Chester 特集

box_chester.jpg

Chester

 多くのゲームプレイヤーはワガママである。作り手側はアレやコレと悩みながらゲームの形を作っていくというのにもかかわらず、やれ見た目が気に入らないだのキャラが嫌だのと文句を言う。まったく、その要望にできるだけ応えていくとなると、いくつもの選択肢を用意しなければならないではないか。……そんなゲームが今回紹介する『Chester』だ。

 『Chester』は360インディーズゲームで2011年8月31日に配信された横スクロールジャンプアクションゲーム。開発はBrilliant Blue-G

 Summer Uprisingのイベントに関連して配信されたので記憶にある方も多いことだろう。個人的に好みである横スクロールジャンプアクションということだったので、こうして取り上げることになった。

chester_01.jpg
タイトル画面

 このゲームは、なんだかよくわからない黄色いChesterという二足歩行の生物を操作し、ステージの最奥部にあるカップケーキを求めて敵と戦いながら先へと進んでいく必要がある。特にストーリーはないようだ。

 このゲームの特色は説明するよりスクリーンショットを見てもらったほうが手っ取り早いだろう。次の画像を見てもらいたい。

chester_02.jpgchester_03.jpg
ステージの背景が変わる

 このスクリーンショットはどちらも同じ場所・同じプレイ中に取ったものである。そう、このゲームはプレイ中にステージのビジュアルを変化させられることが特徴なのだ。

ボタンを押すたびに目まぐるしく世界が変わる

chester_04.jpgchester_05.jpg
ぐるぐる変わる

 プレイ中、RBとLBで背景やオブジェクトが変化させることができる。8bit風になったり、ゲームウォッチのような画面になったり、別の場合には青写真のようになったりもする。最初は変化させられる種類も少ないが、ステージのどこかに隠されているアイテムを取得していくとアンロックされていく。

 ただし、本当に見かけが変わるだけであって、特にこれで何かゲームの内容に変化が起こるというわけではない。純粋に好きなものに変えろということなのだ。

chester_06.jpg
こんなにも変わる

 例え同じ場面であろうとも、景色を変えれば味わいもかなり違ってくる。ビデオゲームにおいて視覚的な刺激というのが重要なのは言うまでもない。ハードが進化した際にも見た目が取り沙汰されることであろう。

 通常、こういったアクションゲームはグラフィックが変えられることはあまりない。いや、レトロゲームのリメイクなどでは、昔ながらの絵柄と一新されたものを切り替えられるというゲームはある。まだ発売は先だが、『Halo』のリメイクなどはボタンひとつでスクリーンショットを変えられるというシステムがあるとの情報が存在している。

 だが、この作品に関しては2種類だけでなく、最大で6種類もの変更をすることができるわけだ。これはやはり大きな特徴である。好きなものにしたり、気分を変えながら遊ぶことができるというわけだ。

ゲームシステム

chester_07.jpgchester_08.jpg
見た目はさておき内容は割とふつうである

 さて、基本的なシステムの話をしよう。このゲームはステージ選択型のアクションゲームあり、ステージ数は20程度。難易度は4段階で設定できるが、被ダメージや敵の攻撃が変化するだけなのでこれまた好みに合わせて選ぶべきだろう。

chester_09.jpgchester_10.jpg
切手を集めながら先へ進む

 そして、プレイ内容は前述の通り、カップケーキを目指して敵を倒しつつ先へ進んでいく。Xボタンでショットが撃てるので、邪魔なやつらは全員ぶっ潰していくというわけだ。

 尚、道中には切手がいくつも落ちている。これは取得すると画面左下でカウントされ、切手が一定数に達すると新しいキャラクターのアンロックがされるのだ。また、グラフィックを変化させるアイテムを手に入れた時にもアンロックされる。登場するキャラは、芸術家であったり、ロックマンやマリオに似たヤツらが顔を揃えている。キャラもまた、プレイ中にRTとLTでいつでも切り替えられる。

 仲間キャラはそれぞれ違う個性を持っており、通常攻撃の軌道や特直も違えば、移動が特別なヤツらもいる。中には溜め撃ちができるキャラまでおり、これまたより取り見取りだ。

chester_11.jpgchester_12.jpg
必殺技も様々

 また、それぞれにはレベルや必殺技といった概念も存在している。敵を何匹も倒すと最大でレベルが5まで上昇し、攻撃や必殺技が強化されていくのだ。ちなみに、ダメージは数字で表示されるので強化されたことも実感できる。

chester_13.jpgchester_14.jpg
収集要素もある

 更に収集要素として、SWEET SHIPのアイテムが所々に隠されている。これをすべて収集すると、ゲームの概念をぶっ飛ばすほど強いSWEET SHIPが手に入るという寸法だ。グラフィック変化のアンロックアイテムと共に探していくといいだろう。

あつめてたのしい『Chester』さんちのゲーム

 景色を変えられるエフェクトは6種類、キャラクターはすべてで10種類。これらを収集し、好きなキャラ・グラフィックに切り替えてカップケーキを集めていくのが『Chester』というゲームだ。

 いやまったく、贅沢な作りであることは疑いようもないだろう。見た目やキャラが気に入らなければその場でチェンジしまくれるのだ。変えすぎても怖い人も出てこない。ここまでプレイヤーのワガママを許してくれるジャンプアクションも珍しいものである。

○ Chester レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1127.html


box_chester.jpg

Chester 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Brilliant BlueG ジャンル:キャラクター アクション 2011/08/31

 カップケーキを取り戻すために進む2Dジャンプアクション。
 プレイの最中にビジュアルやキャラクターを変えることができるのが特徴であり、純粋に見た目の変化を楽しむことが推奨されている。
 グラフィックは8bit風、青写真、スケッチなど全6種類に変更可能。好きなキャラ・見た目でカップケーキを集めていこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント