Minecraft 09 作業小屋がいつの間にか立派な家に!

知能テスト施設で遊んでもらおう

 知能テスト施設も完成し、テストプレイをして修正もできた。こうなればあとは遊んでもらうだけ。

minecraft_09_01.jpg
なかなかインパクトが好評だったルーム03

 そんなわけで何人かの方を招き、この施設の謎解きを試してもらった。もっとも、完璧に楽しんでもらえたなんてことにはならず、課題はまだまだ多く残ったのも事実。

minecraft_09_02.jpg
謎解きプレイヤーに雪玉を投げる黄金男

 とはいえ、完成させて遊んでもらったというだけでも満足だ。よくもまァ投げ出さずにここまで作ったものである。これで「せっかく『Minecraft』を遊んでおきながら、何も作れなかった」ということにはなるまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加


世界を旅して何を作るか考える

minecraft_09_03.jpg
どこまでも広い草原で気持ちがいい

 しかし、完成させたところでまた悩みが出てくる。それは次に作るものがまったく思い浮かばないということ。とりあえず世界を巡りつつ次を考えていると、この広い草原がなんだか気に入った。しかも、近くに大きなダンジョンがあるではないか。

minecraft_09_04.jpg
砂漠が少ないので、サボテンがないマップだった

 マップをひととおり埋めてみたあとも、やはり考えることは先程の草原。せっかくなので、あそこで採掘しつつ、その資源を管理するための作業小屋を作ろうではないか。

作業小屋が立派な家になってしまった

 はじめは単なる作業小屋でいいだろうと思っていたのだが、なんだか着手し始めるとえらい規模になっていく。実は最近、『Minecraft』のプレイ記録を書いているサイトを見ていて、その方の作り方を真似しようと思ってしまったわけだ。

 マルチプレイにおいて他者からインスピレーションを受けるということもあるが、こうして記録の上でも他人から影響を受けることになるとは。いやはや、このゲームの恐ろしさと面白さがまた理解できた気がする。

minecraft_09_05.jpg
実際に住んだら長すぎる階段に辟易しそうだ

 そんなわけで出来上がったのが、この高所に佇む石造りの家である。しかも大きな階段やあまりにも巨大な庭まで用意されており、かなり大規模になったのでここに引っ越してきてしまった。よく見るとポチとハチも連れてきているのがわかるだろう。

minecraft_09_06.jpg
柵をふたつ縦に並べるオブジェクトも作れるようになった

 こうしてアップで見てみると、なんだかデザインが非常にダサいというか、ガラスを多用しすぎている感はある。だが、以前のものすごい平屋に比べれば綺麗ではないかと自画自賛。

minecraft_09_07.jpgminecraft_09_08.jpg
スクリーンショットを撮るとやや光源不足なのが気になる

 今回は内装にもこだわり、ダイニングキッチンらしきものや、寝室らしきものもきちんと作ってみた。本当はもっとうまく作れるはずなのだが、今回は計画性のなさにより断念。ファック。

屋上からの眺めは最高!

minecraft_09_09.jpgminecraft_09_10.jpg
屋上こそがこの家の真髄というかなんというか

 しかし、屋上はなかなかよくできたのではないだろうか。高くて平野を見渡せる部分に建てただけあって、眺めは抜群。ここで羊たちがウロウロしているのを見るもよし、モンスターが日差しと共に溶けていくのを眺めるのもよし。

minecraft_09_11.jpg
この世界はいつでも満月だ

 また、夜になると星が綺麗なのも素敵である。屋上にいれば、穴蔵やしょうもない平屋では見られないものが見れる。たかが家といえども、こだわるとなかなか奥が深い。

 ……ところで、近くにあるダンジョンでの採掘はどうなったかというと、建設ばかりに熱中しておりまったく進んでいないのであった。やれやれ、なんのために家を建てたのだか。

○ Minecraft 10 想像力のおわり
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1350.html

コメント

非公開コメント