Portal2 購入

今月はパズルで頭でもひねろうか

 2011年のGame of The Yearを獲得した『Portal2』の廉価版を購入した。

portal2_pack.jpg
なんとパッケージには特別な変化なし

 通常、廉価版のパッケージには余計なダサい枠や「お前は今更これを買うんだよ!」的な文字が入っているものの、これに関しては外側のフィルムにシールがついているだけだった。おお、なんと嬉しいことよ。

 さて、このゲームのジャンルは一人称視点パズルアクションだ。いわゆるFPSで、ポータルガンというワープ装置を使い、謎を解いて研究施設を進んでいくという内容となっている。タイトルのとおり続編でもある。

 前作はかなり楽しめた記憶がある。パズルの斬新さも当然だが、それ以上に物語と世界の構築が実にうまかった。そこはやたらと冷たく見える人気のない研究施設で、いきなりロボットに誘導されてよくわからない仕掛けを越えねばならず、だんだんと狂気がむき出しにされていく……。前作もホラーゲームというわけではないが、怖さを覚える作品だと思われる。

 更に、メタ的な設定の扱い方も良かった。例えば、主人公はなぜ何回も謎解きに失敗して死んでいるのに再挑戦できるのかだとか、どうしてこんな奇妙すぎるテストばかりなのかだとか、あるいは、謎のヒントを誰が残しているのかといった「それがないとゲームとして問題があるから」という部分も、きちんと物語に取り込む姿勢を見せており、成功を収めているだろう。

 これらの丁寧な仕事により、“気味の悪すぎる狂った施設で謎を解かざるを得ない”という嫌な状況の表現が見事にできていたのだ。そして本作はそれの続きとなっているうえに、評判も申し分ない。楽しませてもらおうか。

実績解除の相棒も募集中

 ところで、このゲームはなかなか実績に面倒なものがある。というのも、「フレンドと協力プレイをする上でハグをしなければならない」というものがあり、何名かのフレンドと『Portal2』を遊ばねばならないのだ。

 もっとも、協力プレイを遊んでくれる約束をした人はいても、ほかにもたくさんフレンドがいるわけでもなく。よって、僕とハグしてくれるフレンドを待っているので、声をかけていただければ。フリーハグである(いやな言い方だ……)。

○ Portal2 01 答えはポータルの先に
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1357.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント