Alan Wake 15 Ep5-3 トーマス・ゼインから魔法を受け取って

ヘリが落ちたからってギャグ補正が消えるわけでもない

 ヘリコプターから落ちそうになったり、相棒たちと離れ離れになってしまうアクシデントがあったものの、なんとか発電所にたどり着き、シンシア・ウィーバーに会うことができたアラン。なんでも「照らされた部屋」に行けば、妻のアリスを救うこともできるらしい。

 だが、相棒のバリーが乗っていたヘリコプターが墜落してしまったではないか。こうなると、危険を冒してでも、闇の中を進まねばなるまい。

alanwake_15_01.jpg
確かにヒーローなのだが

 こうしてシンシア・ウィーバーの静止を振りきって相棒たちを助けに行くことになったアラン。しかしこのベストセラー作家、まるでヒーロー気取りである。

alanwake_15_02.jpg
脱出の痕跡はどこにあるのだろうか

 墜落現場に到着すると、これはひどい有様。しかし、アランは仲間たちが脱出できたことを理解できたようだ。なぜ?

alanwake_15_03.jpg
フレアガンさえあれば怖がるこたあないと思うが

 確かにバリーとサラ保安官は脱出できていたようで、遠くの方でフレアガンが飛んでいるのが見えた。早いところ合流しなければ。

alanwake_15_04.jpgalanwake_15_05.jpg
「ナイトスプリングス」のナレーションものまねまでしやがるバリー

 こうしてアランは、仲間たちとあっさりと合流することができたのであった。そしてバリーは「心配したろ?」と楽しげに言い、アランはそれに「いいや、ぜんぜん」と冗談で返すのであった。こいつら余裕すぎるだろ。

仲間とはぐれる法則は相変わらず

alanwake_15_06.jpgalanwake_15_07.jpg
ヘリの時とまったく同じパターン

 外からダムの中に入るには、エレベーターに乗っていかねばなるまい。となると、やはり待ち伏せしているのが敵ども。あまりにもテンプレ的展開で、意外性など皆無だ。

alanwake_15_08.jpgalanwake_15_09.jpg
嫌な予感がしまくるスイッチ

 こうしてダムに入る通路を見つけたのだが、これまた一筋縄ではいかない。入り口に入るスイッチは、誰かが押し続けなくてはならないのだ。

alanwake_15_10.jpg
都合のよいことよ

 こうなるとアランが入れないと思うだろうが、トドメとして障害物がドカーンと降ってくるのだから懇切丁寧だ。まったく、やはり仲間とはすぐ別れることになるのか。

alanwake_15_11.jpgalanwake_15_12.jpg
何回別ルートを探すことになるのやら

 こうして別ルートを探すことになったアランだが、ポルターガイストが襲いかかってくるわ、ダムの電灯が少しずつ消えて行くわでたいへんな想いをすることに。闇の力も現状のヤバさを理解しているということか。

嵐の中を駆け抜けるヒーロー

alanwake_15_13.jpg
竜巻が一番の戦力か?

 そしていよいよ、闇の力が全力で止めようとしてきやがった。ヤツはバーバラ・ジャガーの声で「止まれ。止まりなさい」と忠告し、竜巻を襲いかからせてきやがった。

alanwake_15_14.jpgalanwake_15_15.jpg
嵐にも負けないアランは軍人とかの設定のほうがしっくり来る

 この嵐のせいで足場は崩れ、車やら鉄骨が降ってくるし、まったくもって危険なことよ。とはいえ、この程度で怯むようなアランではない。こいつはただのベストセラー作家だが、英雄であることにも違いないのだ。

alanwake_15_16.jpgalanwake_15_17.jpg
ようやく全員集合

 こうしてなんとかアランはバリーたちと合流することができた。ようやく一息つけるというところだが、まずは重大な何かを受け取らなければなるまい。

alanwake_15_18.jpg
扉の向こうに待っているのは巨大な兵器だろうか

 なんでもこの「照らされた部屋」の中にあるものさえ渡せば、シンシア・ウィーバーの役目は終わるというのだ。それほどまでに重要で、重大なもの。果たしてそれは一体……。

渡されたものはアリスにあげたはずのもの

alanwake_15_19.jpg
照らされすぎている部屋

 「照らされた部屋」は名前の通り、電球だらけの部屋だった。シンシア・ウィーバーはこの電球すべての状態を把握しており、常に適切な交換をしていたそうだ。そいつはずいぶんとイカれた話だが、そのくらい慎重でなければならないのか。

alanwake_15_20.jpgalanwake_15_21.jpg
トーマス・ゼインがさらに謎めいてきた

 部屋の中央に置かれている箱には、原稿が入っていた。それはもう存在しないはずのページ。なんと、トーマス・ゼインによる、幼いころのアランの思い出が書かれていたのだ。なぜトーマス・ゼインがアランの幼いころを知っていたのか?

alanwake_15_22.jpg
アリスに話したのは思いつきではなかったのだ

 原稿には、魔法のスイッチ「クリッカー」の話が書かれている。7歳のアランは悪夢にうなされ、夜に眠れなくなった。すると、母親がクリッカーを渡してくれる。なんでもこれは父からもらったものだそうで、父親を知らないアランにとって、父に関するものはすべて魔法だった。こうしてアランはぐっすりと眠りにつけるようになったのだ。

 そして、これを現在になって手にすることもまた、原稿に書かれていた。ゼインが「アランの書いた物語の中で書いた」らしいが、よくわからなくなってしまった。ゼインが書いた物語の中にアランがいる(つまり、この騒動はすべてゼインの脚本)というほうが圧倒的にわかりやすい上に、モダンホラーとして筋が通っていると思うのだが……。

alanwake_15_23.jpg
あとは妻を取り戻すだけ

 ともあれ、これで最終兵器を手に入れたわけだ。あとは闇と決着をつけ、アリスに会うだけだ。

○ Alan Wake 16 Ep6-1 コールドロンレイクは遠く、遠すぎる
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1305.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント