Summer of Arcade 2011のキャンペーンでXbox360 Indie Gamesを遊べ!

soa2011_top.jpg

160MSPの使い道をお教えしよう

 今年の夏、Summer of Arcade 2011でXbox Live Arcadeの作品(体験版を含む)を3作品ダウンロードすると、マイクロソフトポイント(以下、MSP)がプレゼントされるキャンペーンが行われていた。体験版のみの場合でも漏れなく160MSPが貰えるというわけで、参加した人も多かったことであろう。

 ただ、160MSPをもらったところで何に使えばいいのか困るだろう。無論、アバターアイテムに使ったり、他のゲームを買う時の足しにするといったことも考えられるのだが、せっかく無償で貰ったこのMSP、何かパーッと使い道はないだろうか?

 そんなことを考えているあなたにお勧めなのがXbox360で配信されているIndie Games! 石石石石石玉石石石石という具合の玉石混交っぷりではあるが、中には面白みのある作品が配信されているのだ。

 今回は2000作品近くある360インディーズゲームから、割と最近配信された80MSPで購入できる10本を紹介しよう。本当は過去の作品も山ほど紹介したいところなのだが、話が長くなりすぎるので今話題の新作に絞っておくことにする。

たのしいゲームを遊びたいあなたに

 まずは、2011年8月から10月までの間に配信された比較的人気が高いと思われる80MSPの作品を5本紹介する。どれもジャンルは違うので好き嫌いはあると思われるが、なかなか良い評判も聞くことのあるゲームたちだ。

CursedLoot_ss.jpg

Cursed Loot 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Eyehook Games LLC ジャンル:RPG 2011/08/22

 リアルタイム制のダンジョン探索RPG

 種族を選びランダム生成のダンジョンを敵を倒しつつ攻略し、アイテムを回収しながらどこまで行けるか競っていくという作品。リアルタイム・ローグとでも呼べばいいだろうか。
 実は『Epic Dungeon』という作品の改題作品である。開発元の事情によって違う作品となったようだ。80MSPでダンジョンに行きたいのならばこの作品である。


ZombieRacers_ss.jpg

Zombie Racers 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Big Head Games Ltd. ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/08/29

 車を操作し、とにかくゾンビをひき殺しまくるトップビューのレースゲーム。オフ2人プレイに対応。

 火炎放射器やマグネットなどを使い、とにかくゾンビをひき殺しまくり規定数に達するまで殺し続ける。対戦モードもあり、カスタムルールで殺した数を競うことも可能。
 これ自体が名作だの未来まで残ると呼ばれる作品ではないものの、ゾンビを車でひき殺しまくるというゲームにおいてはなかなかだ。ゾンビどもが吹っ飛ぶ演出がややくどいものの、ゾンビ殺しの気分を味わうにはもってこい。


DeadPixels_ss.jpg

Dead Pixels 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CantStrafeRight ジャンル:RPG 2011/09/15

 街中に溢れるゾンビを倒していくベルトスクロールアクション。オフ2人プレイに対応。

 ドット絵のベルトスクロールアクションで、レトロらしさが売りであろう。アイテムを回収したり、店で装備を買ったりするというシステムも存在している。
 ベルトスクロールの「くにおくん」あたりを想像してもらえればわかってもらえるだろうか。ゾンビをぶっ殺しながら先へ進むゲームであるが、360インディーズゲームはとにかくゾンビ人気が高い。


AvatarFighterOnline_ss.jpg

Avatar Fighter Online 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bwoot Games ジャンル:格闘 2011/09/21

 アバターが主役の2D格闘ゲーム。オフ・オンでの2人プレイに対応。

 Xbox360のアバターを使って遊ぶことができる格闘ゲーム。内容としてはかなりシンプルで、技の数も少ないし内容も理解しやすい。システムとしては、トレーニングとLiveでの対戦がある程度。
 初心者向けの格闘ゲームと言える一作。フレンドとオンラインでなんとなーく対戦したいという場合には向いているだろう。尚、レビュー記事も書いてあるので参照されたし。


The$1ZombieGame_ss.jpg

The $1 Zombie Game 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:rmm5 ジャンル:シューティング 2011/10/06

 限られた空間でゾンビを殺しまくるTPS(三人称視点シューティング)。

 こちらもゾンビゲーである。TPSとしてはかなり淡白で面白みに欠ける部分もあるが、さまざまな武器で気分よくゾンビを打ち殺すという部分だけは保障されている。
 タイトルもなかなか秀逸で、「まァ80MSP(1ドル)だし」と考えれば好印象を持てるのだろう。


いわくつきのゲームを遊びたいあなたに

 さて、今度は玉石混交における石のほうを紹介しよう。楽しいゲームもいいが、どうせタダでもらえたMSPだ。パーッと普段買わないゲームで浪費してもいいのではなかろうか? そんな観点から、まず多くの人は普段に買わないであろう5作を集めてみた。

TechAssault_ss.jpg

TechAssault 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:JoshuaBair ジャンル:戦略 & シミュレーション 2011/07/01

 産業用マシーンを操作して敵と戦う対戦型シューティング(TPS & FPS)。オン12人プレイまでに対応。

 ポンコツ・ロボットと形容するしかないハリボテマシーンに乗り込んで対戦するシューティングである。
 今までは400MSPだったのだが、値下げが行われて80MSPになった(驚きの80% OFF!)。オンラインに人がいるとは到底思えないが、奇跡的なハリボテマシーンに乗れるのは今回だけのチャンス!


PirateTexasHoldemDefense_ss.jpg

Pirate Texas Holdem Defense 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MindsEdge ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/07/02

 テキサスホールデムをプレイし、結果によってタワーを建ててタワーディフェンスを行うゲーム。

 ポーカーという運がものをいうゲームに、戦略がものをいうタワーディフェンスを組み合わせてしまった。結果、運ゲーのタワーディフェンスが出来上がり、プレイヤーが発狂すること間違いなしの運にしか頼れないクソゲーとなる。
 実写美女、海賊、テキサスホールデム、タワーディフェンスと、人気のありそうなものを片っ端からぶっこんでそのまま何もしないという、360インディーズゲームの暗部と呼ぶべき作品。


SWASHBUCKELURSEATBELTS_ss.jpg

SWASHBUCKEL UR SEATBELTS 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:GHXYK2 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2011/08/12

 ファミコン風の無茶苦茶なレースゲー風ミニゲーム集。

 バグったファミコンのような音楽から始まり、訳のわからないゲームをやらされることになる。本当に意味がわからない。この作品自体は2004年に作られたものの移植作品である。
 要は「狂っている風なゲーム」であり、カオスだのキチガイだのいってキャアキャア叫ぶといいのだ。妙な作品を見たい人のためにあると言えよう。


Pajamorama_ss.jpg

Pajamorama 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dannobot Games ジャンル:格闘 2011/08/17

 パジャマ姿やらの女性たちが胸を揺らしながら戦う「スマブラ」風対戦アクションゲーム。オフ・オンでの4人プレイまでに対応。

 操作説明すらないのは閉口するし、復帰技が無限に使えるゲームバランスもどうかしているが、とにかく乳揺れの対戦アクションゲームだ。
 この「興奮すると思われるべき女性キャラが多いのにまったくノリ気になれない」という雰囲気は、『Pajamorama』くらいでしか味わえない。ちなみにオンラインには人がいないぞ!


AvatarConnection_ss.jpg

Avatar Connection 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Digital DNA Games ジャンル:その他 2011/08/31

 出会い系アバターゲー。オン16人プレイまでに対応。

 テレビ番組風の会場で、質問事項にいくつか答えて相性診断のようなものをする。これをオンラインでプレイするというわけで、要は出会い系のゲームというわけだ。
 作品自体はこれといって問題があるわけではないが、倫理的に問題がありそうな作品である。僕は未購入なので、オンにどれだけ人がいるのか・どんな年齢層がいるのかというのは不明なものの、新たな出会いを求めるために80MSPを使うという選択肢もアリなのかもしれない。


更なる作品を知りたいあなたに

 さて、おおまかな紹介はこんなところである。多くのジャンルが含まれるような選択にしてみたが、お気にめすゲームはあっただろうか。尚、僕もすべてをきちんと最後まで遊んだわけではないので、面白くなかったと思っても勘弁していただければ幸いである。

 これ以上の作品紹介については、僕が以前書いた記事を確認していってほしい。膨大な数なのでとんでもないことになっているが、まァ流し読みでもしてもらえれば役に立たなくもなかろう。「80」という文字で検索すれば、80MSPの作品だけを見ることも可能だろう。

 次にリンクを貼るのが、国内に来ている360インディーズゲームのデモを一通り遊んだ雑感のカテゴリである。(ただし、アップデートで内容や値段が変化している可能性も留意されたし。)

○ 【カテゴリ】インディーズゲームのおためし版(体験版)雑感
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-category-42.html

 そして、次のものが特定のゲームをきちんと最後まで遊び、特集記事やレビューとして記したものである。こちらもまた、アップデートにより値段が改定されている可能性もあるので注意してほしい。

○ 【カテゴリ】インディーズゲームレビュー&特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-category-44.html

 360インディーズゲームは日々新しい作品が来ており、プレイヤーを喜ばせたり戦慄させたりしている。特に国内では知名度の低い場所ではあるが、MSPが余っていたら寄っても悪くない場所である。この機会に、ぜひどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント