Trials Evolution レビュー

bbox_traevo.jpg

このトライアルはまさしく隙がない! 『Trials Evolution』

 『Trials Evolution』は2012年4月18日にXbox Live Arcadeで配信されたオートバイによるトライアル競技のゲーム。開発はRedLynx。

 バイクに乗ったまま様々な難所を乗り越えて、ゴールを目指すというゲームである。同じくXBLAで配信された『Trials HD』の続編となる。

 ゲームの詳細に関してはプレイ記録を参照されたし。

○ 『Trials Evolution』プレイ記録
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-category-65.html

『Trials Evolution』は名作と呼ばれる資質を十分に持っている

trials_evo_01_04.jpg
いちいち僕なんかがレビューを書く必要がないゲームである

 さて、このゲームは文句なしの名作といっていいだろう。正直なところ、今更レビューを書かなくてもいいかもしれないくらいだ。そのくらいに、素晴らしさはほかの人が語っているだろう。

 そんな状況で長々と書くのも問題なので、箇条書きにしてこのゲームの良さを書くとしよう。

trials_evo_02_03.jpgtrials_evo_01_12.jpg
ゲームを構成する要素は実に豊富すぎる

  1. 操作はアクセルとブレーキ、左右の重心移動だけという単純明快さ。
  2. 激しい爆発や豊富な種類のステージ、無残な死に方など刺激も申し分なし。
  3. ライセンステストというチュートリアルもしっかりしている。リトライもしやすく、親切で遊びやすい。
  4. しかし上達を目指せば相応の技術が必要で、簡単なコースから難しいコース、特殊なスキルゲームまで遊びの幅は広い。
  5. メダル収集、バイクやライダーのカスタマイズといった副次的目的も多数。
  6. その上、カスタムコースやマルチプレイで更に遊びの幅が広がる。

 理解しやすく、奥深く、マルチプレイやカスタムでどこまでも遊べるという、昨今のビデオゲームに求められているものはすべて入っている具合だ。おまけに続編ということで話題性もあり、文句の付け所はほとんどないだろう。

 『Trials Evolution』は名作と呼ばれる資質を十分に持っている。それは疑いようがない。

文句がないからといって死ぬほど面白くなるわけでもない

trials_evo05_08.jpg
難易度Extremeクリアも今ひとつ盛り上がる部分がなかったかも

 しかし、実はこの作品のレビューを書くか書くまいかだいぶ悩んだ。というのも、素晴らしいと言えそうなゲームの場合、その作品の面白さを語ることになるわけだが、それが難しいのだ。僕が『Trials Evolution』に持った印象は「面白いし文句のつけどころはないが、熱狂まではしなかった」からである。

 こうなると通り一遍の褒め言葉を書いて終わるだけになり、つまらない。どうも記事にする必要がないというわけだ。

 それはさておき、なぜ僕がこのゲームに熱中できなかったといえば、理由はおそらくふたつである。それはこの作品があまりにも完璧で刺々しさがないということ。そして、僕がもともとバイクやトライアル競技にほとんど興味がなく、好きになることもないからだろう。

 時に完璧さとは荒々しさから遠ざかるということにもなりうる。いかに美人な女性がいようとも、それを見て必ず情欲するわけでもなく、時には素晴らしい絵画を見るような気分になるように。さしづめ、『Trials Evolution』は不完全さによる訴求がほとんどないといったところか。(もっとも、これを欠点と捉えてはならないが。)

 そして、僕がバイクやトライアル競技に関係ないというのは、単純に嗜好の問題であろう。とはいえ、このあたりが噛み合わないと恐ろしく熱狂することはできない。当たり前だが、きちんと認識しておきたい部分だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント