スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の車窓から 02 【Train Frontier Express】

Train Frontier Expressで世界の車窓から

ska_title_02.png
世界の車窓から

 「世界の車窓から」、本日はTrain Frontier Express(以下、TFE)から各地の風景をお送りします。

 ……と気味の悪い冗談はさておき、以前紹介記事を書いた鉄道模型シミュレーターとでも言うべきTFEから、どんな街並みが見られるのかということを記事にしていくのが本記事の目的である。

○ Train Frontier Express 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1140.html

 好きなように世界を作っていくのが楽しいゲームではあるが、やはり醍醐味は列車に乗り込んで完成した街の景色を楽しむことだ。オンライン上で出会った街で、車内から見える風景だけでなく、近くにある建造物や施設を紹介していこう。

大自然に囲まれた穏やかな街並み

tfe_s02_01.jpgtfe_s02_02.jpg
なんとも殺風景だ

 今回はパブリックマッチで発見した街を探索しよう。まず部屋に入って飛び込んできたのは、かなり殺風景な荒野であった。生えているのは草くらいのもので、建物も掘っ立て小屋のみ。土地も禿げているようだ。

 この街は荒廃した風景が見所なのだろうかと思いつつ、列車に乗って先へと進んでいく。線路は山へと繋がっていた。

tfe_s02_03.jpgtfe_s02_04.jpg
木がやたらと多い

 山の中腹あたりに来ると、多くの木々が視界を遮るようになる。先ほどの禿げ上がった土地とは違い、やたらと木が多く、賑やかで驚くようになってしまうくらいだ。

 しかし、線路を進むと更に目を見開く光景が待っていた。

tfe_s02_05.jpg
山中の街

 そう、山中には小規模ながら整った街が並んでいたのだ。こんな山中だというのに道路まであるし、駅の規模もなかなか大きい。

tfe_s02_06.jpgtfe_s02_07.jpg
ここだけ見るとふつうの街だが

 ここには住宅が多く、車の多さからも人の活気を感じられた。住民たちは鉄道で山中で木を切るなり、荒野で石炭を採掘して生計を立てているのだろうか。近代風に見えるが、周囲は木ばかりなので牧歌的な田舎なのだろう。

 この世界は、こうして鉄道が大自然の中を走り、その途中でぽつぽつと街がいくつか存在しているというような形になっている。大規模な街を作るとオブジェクト数制限にかかってしまうため、こうして自然を生かした世界を作るのはなかなか理にかなったやり口である。また、自然の風景も次第に変化をつけており、荒地、木が多い山、岩だらけの崖、だだっ広い草原など、飽きさせないようにしているのもなかなか凝っている。

列車でくぐりたまえ

tfe_s02_08.jpg
くぐる

 また、この世界では“くぐる”ものが重要視されている。列車を走らせていると、鉱山用高足建造物がトンネルの代わりとして用意されており笑ってしまった。

tfe_s02_09.jpgtfe_s02_10.jpg
伏見稲荷……ぽくはないか

 更にその後、同じ高足の建造物とコンテナを使った狭いトンネルも用意されていた。確かにこのゲーム、トンネルが一切なくて困っているプレイヤーは多いだろうが、こうして無理やり用意してしまうとは。強引さを感じつつも、膝を打つ思いである。

合理的且つ自然を生かした世界

tfe_s02_11.jpg
こんなところに済めばさぞ静かであろうが

 トンネルを抜けると、崖際に小さな家があるのを見つけた。こんなところに住むのはさぞ不便だろうとも思えるが、やかましい都会に住んでいる身からすれば別荘として利用してみてもいいかもしれない。たまに来る列車だけが自分を訪ねる人だ。

tfe_s02_12.jpg
のんびりと

 自然に囲まれた街の中を、ゆっくりと列車が走っていく。人の手がうまく入っており、窓から見られる景色もちまちまと変わってくれる。山を使ったアトラクションのようだというのは言いすぎであろうが、窓に顔を近づけて外を眺めていても退屈しないのは間違いないであろう。


box_tfe.jpg

Train Frontier Express 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Team Train Frontier ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/08/30

 鉄道模型シミュレーションというべきゲーム。
 線路を引き、土地を弄り、オブジェクトを配置して好きな列車を走らせよう。
 最大四人までのオンライン協力プレイにも対応。フレンドと共同作業も可能だ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。