Spelunky 06 寺院を駆け抜けブサイクに会う

氷の洞窟にもまだまだ見たことのないものがたくさん

 今度は髭面のクマ親父としてダンジョンの探索を続けていたところ、なんと勢い良く一気に寺院まで行けたのであった。だが、やはりそこから先はまだまだ未知の世界だ。死んで覚えなければクリアはまだ遠い。

Spelunky_06_01.jpg
スペースを見る限り、次のショートカットで最後か?

 前回でトンネルマンにショットガンを渡せていたので、氷の洞窟へのショートカットはできた。だが、既に寺院へ到着している以上、さっさと次のショートカットも作らねばなるまい。

Spelunky_06_02.jpg
涼しいくせに臭いとはどういうことだ

 さっそく潜り始めたのだが、氷の洞窟はさっさとクリアしてしまったせいか見たことのないフロアが多かった。たとえば、「湿った毛皮のような臭い」がすると……。

Spelunky_06_03.jpg
えらいヤツはたいてい邪魔

 なんと下にはキング・イエティがおり、つららを落として敵味方関係なく攻撃しているのだった。まったくもってはた迷惑な存在だ。どちらかといえば、敵のほうにとって。

Spelunky_06_04.jpg
サイキックパワーを感じ取れる時点ですごい

 また、サイキックパワーなるものを感じ取ることもでき、実は髭面のクマ親父もエスパーか何かなのかと思っていると……。

Spelunky_06_05.jpg
しかもこのエイリアンが強いのなんの

 なんと宇宙船のようなものがあり、その奥にエイリアンがいるのだから笑える。何がどうしてこんなところに来たというのだ!?
このエントリーをはてなブックマークに追加


寺院への近道を作ってもらわなければ

Spelunky_06_07.jpg
一瞬だけ、女をここに投げようか迷った

 そんなこんなでようやく寺院へ到着した。トンネルマンに物資を渡しつつ、ついでにこのあたりの危険も確認しておこう。まずは溶岩の海がやたらと目立つので、これに落ちないことを意識しなければ。

Spelunky_06_08.jpg
少しでも欲をかくと死ぬ

 そして隣に黄金のドクロがあったので奪おうとすると、つり天井が降ってくるというこれまた古典的な罠が待っているのであった。少年漫画であれば「ここは俺にまかせてお前は逃げろ!」とでもいうところではあるが、実際は宝を持ったまま潰れて死んだだけだったので泣ける。

Spelunky_06_10.jpgSpelunky_06_11.jpg
鍵を持っていくのも一苦労だ

 さておき、さっさと寺院への近道を作ってしまおう。今度は黄金の鍵を持ってこいと言われたので、鉱山から潜りつつ寺院を目指す。ついでに仲間なんかも回収したり、原住民のブーメランにハメ殺されたり、うっかり鍵をどこかへなくしてしまったり……。

Spelunky_06_12.jpg
しかしかなり見づらい入り口だ

 こうしてようやく寺院への近道ができた。どうも近道はこれで最後のようなので、つまり寺院をクリアすればこのダンジョンも終わりということか。気合を入れてやってしまおう。

ラスボスはブサイク

Spelunky_06_13.jpg
やはりコンパスがあると段違いに楽だ

 近道ができたあとは、とにかく挑戦しまくるのみ。ここは最後のエリアだけあって難しく、死ぬテンポがかなり早くなってきた。だが、偶然にもコンパスを手に入れることができ、一気にゴールへ進むことができたのであった。

Spelunky_06_14.jpg
なんだか原住民の崇拝対象らしい

 こうして到達した最後のフロアにあったのは、なんだかデカくてダサい顔である。最後といえばラスボスがいると相場が決まっているというのに、ただのブサイクな置物か……。

Spelunky_06_15.jpg
出来は悪いが高く売れそうだ

 などと油断していると、いきなり置物の表皮が剥がれて正体を現した。なんとこいつはオルメカという動くブサイクだったのだ! その見るなり笑ってしまいそうな顔をドシンドシンとジャンプさせ、地面を削りつつこちらへやって来るではないか。

Spelunky_06_16.jpg
最後までたどり着いたことは確かなのだ

 さっそく戦おうと思ったものの、対処法がよくわからない。そのうち、ブサイクの出してきた雑魚敵にやられ、死亡してしまった……。はたしてあのブサイクをどう倒せばいいのやら。カメラで写真を撮って現実を見せつけてやれば、あまりのブサイクっぷりにショックを受け自殺してくれるだろうか?

○ Spelunky 07 クリアはしたものの、嬉しさが足りない
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1393.html

コメント

非公開コメント