Minecraft 07 考えを形にするのはやはりたいへんなもので

目標を立てておきながら既に飽きる

 前回から自分のワールドでものを作り始めたものの、これがなかなかたいへんだった。とりあえず家はできて、次のプランも固まりはしたが……。

minecraft_07_01.jpg
水中都市を建設しているとのことだった

 やはり僕は作るほうに向いていないらしく、材料が尽きたらすぐに飽きてフレンドのワールドへ遊びに行ったりしてしまった。そして何をするのかといえば、人のワールドで材料探しの手伝いをしているのだからなんとも。

minecraft_07_02.jpg
かなり大規模な施設をひとりで作っていたが、大丈夫だったのだろうか

 こうして人の世界で材料を集めるのは苦でないというか、単純になんらかの目的の元に掘るのはいいが、どうもひとりだとすぐに折れる。しかし、このフレンドの世界で材料集めを手伝っていたところ、むしろ彼のほうが僕の作業を手伝ってくれると言ってくれるではないか。
このエントリーをはてなブックマークに追加


手が足りないならフレンドに手伝ってもらえばいいじゃない

 そんなわけでフレンドと共に僕の世界へ。現在建築中のものの概要を教えたり、家を見せたり、資源を掘るついでに観光もしておくことにした。

minecraft_07_03.jpg
かわいいかわいいイカちゃん

 せっかくなので僕の世界でも暗黒界へと行ってみる。なんだか暗黒石でできた洞窟の中に出てえらいことになったが、堀り進んでようやくイカちゃんを発見。

minecraft_07_04.jpg
壁にずっぽりハマっているイカちゃん

 その後はイカちゃんを倒してみようと努力してみるものの、もちろん無理だった。こんな感じに遊び歩いているのが大半ではあったものの、きっちりと足りない資源の調達は手伝ってもらった。いやまったく、ありがたい限り。

完成はいつになるやら……

minecraft_07_05.jpg
しかし同じ回路でも成功したり失敗したりで難しい

 こうなれば遊んでばかりはいられない(いや、これ自体が遊びなのだが)。謎がふんだんに含まれた施設を作るため、レッドストーン回路の勉強をはじめる。

 このレッドストーンというものはゲーム上で電子回路を再現しており、いろいろとクソ面倒くさい理屈が存在している反面、さまざまなことができる。上記画像はクロック回路というもので、電気を少し流すと延々とONとOFFが切り替わり、発射装置が高速で連射されるというもの。これらを色々と勉強しつつ、謎解き施設に利用しようというわけだ。

minecraft_07_06.jpgminecraft_07_07.jpg
やはり探検のほうが性に合っている

 ……と頑張っていたのもしばらくで、また資源が足りなくなったら洞窟探検にばかり熱中することに。しかもやたらとでかいダンジョンを引いたため、これがまた長引くのなんの。いやまったく、謎解き施設の製作が進まない。

minecraft_07_08.jpg
それなりにできていなくもないような感じである

 こんなことではいつまでたっても完成しないので、とてつもなく素晴らしいものでなくていいから、とりあえず形を作ることにした。そもそも大したものにならないのはわかりきっているのだし、背伸びをしても仕方あるまい。身の丈にあったものを完成させよう。

○ Minecraft 08 知能テスト施設完成!
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1348.html

コメント

非公開コメント