Minecraft 05 気づけばこの世界も広くなったものよ

プレミアムテーマすらもらえる『Minecraft』

 前回はスポーンブロックをはじめて見つけたり、トロッコに乗ってみたりで大興奮。今回も同じくそのフレンドの方のワールドにお邪魔させてもらい、色々と続きを作ることにした。

minecraft_05_01.jpg
ひさびさのテーマ変更

 いや、今回はその前にプレミアムテーマを変えたという話をしよう。Xbox360版の『Minecraft』は、Facebookに画像をアップロードするとこのテーマがもらえるのだ。これがなかなか素敵で、というより僕自身がこの世界を気に入っているので、捨て垢を取る意味があったなァとしみじみと思うのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加


ゴトゴト走るよ500mトロッコ

minecraft_05_02.jpg
レールの準備は超万全

 さて、今回は以前に作ったトロッコを更に拡張することにする。とにかく西のほうへ西のほうへと伸ばしてゆき、違う島へ行く移動手段を作るのだ。

minecraft_05_03.jpg
時折洞窟に入ったりするのが意図しなかった作りなものの楽しい

 こうして次第に形ができ始めるトロッコは、洞窟やら海やらを越える爽快感あふれるものになった。いやしかしこのトロッコ、移動速度があまりにも早く、今まで歩いていたのがバカバカしくなるくらいだ。

minecraft_05_04.jpg
このトロッコさえあれば誰でも実績解除が可能だ

 こうして直線距離にして500m以上を走る「レールの上」という実績が解除され、このゲームの実績全解除と相成った。作業量的にはなかなか骨が折れる感じだが、楽しいのであまり苦にはならなかった感じである。

作ったものの形が見えてきた

minecraft_05_05.jpg
高すぎる飛び込み台でも用意すればよかったかな

 その後は自宅の裏に「流れるプール」(でも実際は大して流れない)を作ってみたり。家にプールがあるというと裕福なイメージがあるわけだが、この世界では大してそうでもない感じがする。見た目がたいへんにしょぼくれているからだろうか。

minecraft_05_06.jpg
上から見下ろすと実に街っぽい

 いやしかし、それにしてもこの世界は実に広くなった。最初のよくわからない感じから家ができ、施設が増え、道ができ、別荘もできて……。なんとも感慨の湧く感じであり、これがこのゲームの魅力のひとつといえるか。

 とはいえ、色々とできすぎたせいでそろそろ自分の作るべきものがわからなくなってきた。ここは気分を変える頃合いだろうか。

破壊衝動を充足させるための、創作に対するひとつの答えとしての、放火

minecraft_05_07.jpg
世界樹かと思うほどでかい木々

 その前に、フレンドの方が用意したあるイベントを体験することに。それは家の裏にある大きな木に火をつけて、あえて山火事を楽しもうというものだ。

minecraft_05_08.jpgminecraft_05_09.jpg
おもらし確定な燃え上がり

 夜になってからレッツ放火! みるみるうちに炎は燃え広がり、奇妙な高揚感が僕を包む。常習的な放火犯は燃え盛る様子にやたらと興奮し、しかも現場に戻って人々が騒ぎ立てるのを楽しむことすらあるらしいが、その気持ちがわかるような気もする。

 炎とは強烈な破壊衝動の体現なのだ。まるで木を飲み込むように消し去っていく様は、下卑た快感がある。

minecraft_05_10.jpg
燃やす興奮に目覚めそうなイベントだった

 創ることができるということは、破壊をも楽しむことができるということ。ううむ、なんだか興奮してきたよ!

○ Minecraft 06 自分の世界で自分の家と、自分の想像を形に
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1344.html

コメント

非公開コメント