Space Channel 5 Part2 06 パージTVショー

うららの番組じゃねーじゃねーか

 洗脳されシャドウとなっていたジャガーを救出し、いよいよすべての仲間と集結することができたうらら。あとはパージの野望を止めるだけだ! 全銀河を救うために踊れうらら!

sc5p2_06_01.jpg
名前の時点でマヌケだ

 いよいよ踊り電波砲が用意され、全銀河の人々たちが踊らされ続ける準備が整ってしまった。これが実際に撃たれた時にはどんなにマヌケ……、いや、恐ろしいことになるのやら。

sc5p2_06_02.jpgsc5p2_06_03.jpg
見たくねえなあコレ

 そして、電波ジャックされたテレビでパージTVショウがはじまった。こんな番組など見ていられるかという感じだが、観客は多い。だが、これはもちろん、無理やりつれて来られた人々である。まったく困ったものだ。

 なんでもパージは銀河のすべてを踊らせてみんなを幸せにするつもりのようである。そりゃ踊るのは楽しいだろうが、強制的に踊らせても仕方ないだろう。こいつにはガツンと言ってやる人が必要だ。

うらら VS パージ

sc5p2_06_04.jpgsc5p2_06_05.jpg
最終決戦へ

 そんなわけでうららたちの登場である。階段を下りながらザコを踊りでやっつけて、パージの元へと向かっていく。

sc5p2_06_06.jpgsc5p2_06_07.jpg
都合のいい見えない壁

 ようやく追い詰めたと思ったところ、なんと見えない壁で仲間とうららが逸れてしまった。なんとも狡猾なやつだ。

sc5p2_06_08.jpgsc5p2_06_09.jpg
なにがなんでも踊りで勝負!

 こうしてうららとパージのタイマンになったのだが、なんだかパージは言っていることがおかしい。なんでもこうして対決することを望んでいたようである。するとそのうちに、真の目的を白状した。なんとヤツの目的はうららの踊りエネルギーで、踊り電波砲の充電を完了することだったのだ。

sc5p2_06_10.jpgsc5p2_06_11.jpg
大統領の歌謡パワーもまたすげえ

 一対一の勝負に勝ったうららではあるが、その後にピース大統領の力を使って出してきた究極スーツ「グレート・パージ」がとてつもなく強かった。攻撃をかろうじて退けるうららではあったものの、とても倒せそうにない。

sc5p2_06_12.jpgsc5p2_06_13.jpg
大ピンチ

 そしてうららは倒れてしまい、電波砲のエネルギーまで溜まってしまった。ああ、こうして銀河の終焉を見ることになってしまうのか……。

私が踊りで 負けるもんか!

sc5p2_06_14.jpg
いや本当は笑えるんだけど

 番組は「しばらくお待ちください」の表示になってしまう。今まではマヌケで笑える番組だったが、こうなるとさすがに笑っていられないピンチだ。

sc5p2_06_15.jpg
謎の世界へ

 気づけばうららはどことも知れない白い世界にいた。果たしてここは死後の世界なのか、あるいはパージに征服された世界なのか。

sc5p2_06_16.jpg
負けてもダンス!

 すると、どこからともなく死んだはずのヒューズの声が聞こえてくる。内容は寝ていないで立ち上がれという叱咤であった。うららはこれを聞き、ゆっくりと立ち上がった。

sc5p2_06_17.jpgsc5p2_06_18.jpg
仲間がたくさん

 そしてリズムに合わせて手拍子を行うと、次第に自分に仲間たちがいることを思い出したのである。プリンにパインにジャガー、そしてマイケル局長やその他大勢の一緒に歌って踊った人々……。彼らのためにうららは負けるわけにはいかない。

sc5p2_06_19.jpg
ベタながら熱い展開

 いよいようららは目を開け、「私が踊りで 負けるもんか!」と一喝し再びバトルを挑むのであった。

うららの逆転劇

sc5p2_06_20.jpg
これまたノリノリ空間になる

 再び立ち上がったうららは新しいスーツに身を包み(ただのアンダウェアとの噂もあるらしいが)、仲間と共にグレート・パージへ再び挑む。今回は仲間もみんな集まっており、優勢にもほどがあるという感じだ。

sc5p2_06_22.jpgsc5p2_06_23.jpg
大統領も来れば完璧だ

 さすがにこれだけの数が集まると、グレート・パージもタジタジ。そして一瞬の隙を突き、捕まっていたピース大統領が逃げ出した。これで歌謡エネルギーは使えないわけで、勝利も濃厚になってきた。

sc5p2_06_24.jpgsc5p2_06_25.jpg
最後にメインテーマは熱すぎる!

 ここからはメインテーマに合わせてうららたち全員で愛を歌うことになる。

ラ~ラララ~
う~たえよ~
ラ~ラ~ララ~
き~み~もさ~
ラ~ラ~ラ~!
うーらーらー!

うらら「みんな! 激しく行くわよ!」

チュー・チュー・チュー
う~た~お~
チュー・チュー・チュー
う~た~お~
う~た~い~
つ~な~ご~
つ~な~ぐ~
こ~こ~ろ~
こ~こ~ろ~
そ~れ~が~
そ~れ~が~
あ・い・の!
あ・い・の!
ち~か~ら!

 いつのまにかパージのほうも曲の続きを歌っており、ノリノリのノリノリで超ノリノリである。プレイヤーのボルテージも最高潮だ。これはぜひプレイして聞いて体験していただきたいものだ。

sc5p2_06_27.jpgsc5p2_06_28.jpg
視聴率というものがぶっ壊れている

 視聴率も100%を超え、もはや全銀河がうららと一心同体になっている。愛による踊りの力は偉大だッ。

sc5p2_06_29.jpgsc5p2_06_30.jpg
86429人の踊りパワー!

 パージは最後の抵抗としてこちらに踊り電波を発射しようとしてきた。だが負けるわけにはいかない。突如現れたヒューズの指示により、うららもスタジオにいた86429人と力を合わせ、踊りエネルギーのビームを発射!

sc5p2_06_31.jpg
愛の勝利

 見事にビームで押し返し、パージを倒すことに成功した。こうして愛のダンスによって全銀河は救われたのであり、ハッピーに満ちた日々が戻ってくるだろう。ビバ! スペースチャンネル5!

エンディング

sc5p2_06_32.jpg
盆踊りのようなダンスであった

 もはや皆はノリノリで気分も最高潮。そのまま踊りつつ、それぞれの場所へと帰っていくのであった。いやァ、なんとも楽しそうで何より。ヒューズは「銀河一素敵だったぞ、うらら!」と言っていたが、まさに見事であった。

sc5p2_06_33.jpg
ナイスゲーム

 この後はピース大統領もとい大平透のエンディングソングや、メインテーマである『Mexican Flyer』が流れ、ノリノリのままゲームはおしまいである。ちなみにヒューズは別にあの時の騒動で死んだわけでもなんでもなく、至極普通に生きていたらしい。しかし、「おっこちた後さ、色々落ちてくるし、上ではなんか叫んでるし、今更戻れないじゃん?」などとヌかしているのだから笑ってしまった。最後までこういうおバカで陽気な雰囲気のゲームである。

 エンディングのあと眺めてると痛い目に合うが、それにしても面白いゲームであった。リズムに合わせて遊ぶゲームである上に、ベタながら良い話や素晴らしい音楽で没頭感でとんでもないのである。いやァ、二時間以内に終わったが、本当にいい作品だった。

○ Space Channel 5 Part2 07 ウララダンスやら二周目やら
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1164.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント