菓子でも食いながら世界を救えるほど“軽い”RPG 『Monster King』 特集

bbox_MonsterKing.jpg

『ポケモン』+『ドラクエ』……なのか?

 「目指せ、ポケモンマスター!」。ああいや、違う。「打倒、りゅうおう!」。いや、どうやらこれも違うらしい。その正体は何かといえば、『Monster King』なのである。

 このNickB(Ben and Nickの略称のようだ)が開発した古典的JRPG風のゲームが、『ポケモン』と『DQ1』を組み合わせたアイデアから作ったかどうかはさておき、そういうものだと説明したほうが理解してもらいやすいだろう。

 そんなわけで今回紹介するゲームは、Xbox360インディーズゲームで2012年6月15日に配信された『Monster King』である。

MonsterKing_01.jpg
モンスター・キングが世界を救うのだ

 モンスターを集めて世界を救うレトロJRPG風の作品ということで、意外と支持層は多いのかもしれない。もっとも、本作はかなり小さくて、魅力が薄い作品ではあるのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加


旅をしてモンスターを集めて世界を救う、なんてわかりやすいことか!

MonsterKing_02.jpg
いきなり変なことを言い出す街人

 何をするゲームかといえば、非常に簡単だ。街を訪ね、装備を揃え、旅をする雰囲気を味わいつつ、モンスターを倒して世界を救うのである。おお、なんてわかりやすいことか。

MonsterKing_03.jpg
モンスター・キングの初期装備はそれなりに貧弱

 装備は武器と防具のみで、上位互換のものを手に入れれば自動で装備してくれる。しかもアイテムはポーションのみと、ここまでスリムなステータス画面もなかなかないだろう。

MonsterKing_04.jpg
最初に戦うのはやはり粘着物

 戦闘もコマンド選択式であり、わかりやすい。攻撃・魔法・ポーションなどを駆使し、相手を倒すのだ。また、モンスターを弱らせたあとには捕まえることができるので、こうして10数種類のモンスターを獲得していくのである。

本作は“軽さ”を追い求めたPPGなのかもしれない

MonsterKing_05.jpg
ダンジョンには必ず強い装備がおいてある

 それにしてもこの世界、本当にあっさりしすぎている。間違いなく、『DQ1』よりシンプルだろう。施設は街とダンジョンくらいしかないし、敵の数もあまり多くないのだ。

MonsterKing_06.jpg
国境を守るあたりモンスターにしては賢い

 新しいフィールドに行く際にはボスモンスターを倒す必要があるものの、イベントらしいイベントといえばそれくらいである。こうすると要素がふんだんなRPG好きには嫌がられるだろうが、この軽さこそが本作の魅力といえる。

 また、戦闘面に関しても、かなり軽さを求めている次のような仕様が見られる。
  • 戦闘では逃走が100%成功する
  • プレイヤーは必ず先制が取れる
  • レベル上げも効率的に行える

MonsterKing_07.jpg
弱点を狙う攻撃は唯一複雑な要素か

 敵との戦闘においては、捕まえたモンスターで攻撃をすることもできる。モンスターの攻撃はノーコスト(ただし一度の戦闘で一回のみ)で行え、しかも属性がついている。相手の弱点さえ突くことさえできれば大ダメージなので、その弱点を探るという駆け引きが唯一の複雑な(といっても、これもかなり単純なほうだが)要素だろうか。

 また、全体のボリュームとしても、せいぜい2時間以内で終わる程度だろう。複雑な謎解きもなければ、迷うダンジョンもない。かといって、モンスターを集めることや、先へ進むことへの楽しみがないわけでもないし、ボスには適度な歯ごたえがあるのだ。これこそ、“軽い”RPGといえる。

これは真剣に遊ばなくていいゲームだ

MonsterKing_08.jpgMonsterKing_09.jpg
奇妙なモンスターがあなたの仲間として待っている

 奥深いシナリオがあるわけでもないし、この旅路は工事中なのではないかと悩むこともあるし、出てくるモンスターには疑問符が出てくる連中もいる。だが、それでもこの道のりは意外と悪くないのである。

 特に戦闘バランスがまともなのはありがたい部分だ。雑魚敵といえども甘く見ていればやられるので、きちんと弱点を探す必要がある。とはいえ、レベルをあげて強引に進めなくもないのが、この手のRPGのいいところ。敵が強かったら、サクサクと強化して先へと進んでしまえばいい。

MonsterKing_10.jpg
もっとも、モンスター・キングには素晴らしい結末が待っているわけでもないが……

 横になりつつスナック菓子でもつまみながら、モンスター・キングになるべく冒険をだらだらと遊ぶのがいいだろう。英語が苦手だからと敬遠する必要もない。ほとんどのテキストはありがたみがないので、読む必要はほぼないのだ。

 なんだか褒めているのだか貶しているのだかわからないが、とにかくこの手軽さは評価に値する。よって、この記事もあまり重くならないうちに終わってしまおうではないか。

○ Monster King レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1376.html


box_MonsterKing.jpg

Monster King 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:NickB ジャンル:RPG 2012/06/15

 『ポケモン』+『DQ1』のようなレトロ風RPG。
 モンスターを集めて、モンスター・キングとして君臨することを目指す。
 とにかく要素が少なく簡素であり、手間もかからない。だが、戦闘の楽しみはきちんとあるぞ。

コメント

非公開コメント