Spelunky 05 着々とフロアを進み続ける

まだ見ぬ要素が多いのが嬉しいことよ

 前回で氷の洞窟にたどり着いた冒険者インド人こと僕であったが、やはり新しいエリアに入るたびに死ぬ確率が加速度的に上昇していく。とにかく、道は険しいのだ。

Spelunky_05_01.jpg
カメラがあったとして何を撮るのだ

 とりあえず、今度は氷の洞窟への近道を作るためトンネルマンに物資(ショットガン)を届けることを目的としつつ、最初から潜ってみることに。

 すると、カメラなるアイテムを手に入れたのであった。はたしてこれは何に使うのだろうか? いや、カメラといえば人を撮るしかないだろう。なんせ、ここは殺風景な世界なのだから。

Spelunky_05_02.jpg
実はカメラは武器だったらしい

 そう思って店の主人を撮ってやったところ、「犯した罪は償ってもらうぞ!」といきなり暴れ狂ったのだから手に負えない。そんなに光る頭を撮ったのが気に食わなかったのか!?

Spelunky_05_03.jpg
ドクロのマークが人を遠ざける

 こうして序盤のフロアでもまだまだ未体験の出来事に遭遇する本作だが、なんと棺桶まで見つけてしまったのだから恐ろしい。きっと叩けばゾンビが湧いて出るのではないか。しかし好奇心には勝てない。

Spelunky_05_04.jpg
人を助けると冒険を手伝ってくれる

 そう思って叩いてみると、中に入っているのは人間だった。しかもクマのコスプレをした年甲斐のないおっさん……! 事情がよくわからなかったが、どうもこの棺桶に入っているのは、洞窟探検をしていて捕まってしまった人らしいのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


近道のためにエンヤコラ

Spelunky_05_05.jpg
よく見るとヒゲらしきものが生えているおっさん

 しかも、新しいキャラクターとしてアンロックされるのだからますます嬉しいだろう。せっかくなので、これからはこのキャラを使っていくことにする。なんだかわかりづらいのであだ名をつけようと考えたところ、髭面のクマ親父というのが適切だと思ったが、これは別の意味でまずい気がする。

Spelunky_05_06.jpg
どうやら敵が嬢を攻撃して怒ったらしい

 さておき、さっそく冒険を始めたところ、何もしていないのに風俗店の親父が発狂していた。どうもこのおっさんとは相容れられないらしい。いずれ殺しまくってやる。

Spelunky_05_07.jpg
ショットガンを運ぶのは慎重に

 気を取り直して(店主に殺されて)、再びダンジョンに潜ると今度はショットガンを買うことができた。やれやれ、これでようやく氷の洞窟への近道ができそうだ。

Spelunky_05_08.jpg
トンネルマンのためならなんでも持って行ってやるよ

 なんとかショットガンを落とすことなく、トンネルマンに手渡すことができた。さて、新キャラも獲得して近道も手に入れた。となれば、氷の洞窟を突破しなければなるまい。

引きがよければどこまでも!

Spelunky_05_09.jpg
7月4日は独立記念日のはずだが、何があるんだろうか

 しかし、ショットガンを持っていったまま進んでみると、氷の洞窟の3-4へ進めてしまった。実は持っている装備が非常にいいものだったのだ。特に、ゆっくり降りれるマント、どこにでもしがみつける登山用グローブ、出口のわかるコンパスが優秀で、これさえあれば足場の悪いこのフロアも、らくらく進めるのであった。

Spelunky_05_10.jpg
あっという間に新エリアへ

 そんなわけで、さきほど会ったばかりのトンネルマンにまた再会することに。どうやら次のエリアへの近道も作ってくれるようで、また支援をすることになりそうだ。

Spelunky_05_11.jpg
そろそろ最後のエリアだろうか?

 こうしてたどり着いたのは、寺院というフロアだった。なんだかアヌビスらしきヤツがおり、初っ端から不穏な空気を感じる。しかし、装備はきちんと揃っているわけで、一気に行けたりするのではないか。

Spelunky_05_12.jpg
新しい敵を見ると、攻撃を受けてみたくもなる

 とにかくゴールへと向かおうとすると、でかすぎるマミーに遭遇した。攻撃しようにも鞭が届かず、危ないのなんの。

Spelunky_05_13.jpg
やはり新フロアでは即死という結末

 そして、ヤツの出す虫を避けそこねたところそのままハメられて殺されたのであった。……やはり地道に行かねばならんようだ。

○ Spelunky 06 寺院を駆け抜けブサイクに会う
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1392.html

コメント

非公開コメント