2012年の到来

2012年である

 2012年の元旦である。今年も新年を見たようだ。

 今年も僕は、ビデオゲームがなぜ面白いのか、あるいはなぜ面白くないのかということを追い求め続けていきたい。これは目標というか、単なる癖や頑固さ、もしくは物好きの変質的行為に近いのだが、どうにもこうにもこれが本当に楽しくて仕方がない。

 そして、相も変わらず他者のために何かをするということがまったく出来ておらず、自身の心地よさを求めてゾンビのように蠢く日々を送っているだけだ。しかしどうにもやめられないというか、これを変えるのは何回か死ななければならなさそうなくらいである。

 Xbox360のインディーズゲームも、時間にさえ許してもらえれば追い続けるつもりである。ただ、どこまで追えるかわからないことは留意しておいてもらいたい。

 どうも2012年も偏屈の塊を削り続けることになるようだが、それを見て指をさしてでも笑ってもらえれば幸いだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント