあるだろうし多少肩透かしでも問題はないかもしれない。しかし、自然の落雷かと思うほど大雑把な落とし方をしたようにも感じられる。


TakeArms_ss.jpg

Take Arms 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Discord Games ジャンル:キャラクター アクション 2011/08/28

 対戦型全方位シューティング。システムリンク・オン8人プレイまでに対応。

 特殊隊員となり、小銃で敵チームと撃ち合って戦うツインスティックシューティング。ルールはDM、TDM、CTFといった基本的なもの。試合内容により、経験値が溜まりレベルアップしていくシステムがある。K/Dレートや勝敗数といったデータを見ることも可能。
 ルールが基本的すぎる、兵種が三種類しかない、経験値を貯めてもひたすらにレベルを上げるだけ、音響もショボく対戦の雰囲気もあまり良くないとナイナイ尽くしだ。いや、むしろ全体を見ればそれなりに整ってはいるのだが、プレイヤーを囲い込み繋ぎ止めておくという要の部分がキツく経験値を稼ぎ続けてくれる人を捕らえられそうになく、このゲーム自体がよそに撃ち負けそうなのだ。


9/5
Ninjah_ss.jpg

Ninjah 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Big Stupid Face ジャンル:キャラクター アクション 2011/09/04

 ロープや体を浮かすショットを活用しゴールを目指すパズル要素のあるジャンプアクション。

 勢いよく移動できるロープやショットで宙に浮き移動し、場合によってはアイテムを回収してゴールを目指す。また、特定の床に触れるとその色の壁に触れても死ななくなるのでそれを活用していく必要もある。
 ボリュームもそこそこで別に悪い作品ではないのだが、どうも埋没しそうだ。ゴールまでのタイムを競うにしてもランキングもないし、単純に内容の何かで特に引き付ける要素もない。唯一あるのはNINJAっぽいタイトルくらいのものだが、NINJAはロープやらショットを使わないのが困ったものだ。KAGINAWAやSHURIKENで空を飛べばよかったものを。


9/6
ElementalWizard_ss.jpg

Elemental Wizard 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Boosted Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/05

 限られた領域でスケルトンやらオークと戦う全方位シューティング。

 トップビューのツインスティックシューティングで、延々と敵と戦い続けるタイプのアレである。当然、簡素なショップシステムもある。
 属性を変えて相手の弱点を突くのはいいが、見た目と属性の組み合わせが非常にわかりづらい。そして敵はちんたらゆっくり歩いてくるだけだし、ショップのおかげで属性変更も必要性が薄い。更に、難易度が上がると、妙な効果音を鳴らしながらカラフルな「LEVEL UP」という文字がいくつもバラバラと弾ける様子を見せられる……、といつも通りなシュウサクSTGという感じだ。


ReddTheLostTemple_ss.jpg

Redd: The Lost Temple 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Blazing Forge Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/05

 探検家レッドが危険な遺跡を探索するアドベンチャーゲーム。

 トップビューでさまざまな罠が待ち受ける遺跡を探索し、お宝を手に入れるというものである。全編フルボイス。
 さすがに体験版では最初しか触れられないためこれといったことはいえないが、グラフィックやボイスといいなかなか手が込んでいる。「坂道で大きな丸い岩に追われる」といった遺跡探索にもファンがいることだろう。


9/7
MonkeyMadness_ss.jpg

Monkey Madness 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Phoebit ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/06

 サルを操作し移動する穴をうまく潜りながら頂上を目指す固定画面アクション。アワードシステムあり。

 トレーラーはWindows Phoneでプレイしているので、加速度センサーやらを使ったプレイがウリなのだろう。だがここはXbox360。単なるAボタンを押すだけのミニゲームと化すわけだ。地獄か何かか。
 ともあれ、ゲーム自体は単純すぎるものだ。穴を見かけたらAを押すだけでアイテムも簡単なものはあるが、これを据置機でプレイし続けるのはまさしく狂ったサルだけではないか。


PrimaryPotions_ss.jpg

Primary Potions 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Hydra Games Studios ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/07

 錬金術師となり、特定の色の薬品を作っていくパズルゲーム。

 色水の入ったフラスコを組み合わせて指定された色を作っていくというものだ。よく見るもので、特筆することもない。
 萌え崩れのキャラクターが出てくることは特徴といえば特徴か。萌えられないキャラファン、略して萌えないキャラオタは必見。


KingsCup_ss.jpg

King's Cup 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dwarf Biter ジャンル:テーブル ゲーム 2011/09/07

 引いたカードに応じて用意してある酒を飲むテーブルゲーム。

 「King's Cup」という海外の遊びをデジタルにしたものである。カードを引くと「誰々が酒を飲め」といったことが書いてあるので、それに従う遊びだ。
 元はトランプゲームなので、アナログでプレイする際はルールは覚えておかねばならない。そのためどれを引いて何をするべきかわかるのは良いのだが、おそらくローカルルールに対応できていないので微細なルールの違いが気になるはずだ。いや、そもそもXbox360を起動させてこれをやるのか。もしかして本当にやるのか?


Apex_ss.jpg

Apex 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Riddlersoft ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/07

 下から迫りくるマグマから逃げ続けスコアを稼ぐアクションゲーム。

 不愉快にならず遊ぶことはできるため良いゲームではあるのだが、特筆することはなし。


9/8
HACOTAMA_ss.jpg

HACOTAMA 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:YO1KOMORI ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/08

 アバターを操作し重力がころころと変わる場でボールを特定の位置に運ぶ3Dパズルゲーム。開発は『PRISMATIC SOLID』などのheloli氏のようだが、名義が違っている。

 3D倉庫番とでも呼ぶべきゲームで、足場の重力を無視してくるくると回りつつボールを特定の位置に押したり、あるいは乗りながら転がしていく。ボールは鏡のように風景が映り、カラフルな世界と相まってなかなか賑やかな世界になっている。
 プレイしてすぐに気づくのが操作のしづらさだ。段差は越え・降りられないので何度も回り込まねばならないし、反応もよくないので弱るのなんの。ただし、パズルゲームとしては悪くない。
 そして、雰囲気一本で攻められるのかと思えば、ステージクリアの演出などから安っぽさを感じてしまい、どうも今ひとつ押しが弱いように感じられる。アバターが出るのはいいのだがそれメインではないし、なんだかストーリーみたいなものも中途半端についておりどうも雰囲気を損ねている。

 個人的には360インディーズゲームにおける3Dパズルゲームとしての出来で考えれば悪くないと感じるのだが、普通の心無い人はXBLAの『ilomilo』あたりと比べてあっさりと見捨てそうだ。


9/9
HAPPY_ss.jpg

HAPPY 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SOLLOMAN ジャンル:キャラクター アクション 2011/09/08

 異常なほど肥満体型な男が転がりつつ進むサイドビュー物理演算2Dアクション。

 肥満の男が見ている夢の内容らしく(トレーラーを参照)、穏やかな草原やら荒れ果てた墓場、ビーチなどを進んでゴールであるケーキを目指していく。全年齢を対象にしている作品のようだ。
 ゲームとしてはこれといった仕掛けはなく、ビジュアルが重要視されているものだ。散りばめられた細かな小物たちが多く割り方賑やかなほうであるものの、しかし夢のような荒唐無稽な話もなければ世界に酔うほど仕掛けに凝っているようでもない。あの夢を見た時に覚える陶酔感やら恐怖が抜け落ちているか。

 ただ、穏やかすぎる印象はうまく出ていなくもないので、気づいたらプレイヤーも夢心地になるような作品にならないものだろうか。今のところだと目が覚めたら忘れそうな夢だ。


9/11
2DMathPanic_ss.jpg

2D Math Panic 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:OnekSoft Games ジャンル:エデュテイメント 2011/09/11

 ひとケタの足算か引算の書かれたロケットを動かし、正しい答えの人間と思しきものを拾うゲーム。

 計算をして答えを見つけるのはいいが、なぜ落ちてくる人間か豚かボールか判断しづらいものを拾う必要があるのか。連中は確実に地上もとい死へと向かっているが、気味が悪いくらいに笑顔である。
 そして、計算問題はひとケタのみで味気なく変更もできない。そのくせフェイクの答えには20以上の数がボロボロ出てくる。おまけにこのゲーム、正解を下に落とすことで残機が減るので、正解だろうと不正解だろうと片っ端から取得していけばゲームを続けることができるのだ。

 数字の連中は笑顔で地面に落ちていくし、ひとケタの計算を延々とやらされるだけならまだしも計算する暇がないくらいにハイスピードで、しかも正解か否かすら問われない算数ゲームとなると、なるほどこれは確かにMath Panicである。狼狽のひとつやふたつでは済まない。


9/12
AronsJourneyinDreamland_ss.jpg

Aron's Journey in Dreamland 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Meruvia Game Studio ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/11

 アロンが謎の城で狂った教授に出会う2Dジャンプアクション。

 なかなか操作感覚がイマヒトツなジャンプアクションで、スティックを入れてからの初速はやたらと遅いためダッシュジャンプがしづらいのなんの。アクションゲームとしての不備も目立つ。
 特記すべきなのは、ダメージの効果音がクイズ番組の早押しボタンを押した時の音に近いということか。よって、ダメージを受けた瞬間に答えを言わなければならないプレイヤーのためにあるといえよう。


9/13
AvatarStreetBasketball2_ss.jpg

Avatar Street Basketball 2 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bionic-Thumbs ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2011/09/12

 アバターが一人でストリートボールをするバスケットゲーム。『Avatar Street Basketball』の続編。音量注意。

 アバターを移動させてシュートの力加減を調整しボールをゴールへ突っ込むだけ。ルールは制限時間があったり、場所が指定されたりと数種類用意されているが基本的にどうしようもない。アバターゲーだ。
 唯一あるユーモアとしては、開発者と思しき人物の写真が出たり、ゾンビが出たりもする点か。このジョークですら何番煎じかわからず水分が抜けまくりだ。カラッカラになったゲームというのは逆に物珍しくて悲しくなる。


StreetSurvival_ss.jpg

Street Survival 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:steveo0209 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/12

 フードを被った青年が赤い車だらけのストリートを切り開くアクションゲーム。

 謎の青年が、目の描かれた赤い車を銃で撃ち殺しながら先へ進みハイスコアを稼ぐのだが、とにかくまともな状態で作ったとは思えないゲームデザインである。車はバカみたいに数が出るし、画面半分より右に行かねば進んだことにならないのだが、当然のように敵が右から出てくるために避けられない場合が多数で難しいなどという生易しいものでなく、静かな狂気を感じる。
 しかし、色使いはかなり普通だし、音もほとんど何もない。サイケというよりは調整不足がすぎただけなのだろうが、視覚と聴覚に手を加えていれば畏怖される存在にもなったろうに。ダメなゲームでもいいからもっとイカれて!!


9/14
GETTOTHACHOPPATWOOO!!2_ss.jpg

GET TO THA CHOPPA TWOOO!!2 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SO SO DEV Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/13

 ゾンビから逃げるためにボタンを押すミニゲーム。『GET TO THA CHOPPA!!1』の続編。オンラインハイスコアに対応。

 前作から何が変化したかと思えば、プレイヤーキャラが美女(?)になっただけである。内容としては表示された特定のボタンを押すだけのもの。絵も相変わらずテキトーに描き飛ばした手描きで、いやそもそも前作からキャラを一部を入れ替えただけだ。ゾンビのような腐臭を感じる。
 ちなみにタイトルは『プレデター』のパロディらしい。ついでに「NYAN CAT」のパロディも登場するようだ。手早く胸焼けしたい人はぜひ。


AvalisDungeon2_ss.jpg

Avalis Dungeon 2 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Team Shuriken ジャンル:RPG 2011/09/13

 二択か三択のダンジョン探索・美少女アドベンチャー。『Avalis Dungeon』の続編。

 戦闘や探索は二択か三択だけでほとんど意味がない。価値があるのは、美少女キャラが出てくるだけだ。……と同じことを何度書けばいいのかわからない360インディーズのギャルゲーである。
 前作から絵の質だけが上がっており、萌えキャラが殴られたりしているのを見て興奮したい人だけやればいい。というか、Team Shurikenのゲームに関しては「スクリーンショットを見て下半身に聞け!」と書くだけですべてが解決しそうな予感がする。


StrategicCombat_ss.jpg

Strategic Combat 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:All-templates.biz ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/09/14

 将棋に似たようなターン制の対戦シミュレーション。オフ・オン2人プレイに対応。

 将棋のように向かい合った駒を動かし争うのだが、ユニットがぶつかり合うとトップビューの全方位シューティングになり対戦しなければならないのだから爆笑だ。ユニットごとの性能差はあるが、基本的にシューティングゲームでの腕で勝敗が決まる。
 おまけに相手が全滅するまで戦わねばならないし、シューティングの対戦ゲームとしてはヘッポコもいいところ。チェスボクシングならぬ将棋シューティングという新ジャンルは今、完全に失敗した。


Pelleteuse_ss.jpg

Pelleteuse 400ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sohrab ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/14

 敵を避けたり潰して倒しながら宝石をすべて集めるアクションゲーム。

 『ディグダグ』の劣化コピーである。音楽を劣化させ絵を入れ替えて、傷つけて輝きをなくした『ディグダグ』のようで同一視をしたくないものだ。
 400ゲイツという値段もあいまって、とてつもないパチもん臭。僕は今、80年代にワープしたような錯覚を感じた。いやそんな懐古はいらない。


9/15
GOOLIN_ss.jpg

GOOLIN 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:LuckySoft ジャンル:キャラクター アクション 2011/09/14

 合体ロボットを完成させるためにタイミングよくボタンを押すミニゲーム。開発は『Lucky Game』などのLuckySoft。

 操作説明はなく、何度かプレイしてどうプレイすべきか理解する必要がある。とはいえそこまで複雑なものでなく、失敗したりする様子を眺めて楽しむのだろう。
 だが、仕掛けが少なく寂しいか。やはり出オチゲームなので、失敗するとロボットが壊れるだとか、搭乗員が転ぶと死ぬだとか、あるいは関係のないボタンを押すとロボットが大爆発するといったユーモアがあったほうが良かっただろう。プレイし始めて笑わせて終わりなのだから、そこに一点集中しなければ記憶には残りづらい。

 尚、タイトル画面でBackボタンを二度押しBでキャンセルすると、ゲームプレイ画面に飛ぶというバグがあるので注意されたし。(ちなみに、そのままはじめるとゲームは終了する。)


Figure8Racing_ss.jpg

Figure 8 Racing 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:DennisMac ジャンル:レース & フライト 2011/09/14

 激しく車がぶつかるカーレースゲーム。オフ4人プレイまでに対応。サッカーモードなどもあり。

 車の自重がかなり軽く設定されており、すぐに倒れたりひっくり返ったりする。Xボタンで復帰できるものの、コンピューターはひっくり返ったまま佇んでいるのだから笑える。
 おそらく、ぶつかり合いが魅力なのだろうが、こすれる音が気持ち悪いしぶつかってもあまり意味はない。せめてスーパーボールのように跳ねれば爆笑できた。ゲームとしては死んだとしても。


BallsNWalls_ss.jpg

Balls N Walls 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:David Tse ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/15

 棒を縦か横に伸ばし、動き続けるボールを避け陣地を獲得するパズルゲーム。

 要は『クイックス』を変形させ、やたらと文字をゴタゴタ並べて見づらい画面にしたものだ。
 これ以上、僕に何を言えというのだ。下ネタでも言えばいいのか。


9/16
PresidentJohnAmerica_ss.jpg

President John America 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Maverick Games ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/09/15

 アメリカ大統領のジョンとなり、交易や戦争を行い自国を立ち直らせるシミュレーションゲーム。

 交易で金を貯め、他国を宥めたりすかしたりして機嫌をとっていくというものだ。シミュレーションとしてはあまり奥が深くは見えないし、北朝鮮がマレーシアあたりの位置にあったりで、なかなかはっきり言うのを躊躇うことになる。
 しかし、自国の大統領が主役のゲーム、それも世界を救うなどというのはアメリカらしい価値観なのだろう。ゲームの良し悪しなどよりも、そういった視点の存在に色々思うところがあってしまう。


SEncounter_ss.jpg

SEncounter 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:WSBSoftware ジャンル:シューティング 2011/09/15

 秘密基地にある新兵器の技術情報を盗むため、潜入調査をするFPS(一人称視点シューティング)。

 ペラペラなグラフィックや、うるさいだけで意味のない効果音は仕方ないにしても、このゲームバランスの崩壊っぷりは素晴らしい。ダッシュ移動(LB)をすれば、敵からの銃撃はまず食らわないのだから最高だ。
 つまり、ずーっと早足で歩きながら、大ジャンプで天井の上に乗ったりしつつ、目標まで一直線に強行突破できるスニーキングFPSなのである。潜入とはいったいなんだ。


CallMe_ss.jpg

Call Me 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Utopioneer Games ジャンル:その他 2011/09/15

 女性の扱いを教えてくれるソフト。

 マネキンのような3Dの女性と話をし、自分の傾向やどのように話せば好かれるのかを教えてくれるというものだ。
 ゲーム自体は何度目だというものだが、出てくる女性がなかなか個性的なのでたずねてみるのも悪くないかもしれない。どいつもこいつも表情筋がカッチカチで個性的。新たな性癖の目覚めになるかもしれず、たまにはそんな女性と恋に落ちてもいいのではないか。僕は絶対に嫌だ。


DeadPixels_ss.jpg

Dead Pixels 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CantStrafeRight ジャンル:RPG 2011/09/15

 武器を獲得したりキャラを強化しつつ、街中に溢れるゾンビを倒していくベルトスクロールアクション。オフ2人プレイに対応。

 ドット絵や今ではあまり見ないジャンルなのは良いのだが、ゲーム自体は割と単調である。アイテムを回収しながら右へ進むだけだし、ゾンビも殴りながら射撃することで簡単に倒せてしまう。
 とはいえ、ドット絵もゾンビもベルトスクロールも根強い人気はありそうだ。問題に目を瞑れるという人もいておかしくないだろう。ゾンビを撃ち殺せるということは間違いないわけだし。


APimpRPG_ss.jpg

A Pimp RPG 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:HobbiSoft ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/16

 オークランドに平穏を戻すために女性たちと冒険をするRPG。

 現代なのかよくわからないが、舞台はオークランドという場所のようだ。呪文としてパンツやハイヒールを投げつけるのだから、だいぶイカれた世界でもあるらしい。戦闘はおそろしくテンポの悪いコマンド選択式。
 キャラクターの縮尺が明らかに間違っていたり、やる気のない会話文など、全体から感じられる異臭がすごい。ちなみに、「pimp」にはポン引きやヒモといった意味があるらしい。そのあたりのジョークをふんだんに込めたつもりなのだろうが、上滑りして発酵し、異様な雰囲気を出すことに成功している。マップ移動画面などキャラクターが浮きすぎており、自分の脳みそが壊れたのかと疑いたくなるような景色だ。


9/17
AngryFish_ss.jpg

Angry Fish 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:HobbiSoft ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/16

 怒れる魚を飛ばし、ブロックの上にいる猫を倒す物理演算パズル。『FishCraft』の続編。

 かなり見たことのあるゲームがより見たことのあるタイトルになって帰ってきた。内容として極端な変化はあまりなく、順当な形か。相変わらずプレイする際に不便な面が多くストレスが溜まるが、見た目も悪くなく、この手のゲームとしては普通だろう。
 それにしてもストレートなタイトル過ぎて安心する。いっそのこと、他ハードにあるゲームのクローンっぽいものが360インディーズゲームですべて揃うくらいなら潔くて悪くない場になるかもしれない。


9/20
PuzzledRabbit_ss.jpg

Puzzled Rabbit 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Pixel Elephant ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/09/20

 クリーチャー・ウサギの「倉庫番」。

 顔に足が生えた気味が悪いウサギを操作し、ブロックを特定の位置まで押すパズルだ。パズルゲームとしてはそこそこの出来で、操作もしやすいように気が使われている。レベル数も膨大で、180近くあるようだ。
 しかしこの化け物ウサギが怖い。パズルゲームとしてはありがちながら悪くないのに(あるいは、悪くないがパズルゲームとしてはありがちだが)、恐怖を感じるデザインだ。箱でなくクリーチャー・ウサギを推したいくらいである。


ProjectWindstorm_ss.jpg

Project Windstorm 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Always On ジャンル:その他 2011/09/20

 スカイダイビングをしながら箱を破壊するなどのミッションをこなすシューティング。

 不備が多すぎるスカイダイビングだ。開始時のメッセージは飛ばせないし、当たり判定が不明瞭でどこを攻撃すればいいのかさっぱりだし、箱を破壊するのも難しい(というか、どうすればいいのかわからなかった)。
 そして墜落死した際に、死んだことを知らせるメッセージが大量に動きながら出現するのが切ない。キャラが死んだことよりも、この妙なメッセージを出現させた人のほうが不安になる。


9/21
AvatarFighterOnline_ss.jpg

Avatar Fighter Online 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bwoot Games ジャンル:格闘 2011/09/21

 アバターが主役の2D格闘ゲーム。オフ・オンでの2人プレイに対応。『Avatar Fighter』のリニューアル版。

 以前のものに簡単なトレーニングモードやXbox Live対戦が追加されているようだ。相変わらず自分のアバターが使えるし、必殺技もある程度はカスタマイズが出来る。
 今まではかなりぎこちない格闘ゲームだったが、調整でスムーズに遊べるようになったのが一番大きい。遊んでいる時の違和感が一気になくなったのだ。この手の格闘ゲームとしては単純な操作も、キャンセルの融通が利きすぎてマズいと思われるのも、アバターゲーなので利点と成りうるだろう。

 あとは2D格闘ゲームを遊ぶ層と、アバターゲーを望む層(まだいるのだろうか)がうまく噛み合うかどうかだ。あえて言っておくが、国内の2D格ゲーが好きなプレイヤーが遊んでもまず満足できず、ショボい波動拳にキレる結果になるだけだろう。だいたい超必の波動拳なんて、生理用品のCMに出てくる青い水を吸った高分子ポリマーみたいヤツだぞ。


9/22
PigsCantFly_ss.jpg

Pigs Can't Fly 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Matt Mitman ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/22

 翼のついたブタをうまく飛ばしてあげるアクションゲーム。

 上昇と下降を駆使し、勢いを殺さずに地面を滑って空を飛ばしていく。飛ばすには少々コツが必要。ゲーム中にある星を集めることによって要素をアンロックすることもできるようだ。
 ゲーム自体は単純なハイスコア稼ぎなので劇的な名作というわけではない。ただ、夜空や色が変化していく地面はそこそこ綺麗なものだし、慣れると気分よく飛行することができる。妙なことに、ブタが飛ぶのが割と様になっているのだ。


GameFrenzy_ss.jpg

Game Frenzy 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MindsEdge ジャンル:懐かしのゲーム 2011/09/22

 ブラックジャック、スライドパズル、神経衰弱など8種類のミニゲームが収録されているソフト。

 「ポン」クローンやら『Ballochet』という同デベロッパの別作品まで収録されている。言うまでもないが、どれもやっつけだ。
 チップがなくなってもゲームオーバーにならないブラックジャックに、CPUがまともなので引き分けか負けにしかならないマルバツゲームなど、不毛の大地に炒った種を撒いては芽が出ないことを確認するような、悲嘆を味わえる一品。


9/23
Tunnelvision_ss.jpg

Tunnelvision 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Stendec Games ジャンル:シューティング 2011/09/22

 戦闘機に乗り込み、トンネルの中で敵と戦う3Dシューティングゲーム。

 弾がやたらと飛んできて画面いっぱいに軌跡が残るのが特徴。他はかなり単純な部類で、シューティングゲームとしてはやや不備がある。
 弾がビュンビュン飛んでくる見た目は悪くないのに、おそろしく地味だ。理由は簡単で、効果音や敵を倒した時の演出が弱い上に、ひたすらに似たような画面が出てきて緩急がないからだ。つまり、ただの弾垂れ流し状態。ゲリ弾ゲーである。


TheFallofGods_ss.jpg

The Fall of Gods 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Geex ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/23

 2D「ゼルダ」ライクな俯瞰視点のアクションRPG。この作品はChapter1に該当するようだ。

 ありがちな物語のもと広大な世界を冒険するのはいいのだが、音はぶちぶち途切れ、ロードは長く、敵は見づらい上に、HPが0になると即ゲームオーバーという調整が不足しすぎている部分にはゲンナリするしかあるまい。
 10時間超えの大ボリュームな上、このゲームは第一章に過ぎないそうだ。味はともかく量をやりたい人にはこれとないものかもしれないが、くれぐれも粗悪なものを摂取しすぎてゲロを吐かないよう注意されたし。


9/24
DontFeedtheTrolls_ss.jpg

Don't Feed the Trolls 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Frozax Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/23

 クマに餌を与え、トロールを平手打ちするボタン早押しゲーム。オンラインスコアボードあり。

 正解であるクマには4つのボタンで対応し、間違いであるトロールにはスティックの上下左右で対応するというもの。見た目からは複雑なように思えるが、単なるボタン早押しゲームだ。キャラの種類は多めだが、BGMや特殊なルールはなく盛り上がりに欠ける平凡な作品。
 それにしても、クマに餌をやるのはいいがトロールにはダメだという世界観がいまひとつ理解できない。おそらくこのゲームは、クマによるトロール・ネガキャンゲームであると同時に、熊に餌付けをさせることを習慣付けるプロパガンダなのだろう。おのれクマめ! 人間を牛耳ろうとしおって。


9/25
SideralDefense_ss.jpg

Sideral Defense 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:TuConceptoGames ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/09/24

 ブラックホールから出現する敵を迎え撃つタワーディフェンス。

 至って普通に遊べるタワーディフェンスだ。プレイヤーの不快感を煽ることもない。
 しかし、割と単純なシステムで、しかも宇宙という舞台設定がとにかくありがち。別にこの作品が悪いわけではないのに忘れ去られそうなので、誰かこの作品の名前を覚えておいてくれ。


WackyWavingIAFAvatars_ss.jpg

Wacky Waving I. A. F. Avatars 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bionic-Thumbs ジャンル:その他 2011/09/25

 アバターがエアダンサーのように動く映像を見続けるソフト。

 アメリカの『ファミリー・ガイ』というアニメに登場する「Wacky Waving Inflatable Arm Flaling Tube Man」というものが元ネタのようだ。これに関しては、元々の動画を見てもらったほうが話は早い。(WACKY WAVING INFLATABLE ARM FLAILING TUBE MEN! - YouTube
 そしてこのゲームはそれをパロったもの。自身のアバターが、イカれたように手を振る風船チューブ野郎になり、「Wacky Waving Inflatable Arm Flaling Avatars」と叫び続ける。おまけとしてボタン覚えゲームがついているが、それはどうでもいい。

 『ファミリー・ガイ』を見たことがないのでなんとも言えず。


9/26
DevilBlood_ss.jpg

Devil Blood 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:thelostone ジャンル:シューティング 2011/09/25

 4種類の魔法ショットと銃を使いこなし悪魔を倒すFPS(一人称視点シューティング)。

 真っ赤なダンジョンを進んでいくFPSで、Runeを装備して自身を強化したり、集めたソウルで武器や魔法をパワーアップさせるといったシステムがある。
 まさしくダメなFPSの典型例で、撃つ快感もなし、当たり判定も妙で悪魔がすり抜けるなどなど問題が山積み。しかし、何よりまずいのは、赤く代わり映えのしない洞窟をひたすらに歩き続け、同じ悪魔とばかり遭遇し続けるという退屈さ。確かにこんな同じ景色をずっと眺めているのは地獄だ。舌を噛み千切って死ぬか迷うほどに悪魔的。


9/28
HighGravityWells_ss.jpg

High Gravity Wells 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Stockton ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/09/27

 4つボタンで重力を操り、ボールをゴールへ導くパズルゲーム。

 宇宙空間で重力を操りゴールを目指すので、WiiWareの『Orbital』に近いか。ただし、舞台は宇宙であるものの、ステージの形状は思い切りパズルの色が濃く、重力も異常に強く、宇宙らしさはあまりない。
 リトライのテンポが悪いのとレベルデザインは少し気にかかるが、全体的に見ればぼちぼちといったところだろう。とはいえ、この手のゲームは360インディーズゲームでも既に出ている。宇宙は広すぎて似た景色がありすぎるのだ。


RangerWars_ss.jpg

Ranger Wars 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Nubbernaut ジャンル:格闘 2011/09/27

 ヴィクトリーレンジャーとなり、相手を踏み潰して倒す対戦アクション。オフ2人から4人のプレイに対応。

 どことなくレトロ風味のパーティー向けアクションゲームといったところか。
 操作感覚が悪いのとグラフィックが微妙なのは少し気にかかるが、全体的に見ればぼちぼちといったところだろう。とはいえ、この手のゲームは360インディーズゲームでも既に出ている……、とまた同じことを書かせるのか。アイデアでも勝負しないコピペのようなゲームは、こういう風にコピペで済まされることになるんだッ!!


Astralia_ss.jpg

Astralia 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Astroboid Games ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/09/28

 4種類の武器やドローンなどを駆使し、敵と戦う全方位シューティング。

 STGにRTSの要素を足したと謳ってはいるが、パワーアップシステムのややこしいトップダウンSTGという感じだ。ゲームテンポもよろしくなく、STGとして敵を倒すことに関してはワンパターンと来ている。
 トイレ用洗浄剤ではないが、「混ぜるな危険」と大きく書いておくべきだ。安易なジャンルキメラは奇形を産む結果になるので、プレイヤーも作者も思わず口に手を当ててしまう。この作業のような長所のないゲームがどんな一生を送るというんだッ!


9/29
Wizorb_ss.jpg

Wizorb 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ 刮目せよ!
デベロッパー:Tribute Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/28

 究極の魔術師サイラスとなり王国を救う、レトロゲーム風ブロック崩し。

 単なるブロック崩しではなく、任意でいくつかの魔法を使えたり、金の概念がある。また、場合によっては街中の探索やショップに立ち寄ることなども可能。
 とにかく質が高いということに尽きる。レトロゲーム風のデザインでブロック崩しというのはありがちな理念だが、ドット絵のキャラクターはよく動くし、愛嬌もある。BGMも効果音も見事で、ブロック崩しのほうも快適に遊べるように磨きこまれており、落ち度は見当たるのかと疑いたくなるほどだ。

 現段階では飛びぬけた質のレトロゲーム風ブロック崩しと言えよう。ただ、劇的なものはないのでいずれ忘れ去られる可能性もあるし、極端に火が付くことはないかもしれない。が、見逃すのもどうかしている。


MathFighter_ss.jpg

Math Fighter 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:iBlade ジャンル:エデュテイメント 2011/09/28

 数学の問題を早く答えることを競う4択対戦ゲーム。オフ・オンでの2人プレイに対応。

 問題は二桁の引き算から、二次方程式、平方根、文章題、微分積分など高校数学レベルまでのものが存在している。格闘ゲームのような戦っている演出も肝といえばそうか。
 この手の計算ゲームとしてはかなり本格的な問題が出る。とはいえ、これで勉強になるかと言われればノーで、クイズゲームとして考えるべきだろう。となるとエデュテインメントとしては失格だが、しかしクイズゲームとしてもジャンルが妙すぎて苦笑いをしたくなる。


ZOMBIECRAFTT!!1SAMPLER_ss.jpg

ZOMBIECRAFTT!!1 SAMPLER 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ オエッ
デベロッパー:Uplion ジャンル:その他 2011/09/29

 2Dサイドビュー糞デキソコナイ『マインクラフト』パクリゲー。『Don't Call Me Skyfish』などSkyfishシリーズの最終作。

 今まではラバーリングアクションだったSkyfishシリーズだが、ジャンルを根底から変えて、流行りものの『マインクラフト』の尻馬に乗ることを決めたらしい。しかし、ブロックの配置と破壊だけしか出来ないし、おまけにブロックは(確認できた限りでは)せいぜい6種類程度しかない。そして天井も床も低い。そもそも何か作ったところで、全体を見渡す機能がないので意味がないし、セーブ機能もあるか定かではない。砂浜に絵を描いているほうが何億倍もマシだ。だいたい、ゾンビはきちんと出るのか? とりあえずSkyfishシリーズを流用して、操作体系を変えてブロックを配置できるようにしただけだ。何がおかしいんだ。おかしいのは僕の頭か、この作品だ。
 はっきり言おう。下衆なゲームだ。作者は真面目に一生懸命この作品を作った可能性も考えられるが、それはさておき出来上がった作品は、流行のおこぼれに預かろうとしただけのクズだ。作るのに何年もかけたと言われても、皿に乗っている『ZOMBIECRAFTT!!1 SAMPLER』は酸鼻を極めている。


FallingBlocks_ss.jpg

Falling Blocks 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Multimac ジャンル:キャラクター アクション 2011/09/29

 上から落ちてくるブロックを避け、潰されないように登っていく一人称視点アクション。

 自分が『テトリス』のような落ちものパズルゲームに入った気分だ。上からブロックが降ってくるのであれば、なんとしても生き延びねばならないと思うだろう。
 そのあたりの心境はわからんでもないのだが、思い付きしか用意されていないのだから困ったものだ。ここで問題。もし、ひたすらにブロックを登っても脱出が叶わなかったり、それ自体が楽しくなかったら? 答え、飛び降りて死んだほうがマシ。


Robotriot_ss.jpg

Robotriot 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Centurion Games ジャンル:キャラクター アクション 2011/09/29

 ロボットエージェントとなり敵の戦艦を破壊するアクションシューティング。

 ドット絵とチップチューンのBGMが特徴なのはいいのだが、その質もまだ足りず、これだけで魅力として押し通すことはとてもできない。単調で冴えないレベルデザインも問題だし、操作感覚やシステムの磨きこみも足りなさ過ぎるだろう。
 前述の『Wizorb』と違い、腕や作りこみの差を思い切り見せ付けられたような作品だ。「ゲームジャンル自体はありがちで、絵と音楽が特徴」という似たような土俵で勝負すると、力の差が如実に表れ嫌でも比較されてしまう。


9/30
FastBall2_ss.jpg

FastBall 2 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Klik! Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/09/29

 自動スクロールのジャンプアクション。iOS向けに配信されているシリーズがXbox360にも登場したとのこと。

 ありがちな1ボタンのみを使うジャンプアクション。特徴はステージクリア型で難易度が低い程度か。
 iOS向けのものをプレイしたことはないが、それをそのまま移植しただけの印象だ。据置向けの調整があるようには思えないし、この手のジャンルも既に飽和気味。なんとなくボールが転がってきただけだ。ただ、ボールそのものに価値があれば話は別だろうが。


ConvictMinigames_ss.jpg

Convict Minigames 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Convict Interactive ジャンル:その他 2011/09/30

 5種類のアクション・ミニゲームが収録されているソフト。オフ4人プレイまでに対応。

 相手を踏み潰す対戦ジャンプアクション、すばやく上に登っていくジャンプアクション、恐竜が原始人を殺し続けるベルトフロアアクション、罠を避け宝を目指す高速ジャンプアクション、トライアングルマンのアクションパズルが収録されている。
 やはりどれも小規模だが、極端にやっつけというわけでもなく小粒揃いだ。どのゲームもマルチプレイならば気休めに遊べるレベルであり、友人との気休めになりうるだろう。ただ、気休めであることに違いないのが逆に痛いのだが。割と遊べるが、かといってゲームライブラリーで輝くことがあるようにも思えない。


DarkDelve_ss.jpg

Dark Delve 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Checkmark Games ジャンル:RPG 2011/09/30

 3Dダンジョン探索タイプのRPG。「Hall of Deeds」という実績に近いシステムあり。

 360インディーズゲームでは珍しいジャンルである。このジャンルは極端にメジャーではないものの、固定ファンもいるだろう。
 特に見た目の安っぽさは否定できないが、プレイ感覚はそこそこ快適。チャレンジモードもある。問題があるとすれば、据置機のダウンロード販売で需要があるかどうかだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント