スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インディーズゲーム 2011年 10/1~10/31の新作

10/1
BallLightning_ss.jpg

Ball Lightning 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Samuel H. Potter ジャンル:キャラクター アクション 2011/09/30

 電光ボールを動かしてゴールを目指す2Dジャンプアクション。

 操作感覚が厄介すぎる。スティックを傾けても加速するまで遅いし、慣性は強く、壁に当たると加速がなくなるため一時的に操作不能のような形になる。よって理不尽に死に易い。そのため、穴に落ちても死ななくなるアイテムがあることはある。
 結局は操作しづらい上にショボいアクションゲームだ。この厄介な操作に慣れるのが肝であればまだしも、ルールのほうで落ちてもOKにしてしまうのである。それなら何もしなくてもクリアしたことにしてくれ。


SherbetThieves_ss.jpg

Sherbet Thieves 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bang Zero Bang ジャンル:シューティング 2011/09/30

 作物を守りながら戦う固定画面の全方位シューティング。オフ2人プレイに対応。

 至極普通のツインスティックシューティングゲーム(T-S STG)で、物を守りながら戦う必要がある以外は特別なことはほとんどない。例のとおり、ショップで武器を買うこともできる。
 こうなるとつまらないT-S STGとなりそうだが、遊ぶ感覚はなかなか良いのである。レベルデザインも悪くないし、テンポも操作感覚もなかなか。敵も作物を狙ってくるものや移動がバラバラなものなど種類に富んでいる。だが、このゲームが目立つことはないだろう。既に偉大な先駆者が多すぎるのだ。


10/4
Pixelosity_ss.jpg

Pixelosity 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:GLHF Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/03

 8bitスタイルの横スクロールシューティング。オフ2人プレイに対応。

 大量の弾を発射して敵を倒していくというもの。スコアの増加が激しく、敵が壊れた際にブロックが出てくるところが特徴である。また、nyan catが出てくるようだ(確認はしていない)。
 爽快感がウリなのだろうが、今一つとしか言いようがない。処理落ちも気になるものの、印象に残らないことに比べれば大した問題ではないだろう。


10/5
SteamSunk_ss.jpg

SteamSunk 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Snape ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/04

 海で飛行船などと戦うトップダウン全方位シューティング。

 グラフィックのそこそこ綺麗なツインスティックシューティングといったところか。操作感覚も悪くないのだが、体験版でプレイできる範疇が狭すぎるので、先のレベルデザインがどうなるかがわからない。
 海戦ものとしては特にに珍しくもないので、シューティングの楽しさをどう見せ付けられるかが肝となる。だが、そのレベルデザインは体験版ではよくわからなかったというのだから困りものだ。

 尚、プレイ中に突然購入画面が出るので注意されたし。


MegaShooter11_ss.jpg

Mega Shooter 11 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:infiniteplay ジャンル:シューティング 2011/10/04

 レトロライクな横スクロールシューティングゲーム。

 ワープゾーンを探しながら武器を集め、敵と戦っていくというシステムである。見た目はなかなかで、ドット絵の敵が動くところを見ると感慨を覚えるプレイヤーも多いことだろう。
 ただ、敵の攻撃がかなり大味に感じられる側面があったり、ワープが多く、ステージを中座させられることが頻繁にありダルい。もっとも、そのあたりは遊び方でカバーできるのかもしれないし、レトロらしさと呼べるのかもしれないが。


ThereWillBeBrains_ss.jpg

There Will Be Brains 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:DavidParker ジャンル:シューティング 2011/10/05

 ゾンビがバリケードを超えないように殺しまくる戦術アクション。

 右側からやってくるゾンビを銃や近接武器で殺し、バリケードを破られないようにするというゲーム。ゾンビを倒した金で武器を買うことができる。キャラの動きは遅いので、戦術を立ててゾンビを殺すことが重要となる。
 同じすぎるゾンビ。寡黙すぎるゾンビ。ダラダラ出てくるゾンビ……というわけでもなく、さすがにスキップするゾンビは出てきたが、とにかく倒しても嬉しくないゾンビばかりである。どいつもこいつも断末魔すらあげないので倒す喜びが皆無だ。嫌々ゾンビ退治をしたいプレイヤー向きであり、特殊ゾンビ清掃班の気分が味わえる一品。


FITS-Fishinginthesea_ss.jpg

FITS-Fishing in the sea 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:LuckySoft ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2011/10/05

 1ボタン釣りミニゲーム。オフ4人プレイまでに対応。開発は『GOOLIN』などのLuckySoft。

 餌の数や撒き餌の有無を選択し、竿を振ってウキが沈んだらAボタンを押すだけの簡単な釣りである。ただし、ゲームは点数を競う形式になっており、少ない餌でうまく魚を釣る戦術を組むことが重要となっている。また、釣った魚の記録や水族館などのシステムもある。
 運と技量の組み合わせがなかなかで、戦略を考えてじっくり遊ぶこともできるし、気楽なパーティーゲームとしてもいける。これは良い調整だろう。もっとも、同時プレイにも対応しているせいか、ボタンを押すだけでこれといった画面演出はなく地味さは拭えない。悪くない穴場だと思われるのだが、本当に穴場になりそうだ。


10/6
SpellMaster_ss.jpg

Spell Master 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Richard Mould ジャンル:RPG 2011/10/06

 スペルマスターとなり世界を救うRPG。

 BGMもなく不気味な世界、引きこもっており寡黙すぎる街中の住民、スットロいキャラの移動、何をしていいのかさっぱりわからずといった技術の甘さが随所に出ている作品である。
 世界を救う前に、まずはこの救う価値のないと思い込まれるであろうゲーム自体を魔法でなんとかしてくれ。


The$1ZombieGame_ss.jpg

The $1 Zombie Game 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:rmm5 ジャンル:シューティング 2011/10/06

 迫り来るゾンビを銃でぶち殺しまくるTPS(三人称視点シューティング)。

 題で非常に嫌な予感をさせられるが、音や演出はそこそこ派手で、銃の反動もあり撃っている感覚はきちんとある。ゾンビも過剰に吹っ飛ぶが、倒している実感を与えることに貢献しているだろう。ステージクリアごとに使える武器が変化するのも良い。ただ、とりあえず照準にゾンビが入っていれば当たるようだし、バランスも大味ではある。
 このゲームはタイトルが秀逸だ。淡白でゲームとしては問題があるものの、「1ドルの割にいける」と思わせられるのだ。とにかく「さまざまな武器でゾンビを撃ち殺す快感」という部分は成功しているので、1ドル分のゾンビ殺しは楽しませるのである。無論すぐ飽きられるだろうが、「まァ、1ドルだし」とも説得できるのだから、見事なタイトルといえるだろう。


10/7
WirralRailwayGardenPlants_ss.jpg

Wirral Railway & Garden Plants 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:JB Marius-Sheridan ジャンル:エデュテイメント 2011/10/07

 イギリスのWirral Railwayについての情報を見られたり、クイズができるソフト。ついでに簡素な植物辞書もついている。

 ……と思われるのだが、体験版では一画面の情報しか見られない上に、画面を移動しようとすると購入画面ばかりが出てきて厄介すぎる。正直な印象としては「ボタンを押すと購入画面が出るゲーム」である。
 奇妙な題材や、なぜか植物図鑑をつけるあたり『Oxadania: An E-book』の臭いがするなァ……と思っていたら、やはり開発者はJB Marius-Sheridanであった。氏は自身のファンタジー世界のみならず、イギリスの歴史も色々とゲームにしなければ気が済まないらしい。恐怖を感じる。


FlightAdventure2_ss.jpg

Flight Adventure 2 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CAVOK Games ジャンル:レース & フライト 2011/10/07

 P-51 Mustangを操縦するフライトシム。オフ・オン2人プレイに対応。『Flight Adventure』の続編。

 今回はP-51 Mustangを操縦する。前作からは、オンラインを含めたマルチプレイやレースなどが追加されている。とはいえ、根幹部分は前作と同じで、好きにフィールドを飛び回るような形だ。
 悪い作品ではないのだが、今ひとつ対象層が見えてこないか。シム好きには物足りなさそうだが、機体を特定のものにしている以上、門外漢向けというわけでもなし。はたしてどこに飛んでいくべきなのか。


10/9
Blocky_ss.jpg

Blocky 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:think flow ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/07

 ブロッキーを操作して敵を倒したり避けたりするアクションゲーム。

 スクリーンショットを見ても何がキャラで何がアイテムで何が敵だかわからないように、ルールもぐっちゃぐちゃである。避けたり敵を倒したり、色々と出すぎてなんて説明すればいいのかよくわからないが、とにかく説明しなくてもいいのはわかる。
 かといって、貶すべきほど仕方のないゲームでもなく。まさにゲーム内容のように、よくわからないけれども別に理解しなくても問題はないというのがこの作品。理念を身で表していると言えよう。


EscapeTheCar_ss.jpg

Escape The Car 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Afro-Ninja Productions ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/10/08

 車から脱出するゲーム。メダルシステムあり。

 Flashにありがちな、ポイントクリックでアイテムを見つけ謎を解き密室から脱出するタイプのゲームである。
 出来はそこそこか。わざわざ据置機に持ってきた意味はわからないが、360インディーズゲームではなかった種類の作品ではあるので需要はなくもなかろう。もっとも、ネット環境があるならPCでやると言い切られるだろうが。


AvatarTriviaOnline_ss.jpg

Avatar Trivia Online 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MikeVentron ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/10/08

 雑学クイズゲーム。オン16人プレイまでに対応。

 問題は450種類で、アバターが表示されないこともない。だが、複数のアバターが同時にクイズを解いている演出はほとんどないようだし、アバターも正解した時に出るだけ。クイズゲームとしての不備もありそうだ。
 最近は少なくなってきたなんとも言いがたいタイプのアバターゲーである。ここで一つクイズを出そう。クイズゲームとしてどうしようもない上に、アバターもロクに出ないアバターゲーとはいったいなんなのか? 答えは僕も知りたい。


NinjaWarSTOLENSCROLLS_ss.jpg

Ninja War STOLEN SCROLLS 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:belcro ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/08

 NINJAが戦うベルトスクロールアクション。オフ4人プレイまでに対応。音量注意。

 XBLAで配信されている『Castle Crashers』の影響が強いようで、マップ移動画面や、レベルシステムがあることや、4人協力プレイに対応していることからそれが垣間見える。
 ゲームとしてはかなり大味で、コンボシステムや武器の奪取はあるものの、適当に殴っているだけでなんとかなってしまうし、コンボもジャンプしてから攻撃を連打しているだけでいいという有様。レベルデザインにも問題があり、敵の数をひたすら出しまくって調整するという形で面白みに欠けるのは言うまでもない。
 また、敵・武器・イベントの種類なども少なく、諧謔に富んだパーティー・アクションゲームというわけにもいかず、安かろう悪かろうなキャックラクローンの印象に留まる。値段以外に期待してはならない。期待をしたかったり、オンラインプレイをしたいなら本家を買うべし。


PixelAnimator3D_ss.jpg

Pixel Animator 3D 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Stegersaurus Games 2 ジャンル:その他 2011/10/08

 ドットを重ねて3Dキャラを作り、アバターや制作したキャラ・状況を利用してアニメーションが作れるソフト。ビデオや制作物をオンラインで共有可能。

 なかなか類を見ないタイプの作品ではあるのだが、コントローラーでの操作のしづらさはたまったものではない。プレイヤーとしても、何かを作りたいというのであればもっと良い環境が他にあるのだろう。とにかく家庭用据置機向けではないと思われる。
 この作品で必死に何かを作ったとしても、360で共有するよりも、録画してYoutubeあたりで公開したほうがよほど都合が良さそうなのも泣ける。


10/10
MerballTournament_ss.jpg

Merball Tournament 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Tarh Ik ジャンル:レース & フライト 2011/10/10

 マーメイドとなり珊瑚ボールを奪い合いゴールに持ち運ぶ、サッカーのような対戦ゲーム。

 ベニヤ板にペンキで色を塗ったかのようなハリボテ急造のグラフィックや、対戦ゲームだが一人でしか遊べない点、ボタンひとつでボールを奪えるため球の確保は人数での勝負になるひたすらに醜いルールなど、実に見事な一品。
 迷路の難易度を上げると高さの概念が加わるのだが、カメラワークが恐ろしくひどい上に壁や床がすり抜けて映るので、ゲロを吐くかと思うほどに混乱を極める。マーメイド文化から発祥したスポーツは人間向きではなさすぎることを証明している一作。


10/11
ShockandAwe_ss.jpg

Shock and Awe 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:DeRail Games ジャンル:シューティング 2011/10/10

 協力プレイがメインの全方位シューティング。オフ4人プレイまでに対応。

 異なる能力のキャラ四人から一人を選び、敵だらけの街中をうまく進んでいくツインスティックシューティングである。
 まァそこはいいのだが、熱湯で五時間ほど煮たスルメのように味のないステージはなんだ。必殺技が使えるようになるアイテムが腐るほどあるので、それでガンガン進んでいくだけ。そして、とにかく冗長で味わいのない上に、変わり映えもしない街並み。協力プレイをしたら文句のこぼし合いで盛り上がりそうだ。


10/12
GlowArcadeRacer_ss.jpg

Glow Arcade Racer 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Chris Rands ジャンル:レース & フライト 2011/10/11

 ネオンサイン風のステージを走るトップビューのレースゲーム。オフ4人プレイまでに対応。コースのビルドモードあり。

 シンプルなレースゲームだが、コースの種類も豊富でビルドモードもあり整ってはいるだろう。
 やや輝きがドギついのは気にかかるものの、この手のレースゲームの水準は超えていると思われる。


10/15
FlagHunt_ss.jpg

Flag Hunt 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Square Particle Corp ジャンル:テーブル ゲーム 2011/10/15

 特殊なユニットを加えたチェスのような軍事風ボードゲーム。オフ2人プレイに対応。

 ミサイルやレーダーといった特殊ユニットがあるボードゲームである。ただし、デモ版ではそれらや特殊ルールを設定できないので、操作感覚の悪くてショボいチェスになっており、ゲームとしてもプレイヤーとしてもやる気を感じられない。
 トレーラーでは「これはチェッカーでもチェスでもない。戦争だ。」などと素晴らしい意気込みを見せているが、チェスの世界のほうが激しい戦いを見られることになるのだろう。戦争というか、場末の酒場の喧嘩とでも言うべきか。


10/17
ARPHalloweenEdition_ss.jpg

ARP Halloween Edition 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bedroom Studio Entertainment ジャンル:キャラクター アクション 2011/10/16

 アバターを操作し、障害物を避けてスコアを稼ぐミニゲーム。『Avatar Rail Panic』のハロウィンバージョン。

 ボタンを押して障害物を避けるタイプのありがちな作品。特徴としては使うボタン数が多いのと、グラフィックや音楽になかなか気合が入っていることか。とはいえ、やはりガワを変えただけであるし、ゲームとして特筆することもない。
 そういえば、こういった季節ものも珍しくなった。こうしてシーズンごとにガワを変えた作品が出るのもXBIGの特徴であったが、どうもそんなに需要はなかったのだろう。中身はほとんど同じで、しかも一時的な季節ものなわけで人気が爆発的にならないのも当然だ。菓子のパッケージかという話である。


10/18
SmartBomb_ss.jpg

SmartBomb 400ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:vince3006 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/18

 照準と機体を動かして敵を倒す固定画面シューティング。

 『ミサイルコマンド』のように照準を動かして敵を狙い撃つのだが、そもそも自機も自由に動かせるのでこれがまったく意味なし。牛歩のようにトロい照準を動かさねばならないのため操作感覚はクソで、右スティックで方向を決めるだけの普通のツインスティックシューティングがどれだけまともに出来ているか理解できる。
 しかも、ステージのボスを倒すにはアイテムが必要なのだが、その出現はどうもランダム臭いのだから困ったものだ。おまけに雑魚を倒していると、耳をつんざくようなすごい雑音が発生する。よって、400ゲイツを払って悲鳴をあげるためのゲームである。


10/19
AvatarPunch_ss.jpg

Avatar Punch 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bionic-Thumbs ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2011/10/18

 アバターの対戦ボクシングゲーム。オフ2人プレイに対応。グローバルハイスコアに対応。

 やはりアバターゲーであり、ボクシングゲームとして捉えると動きや演出の物足りなさや、ゲームシステムの甘さ、処理落ちなどが気にかかって仕方ないだろう。特に音が弱く、相手を殴っている感覚が弱いのは困る話である。
 結局、アバターゲーとして題材をボクシングにしただけである。このデベロッパーとしては毎度のことなのであった。


TechnoChopper_ss.jpg

Techno Chopper 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:GZ Storm ジャンル:レース & フライト 2011/10/19

 テクノBGMのもと、飛行機を飛ばしどこまでいけるか競うミニゲーム。オフ2人プレイに対応。開発は『QuickDraw』などのGZ Storm。

 『Techno Kitten Adventure!』という作品に影響を受けたかと思ってしまうようなタイトルだが、中身もやはり似ている。テクノBGMが流れているビジュアライザーのような画面で、自然に落下するヘリの高さをうまく調整して障害物を避けていくのだ。
 レトロ風なインストBGMはなかなか良いのだが、ゲームプレイ中にBPMが思いっきり極端に高くなったり低くなったりしてしまうのが問題である。やはりBGM推しであれば曲をまともに聴かせるか、あるいはBPMが変化しても聴けるようにすべきであって、曲調が頻繁に著しく変化するのはゲームバランスの調整とはいえ褒められたものではない。というわけで、期せずして『Techno Kitten Adventure!』の良さを知ることになった一作。


InternationalMooingContest_ss.jpg

International Mooing Contest 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ ンモー!
デベロッパー:PurpleGame ジャンル:その他 2011/10/19

 牛の乳を搾る世界大会に挑戦する音ゲーもとい声ゲー。オンラインハイスコアに対応。

 マキバオーそっくりな牛の乳を搾るのだが、特定ライン上にやってきたボタンを押す形なので音ゲーのようなものだと考えてもらって問題ない。ただ、このゲームの何がすごいかといえば、制作者のものと思わしき牛のボイスである。四つのボタンを使用するのだが、それぞれを押すと「制作者牛ボイス」が鳴るというわけだ。
 ボタンを押す数が増えてくると、情けない「ンモァー」「ンミャー」という牛ボイス効果音で気の抜ける音楽が奏でられる。しかも牛ごとに効果音が違い、中にはラララと歌い出す牛までいるのだからたまらない。聴いてみればバカバカしさが突き抜けすぎており、この脱力感にあなたはもう耐えられない。


AvatarPanic_ss.jpg

Avatar Panic 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Milkstone Studios SL ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/19

 泡を避けながら破壊してハイスコアを稼ぐサイドビュー・アクションゲーム。オフ4人プレイまでに対応。

 縦に伸びる銛のようなものを活用し、分裂する泡を破壊していくゲーム。時間を止めるアイテムなどもある。どうもレトロアーケードゲームのパロディのようだ。
 地味ではあるが問題もない。無心に泡を割るべし。


10/20
PlatformHack_ss.jpg

Platform Hack 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Daydalus ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/19

 マップクリア型のアクションゲーム。

 どうでもいいストーリーや死ぬほど大味でバカみたいに出てくる敵もすごいが、このゲームの魅力はとにかく効果音である。どうしようもないゲームだが、カラッと笑える。
 緊急回避するとワア! ワア! とうるさいし、クリアするとパパーン! と雰囲気に合わなさ過ぎるファンファーレが鳴り、やられるとアアォー! とケツでも掘られているかのような声を発する。おまけにボスの中にはゴジラの鳴き声を使っていると思われるものまでおり、アアォー!! パパーン!


RemoteViewer_ss.jpg

Remote Viewer 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Developer25 ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/10/19

 リモートビューイング(遠隔透視)能力を鍛えるソフト。

 いよいよXBIGにも『マインドシーカー』のような作品がやってきた。隠されたカードの絵柄を当てるだけのミニゲーム……ではなく訓練や、製品版では宝くじの三桁の数字を当てるというものまであるようだ。
 ……それにしても、なんだかクソゲーとバカにすることもつまらないゲームだ。「『マインドシーカー』っぽいクソゲーですよ、ほら笑って!」と言われているような印象が強いからか。こういうのは400ゲイツあたりで出して、本気っぽさをアピールしないとダメなのだ。よってクソゲーとも呼べないリアルな駄作である。


HellsHouse_ss.jpg

Hell's House 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:BM Games ジャンル:その他 2011/10/19

 幽霊屋敷に取り残された女性を生き残らせる実写ゲーム。『Bloody Death』という実写ゲームと同じ女優が出演している。

 画面上部にあるリズムゲームをクリアできると動画が先へ進むというもので、クリアできないと強制的にゲームが終わり恐怖映像になる。しかし、ゲームに集中するので映像を見られない、成功すると怖くない映像しか見られないといった問題があるのはかなり痛い。ムービースキップができないのもどうかと。
 とはいえ、やはりB級というかそれ未満なムービーを見るには持ってこいである。人形が豹変して叫んだだけでゲームオーバーになるシーンや、妙な合成で手の生えまくった女優が化け物として出てくるシーンなど、苦笑するしかないホラーがあなたを待っている。


10/21
FinalFailure_ss.jpg

Final Failure 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Cobalt270 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/20

 クラスを選び敵と戦うサイドビュー・アクションシューティング。オフ4人プレイまでに対応。

 四種類のクラスから好きなキャラを選び、敵と戦っていく。視認性の悪いステージや、大味なアクション、そして特に言うことのない内容があなたを待っている。
 協力プレイに対応したのは唯一の良い点だ。遊べなくはないが楽しむのは難しいだろうから、フレンドに助けてもらって遊ぶべきだ。いや、ゲーム内容をではなく、コントローラーを持つことを助けてもらうという意味である。


GrandClassMelee_ss.jpg

Grand Class Melee 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gigatross Games ジャンル:格闘 2011/10/20

 クラスを選びプレイヤー同士で対戦するトップビュー・アクションゲーム。オフ4人プレイまでに対応。

 剣や魔法を駆使して相手を倒す対戦アクション。クラスは選択によって分岐し、場合によっては六十種類にもなるそうだ。
 対戦は地味ながら悪くないが、殴りあうには熱気が足りないか。このゲームでは血が出なさそうだ。


GhostMineDigforSurvival_ss.jpg

Ghost Mine: Dig for Survival 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:thelostone ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/21

 地面を掘り宝石を獲得しながらゴールを目指すアクションゲーム。

 どことなく『Miner Dig Deep』のような作品を目指したのだと思われる作品。あるいは『Minecraft』か。ブロックを破壊しながらアイテムを回収しつつ、ゴールを目指していく。ステージクリア時にはサポートアイテムを購入することが可能。
 ジャンプして掘るモーションをキャンセルしたほうがスムーズに行くことや、デモでは敵が一種類しかいないことや、一応はアバターゲーなのにアバターの表示がやけに小さいあたりから察して欲しい。本当に掘るだけで満足するならこれがいい。


BloodyMary_ss.jpg

Bloody Mary 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games ジャンル:その他 2011/10/21

 画面上に現れるBloody Maryのサインを探す実写ミニゲーム。

 「Bloody Mary」と三回唱えると、洗面所で呪いが起こるという都市伝説を題材にした作品のようだ。画面内にサインが現れるらしいので、それを探す。プレイヤー本人が実際に「Bloody Mary」を唱えて体験をするモードもある。
 やはり実写のムービーが笑える。電話口の相手をいきなり死亡確認したり、狭い風呂場でのオーバーリアクションは見物。ゲーム中に出る「Bloody Mary」のサインもよくわからないし、恐怖体験モードもやっつけ。つまり、しょうもない都市伝説をうまく再現したゲームなのだろう。


Glowbz_ss.jpg

Glowbz 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kiveryn ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/21

 敵を倒しつつエネルギーを集める全方位シューティング。

 時は6,000,004年。Glowbzというエネルギーを集めるため、人類は宇宙の敵と戦わざるを得ないのであった。……というやたら血なまぐさいゲームである。
 敵を倒すだけでなくエネルギーを集めるというのを思いついたのだろうが、ゲームルール的にはこれといった成果を挙げていない。ツインスティックシューティングとして悪いわけでもないが、銃弾が降り注ぐ中、エネルギーを回収する命がけの作業のような興奮はまったくなく、むしろ黙々と炭鉱で仕事をしているような印象が強い。


10/22
MilieTelly_ss.jpg

Milie & Telly 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Nitama Naishin ジャンル:シューティング 2011/10/21

 黄色と赤の弾を使い分けて敵を倒す横スクロールシューティング。「Success」という実績に似たシステムあり。

 全方位に攻撃できるシューティングゲームで、敵の色に応じて弾を使い分ける必要がある。また、製品版では武器のアップグレードやらも存在しているようだ。カートゥーンテイストなイラストやコミックが特徴。
 このゲームに持った印象はひどいものである。おそろしく冗長で、意味もなく出てくる敵をなんとなく倒すだけのSTGだ。音響もロクでもなく、一口で言えば絵柄しか見所がないわけである。デザイナー以外のすべてが足りない。


Lumberjack_ss.jpg

Lumberjack 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gamefarm ジャンル:シューティング 2011/10/22

 かわいいというか気持ち悪い自然や動物たちをぶっ殺しまくる全方位シューティング。オフ2人プレイに対応。

 ショットガンやチェーンソー、投げ斧やバズソーを使って敵を殺すツインスティックシューティングである。通常であれば敵はエイリアンだのゾンビだのだが、今回はムカつくくらいにかわいこぶっている動物たちだ。
 こういう趣味の悪さは評価したいし、STGとしてみるとそれなりだ。ただ、やはり大味で、点数以外に雑魚を倒す意味がないのは弱ったものである。おまけにブリっ子な動物はあまりむごたらしく死ぬわけでもないし、ヤってもヤらなくてもいい感じだ。


10/23
AvatarPlanking_ss.jpg

Avatar Planking 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Highbrow Games ジャンル:その他 2011/10/22

 食べ物や動物の写真の中に、アバターとして入り込むコラージュソフト。

 いわば「アバター顔ハメ」である。写真の中の一定箇所(主に食べ物の中や、動物の口の中)に自分のアバターが入るというもの。ポーズや位置はあらかじめて固定されている。スライドショー機能付き。
 これで笑えということのようだ。有料顔ハメが80ゲイツであるということさえわかっていれば、後は各々の判断にまかせてかまわないだろう。寂れた観光地の顔ハメ看板のように、良し悪しを語る必要なんてまったく無いはずだ。


10/25
LivingDead_ss.jpg

Living Dead 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Zombiecrusher ジャンル:シューティング 2011/10/23

 とにかく延々とゾンビを殺す全方位シューティング。

 適当なゾンビに武器のアンロックと、何十回もやったことがありすぎるツインスティックシューティングだ。どこかのデベロッパが作品と自分たちの名前を変えて既存の作品を出したのかと疑いたくなるような内容である。
 完璧にバカなゾンビを適当に倒すだけで、音もゲームも何もかも腐っている。おまけに、ゾンビゲーなのにロボットが出てくるのだから最高だ。「ゾンビだから」と許される免罪符を自ら破っているのは潔いので評価したい。


FourWindsFantasy_ss.jpg

Four Winds Fantasy 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:QUIMDUNG CO. LTD. ジャンル:RPG 2011/10/23

 心底意味のわからない世界を冒険するRPG。

 ペイントにマウス描いたような……、いや、似たような環境で描いたであろう小汚いグラフィックが特徴。ブレスが入りまくってる素人ボイスも魅力である。
 店に入るといきなりコメントし難いバンドの演奏を聴かされそのまま退出させられるという訳のわからない演出があったり、街の人に「お前の息子はクソ野郎だ」といきなり言われたり、家に入ってみればハンバーグ顔のブサイクから「一緒に家で寝て……」と誘われるイカれたゲームである。どんなゲームかわからないと思うが、僕だってわからない。願わくば何か元ネタがありますように。


UnBound_ss.jpg

UnBound 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:monufrak1 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/24

 大ジャンプを駆使し、高所にあるオーブを集める一人称視点のアクションゲーム。

 シークレットオーブを探し出すだけの地味なゲーム。ただし、モードによってはアジリティオーブを収集して身体能力を上げつつ、高所から大ジャンプする必要がある。『ライオットアクト』から着想を得たのだろうか。
 高いところから飛び降りるのには迫力はなくもないが、かなり地味で収集量が半端なく多くしんどい。実績のようなシステムをつけて、ついでに三人称視点をテキトーなアバターにでもしておけば、奴隷のような作業を好む人が釣れそうなのが惜しい。


NoPainNoBrain_ss.jpg

No Pain No Brain 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MonkeyWare Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/24

 ゾンビを素手や鉄パイプで殴り倒す16bitのレトロ風格闘アクションゲーム。

 ライン移動のないベルトスクロールアクションのような感じで、ゾンビを倒しながら先へと進んでいく。ボスも出現する。
 16bitなのに『ロックマン2』パロで始まるのもよくわからないが、ダメージ効果音もない上にひたすら殴っているだけの大味な戦闘、長すぎる無敵時間を使う前提の退屈なボス戦など最悪すぎる。ただ、見た目は悪くない上にゾンビはきちんと出てくるので、よくわかっていないゾンビファンを食い物にするであろう一作だ。ゾンビとどちらがよく食うか。


EndlessPrincess_ss.jpg

Endless Princess 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Algitt Studios ジャンル:キャラクター アクション 2011/10/24

 姫を助けにいくため、無限の自動スクロールジャンプアクションに挑むゲーム。

 自動スクロールで操作はボタンのみという何度目だというタイプの作品だが、ファンタジー風味の味付けがされており、ボタンに対応した操作で敵を倒していく必要がある。「シュッ」や「ウイッ」といったやる気がなくなる制作者と思しき方のボイスが魅力。
 ガワを変えたのはよかったものの、ゲーム内容が磨かれていない。穴をジャンプするのもトゲの草を避けるのもかなりコツが必要で、比較的わかりやすいこの手のゲームでは痛手。そもそも普通のファンタジーがどうなのかと言ってしまうと進退窮まるので、そこは見逃していただきたい。


10/27
LightFish_ss.jpg

LightFish 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Eclipse Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/25

 ネオンサインのような魚を操作し、線を引いて陣地を奪っていくゲーム。

 早い話が『クイックス』のような作品だ。敵に当たらないよう線を引いて一定領域を手に入れればクリアとなる。見た目も音響もそこそこ。
 360インディーズゲームでも時々見る『クイックス』のクローンだが、本家が日本よりアメリカのほうで先にかなり流行したそうなので、向こうの人の思い入れが強いのだろう。国が変われば懐古も変わる。似たようなゲームが何度も出るのはきちんと理由があるわけだ。まァ、知らない人から見ればしつこいと思えるのも事実だが。


CastleOfPixelSkulls_ss.jpg

Castle Of Pixel Skulls 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Josep Monzonis ジャンル:キャラクター アクション 2011/10/25

 制限時間内にゴールを目指す固定画面ジャンプアクション。

 回避と攻撃だけの非常にシンプルなプラットフォーマーである。時間切れでゲームオーバーになると強制的に一面へ戻されるようだ。(製品版の詳細は不明。)
 単純となるとレベルデザインがどれだけ丁寧で飽きさせないかが重要となるわけだが、それに関しては残念な出来である。おまけに操作感覚が悪い、移動速度が遅い、死んだ時の演出が長い、ボタンを押した数だけ効果音が鳴りまくると不快な印象すら持たれる作りなわけで、つまりガイコツのようにスッカスカなゲームである。


OTO_ss.jpg

OTO 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Media Bandits Studio ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/25

 ふわふわと揺れ動く風船のようなOTOを導く強制スクロールのアクションゲーム。オフ4人プレイまでに対応。メダルシステムあり。

 正式名称は『Orthographic Traversal Orb』。影絵か切り絵のような見た目は印象的であり、特殊なアイテムを駆使し、星のあるポイントを潜り抜ける必要がある。マルチプレイ対戦モードも存在。
 デモ版は専用モードを遊ぶことになるのだが、これが短すぎてなんともいえず。これといって人気を得そうなジャンルではないことは確かだろうが。


AvatarTower_ss.jpg

Avatar Tower 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:kaapeDevPublish ジャンル:キャラクター アクション 2011/10/25

 迫り来るタワーを登り、どこまで行けるか競うミニゲーム。

 ジャンプで塔を上っていくだけの内容。僕は一度、タイトル画面の時点でガックガクになり、重すぎてまともに動かないことになったので注意。(その際はガイドボタン、Yボタン、上、スタートボタンでダッシュボードに戻るとよい。)
 散々見たゲームだということには目を瞑るにしても、アバターの縮尺がおかしく潰れ饅頭状態なのがたまらない。何か他のキャラを表示していたのを無理やりアバターに置き換えただけなのではと邪推したくなる上、まともに動かなかったことから不信感は倍増。ゲーム本編より箱丸が怪しい動作をした時のほうが何倍もドキドキした。


PaddleWars_ss.jpg

Paddle Wars 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:PixelCollisions ジャンル:懐かしのゲーム 2011/10/25

 大変貧相なブロック崩し。

 スキルやアイテムといったものはあるが、面倒くさいだけで涙が出てくるブロック崩しである。反射角もわかりにくいことこの上ない。
 いくら出ても何度でもまた出てくるブロック崩し。これらと対峙するプレイヤー側のほうがよほどPaddle Warsである。


MinerMan_ss.jpg

Miner Man 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:karl90 ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/10/25

 穴を掘り、落ちてくる岩を避けながら宝石を集めゴールを目指すパズルゲーム。

 ルールは色々と違うが『バルダーダッシュ』のようなゲームか。特色は重力がどちらに作用するかわかりにくい程度(ほとんど同じに見える岩の方向で見分ける)。
 『Minecraft』クローンといい『ディグダグ』クローンといい、XBIGには穴堀りブームが来ているのか。やはり素晴らしい点は穴堀りゲーというところくらいである。


SuperKablamo_ss.jpg

Super Kablamo 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Meh Games ジャンル:シューティング 2011/10/25

 スペースヒトデを操作し敵と戦うシューティング。オフ4人プレイまでに対応。

 さまざまなアイテムが出現するので、それを駆使して敵を倒していく。単なる障害物である赤血球みたいなものなどが大量出現するのも特徴。
 ゴチャゴチャしすぎており、何が敵で何がアイテムで何が障害物かさっぱりわからないのがインディーズゲームらしい。取り立てて褒めるべき点もなく、本日のように大量の作品を遊ばねばならない日には、訳のわからないまま消えていくであろう。このゲームの内容を見事に表せている。


SensoryOverload_ss.jpg

Sensory Overload 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Frank's Shop Games ジャンル:レース & フライト 2011/10/26

 暗闇を照らしつつ障害物を避けハイスコアを稼ぐゲーム。

 単純な障害物を避けるだけのゲームなのだが、ボタンに対応した4色を使い分けることで点数が増えたりする。また、基本的に暗闇の中を進んでいくことになり、行き先や障害物を照らさなければならない。
 男性の局部のような自機から始まり、チュートリアルに出てくる障害物はウンコのようだし、下ネタなのかと疑わしくなる。ゲームとしてはとにかく退屈で、暗闇の中を進む感覚がまったく表現できていないだろう。切断された一物が下水管の中を流れていくゲームと言われると納得。


DiePadDie_ss.jpg

Die Pad Die 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:paracelus ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2011/10/27

 ボタン連打ゲーム。オフ4人プレイ、オンラインハイスコアに対応。

 1ボタンモードと2ボタンモード、「Quick Time Events Marathon」モードがある。一番最後のモードの詳細はデモ版では不明だが、とにかくボタンを連打するのみだろう。
 それこそタイトルのように、パッドにとてつもない恨みを持っている人が遊ぶべきである。あるいはボタンを連打しないと世界が破滅すると思い込んでいる強迫性障害を持っている人のための一品。いずれにせよ、連打に並々ならぬ感情を抱いていなければならないという資質が必要だ。


DesertCommando_ss.jpg

Desert Commando 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Big Head Games Ltd. ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/27

 砂漠でミッションをこなしていく俯瞰視点のシューティングゲーム。

 コインを入れるなどアーケードゲーム風の演出が存在するが、特定のクレジット内でクリアを目指すというものではなく、指定されたミッションをこなしていくというものである。
 難易度が高いのはアーケードらしいが、システムはあまりそれらしくなくて驚く。一面も大して充実していない上に難易度がやたらと高いし、非常に雰囲気を損ねているような。ゲーム自体はこれといって悪くないのだが、どこか遠い国のアーケードゲームをやっているような気分にしかならない。


10/28
PrairieDogMassacre_ss.jpg

Prairie Dog Massacre 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dwarf Biter ジャンル:シューティング 2011/10/27

 プレーリードッグを虐殺しまくるガンシューティング。

 穴を掘って登場する連中をズームして撃ち殺すだけ。ゴア表現もこれといったものはなく、ゲームとしても特筆することはない。
 日本国内ではかわいい動物との印象を持たれているプレーリードッグであるが、アメリカでは害獣扱いされている。よってこういうゲームも登場するというわけだ。ゲームとしての良し悪しはさておき、日本では馴染まない内容であろう。むしろ心が痛むなどと怒る人もいそうで、いやなんとも。無論、プレーリーギャクサツスキーでも満足いかないであろう。


4-tetMusicMaker_ss.jpg

4-tet Music Maker 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Marky's House ジャンル:音楽 2011/10/27

 四方向に動く特殊なリズムボックス。

 上下左右に楽器を設定し、その中で玉がそれぞれの楽器部分に当たることによって音が奏でられる。
 特別な設定が何か良いものを生み出しているとは思えないし、サンプルを聞く限りでは雑音が流れるだけであった。ただ、「ヘイ!」という開発者ボイスと思しきものがあるので、開発者ボイスファンは必聴。

 ゲーム終了時、購入画面が出るので注意されたし。


LastDragonStanding_ss.jpg

Last Dragon Standing 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Werewolf Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/10/27

 ドラゴン型のパドルで火の玉をはじき、敵ドラゴンの卵を破壊する対戦ゲーム。オフ4人プレイまでに対応。

 要は対戦型の『ポン』である。反射角を選べたり、特殊なアイテムが買えたり、ステージ中に出てくる人間を殺すと点数になる。
 どうも何回か対戦をして合計点数で勝負するという形のようだ。ルール設定もできず、ストーリーを読まねばならなかったりと、パーティー対戦ゲームとしては問題ありまくりである。そもそも伝説の翼竜も、気がつけば単なるパドルと化しているのだから世の中というのは残酷なものだ。


WARR_ss.jpg

WARR 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ABICO ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/10/28

 ターン制の陣取りゲーム。オフ4人プレイまでに対応。

 数字の大小で勝負し、隣り合った陣地を奪い合っていくという古典的な対戦ゲームである。カードによって数値が増加するといったルールがある。
 戦争も現実となれば、実はこんなに没個性的で地味なのやもしれず。ああ、画面の中とはいえ戦地が遠い。


10/30
MOTOJUMP_ss.jpg

MOTOJUMP 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Carlo Sunseri ジャンル:レース & フライト 2011/10/29

 バイクに乗りジャンプ中にトリックを決めて点数を稼ぐゲーム。グローバルハイスコアに対応。

 スティックの左右で重心移動、ABXYでトリックを発動と簡素な操作である。クラッシュせずにスコアを競うことがメインになるようだ。
 ステージが進んでも、ジャンプ台の高さと飛ぶ穴の距離が増えるだけなのはなんとも頂けない。しかし、クラッシュするとライダーの上半身だけが跳ねながら移動しまくるといった怪奇現象や、バグなのか嫌がらせなのかバイクの整備不足なのか常に前タイヤが外れた状態になるのは心底笑える。格好良く飛ぶことなど考えず、ひたすら惨めにクラッシュするゲームなのかもしれない。そしてライダーの上半身を飛ばせッ!


AvatarChess_ss.jpg

Avatar Chess 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Turkey Based Games ジャンル:テーブル ゲーム 2011/10/30

 コマをアバターにすることができるチェス。オフ・オン2人プレイに対応。

 オンライン対戦に対応している他、チェスのコマを2D・3D・アバターに変更することが可能。
 単なるチェスであるが、アバター対応で、しかも360インディーズゲームでは出来が良いほう……、と言いたいのだが、操作感覚が悪い上にコマが移動できる場所の表示もないし、ルール説明もないと問題も多いか。360インディーズゲームにおける他のチェスゲーよりはマシな評価を受けるだろうが、決定版にもならなさそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。