『ファイナルファンタジーXIII - 2』購入

ビッグタイトルの続編をとりあえず購入するも、テンションは上がらず

 2012年2月24日に『ファイナルファンタジーXIII - 2』を購入したのだが、記事を書いている現在(2012年3月3日)には、もうすべてクリアし終わり、実績も埋め終えていたのであった。

ff13-2_pack.jpg
これまた大層な値下がりをしていた

 本作は『ファイナルファンタジーXIII』(FF13)の続編。前作で世界を救ったライトニングがなぜか消えてしまい、妹のセラが未来人ノエルと共に彼女の後を追うというのがあらすじである。

 前作であるFF13はプレイ記録を書いたので、本作でも記録を書こう……、としたのだが、あまりにも面倒に感じてしまい、いちいち書く気力が湧かなかった。そんなわけで今回は、簡単なまとめ記事をいくつか用意して、レビューを書こうと考えている。

暇つぶしにはもってこいの作品ではあった

ff13-2_00_01.jpg
一応は記録用にスクリーンショットを数千枚撮ったのだが

 もともと僕はファイナルファンタジーの熱心なファンというわけでもなく、しかもFF13を遊んで最高に楽しかったと思ったわけでもない。ましてや、記録は書くのにかなりの手間と気力が必要で、リターンもほぼない。つまるところ、記録を書くほどに喜んで遊べないというわけだ。

 今回のFF13-2も、例のごとくリアリティのない(現実的ではないという意味ではなく、ファンタジー内ですらあまり筋の通っていないという)世界だし、物語の内容も前作と似たような形である。システムも変化はしているものの、根幹は何も変化していないとすら言ってもいいくらいだろう。

ff13-2_00_02.jpg
作業も面白くはないが暇すぎるということもなく

 とはいえ、実績を埋めるまでの暇つぶしとしてはなかなか悪くなかった。劇的に面白いと感じることはなくとも、さすがビッグタイトルだけあって出来は見事なもので、不快に感じさせる部分は多くなかった。クリア後のやりこみ要素は厄介なものが多かったが、さすがに攻略情報が揃っていたので大して苦にならず。

 あまり長々と話しても仕方がないので、あとはシステム編・物語編・うさんくさい編と3つで作品の説明をし、その後のレビューに譲ることにしよう。

○ ファイナルファンタジーXIII - 2 クリア後記 01 システム編
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1281.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント