スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Portal2 15 「チーム作り」で友情を磨く

協力しなければ解けないパズルが立ちはだかる

 既にアパチャーサイエンスに人間はいない。よって、今度はP-bodyとAtlasとして協力テストを受ける(=協力プレイモードを遊ぶ)ことになった。GLaDOSは協力してこそのテストを用意しているようだが、はてさてどうなることやら。

portal2_15_01.jpg
本格的なテストの開始だ

 精度調整を終えたあとは、いよいよ本格的なテストの開始となる。続いては「チーム作り」というテストを受けることになった。おそらく、名前のとおりチームワークを生かさねばならないのだろう。

portal2_15_02.jpg
まずは互いにスイッチを押してポータルで道を作るテストから

 このテストで要求される協力というのは、たいてい次のような形になっている。
  • 片方が特定の位置で止まり仕掛けを動かし続ける
  • 片方がうまくポータルを切り替える
  • タイミングをあわせてスイッチを押す
 基本的には、謎を解く実行役とサポート役に別れるといったところだろうか。

portal2_15_03.jpgportal2_15_04.jpg
やはり協力プレイならではのテストといったところか

 両者ともにふたつずつポータルが使えるので、それを駆使したパズルも登場するようになる。このあたりはシングルプレイではなかった仕掛けであり、しかもシングルでは前作でやったことのある内容も多かったため、特に新鮮に感じられた。
このエントリーをはてなブックマークに追加


サイエンス協力ポイント制度に鼻息が荒くなる

portal2_15_05.jpg
相手がロボットでもお構いなしに撃ってくるアホども

 このあたりからテストの危険度が上昇し、タレットやらの危険なものが出てくるようになってきた。当然のようにこちらを撃ってくるので殺したところ、GLaDOSは「なんてこと! 彼らは仲間です!」などと嘘を言い始めるのだから厄介だ。お前は被験者をバカにしなければならない制約でもあるのか?

portal2_15_06.jpg
このじゃんけんをする仲良しの何が気に障るのか

 しかも彼女、パズルを解いてお互いの絆を確かめあっているふたりのジェスチャーにもいちいちケチをつけてきやがる。まったく、どこまで狭量なのだ。

 さておき、続いてのテストをはじめると、GLaDOSがこんなことを言い出した。

「これらのテストでは、被験体同士のコミュニケーション、チームワーク、および相互尊重が常時保たれない場合、死につながる危険があります。つまり、約1体の成績から判断すると、もう1体にとってはきわめて「興味深い」試練となるでしょう。」


 あいつめ、こちらの仲良し具合に嫉妬してこんなことを言い出したのだろうか……。

portal2_15_07.jpg
見ての通り危険そう

 そして出てきたテストを見て、ものすごく納得してしまった。これはスイッチで黄色いブロックを上下させ、奥のほうにあるブロックを回収するというパズルなのだが……。

portal2_15_08.jpg
そもそもサイエンス協力ポイントってなんだよ

 やはりスイッチを押す側がミスをしてしまえば、このように破壊されてしまうのであった。しかも、どう考えてもこれはスイッチ操作側に過失の大きいミスだというのに、GLaDOSはそちらへ「サイエンス協力ポイント」なるものを与えていやがった。なんて嫌味ったらしい女だ。

portal2_15_09.jpg
減点はたった1点かよ

 もう一度ミスをしても、やはりGLaDOSはここで死ぬのが当然とでも言いたげなことを漏らす。ふざけやがって、次の監視カメラがあったらそこでジェスチャーを見せつけてやる。

テストの意図が不鮮明になる

portal2_15_10.jpg
何かを探さなければならないらしい

 ともあれ、こうして「チーム作り」のテストも最後までやってくることができた。しかし、最後はなんだか施設の裏道らしき場所に出てしまったのである。本当にGLaDOSの言うとおり、思い切ったシステムによるテストだ。

portal2_15_11.jpg
GLaDOSはこれが欲しいのか

 この場所を地道に探索してみると、奥のほうに小部屋があることに気づく。そしてそこには、なんらかのディスクを再生しろという表示がある。つまり、そのディスクを見つけることがテストなのだろうか。

portal2_15_12.jpg
やたらとサイズのでかいディスク

 同時にスイッチを押す仕掛けに苦戦しつつも、なんとかガラスの向こう側にあったディスクを発見できた。あとはこれを再生してテスト終了といったところだが、しかし出口がどこにも見当たららないのだ。どうなっているのやら。

GLaDOSは人使いが荒いどころではない

portal2_15_13.jpg
しかしこれはなんのディスクだったのやら

 こうしてディスクを再生装置に入れたところ、GLaDOSは「まったく意味のないテストをクリアしました」と褒めてくれた。ああ、ああ、まったくもって素晴らしい話だ! 最高に気分がいいねッ!

portal2_15_14.jpg
最悪の脱出方法

 そして、脱出方法はいったいどういうものかといえば、“痛みを感じないからぶっ壊して別の場所で再生成する”というイカれすぎており、同時にGLaDOSが考えそうなものだった!!

 あの万年生理で口から皮肉しか出ないクソババアめ。監視カメラをじっくり見てろ! 貴様の癇に障ることだけをしてやる!

○ Portal2 16 「質量と速度」で相棒を痛めつける
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1381.html

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。