Space Channel 5 Part2 08 実績コンプリート

まずはウララダンスから

sc5p2_07_09.jpgsc5p2_07_10.jpg
100%……では終わらない!

 さて、今回でサクッと実績をコンプリートしてしまおう。まずはウララダンスから遊んだのだが、なんとこれは100問正解してもまだまだ続くのだから驚いてしまった。

sc5p2_07_11.jpg
シチョーリツ200%クリア達成

 結局、5回ほど挑戦してようやく攻略完了。「だいぶすごいダンサー」などの実績を解除することができた。

続いて二周目ストーリーモード

sc5p2_07_12.jpg
助ける人がスペースお金持ちからスペースコックに

 そして、今度は二周目のストーリーモードに挑戦する。単純にちょろっと内容が変わっているわけだが、助けるべきキャラクターが変わっている他にも、テキストや台詞、そして曲までもが色々と微妙に変化しているのだ。

 リポート2で登場するチャンネル42のキャスター「プリン」が双子の妹の「ぱりん」になってたり(しかも42歳などとふざけており思わず噴出す)、「スペース鳥使い」が「スペース犬使い」になってたり(しかも本当に犬が出てくる)など、諧謔に富みすぎである。

sc5p2_07_13.jpg
黒いうらら

 また、ストーリーモードのプレイ中には隠しポイントといって、リズムに合わせてボタンを押すと視聴率が上がる場所がある。ただ、これは公表されておらず、ナカマズカンからちまちまと情報を集めねばならない。しかも、仲間は一度に全ての隠しを教えてくれるわけではないので、何度もストーリーモードを遊ばねばならんのだ。

 要はこの隠しポイント、ボリュームを水増しするための涙ぐましい努力なのだろう。パッケージゲームとして考えるとストーリーモードのボリュームは極端に少なく、こうでもしなければ十時間近くは遊べないのだ。

いよいよコンプリート

sc5p2_07_14.jpg
全実績解除

 そんなこんなで地道に隠しポイントを探しきり、全リポート(二周目を含む)で視聴率パーフェクトを取得。「銀河一すてき★」の実績をいただいた。

sc5p2_07_15.jpg
アバターアワードも

 また、プレイ時間が5時間と10時間を経過するたびにアバターアワードをもらうことができる。このうららの衣装はなんだか微妙な出来だが、このゲームがとても気に入ったのでしばらくアバターに着せておこうじゃないか。

 それにしてもこのゲームは本当に面白く、何度エンディングを見ても充足した気分になれる。最後に、チャンネル5のディレクターであるヒューズの一言を借りてプレイ記録を終わることにしよう。

銀河一素敵だったぞ、うらら!


Space Channel 5 Part2 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1166.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント